« 小沢擁護で共闘するカルト左翼と一部反米保守の醜悪 | トップページ | 今日も徒然なるままに »

2012/04/30

徒然なるままに

以下の画像は、革命的共産主義者同盟(革共同中核派)の機関紙・週刊『前進』からの転載です。

Zenshin(写真 尼崎事故から7年 怒りのデモ 尼崎事故から7年を迎える4月21日、動労千葉、全国金属機械港合同、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部を先頭に380人が事故現場までのデモに立ち、事故を居直るJR西日本に戦闘宣言をたたきつけた=記事3面)

今日は疲れています。
理由?
酒ではありませんよ(爆)
昨日、ネットで岡林信康のYouTubeを見つけてね。
ついつい惹きこまれてしまって、気がついたら夜中の2時。
私は朝6時30分には起床しますから、4時間ちょっとしか寝ていないわけです。
これじゃあ仕事の疲れが取れません(泣き)

ところで上の画像、もう感服します。
中核派系の者が380人もいる。
今は21世紀ですよ、みなさん。
でも、いるんですね、今でもこういう人たち。

中核派のボスは清水丈夫(蔑称シミタケ)。
60年安保当時の全学連書記長だから70歳は軽く超えている。
で、この人物、謎が多いんですよね。
まず、ほとんどの人が彼の顔を知らない。
正確な年齢も分らない。
所在も不明。
はっきりとしているのは、それなりに優雅な暮らしをしていることくらい。

中核派というのは、私に言わせればシミタケ自身の生活維持装置です。
上の画像に見られる連中が、「革命的カンパ」と称する上納金をシミタケに捧げている。
何にも見返りはないのにね。
もう宗教、というよりカルトです。

革マルとの内ゲバで何十人もの活動家が命を落とし、身体に障害を残す者は数百人にのぼります。
革命軍とやらに抜擢されて内ゲバ殺人を犯した連中、シミタケに唐突に見放されてどうしているのでしょう?
殺人罪で無期懲役を喰らった者、長期刑で収監中に頭がおかしくなった者、40年以上も逃亡を続けている者、シミタケの命令に従った者の運命は様々ですが、シミタケ自身はまったく気にもしていない。

まあ、私の元ボスも晩年はポルシェを乗り回していましたから、シミタケだけを悪く言うのは片手落ちかもしれません。
が、つぶした活動家の数が違いすぎます。
シミタケは5万人、戦旗派のボス荒岱介はせいぜい数千人。
荒は内ゲバによるテロで重傷を負いましたが、シミタケはまったくの無傷ですからね。
命令を出すだけ、方針を変えるだけ、組織内で歯向かう者は除名の上、赤色テロで殲滅。
あ~あ、もうやになっちゃうよ。
こんな男がボスなのに懸命に汗を流しカネを貢ぐ者たちがいるとはね。
みんな貧乏人のくせに。

私たちは、こういう人たちを「ルンプロ」と呼んでいました。
ルンペンプロリアートの略称です。
と言うか、蔑称ですね下層者に対する。
私は、こういう連中と同じには絶対になりたくありませんでした。
おかげで今の私があるのかもしれません。

上の画像で気勢を上げている人たち、早く目覚めてください。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

親小沢・反日ブログが上位にいます。
よろしければ、こちらの方も

↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 小沢擁護で共闘するカルト左翼と一部反米保守の醜悪 | トップページ | 今日も徒然なるままに »

個人」カテゴリの記事

コメント

サントリーの「京番茶」のコマーシャルには笑いました。
「お父ちゃん早く起きないと警察来るで。」
と小学生くらいの少女が布団にくるまる岡林信康を揺する。
「お父ちゃん警察嫌いやあ。」
と弱々しくつぶやく岡林。
すわ京都府警のアパートローラァ作戦かと思いきや次のシーンでは交番で警察の制服着て京番茶を飲む岡林。
岡林信康のイメージを逆手に取ったCMで彼を知る世代の人ほどニヤっときたのではないでしょうか。
(或いは「おまわりさんに捧げる歌」を連想するとか)
しかし岡林信康はかつてプロテストソングを歌ったノスタルジックなフォークシンガーなどではなく、その音楽性が評価されている今も現役のミュージシャンであるところが凄い。
「山谷ブルース」「堕天使ロック」「街は素敵なカーニバル」
これらのタイトルが一人のミュージシャンの歌ってきた歌だと、知らない人は信じられないに違いありません。
何より声が綺麗でポップに響くので、「ランプリング・ボーイ」などを聞くとニューミュージックシンガー(実際そうでもありますが)としか思えません。
またMCが上手くてサービス精神旺盛でユーモアたっぷりなものなので、岡林信康の真価はコンサートやライブでなければ味わえないのかも知れません。

「動労千葉」
内房線を利用した時にその存在を知り、一瞬タイムスリップしたのかとパニクりました。
清水丈夫という人は初めて知りましたが酷い人間が居るモンですな。
「悪いヤツほどよく眠る」を地でいってる。
アカとか左とかそういったものを超越したホンモノの「悪霊」だと思います。
思想より立ち回りのウマさだけが際立つ悪党ですね。
「(ルンペンプロレタリアート)と同じには絶対になりたく」なかった、という、そういう一種の矜持は人生の上で大事な事だと痛感します。
「髪と髭をのばして ボロを着ることは簡単だ。
うじうじと吹き溜りのスナックで腕を組みながら考え深そうな顔をするのも楽にできる。
日陰ばかりを好んでいては いじけてしまうんだぜ。
もっと陽気であっていいんじゃないか。
もっと陽気でもいいんじゃないか。」
という事だと思います。

投稿: ブルー | 2012/04/30 20:52

生活維持装置?。見返りもないにもかかわらず「革命的カンパ」と称する上納金を出している。暴力団や創価に上納して祖国へ送金する連中には、底辺には殆ど無い、グリコのオマケの賞状くらいなのでしょうが、上層部にはきちんと見返りがある、何より祖国の為という大義名分(日本からすれば迷惑なだけの)もあるわけですが、この中核派と呼ばれる人達はそういうものもなければ得もないのでしょうか。池田氏の場合、別にカリスマ性もなく勝手にあることにして在日信者にもカリスマ性がある様に発言行動させてきた、「朝鮮半島」という部分を巧妙に隠してやって来た偽装カリスマでしょうが、「シミタケ」氏には例え少数であれ数百人もの日本人が盲目的に付いて行くだけの何かがあるのでしょうか。共産党も含めて左翼の上の人と話すとインテリやエリート大学出身者が、しかも苦労人が多く敵としては厄介な人が多い(案外味のある人が多いのです・底辺は創価信者同様の人が多くなりました)。左翼を崩せないのも頑固な、思い込みインテリが多いからであって、先生のところを拝見する度に、説得や退散させづらい強敵だと思います。日本は変わらないといけないのですが。

投稿: 大阪は晴れだしています | 2012/04/30 22:56

>命令を出すだけ、方針を変えるだけ、組織内で歯向かう者は除名の上、赤色テロで殲滅。

中国共産党に入党すれば、それなりに有能な汚職官吏になれそうですね。
「腐敗を以って団結に代える」連中ですから。

投稿: | 2012/05/01 00:54

そう言えば日の丸君が代に必死に反対している
連中がおりましたね。なるほど中核派の類
でしたか。全く日本国民を舐めるなちゅうのっ!!
あげくの果てに
「私たちも日本国民ですよ~」

ふざけんな!!!!!!!!!!!

まあ、マトモに相手にしたくない奴らですな。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: abusan | 2012/05/01 06:20

都内某所では未だに「ビラまき、演説」をやってますよね。
40年ほど前の北池袋の前進社なんぞを思い出します。
シミタケって御用組合の幹部と同じ調子なのですね。まあ、自称左翼だから同じで当然かw

惰性で生きるだけ....社会に貢献出来ていないのならとっとと隠居しなさいねw
乞食と組合幹部は3日やったら止められないんだね。

投稿: 痛角 | 2012/05/01 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54595737

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに:

» 【政治】外交ごっこのツケ 民主党政権の禍根 始まりは「トラスト・ミー」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
普天間、インド洋補給中止…米の不信増幅  政権交代から2年7カ月余り。民主党政権の外交がますますあやしい。弱腰外交、二元外交、パフォーマンス外交…。さまざまな批判を受ける民主党外交だが、その本質は素人丸出しの「外交ごっこ」と言えるのではないか。(阿比…... [続きを読む]

受信: 2012/05/01 05:33

« 小沢擁護で共闘するカルト左翼と一部反米保守の醜悪 | トップページ | 今日も徒然なるままに »