« このブログはこれからも続く。反日変態左翼がいる限り | トップページ | 瓦礫焼却反対派の正体は中核派だった »

2012/05/27

憲法裁が慰安婦なら最高裁は被徴用者に損害賠償認定

韓国というのは、その国民も含めてどうにも理解しがたい存在である。
この国は、経済も金融も安全保障も日本を抜きにしては成り立たない。
そういう点では日本との友好関係を最も必要としている国だ。
にもかかわらず現実は、世界でいちばん反日的な国である。

以前にも書いたが、実は韓国内では反日が減っているそうだ。
日本の小説がよく読まれ、J-POPも人気がある。
若者は原宿のファッションに敏感だ。
文化や風俗だけではない。
政治家やメディアも、反日にはいい加減ウンザリしているのだという。
慰安婦や強制連行が問題になるたびに日本との距離が開く。
責任ある政治家や主要メディアは、それが韓国にとってマイナスになってもプラスはないと解っているのだ。

しかし、個人のレベルやその置かれた立場では反日より親日のほうが国益にかなうと解っていても、韓国人総体となると反日しかありえない。
親日的言動をすると、たちまち非難が殺到し、社会的に抹殺される。
その国民的反日を前にすると、多少なりとも良識のある政治家やメディアも立ちすくみ、反日に迎合せざるを得なくなる。
それもこれも、すべては戦後のねつ造された歴史観が源なのだが、韓国も韓国民もその偽りの歴史を正そうとしない(と言うより「できない」)。

日韓歴史共同研究に参加した神戸大学の木村幹教授は次のように語っている。

日本では一般的に、日本史や世界史に関わる「事実」を教えることに重点が置かれている。だから、 各種の教科書から一定の「物語」を読み取ることは難しいし、また、教育現場でもその読み取りは重視 されない。

しかし、韓国では歴史的事実よりも、歴史に関わる「物語」に重きが置かれている。そこでは、「民族」 の価値が強調され、近代史でも、如何に韓国人が日本に抵抗したかが、重視される。

日韓の教科書の違いには、「歴史観」の違いが表れている。例えば、韓国人が歴史問題などにおい てよく使う言葉に「歪曲」がある。注意すべきは、この言葉が「歪曲された事実」という形だけでなく、「歪 曲された歴史観」という形でも使われることだ。そこには、「絶対無二の歴史観」が存在し、それ以外の 歴史は、事実の如何に拘らず「誤り」だ、という認識が存在する。

(読売新聞 2009/01/19)

日本の歴史は「事実」を教えるが、韓国では「物語」が教えられる。
そこには、「絶対無二の歴史観」が存在し、それ以外の 歴史は、事実の如何に拘らず「誤り」だ、という認識が存在する。
慰安婦や強制連行は「物語」だが、韓国と韓国人にとっては「絶対無二の歴史観」だからいかなることがあっても譲れない、そういうことだ。
だから反日も絶対になる。

------------------------------------------------------------------

Syunou_kaidan

昨年8月、韓国憲法裁は「日本軍慰安婦被害者の賠償請求権をめぐり韓日両国間に紛争があるにもかかわらず、政府が解決のための具体的な努力をしないのは憲法に背く」とし、日韓請求権協定の国家の不作為に対して違憲決定を下した。
これを受けて韓国の大統領である李明博はどういう行動をとったか。
彼は、12月18日に京都迎賓館(京都市)で野田佳彦首相と首脳会談を行った。
約1時間の会談だったが、李明博は終始一貫、慰安婦問題だけを語った。
就任当初は未来志向を強調しても、結局は首脳会談で慰安婦問題だけに終始する。
これが韓国の悲しく、そして寂しい現実である。

この悲しく、そして寂しい現実は「物語」に基づいているから終わりというものがない。
韓国メディアは24日、「日本植民地時代の徴用者に日本企業が損害賠償をするべきだという趣旨の韓国最高裁判所の判決が初めて出た」と報じた。
報道によると、韓国最高裁は24日、イ・ビョンモク(89)ら徴用者8人が三菱重工業と新日本製鉄を相手に起こした損害賠償請求訴訟の上告審で、原告敗訴判決の原審を破棄し、原告勝訴の趣旨で事件をそれぞれ釜山高裁とソウル高裁に差し戻したという。

慰安婦の次は徴用者。
しかも一方は憲法裁、他方は最高裁のお墨付き。
もう狂っている―この言葉は過去に何度も使ったが、今回も使用せざるを得ない。
もちろん日本政府は25日、これを受け入れないという立場を明らかにした。
が、藤村修官房長官が述べたのは「一般論として(1965年の)日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済みというのが政府の一貫した立場だ」というもの。
玄葉光一郎外相も基本的には同じで、「個人も含め、日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済み」と語ったのみ。
ここまで来ると、政府はもう少しはっきりモノを言うべきである。
そうしなければ、また同じことが繰り返される。

当時の被徴用者は企業から給与を支給されている。
国民徴用令第18条は次のように規定している。

第十八条 被徴用者の給与は、その者の技能程度、業務内容、就業場所、以前の給与その他を配慮し、官庁または事業主が支給するものとする。

2 被徴用者に対する給与に関しては、官庁では当該所管大臣と協議して定め、管理工場などでは事業主が厚生大臣の認可を受けて定めること。

朝鮮人の給与は日本人の7割程度だったとされるが、「以前の給与その他を配慮」すれば何らおかしくはない。
が、史実ではなく「物語」で生きている国民だから、きっと「強制連行されて酷使された挙句、給料はもらえなかった」とでも主張しているのだろう。

------------------------------------------------------------------

私は、韓国が反日教育をやめない限り日韓友好などあり得ないと一貫して主張してきた。
「物語」に基づいて歴史を語る国民と、「史実」に基づいて歴史を語る国民の間に交わる点などどこまで行ってもない。

日韓友好と言う欺瞞を粉砕しよう!

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

親小沢・反日ブログが上位にいます。
よろしければ、こちらの方も

↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】
現代自動車の今は三菱重工のおかげである。
ポスコ(POSCO)の今も新日鉄抜きではありえない。
現代自もポスコも、今や韓国を代表する世界企業である。

三菱重工も新日鉄も、既に十二分すぎるほど韓国に貢いでいる。
これ以上、何を貢げというのか!
乞食ども!

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

親小沢・反日ブログが上位にいます。
よろしければ、こちらの方も

↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« このブログはこれからも続く。反日変態左翼がいる限り | トップページ | 瓦礫焼却反対派の正体は中核派だった »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

追記が単純明快で素晴らしい!
同意いたします!!

投稿: 夏子 | 2012/05/27 19:41

(日本企業は)既に十二分すぎるほど韓国に貢いでいる。

今や媚韓の日本人自動車評論家の言を通して、恩に着るどころか海外展開中の日本自動産業を小馬鹿にするほど巨大化し外貨を稼ぐようになった韓国自動車産業の成長に預かって力があったのは三菱自動車などの日本企業でしたが、これっぽっちも感謝の言葉はなく、上にも挙げたように却って日本企業を斜陽産業視して小馬鹿にしているのが韓国と、その口車に乗った日本人です。
大成なった後もデミングの恩を忘れまいと、賞賜にその名を冠している日本企業人に比べて彼らの人間として質が落ちるのは論を待ちません。
(しかし日本の媚韓は韓国に客観性を見失わせしめ、ために韓国に進路を誤らせ大失敗に導くが故に何より韓国のためにならないのだと、媚韓日本人が気付くのはいつの日か)
そして憎っくき三十年統治における日帝の公民化教育こそが、他の何より韓国を1950年6月に滅亡の淵から救った事を韓国人は直視しません。
朝鮮戦争開戦時、北朝鮮軍は中共軍やソ連軍に属していた朝鮮族部隊をそのまま北朝鮮軍師団に改編したものが殆どで非常に練度が高く、その北朝鮮軍に対し、韓国軍は、建国後に新たに編成された師団ばかりでした。

開戦時の韓国軍の参謀総長は蔡秉徳(日本陸士49期卒・元日本陸軍少佐)であり、蔡の解任後の参謀総長は丁一権(日本陸士55期・日本陸軍憲兵。後に首相)で、釜山橋頭堡防衛戦線で最も活躍した第一師団長は白善(満州国軍官学校卒・元満州国軍中尉。後に陸軍参謀総長・駐仏大使・交通部長官)
といった具合で韓国軍の指揮官の多くは日本軍出身者であり、まだ訓練が十分ではなかった兵士を率いて戦った、というのが当時の実相でした。
北朝鮮人民軍が仕掛けてきた、いわゆる「電撃戦」による不意打ち効果と、それで惹起された混乱に起因する初期の潰走の後、釜山一帯に追い詰められた釜山橋頭堡防衛戦線にて、支援にかけつけた米軍とともに韓国軍が頑強に抵抗したおかげで、韓米連合軍によるその後の反撃が可能になったのですが、その戦場において1936年のソ連軍ドクトリンである『赤軍野外教令』に則って戦う北朝鮮人民軍に対し、韓国軍は『日本陸軍歩兵操典』に則って戦い、立ち向かったのでした。

投稿: ブルー | 2012/05/27 20:26

坂様、こんばんは。

そもそも、「韓国」という国は日本が日清戦争に勝って、朝鮮を清国から独立させてあげたから、現在「大韓民国」という国名を使えているわけです。

日本のおかげで独立できた‘証’が「大韓帝国=大韓民国」という国名なわけです。

「大韓帝国=大韓民国(韓国)」とは、日帝によって清国から初めて独立できた記念の名前です。

もしかして、韓国では属国「朝鮮」も明の皇帝から与えられた国名だということや、清国にも属国として仕えた悲惨な乞食国家だった事実を隠しているのでしょうか…

嘘八百の歴史を国家レベルで扱われる国があるんですねぇ。
物語の話が、事実として国家レベルで扱われる国があるんですねぇ。

それにしても、こんな幼稚な国に振り回されている日本政府もお子ちゃまレベルですよね。
どうして、日本のマスコミや政治家は、はっきりと「韓国は日本が独立させてあげた国です。朝鮮は明~清国の属国でした。」と言えないのでしょうか。

投稿: ちゃお | 2012/05/27 22:58

乞食ども!と言うと乞食に失礼ですよ。
彼らの多くは、頭を下げますから。

投稿: D-FM | 2012/05/27 23:07

韓国にやたらペコペコする一部の日本人の心理って、ダメ男からDVを受けても、「それでも彼氏と別れて一人ぼっちになるのはいやだ」「自分にも悪いところがあるから彼氏に殴られるんだ」「こんな彼氏でも私がいなければダメなんだ」と言ってその男に尽くしてしまう女性の心理に似てないですかね。こういうのを心理学用語で「共依存」と言うのですが。

投稿: 南溟 | 2012/05/27 23:21

★対日補償要求は終了 韓国政府が公式見解
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/8a2ee388d2eb5241b9e0cf8376cca3cb
(元はhttp://sankei.jp.msn.com/の記事だが、すでに削除済みためブログ記事で失礼)
(一部抜粋)
>韓国各紙は15日、日本統治時代の韓国人労働者の日本での未払い賃金について、もはや日本に返還要求はできないとの韓国政府の公式見解を伝えた。

投稿: | 2012/05/28 02:42

 共存共栄・日韓友好という言葉が、むなしく聞こえますね。

 以前、このブログが極端にナショナリスティックになっていると批判したことがありますが、この言葉を撤回せざるを得ないようです。

 私も愛国者という点では人後に劣らないつもりですが、どちらかというと、若い頃から汎アジア主義の傾向が強く、同じアジア人の地位向上を望み、東亜の国の友誼ということを強く意識する男でもあります。これは多分、学生時代に虎ノ門の霞山会(上海にあった東亜同文書院のOBで作る会)に出入りし、そこの先輩諸氏の薫陶を受けたことが大きく影響しているせいでしょう。中国が文化大革命のさなかにあり、ベルリンの壁がまだ厳然として存在し、東西冷戦の谷間にあって日本と中国が貿易をする時代がくるとは誰も想像しえなかったあの頃、いつか日中国交正常化の時が来ると堅く信じて日本と中国の若い人材を育てようとされた人々があったことが、懐かしく思い出されます。

 そういう私ですが、こと韓国・朝鮮のことになると、「東亜の国の友誼」のなかに入れてよいのか、それができるのか、絶望的な気分になります。日本と韓国の「よりよい未来」が理想として存在するとしても、韓国人がこのていたらくで、どうしてそれが実現できるのか。ひょっとしたら、我々は永遠に分かり合うことができないのではないか。

 彼らを見ていると、若い頃、研修先の工事現場で見かけた「たかり屋」が想起されます。課長の車が作業員にぶつかったということで、この作業員は以後、治療代はむろんのこと、マッサージ代や温泉旅行の費用まで課長にたかるようになりました。たいした怪我をしたわけでもないのに、2年も3年も治療費と称して法外な請求をするとなると、本人どうしの話し合いでは解決できない。たしか、上司たちは弁護士を仲に入れて解決させ、作業員を現場から追い出したように思います。

 心根の悪い者は職場に置いておけない。それと同じように、韓国・朝鮮人を「東亜の国の友誼」のなかに置いてはいけないのではないか。そんなふうに思えるのです。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/05/28 03:05

「もう少しはっきりモノを言う」のは、いまの政府には重荷かもしれませんねえ……
藤村氏も玄葉氏も、個人的には土下座して謝り、言われる通りにカネを吐き出したいと思ってるんじゃないかという懸念がぬぐえません。
ただ、それをやるとさすがに国内からの批難が半端ないので、無難に「公式見解」をなぞっているだけなんじゃないでしょうか。
そこから一歩を踏み出して「反論」まで持ってゆくのは、とてもとても……
本当はディベートというものは、「たとえ自分の信条と違う立場に立っても堂々と立論し、相手を論破する」ことができなければならないんですが、日本の政治家はそういう訓練を受けていませんね。

投稿: 面毒斎 | 2012/05/28 08:25

知れば知るほど嫌いになってしまった韓国。
日本に対する劣等感故に「反日教育」を続ける。
幼い頃から憎しみを教育されれば、人格がおかしくなる。
韓国はそれが判らないのだろうか。愚かな国民である。

投稿: | 2012/05/28 09:30

構造としてはプライドを持てる歴史の無い朝鮮(特に韓国そして北朝鮮)が仮のプライド維持の為、自国のナショナリズムを政権求心力に使ったりすることなどで利用し、また資金援助などを引き出す為に利用するなどしてこの構造を維持しているのではないか。

植民地主義、ロシアの南下など日韓併合時代の世界情勢から日本の半島進出は当然であり、それを否とするほど当時の朝鮮は自立した国ではなかったではないか。
そして、それやこれやを含めて何れにしても「日韓基本条約」で幕引きされていることではないか。

つまりは李氏朝鮮、両班体制のたかり体質が染み付いた韓国がいまだに自立出来ず日本にしがみ付いているという民族としての未熟さであり、それが日本に迷惑をかけているということではないか。

考え方を変えて見れば、大東亜戦争は日韓併合後の日本国外地の朝鮮が本国と一緒に成って欧米列強とアジアの植民地打破のために戦ったという誠にプライドの持てる見方が出来るであるのに、風見鶏的民族なのだろう、即座に朝鮮進駐軍などになってしまう。

今や自ら自浄出来ない韓国に日本は関係を深めたり、援助ばかりしていないで、日本の体制の建て直しを一番にしなければいけないのではないか。

後は、捏造歴史観が韓国で存在する原因の一つが日本の反日勢力が率先してその嘘の歴史観にたって同調し、また吹聴しているということも大きいのではないか。
しかも、それがいまだに一定の力を持っている。
中国関係でいえば、「日中歴史共同研究」座長の北岡伸一氏が堂々といるようなものだ。
しかも、おかしな考えの有識者なり学者なりを平気で日本のマスコミは多用している。
日本の内部である、その辺りから治さないと何時まで経っても日本は復活しないと思う。

韓流もいいが、それと同様に日本国民に真の東アジアの歴史や韓国の実情、日韓関係の実際をちゃんと伝えられるマスコミが育つことを期待します。

投稿: Pin | 2012/05/28 09:54

反日教育をやめ、竹島を返すまで国交断絶すれば良いのですよ。

日本が彼らの誇大妄想に付き合うことで、彼らの誇大妄想がますますひどくなるのですから。

投稿: 雷電 | 2012/05/28 10:46

そもそも、性欲と感情を政治利用する事が不潔だぜ。

貧しさこそ、暴力だ。


朝鮮半島と関わると更なる火傷する。

投稿: | 2012/05/28 13:06

日本の反日言論者達が中韓の反日行動に力を与えている事は別問題にして
現在の韓国の指導層も反日捏造教育で育った世代でしょうから、彼らはそれが史実を検証していない、或いは捏造史観だという事は頭から思いもしていないのかもしれません。
分かっていて嘘を言い張る事と、嘘を徹底的に刷り込まれて口角泡を飛ばし主張する事の違いを見極めないと(徒労と憂鬱ですが)、日韓交渉は今後今まで以上に大変になるのでは、と危惧致します。前者なら交渉可能な道も開けますが、黒を頭から白と信じている相手に、それは世界では黒という物ですよ、と言ってもお互いに「話にならない」「狂っている」のですから。
統治時代、戦後、とどれだけ日本側が半島に注ぎ込んできたか、先ずは項目別に金額だけでも日韓双方の国民(出来れば世界に向けて)に冷静に知らせる事は必要だと思います。今まで「搾取」と信じて居た事が事実と違うのか?と疑問を持てば、初めて全体像への疑問も湧く可能性はあると思います。
如何に教育が大事かを反面教師でこの問題でも実感しますけれど、他国の教育に干渉できないのですから、大きな事実から日本側が世界に公表して行く努力が、こうした相手には、要らぬ悶着を起こさない為にも必要だと考えます。

気分的には私も年甲斐もなく、あんな国とは断絶した方がどんなに精神的にも風通しが良くなるか、と思うのですが、多分それは後ろ向きの思考なのでしょうから、内心に止めておけるように努力しています。大抵の戦争の前の国民的一触即発感覚と言う雰囲気が分かるような気がしています。

「韓国の歴史は物語」という説はとても理解できますが、日本でも例えば歴史小説がそのまま歴史であるかのように広まって信じられている点もありますから、韓国の「物語」とは規模が違いますけれど、小説はあくまで小説、と自覚して読む事が大事だと思っています。特に近代史における司馬遼太郎氏の作品に、迷惑を感じる歴史学者は多いと聞きます。面白いから読ませるのですけれど。

投稿: よれこ | 2012/05/28 13:29

 大分前までは韓国と北朝鮮は異なるレベルの国だと思ってきたのが正直なところですが、やはり韓国の驚くべき捏造方式、それも官民それも法の番人まで含めてありとあらゆる策を弄して掠め取ろうとする多くの実態を観るにつけ、今では完全に韓半島(朝鮮)の民族そのものの昔からのありようが彼らの姿なのかと思う今日この頃です。これは厳しすぎる見方でしょうか?しかし相手が無茶苦茶やっている限りそうした見方が日本では大勢を占めてきたのではないでしょうか。日本政府は厳しく付き合うことが求められていると思います。しかし政府内部にも何やら訳の分からない人が多いようで困ります。実際には親日派が多いと言われてもとても信頼できません。余りにも目を覆うばかりのやりたい放題を観ているととてもそんなことは信用できません。
 わが国でも日本人のための歴史教育すら問題点があるようですが、それはそれとして改善するとして、その他に若い世代の韓国国民のために日本で韓国の歴史教科書を作ってインターネットで無償提供して差し上げると言うのはやりすぎかな?出来れば向こうのものと左右対称に比較表示するとか。誰かやって欲しいな。しかしいい加減なものは百害あって一利無し。こんな隣国だったとは寂しくもあり悲しきことです。

投稿: | 2012/05/28 22:21

都知事宛てのメール(電子川柳)に傑作がありました。

気をつけろ 北も南も 朝鮮だ


注釈の要はないものと思われます。

投稿: レッドバロン | 2012/05/29 00:00

【慰安婦】問題は、韓国の嘘を決して認めることがあってはならないことです。河野談話、村山談話を撤回することです。この問題こそが、生命を懸けて、乾坤一擲で取り組む問題ではないのでしょうか。

 差別することと、区別することは全く違うことです。

人にも、個人により違いがあって当然です。ましてや国・国民性に違いがあって当然のことである。歴史認識を共有すること等は不可能な事です。
違いを認識することは差別ではありません。むしろ差別をなくすことになります。

常に違いがあることを認識して付き合い・外交を行うことは当たり前の事です。

 基本を忘れて欲しくはないものです。

投稿: 道産子爺 | 2012/05/30 07:32

韓国は総カルト国家と言ったところでしょうか。

それにしても歴史の研究において捏造の物語を土台にして韓国の歴史研究家達はよく平然としていられる。どの分野でもそうだが研究者といわれる人達は日々仮定と検証を繰り返し最も真実を知りたいと願う存在だと思っていたのだが韓国にこの分野には研究者は零のようです。

投稿: | 2012/05/30 14:44

ご存知、韓国のノムヒョン大統領は北朝鮮に対して太陽政策を採りましたが結果は北を増長させ、自国を危うくしただけでした。

日本も韓国に対して同様の政策を行っているように見えます。それが過ちであることは明白です。

増長し、自分の立場がわかっていないこの連中を締め上げることが必要です。

しかし売国民主党では無理。国益を重視する真の保守政権が樹立されることを祈ります。

投稿: チェロ | 2012/05/31 19:36

韓国語「挺身隊」の日本語訳が「慰安婦」なんだ、などというやり方はいささか姑息ではないでしょうか。彼らの主張(いいがかり)があくまで「挺身隊」なのだから、日本語のなかでも「挺身隊」と表記することの方が、彼らの主張(いいがかり)の荒唐無稽さを正当に伝えることになるのではと考えますが、いかがでしょうか。

投稿: あんちゃん | 2012/06/02 00:35

反日と騒ぐ韓国を見ていると、「沖縄の心&苦しみ」を持ち出して基地反対を叫び、「(沖縄=被害者)vs(日本=加害者)」の図式を持ち出して、日本を攻撃する沖縄民族主義者とダブります。彼ら沖縄民族主義者を見ていると、同じ沖縄の人間として恥ずかしいです。「隣の国見て我が振り直せ」ですね。

投稿: tk | 2012/06/02 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54810490

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法裁が慰安婦なら最高裁は被徴用者に損害賠償認定:

» 日本経済のこれから [普通のおっさんの溜め息]
・財政の危機・年金の不安・日本が誇る技術、産業、人材の危機・労働人口の減少・雇用への不安・教育の大切さ・日本株式会社化など日本的経営の見直し  土曜日の日本テレビの「報道総力取材SP」にはショッキングな日本の将来に関する事が報道されて居ました。 (括...... [続きを読む]

受信: 2012/05/27 21:54

» 【企業】新日鉄の怒り 極秘技術「方向性電磁鋼板」が中国・韓国へ流出 籠絡される元社員達 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 付加価値の高い鋼材の生産技術が盗まれたとして、新日本製鉄が韓国の鉄鋼大手、ポスコと同社日本法人、新日鉄元社員などを提訴した。昭和40年代に開発し、門外不出としてきた技術だけに、新日鉄の怒りは強い。ポスコに対し、1千億円の損害賠償などを求めている。ポス…... [続きを読む]

受信: 2012/05/28 06:17

« このブログはこれからも続く。反日変態左翼がいる限り | トップページ | 瓦礫焼却反対派の正体は中核派だった »