« 小沢一郎消滅間近 石原新党に期待する | トップページ | いつも応援ありがとうございます。
依存症の独り言は永遠です。 »

2012/10/15

教育現場を徘徊する反日の亡霊を殲滅せよ!

今日は久しぶりに学校現場における君が代・日の丸について書こう。
学校現場における君が代日の丸と言えば、根津公子元教諭のことが忘れられない。
皆さんの中にも教育界のジャンヌダルクと呼ばれ、その世界では有名な人物だった彼女をご存知の方も多いと思う。

根津は、入学式や卒業式で不起立を繰り返し、度重なる処分を受けている。
具体的に書くと、05年の停職1ヶ月を皮切りに、06年停職3ヶ月、07年停職6ヶ月、08年停職6ヶ月、09年停職6ヶ月と、5年間で5回の停職処分である。
そして、08年と09年は、免職処分間違いなし、「君が代不起立」で初の免職処分か?
と騒がれた。
08年の処分については、本人もネット上で「クビまであと1年か…頭をよぎる」(07年3月18日)と書いていたほどだ。
にもかかわらず、08年、09年ともに停職6ヶ月だった。
そして、その後は解雇を恐れたのか、目立った行動を起こさず、2010年に無事円満退職している。
このような人物が数千万円もの退職金を受け取り、その後は高額の年金を支給されているのだから、私は激しい違和感を覚える。

根津の処分歴は1994年3月、八王子市立石川中学校の卒業式で、掲揚されていた国旗を引き降ろして減給処分に処されたところから始まる。
その後、95年、学級通信で国旗掲揚を非難したため、訓告処分。
99年家庭科の授業で、国旗及び国歌に関する法律はオウム真理教のマインドコントロールと同じであるというプリントを配布し、訓告処分。
00年の家庭科の授業で従軍慰安婦やジェンダーフリーをテーマに授業を行い、校長の職務命令に従わなかったため、減給処分。
そして、ついに05年に不屈の君が代・日の丸不起立闘争を始めるのである。

彼女のような教師が存在をしたことを知らない方は、きっとびっくり仰天していると思う。
が、実際に根津公子は教育現場に存在し、処分を繰り返し受けながらも教壇に立ち続けていたのだ。
そして、反日左翼人士の間では「教育界のジャンヌダルク」と称賛され、英雄になるのである。

Nezu                教育界のジャンヌダルク 根津公子

------------------------------------------------------------------

しかし、時代は変わった。
橋下徹大阪市長に代表されるように、教育現場における左翼偏向教育には厳しく対応する自治体が増えた。
君が代起立条例が成立した大阪府では、不起立教職員は2010年度の84人から12年度は29人に激減した。
おそらく今後も、教師としての使命をはき違えている教員は大きく減っていくことだろう。

そもそも、君が代・日の丸を否定する教員は50代以上に圧倒的に多い。
彼らは、1950年代から70年代にかけての左翼全盛時代に育った連中である。
当時は、左翼にあらずんば知識人にあらず、という風潮が色濃い時代だった。
逆に言うと、保守派イデオローグが福田恆存と江藤淳以外におらず、論壇や文壇では圧倒的に保守が不利な時代だった。

が、日本が豊かになるにつれて左翼は衰退した。
観念的階級闘争論は、9割の国民が中流意識を持つに至って完全に説得力を喪失した。
にもかかわらず、学校という閉ざされた社会では、時代錯誤の反日左翼人士が、つい最近まで大きな影響力を持ち続けたのだ。

さすがに今の若い教師は、観念的階級闘争論に強い違和感を抱いている。
日本教職員組合(日教組)の組織率は1960年には8割近かったが、2004年にはついに3割を切った。
新採用加入率も1990年代以降2割前後で推移しており、もはや日教組に過去の面影はない。
が、やはり時代に取り残された“亡霊”とも呼ぶべき教師は、少数ながら今でも存在する。
以下のニュースがそれを示している。

司法の役割は「教育の自由」侵害を止めること
―近藤順一さん「君が代」裁判

Kondo

10月9日、近藤順一さん(元八王子市夜間中学教員)の「君が代」処分取消裁判の高裁審理が始まった。
冒頭の意見陳述で近藤さんは「「日の丸・君が代」は大いに論議すべき問題。生徒にも自由な論議を通して公正な判断力を養い、自らどう対処すべきかを考えさせる必要がある」「自分の不起立は、(「日の丸・君が代」への考え方の)多様性を示し生徒が考えるきっかけを示した行動」と述べた。
近藤さんは、「強制された教員が多様性を否定し一律起立・斉唱を受忍すれば正しい教育はできない」とも語り、強制が教育現場の自由を侵し、教育自体を歪めている実態を告発、裁判所に教育の自由について憲法判断を求めた。
4月の地裁判決は、戒告処分については容認、減給・停職処分については取消とした。

次回裁判は11月20日10:30~825法廷 (佐々木有美)
レイバーネット日本

改めて言う。

教育現場を徘徊する反日の亡霊を殲滅せよ!

~文中敬称略~

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 小沢一郎消滅間近 石原新党に期待する | トップページ | いつも応援ありがとうございます。
依存症の独り言は永遠です。 »

社会」カテゴリの記事

コメント

いつも思いますが、
こういった教師は、この手の教師に教育されない多様性を積極的に認めるべきだと思います。

まともな教育を選ぶことのできる多様性を認めてこそ、この人たちの主張は一貫性を持ち得ます。

内申書を人質にして、子供を服従させて、「多様性」を語るなんざ、汚すぎて吐き気がします。

投稿: とおりすがり | 2012/10/15 22:10

少なくとも、教育現場と役所での「政治活動」は厳禁で厳しく対応するだけで随分変わると思います。学校の勤務時間に学校のFAXを使って、などという報道を見ますとガックリ来ます。
後、教頭と校長の権限はどうなっているのか? 組合闘争の中で教頭校長を馬鹿にし腐った態度の教師を良く見ましたが、昇進昇給賞罰含めて上司の裁量として、権限を増やす事は出来ないかとも思います。
あと、教師の採用基準として半数は一般事業会社での経験したものを雇用するとか。
一般社会とのズレがなくなれば、今ほど批判される事も無いと思います。

投稿: ななしさん | 2012/10/15 22:51

反日変態サヨク教師の近藤氏は
強制ではない教育がお望みのようだから
フリースクールででも教鞭を執ればよろしい。
登下校の強制、学校行事参加への強制、
学校給食を全校生徒が同一時間にとる強制、
成績評価の強制と闘わない理由は何?
ダブスタを恥じないのは
反日変態サヨクに共通する習性なんだね。

投稿: やす | 2012/10/15 22:57

ちょっとした疑問

ここ暫く坂さんが養生中、こういう分析は坂さんが適任なのだがと思っていたことがあります。
それはこの政治人気ランキングに何人かいる「小沢一郎の支持者」です。
それらを見ていると有る程度共通したことがあります。
「反米」「反自民」「反原発」「反オスプレイ沖縄配備」「親中国」「親韓国」などです。
これだけみると、左翼そのものです。
それらが大きな力を持っているとは思いませんが、位置づけをしたいと思います。

こぞって、小沢支持であることとどうマッチングするのか?
ちょっとした謎です。

投稿: Pin | 2012/10/16 00:45

外国へ行くと、国歌が流れてくればみんなが直立不動になり、胸に手を当てるなどの敬礼姿勢をとるなんてところも珍しくはないですね。
儀式の時だけでなく、街中で聞こえてきてもそんな感じです。
国旗や国歌への敬意というのは、自国でちゃんと教育されていないと、外国へ行ってもぴんと来ず、恥をかくことが少なくありません。

中国や韓国の反日デモなどで、日章旗が燃やされたり引き裂かれたりしているのをテレビ画面などで見ても、日本人の多くはなんとなくヘラヘラと苦笑しているだけで、真剣に怒る人はあまり見かけません。
本来なら、外務省がその都度その国の大使を呼びつけて厳重抗議すべき事柄ですし、外務省がそれをやらなければ国民から突き上げを食らうというのが、普通の国のありかたです。
「君が代・日の丸」に反対して、卒業式で起立しない教師を批難する言説はよく見るようになりましたが、彼らの存在を許しているのは、日本全体のこういう「ゆるさ」ではないかと思うのです。
いや、ゆるいのは個人的に嫌いではないのですが、ヘラヘラ笑っているだけなのが「大人の対応だ」などとこじつけるのは、ただの言い逃れに過ぎないという自覚は持つべきでしょう。

それにしてもこの人たち、どうしたいのかがよくわかりません。
国歌が君が代、国旗が日の丸でさえなければ、国歌・国旗に敬意を表するにやぶさかではないのか。
それとも、どんな国歌・国旗であっても、「国家の象徴」の前で起立して礼を尽くすなどまっぴらだと思っているのか。
私の子供の頃の反対論者は、「法律で決められてもいないのに」という論拠を持ち出す人が多かったので、1999年の法制化を機に反対論も立ち消えになったとばかり思っていたのですが、まだ生き残っていたというのが驚きでした。
こうなるともう「思想」などではなく、単なる「嗜好」ではないかと思いたくなります。
教師の「嗜好」に振り回される生徒こそいい迷惑ですね。

投稿: 面毒斎 | 2012/10/16 02:27

 今、直ちに行わなければいけない教育改革、それは「日教組」の解体しかないでしょう。(その点では橋下大坂市長は評価します。他の点での教育改革には全て賛成ではありませんが)

日教組は決して民主的な組織ではないことを知るべきであり、知らしめるべきです。

反社会的組織「暴力団」以上に危険な組織であることは紛れもない事実です。

現在組織の加入率は下がっているとは言われておりますが、その影響力の強さはいささかも失ってはおりません。

 多くの地方自治体の教育委員長・教育委員の人事は日教組に握られていると言っても過言ではないと思われます。これは、報道・伝聞等から得た情報によるものではなく、私自身が直に体験で知り得たことから類推しました。

 日教組が未だに大きな力を持っている例は、沖縄においての教科書採択問題です。また、幸いなこと(?笑)に竹島問題で中止されている韓国への修学旅行です。忠清南道天安市にある「独立記念館」を代表するような、嘘八百で固められた反日展示館の見学がコースに組み込まれていることなど枚挙につきません。

 このような教師に教えられた親たち子供たちに、虐待、苛めが増えこそすれ減ることなどありえません。

 先日のたかじんのそこまで言って委員会で、津川雅彦氏が日本の教育を評価しない理由を「日教組」であると述べていましたが、正鵠をえたものと思います。 
 

投稿: 道産子爺 | 2012/10/16 07:39

昔の事ですが、私の友達が左翼の集会に行って、上の近藤さんのような方と話したそうです。

教育の自由と言うので、そうですね、完全に同意しましと受けた後、続けて「完全に自由なのだから、皇国史観で教育を行なってもいいですね」というと相手は「それは・・・」と言ったまま何も言えなかったそうです。

投稿: 八目山人 | 2012/10/16 09:12

初めてコメントさせていただきます。

私の高校時代(もう20年程前の話ですが)社会科目で日本史を選択していました。
この日本史の教師が根っこからの自虐史観の人でこれでもかと自虐史観を教わりました。

・西郷隆盛は朝鮮を侵略しようとした極悪人で西南戦争は命乞いの戦い
・教育勅語は戦争を強制する教育
・伊藤博文は朝鮮を侵略した極悪政治家
・南京大虐殺を忘れるな
・独裁者天皇裕仁を死刑にするべきだ
・日の丸の赤は血の赤
・君が代は天皇にひざまづけという歌で歌ってはいけない
・教師仲間で君が代をアレンジしたからいろんなバージョンを聞きましょう(パンクやロック調などいろいろ聴かされました)
・奥崎健三の「行きゆきて神軍」を授業で見せて、奥崎健三さんは素晴らしいの連呼
・731部隊のドキュメンタリーを見せて日本人は残虐と強調
・沖縄の卒業式ボイコットの話をして、みんなもやろうと呼びかけ

思い出すだけでよくここまで偏った歴史を教わったものだと思いました。
もちろん卒業式などの式典で日の丸を睨みつけ、君が代起立斉唱には応じない先生でした。

当時さすがに「偏ってるな~」と学生ながら思ったものですが、先輩にはこの教師に傾斜して活動家になった人もいます。
その先輩の父親はなんでこんなことになったのかと半分発狂したのか街で私たち学生を見つけては「OO先生を知っているか?あいつは赤だ、気をつけろ!」と声をかけていました。

当時は面白がっていましたが子供を持つ親になって思い出すにその父親の事が可哀想でなりません。

日の丸君が代の強制反対と叫んでいますが自分達の思想強制が正義と思っているのがこういう人たちですね。

投稿: 日本弥栄 | 2012/10/16 13:48

こんなHPがあります。参考にして下さい。

http://www.geocities.jp/ikeguchijp/index.html

投稿: 通行人 | 2012/10/16 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/55892667

この記事へのトラックバック一覧です: 教育現場を徘徊する反日の亡霊を殲滅せよ!:

» 日本にも情報機関の設置と安倍さんの活躍を [普通のおっさんの溜め息]
・中国の反応をを読み違えた野田政権・情報機関の設置を訴えた安倍さんへの希望・情報機関の役目・慰安婦問題の取り扱い・政府、国民が一体となった情報戦の展開 ブログ村政治ブログへ  買い物のついでに本屋で週刊現代を立ち読みしていたら、 「ぶちぬき大特集日本人...... [続きを読む]

受信: 2012/10/15 22:03

» 【大学経営】私立大46%が定員割れ 酒井法子入学の私大は今春入学者ゼロ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 今年5月、東京女学館大学(東京都町田市)は慢性的な学生不足で経営状況が悪化し、約25億円もの累積赤字を抱えた結果、来春の新入生募集を停止、2016年3月をもって閉校すると発表した。  東京女学館大学に起きた現実は、氷山の一角といえるかもしれない。実は私立大学…... [続きを読む]

受信: 2012/10/16 06:03

« 小沢一郎消滅間近 石原新党に期待する | トップページ | いつも応援ありがとうございます。
依存症の独り言は永遠です。 »