« 対日制裁で苦境に追い込まれるのは中国 | トップページ | 「かたつむりの家」に見る中国中間層の悲哀
日常をも蝕む底なしの腐敗と堕落 »

2012/10/10

厚顔無恥=河野洋平を糾弾せよ!
安倍総裁に河野談話の見直しを求める

“従軍慰安婦”をでっち上げたのは元共産党員の吉田清治(本名:吉田雄兎)と朝日新聞の植村隆記者だが、それを国際的に定着させたのは当時の官房長官である河野洋平だ。
彼は何の証拠もないのに、一部の慰安婦の証言だけで―総じて「強制性」を認めるべき内容だ―と判断し、謝罪談話を出した。

この談話は
―旧日本軍が女性を組織的に強制連行して「性奴隷」にしたとの誤解を国際社会に定着させた「負の遺産」だとして、見直しを求める声が根強い(読売新聞)―
のだが、河野洋平は、それを「(当時の)内閣の意思だ」として開き直っている。

以下は、河野が読売新聞の[時代の証言者]で語った内容の転載である。
皆さんの感想をお聞きしたい。

------------------------------------------------------------------

[時代の証言者]
保守・ハト派 河野洋平(16)

河野談話「内閣の意志」

―1993年8月、いわゆる従軍慰安婦問題で、旧日本軍や官憲による「強制性」を認めた河野官房長官談話が発表された。しかし、旧日本軍が女性を組織的に強制連行して「性奴隷」にしたとの誤解を国際社会に定着させた「負の遺産」だとして、見直しを求める声が根強い―

 92年7月、加藤紘一官房長官が慰安婦に関する調査結果を発表、謝罪しました。軍当局による慰安所の設置と運営、旧日本軍の車両での女性移送などの事実が省庁の文書で確認された一方で、募集方法など「強制徴用」を裏づける資料は見つからない。韓国は満足せず、加藤さんの後任の私は警察、防衛、外務、文部、厚生、の各省庁に更に調査を依頼します。時間の経過などから積極的協力を得るのは大変で、最後に実施した元慰安婦本人からの聞き取りも難航しました。

 最大の障害は名乗り出た元慰安婦同士の対立で、まず日本政府が謝罪して賠償せよと言う集団が、生活の困窮で償い金が得られるなら応じてもいいと言う女性を「売国奴」と罵倒する。日本政府調査団の慎重姿勢に徐々に心を開いた16人が当時、「出所や中身は公表しない」との約束で口を開いてくれた。内容を全て公表できないのは、本人だけでなく親族が皆、白い目で見られた環境ゆえです。

 厳しい状況で得た証言では、日本の軍人が威嚇して女性を連れていった、工場の下働きの仕事だとだまされた、日によっては20人を超す兵隊の相手をさせられた、敗走時は置き去りにされたといった、痛ましい体験が語られていた。軍には逆らえない状況下で、総じて「強制性」を認めるべき内容だと判断しました。

―談話への批判の主な理由は、軍や官憲が強制的に連行したと示す資料が発見されないまま、証言のみで「強制性」を認めた点だ―

 証言を読んだ宮沢さんは衝撃を受けていました。私が発表した談話は、日韓だけでなく米国の国立公文書館などの資料も慎重に検討し、宮沢内閣の責任で決めた「内閣の意志」です。閣議決定はしていませんが、その後の全ての自民党政権も民主党政権も踏襲してきた。にもかかわらず、紙の証拠がないからといって戦後半世紀を超えて今も苦しむ女性の存在や戦争中の悲劇までなかったと言わんばかりの主張には、悲しみさえ覚えます。アジアのみならず欧米諸国からも日本の人権意識を疑われ、国家の信用を失いかねません。

 談話見直し論を引き起こした李明博(イミョンバク)・韓国大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求は看過できない。ただ、歴代大統領が歴史問題で日本へのいら立ちを募らせてきたことも事実で、古い友人の金大中(キムデジュン)さんも何度もそう言っていました。

 元慰安婦への償いを表すため、村山連立政権時にアジア女性基金ができます。日韓の国家賠償は65年に請求権協定で決着済みなので国民の善意に頼る枠組みとし、6億円が集まりますが、熱心に手を挙げていた銀行が「トップの意向」と言って寄付金の受け入れを拒否し、経済界はほとんど協力しないなど、関与を避ける空気も強かった。その中で、参院議長を退任した原文兵衛さんが「日本人の責任だ」と基金の理事長を引き受けた態度は立派でした。

2012/10/08 読売新聞 東京朝刊
(編集委員 伊藤俊行)

------------------------------------------------------------------

Youhei_2                 日本を蝕む悪性腫瘍=河野洋平

読売新聞の伊藤編集委員は
―談話への批判の主な理由は、軍や官憲が強制的に連行したと示す資料が発見されないまま、証言のみで「強制性」を認めた点だ―
と、かなり率直に河野に迫っている。
にもかかわらず彼は
―紙の証拠がないからといって戦後半世紀を超えて今も苦しむ女性の存在や戦争中の悲劇までなかったと言わんばかりの主張には、悲しみさえ覚えます。アジアのみならず欧米諸国からも日本の人権意識を疑われ、国家の信用を失いかねません―
だと(爆)
ことの本質をすり替えているというより、もう完全に開き直っている。

問題は「日本の人権意識」ではない。
当時の日本国が国家として「拉致及び強制連行」を行ったか否かである。
その点において河野の主張はまったくの詭弁である。
厚顔無恥という言葉は、この男のためにあると言っても過言ではないだろう。

女衒、それも朝鮮人に「工場の下働きの仕事だとだまされた」なんて話はザラにある。
それをこいつは「軍による強制」だと言いつのり、自らの談話の根拠がまったくの虚偽であることが明々白々なのに、自己を正当化して恥じ入る気配もない。
挙句に
「内閣の意志」です。閣議決定はしていませんが―
と談話の見直しに縛りをかけようとしている。

史実より自らの薄っぺらな正義感を優先させ、国家に恥辱を与えても何の痛痒も感じず、「時代の証言者」などと大新聞の紙上で気取っているのだから、この河野洋平という政治家はどこかが狂っているとしか言いようがない。
こういう人物が元自民党総裁であり、衆院議長まで務めたというところに、この国の政治の異常性が如実に示されている。

安倍晋三自民党総裁には、この唾棄すべき男の談話を見直してもらいたい。
それが自民党のせめてもの償いである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】
河野談話の無条件撤回からこの国の名誉回復は始まる。

平成24年10月11日9時8分 坂眞

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 対日制裁で苦境に追い込まれるのは中国 | トップページ | 「かたつむりの家」に見る中国中間層の悲哀
日常をも蝕む底なしの腐敗と堕落 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

自分は慰安婦問題で強制性の有無に矮小化されていることに、若干違和感があります。
海外からは、細かいことで言い逃れをしているという印象を持たれています。
問題の中心はそこではないのではありませんか?

自分は学生時代に金学順の会見を見て非常に罪悪感を覚えました。
(慰安婦に限らず日韓併合などに対する)罪悪感を利用されて統一協会に売られた女もたくさんいるでしょう。
海外では日系の子供たちが虐められています。

どうして、慰安婦問題の被害者は日本だと言わないのですか?

加害者が韓国!被害者が日本だ!こう主張すべきです!
戦略としてもその方がよい!

戦後、在日や韓国人に嘘八百言われてずっと騙されてきたという構造を整理し、
日本人の怒りをこそ今表明すべきです!

投稿: ばびる | 2012/10/11 00:40

筋金入りの国賊ですね。
ブレなさだけで言えば小泉純一郎さんをも凌駕してるのでは(笑)

日本の国益を第一に考えられないような議員を排除するために党員資格の厳格化を求めたいですね。

投稿: そらみん | 2012/10/11 00:46

私は、河野談話を上書きすることに賛成です。

しかし、自民党は欧米のアカデミズムに根回しをしていますか?
あの辺を「韓国は少しおかしい」と思わせた状態で上書き作業に入らなければ、どこから弾が飛んでくるかわかりません。

そこが心配です。

投稿: ばびる | 2012/10/11 00:53

ご無沙汰しております。長らく更新停止の最中、そして復活された後も、ROMをしておりました。回復されておられるのとの由、まことに結構です。これからもご自愛の上、優れた記事を書かれるよう切望いたします。

さて、この河野という破廉恥漢、すでに理性のかけらも残っていないようで、なぜこのような老害そのものを自民は排除できないのか、そのあたりに自民の限界がありそうです。

私も安倍総理誕生には大いに期待しておりますが、あまりに常識的な事を主張されているために、今までのやり方を否定される自民の老害たちに足を引っ張られるのではないかとの危惧があります。

結局、安倍氏を支え思う存分理念を実現してもらうのは私たち国民の支持しかないと思います。例によってマスコミの安倍たたきがひどくなりましたがネットを中心に、マスコミ批判がわき起こり、マスコミの安倍たたきが少しは収まったような気がします。

安倍氏は、未だ日韓関係は切っても切れない間柄だから改善を望むと言っていますが、それは単に韓国より利益を得ている企業の立場で見ているだけであり、日本国の国益にとっては、韓国切り捨てがより求められると考えております。

特亜との正常な関係とは、最大限の距離、最大限の警戒、最大限の不信及び力による対応しかなく、欺瞞に満ちた親善関係は有ってはならないと考えております。

いずれにせよ安倍氏には、河野談話の完全な否定、更に、売春婦補償問題は、日韓基本条約で解決などしていない、なぜなら最初から存在しないから、と言明してもらいたいものです。

また強制連行の証拠がなかったなどという消極論ではなく、当時20万もの婦女子を強制連行する必要も能力も日本軍にはなく、日本軍内部に多くの朝鮮人が存在し、また朝鮮人警官も大勢いながら、当時の朝鮮人が婦女子を護るために暴動を起こしたなどと言う記録が皆無であることなども積極的に国際的に発言すべきでしょう。

感情的なプロパガンダは、繰り返すうちに事実として認識され、また日本が反論しないのはそれを認めているから、まして河野談話が有るではないかというのが今の国際的な認識です。

一時的に国際的な反論を浴びようと、日本の尊厳のために、そして将来の子供たちに不名誉な日本を引き継がせないために、日本は科学的な検証を以て、売春婦補償問題が、韓国による強請でしかないことを証明すべきです。

また、それに先立ち、国内で強制連行を主張する者たちを公的論戦の場に引き出し、国民の前できちんと討論をするなどから始めなくてはならないと思います。

主張を公の場でさせるのですからこれ以上の言論の自由を保障した方法はないはずで、それに応じないなら彼らが嘘を言っていることが明らかになります。

南京虐殺、日本による朝鮮植民地支配(これは2001年に国際的な検証の結果、合法的であったと結論が出ていますが、韓国は無視しています)、日本企業による強制徴用、などなど、特亜によるプロパガンダを国際的に排除してゆく努力を来る安倍政権に望みます。

むろん、その前に民主政権に引導を渡すことに全力を注いでもらいたいですが。

投稿: たかおじさん | 2012/10/11 09:03

慰安婦問題は、私も少し調べているので、秦郁彦先生の「慰安婦と戦場の性」(新潮選書)と、下記に収集した月刊誌資料から判明した事情を簡単に整理します。

バ韓国資料室
http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

A. 93年8月の河野談話の根拠になっているものは、韓国で行われた「元慰安婦16人の証言」とのこと。片山さつき議員によれば、このとき、「当時の官房副長官」が韓国に派遣されたが、「慰安婦に会わないでくれ」と韓国政府から要請されたという。「会うとお金をもらったこと、強制連行がなかったことがばれてしまう」からだが、その際、韓国側から「その代わり、これで最後だ。もう二度と請求しない」という話が内々にあった。そして、櫻井よしこ氏によれば、この「元慰安婦16人の証言」をまとめた報告書は外務省から公開を拒否され、今もって、この問題に関心を持つジャーナリストの目に触れられていないという。

B. つまり、日本政府側からの確認作業は一切許されない形で、韓国政府側からの一方的要求により慰安婦強制連行を認めた河野談話が作られ、それが今日まで韓国側から執拗に繰り返される謝罪及び賠償要求の根拠になっている。

C.  2007年7月のマイク・ホンダによる米下院対日非難決議の根拠は、①国連のクマラワスミ報告、②ヒックスの「コンフォート・ウーマン」という本、③元慰安婦3人の証言ということ。

D.  ①と②は吉田清治の本からの引用で書かれているから問題外。③は李容洙、金君子、ヤン・ルフ・オヘルネの3人とのことだが、オランダ人ヤン・ルフ・オヘルネの証言は、いわゆる白馬事件のことだから問題外。李容洙は発言のたびに内容がころころ変わっていることで有名な人であり、金君子は「カネになるから」と朝鮮人に連れて行かれたと明言しているから、これまた問題外。

E.  マイク・ホンダが日本の「報道2001」に出演したとき、他の出演者から「非難決議の根拠は何か」と聞かれて、「強制連行を認めた河野談話が出ているではないか」と発言していたから、元慰安婦の証言からは「日本軍による強制連行」の裏づけは取れなかったのだろうと思われる。結局、07年の米議会対日非難決議の根拠は河野談話ということになる。

 こうしたA→Eに至る経緯を、つらつら眺めると、まず「河野談話」という第一の妄想が作られ、これが根拠となってマイク・ホンダによる「米下院対日非難決議」という第二の妄想が作られ、この間、韓国政府からは頻々と謝罪と賠償の要求が行われてきたうえに、慰安婦婆どもが「我々が生き証人だ」と喚く運動が行われてきた、ということになる。

 「河野談話」という妄想が作られた背景に、83年に出版された吉田清治の「私の戦争犯罪」というインチキ本を受けて韓国内で盛んに制作されたという日本軍非道物語の数々があったことは明白だから、第一の妄想に前にもうひとつオリジナルの妄想があったわけだ。

 要するに、吉田清治のインチキ本出版から数えると30年、「河野談話」からは20年、我々は妄想と虚構のうえにバカ騒ぎを繰り返し、たび重ねて国家間の外交問題を引き起こしてきた、ということになる。

あほくさ。この続きは、また書きます。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/10/11 11:40

河野談話の見直しと、慰安婦問題の再検証。
そして、それにともなう、朝日新聞社の国会証人喚問。

「朝日新聞はどうして"従軍慰安婦"などという捏造報道に力を入れたのか?」
「なぜ日本のマスコミは偏向報道に走るのか?」

その国民議論が、日本を救うと私は思っています。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/10/11 15:01

河野に対する評価や怒りは私も同じであり、その事に対して異議を唱えるつもりはございませんが一言だけ。

当時の「時代的雰囲気」についても考慮して欲しいのです。その時代に生きていたとしてもその雰囲気の事を憶えてる事の難しさを。当時の大手マスゴミの影響力は大きく南京事件を否定した政治家は政治生命を断たれるどころか社会的制裁も受ける状況でした。それは、韓国で親日発言をした社会的地位の高い人物が非難され、土下座をし赦しをこう場面を想像していただければ理解していただけるかと。河野はその雰囲気に抗う事が出来ずさらにその雰囲気に迎合したのです。当然その方が自身の政治的立場が有利になると思ったのでしょう。

投稿: mumeijinn | 2012/10/11 17:11

『従軍慰安婦(sex-slave)』の話の背景には、戦前・戦中、帝国国策として「内鮮融和」が叫ばれていた頃の情景が(多分、戦後的な理由で…)隠ぺいされている、という事があるのでは?

例えば、当時、内地では普選の国会/地方議会に朝鮮人が立候補して、見事、当選しています。
『ほるもん文化』第3号[新幹社、1992.10]によれば(↓)こういう感じです。
     ----------
朴の出馬した東京4区(本所、深川)では商工従事の下層労働者が多く、昭和恐慌下の失業者の中には「満洲」移民を考える者が少なくなかったこともあり、朴の侵略的移民論はおおむね好評を博した。
例えば、1月16日の3つの演説会は、朝鮮人の立候補者という物珍しさも手伝って、いずれも大入り満員、朴が「満蒙問題から順々と説き起こし内鮮融和の急務を力強く叫べば『そうだ』『頼むぞ』などの声援が大向こうから飛び出し」た(『時事新報』1932年1月27日)という。
(同誌、松田利彦「衆議院議員選挙と朴春琴」(pp.84-85))

しかも当時の選挙では、朝鮮文字(諺文、ハングル)による投票が認められていました。
     ----------
普通選挙法が実施されて、初めて在日朝鮮人が立候補したのは1929年1月の堺市議会選挙であった。
     ・・・・・
これを機に朝鮮人の立候補が続出し、1942年までの13年間の各種選挙における立候補者数は延べ382名、当選者は99名、落選237名であった。
通算で4分の1以上の当選率はかなりのものである。
     ・・・・・
選挙の実施に当たって興味深いのは"朝鮮文字"による投票が認められたことで、例えば1932年2月の衆議院総選挙における在日朝鮮人投票者数 16,170名のうち、"朝鮮語"の有効投票数は 2,647票であった。
この選挙に先立って「東京府で調査した所によると、府内朝鮮人有権者数は4,350人に達し…
 これらの有権者中に"朝鮮字"投票をする者が相当ある見込みなので、東京府で急に"おん文"字書を作り、各開票管理者に送付した。早速"おん文"の勉強にとりかかっている(東京朝日、1932年2月3日付)」の記事も見られる。
(同誌、梁泰昊「尼崎市会議員—朴炳仁のこと」(pp.71-72))

で、当時、例えば、尼崎市の小学校で(内地人学童より年齢が上の…)朝鮮人学童の運動会への出場を認めなかった事件がありました。
というか、それを朝鮮人議員が朝鮮人差別(内鮮融和に反する、今で言う"人権問題"…)として、市議会で問題にしたので、事件になった、と。
(同稿、pp.77-78,運動会の差別問題)

当時の、こういう状況のもとで、済州島で(朝鮮)女性"狩り"(hunting)など成り立つハズがない。
http://home.att.ne.jp/wood/akira/ferris/josei_resume_0519.htm

投稿: ネオ | 2012/10/11 17:40

この話題になると、あの三宅久之氏までが、「政府として一度決めたことなのだから、そう簡単に是正出来ない。そんなホイホイ変えたら過去の慰安婦関連意外の政府が諸外国と交わした取り決めまでも変更の対象になると諸外国に思われてしまう。」と発言していました。
一理あるとは思いますが、慰安婦関連の事実はその後の調査で日本軍による強制は100%無かったことが判明しているのですから、政府としてハッキリ河野談話は間違いでしたとアピールしなければ、いけないと思います。
『間違いを間違いで是正出来ない』
とある小説からの引用ですが、非常に感銘を受けた台詞なのでここに挙げておきます。

坂眞さん、お体に気を付けて。
元・左の発想からくる当ブログ、日々の楽しみにしています。

投稿: 高橋 | 2012/10/11 17:53

河野は人権意識を口にするが、日本軍人や朝鮮統治にあたった人たちの名誉はどうなるのか。また、後代の我々が負うツケは、どうなるのか。

私が上記コメントを掲載させてもらった理由のひとつは、河野談話が「強制性を認めれば、二度と謝罪と賠償を求めない」という韓国政府の策略にまんまと乗せられて作られたということを指摘したいためだ。韓国には「うそも通ればめっけもの」という諺があるそうな。二度と謝罪と賠償を求めないからとウソをつかれて河野談話を発表し、今度は河野談話を盾に取られて米下院対日非難決議が行われ、こうした妄想と虚構・ウソのうえに、先人の名誉が汚され後代の我々が迷惑をこうむる、こういうことを河野はどう考えているのか。ここまで無反省なら、当時の関係者を河野も含めて証人喚問をして事情を詳らかにし、政府が別声明を出すしかないだろう。
 私は国賊・売国奴という言葉を人に投げつけるのは好きではないけれども、河野洋平に対しては、ためらいはない。河野の罪、万死に値し、切腹ものだろ、これ。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/10/12 11:03

> 坂様、皆様、

坂様をはじめとして、此処に来られる方々は皆、日本の紳士淑女でいらっしゃるような。 半島の国のネガティブキャンペーンにも、そのような事実は無いと御主張するのみで。

ここは、やはりグローバルスタンダード型(欧米型)の紳士淑女の対応すべきと考えませんでしょうか?
つまり弁解になるような対応は止めろ...と。

欧米型のレトリックでこの件を対応するなら、

「日本軍の要請に迎合して自国の女性を買い集めて商売としたメンタリティーを現代に引きずっている韓国自身が真っ先に反省すべきと」

と指摘し、欧州や米国、オーストラリアで身体で商売する韓国人女性の多い現状をキチッと認識させ、

「人権を守って来なかった過去の反省が何処にあるのか? 韓国では! GDPから見ても豊かな国になったのに性向が変わらないのは、女性蔑視のメンタリティーが改善されていない証拠ではないか」

とたたみかけるべです。日本では戦後間もなく法律を作り、国民もその認識をキチンと持つようになったので、海外にそのような女性か押し掛けることはない...と。

慰安婦問題の当事者である韓国自身の反省は足りていないとキャンペーンすべきでしょう。

投稿: ムフフ | 2012/10/12 11:05

ムフフ殿:

お言葉ですが、あなたのいうグローバル・スタンダードとは何ぞ。

ウソをつかない、誣告はしない、ありもしないことで他人を讒訴し、謝罪と賠償を要求するなどという卑怯な行為はしない、これこそ古今東西かわることのない、人が守るべき普遍的原則ではないですか。グローバル・スタンダードをいうなら、外国人に慰安婦問題を尋ねられても、きちんと説明できるようにしておきなさいよ。

この問題では、まず韓国人が徹底的にウソをついているという国際的コンセンサスを作ることが最重要です。韓国人への反省要求はその次の問題だ。

これは私が作った英文解説資料です。このブログを見ている方、ご自由にお使いください。
False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

投稿: ピラニア軍団 | 2012/10/12 17:28

>河野は人権意識を口にするが、日本軍人や朝鮮統治にあたった人たちの名誉はどうなるのか。

反日変態サヨクに共通しているのは、
死者の人権など一顧だにしないという点です。
死刑制度に対する認識もしかり。
死んだ被害者の人権を無視し、
加害者の人権には過剰に反応する。

>私は国賊・売国奴という言葉を人に投げつけるのは好きではないけれども、河野洋平に対しては、ためらいはない。河野の罪、万死に値し、切腹ものだろ、これ。

怒りはごもっともだが、河野みたいなクズに切腹という名誉を与えてはならない。
コイツの卑しいDNAは息子の太郎に引き継がれている。
神奈川の良識ある皆さん、ぜひとも河野太郎を落選させてください。

投稿: やす | 2012/10/15 17:46

> ピラニア軍団殿

う~ん、日本人にしか通じないレトリックで論争しても
諸外国には通じないのではないでしょうか?

「人が守るべき普遍的原則」なんてのを前面に押し出して、
「相手が嘘をついている」なんて言い返しても、半島国
と日本との愚かな非難応酬としか見ないでしょう。

→ 一般的に、ディフェンスは不利な立場ですね

ですから、この問題に関する韓国人自身の関与をと彼ら
自身の人権無視していた過去を追及し、その中で彼らの
嘘を暴けばよいのです。

つまり「慰安婦を実際に造り出したのは彼ら自身だ」と

現在の韓国人の出稼ぎ?状況から、この問題に対する
認知が、諸外国に××を撒き散らす韓国となり、どちら
の主張が真実性を持つか判るようになると考えますが。

投稿: ムフフ | 2012/10/16 10:09

http://www.youtube.com/watch?v=9bOw0uhgfrY
これが一番まともですね。
ワードで書き起こしたひともいます
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=7&cad=rja&ved=0CGQQFjAG&url=http%3A%2F%2Ftwitdoc.com%2Fupload%2Fbasubusu%2F-.doc&ei=bh6mUf_1EsmtlQX7zICoBg&usg=AFQjCNF4_NAM3DOcnK6KMb_lms9fW56ZHw&sig2=t1ChwZ-yYmXT1zVHYol73g&bvm=bv.47008514,d.dGI

投稿: 河童工房(◇) | 2013/05/30 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/55861077

この記事へのトラックバック一覧です: 厚顔無恥=河野洋平を糾弾せよ!
安倍総裁に河野談話の見直しを求める
:

» 【外食】マクドナルドの59円バーガー「間違った経営戦略」 原田社長、低価格競争に警鐘 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 営業利益で6年連続、既存店売上高で8年連続プラスの好業績を維持する日本マクドナルド。24年12月期も増益予想で、景気低迷下で「増益街道」を突っ走る。かつて、ハンバーガーを59円に値引きし、「バーガーは安物」のマイナスイメージまで残し、赤字転落を余儀な…... [続きを読む]

受信: 2012/10/11 05:32

« 対日制裁で苦境に追い込まれるのは中国 | トップページ | 「かたつむりの家」に見る中国中間層の悲哀
日常をも蝕む底なしの腐敗と堕落 »