« 慰安婦 竹島 日本海 強制連行
相変わらず反日満開のパラノイア=韓国
| トップページ | 懲りないLoopyが、またクルクルパー発言
L.由紀夫は即刻辞職せよ! »

2012/10/27

やはり連携に向けて動き出した石原-橋下ライン

私は、誰が何を言おうと石原新党と日本維新の会を支持する。
個々の政策では違和感を感じるところも確かにある。
たとえば石原慎太郎氏の憲法破棄だ。
原則論としては解るが、「改正」の方が現実的で国民に受け入れられやすい。
橋下徹氏に関して言えば、その脱原発政策に疑問を呈さざるを得ない。
代替エネルギーを具体的に提示せずに脱原発を唱えるなど、ポピュリズムと受け取られても仕方がない。

石原、橋下両氏の主張には、これら以外にも私の考えと違う点はいくつかある。
が、大事なのは価値観であり、大きな方向性である。
そういう点では、石原氏の「考え方が違う者同士が手を結ぶから『薩長同盟』だろ!」という言葉には大いに共鳴する。
明治維新以来続いている中央集権的官僚支配、上意下達の行政制度を打破するのが第一義的目標であり、その目標を前にした時、憲法改正の方法論やエネルギー政策の相違など小さな問題であると言いたい。

橋下氏は当初、政策の一致が大前提で、そうでなければ国民に野合と受け止められると言っていた。
それも一理あるが、そんなことを言っていたら現体制の打破などできっこない。
橋下氏と渡辺喜美氏(みんなの党)が統一戦線を組んでも、そのキャリア、政治的存在感などを勘案すると、中央集権的官僚支配を打破することなど絶対にムリである。
やはり老いたりとはいえ、石原氏の経験の豊富さとその存在感の大きさは圧倒的であり、石原なくして改革などありえない。

もともと、石原氏は橋下氏の師匠的存在であり、橋下氏は石原氏に対して畏敬の念を抱いている。
そして、何より二人は共鳴している。
この両者の関係を知っている者ならば、二人が連携するのはごく当たり前だと思うだろう。
その点、メディアが二人の政策の相違を取り上げて、ことさらにその連携を疑問視していることに、私はなにがしかの政治的意図を感じる。

二人は必ず連携する、間違いない。
渡辺氏が異議を唱えたら彼は排除されるだろう。
そして、私的にはあまり歓迎できないが、名古屋の河村たかし市長も石原-橋下ラインに合流する、これも間違いない。
ここにおいて東京-名古屋-大阪の三大都市圏の改革勢力が糾合される。

Ishiharahashimoto2

下の引用はNHKのものだが、私もこのニュースを見ていた。

日本維新の会を率いる大阪市の橋下市長は、党の幹部らとの会合で、次の衆議院選挙に向けた、東京都の石原知事が結成する新党との連携について、「政策の大きな方向性は一致している」と述べ、前向きな考えを伝えました。

大阪市内の党本部で開かれた会合には、橋下氏のほか、幹事長を務める大阪府の松井知事、国会議員団の松野代表をはじめとする幹部らが出席しました。
この中で、橋下氏は、次の衆議院選挙に向けた、東京都の石原知事が結成する新党との連携について、「石原知事とは、これまで何度も話をしてきたが、政策の大きな方向性や価値観は一致している。原発政策や憲法問題は、アプローチの違いがあるので、引き続き、連携に向けて協議を重ねていきたい」と述べ、前向きな考えを伝えました。
これに対し、出席者からは、「『中央集権の打破』を目指す点では一致しており、細かい違いは気にする必要はない」などと、橋下氏の考えを支持する意見が相次ぎ、今後の対応を橋下氏に一任することになりました。

橋下氏 石原新党と連携に前向き
10月27日 19時34分 NHK NEWS WEB

やはり事態は、私が予測したとおりに動き始めている。
小沢一郎氏が、石原新党について、「そんなに大きな広がりになるとは思えない」と言ったらしいが、大きな広がりにならないのは小沢氏率いる「国民の生活」であり、私には取り残された者の強がりにしか聞こえない。

次期総選挙での第3極勢力の大躍進を祈念するとともに、小沢一派の消滅を期待したい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 慰安婦 竹島 日本海 強制連行
相変わらず反日満開のパラノイア=韓国
| トップページ | 懲りないLoopyが、またクルクルパー発言
L.由紀夫は即刻辞職せよ! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

私は2ちゃんねる等に出入りし、ツイッターもやってるのですが、
民主党や小沢を応援するようなヘンな人は、まあ除外するとして(笑)
だいたい見かけるのは、
「自民党は安倍氏が再選されたからもう大丈夫なんだ、
  自民党にまかせておけば良いんだ、あとは全部余計なんだ」 と言う人と、
「石原新党は維新じゃなくて安倍自民党と組むべきだ」 という人と、
「自民党などどうせ既存権力なんだ、これからは第三極の時代なんだ」という人、
民主党とか反日思想に嫌悪感を持つ人々の中でも、
これだけ意見が割れてるわけです。

自民党は、谷垣体制における消費税増税法案関連の挙動不審から
「増税連立」などと揶揄され、すんでのところで民主党と一緒くたにされて、
「既存権力(政党)」と呼ばれる方向に進みつつありました。
こうした背景を受けて、維新やみんなの党などの「第三極」に
期待が集まったわけですね。 
ようするに、「民主党でも自民党でもない選択」というニーズなわけです。

ところが、安倍晋三氏が総裁選に勝ち、自民党の支持者はにわかに活気だつ。
「やっぱり、自民党だ!」というわけですね。
「安倍自民党なら、従来どおりに民主党との対決姿勢に戻ってくれるだろう」
という期待がふくらむと同時に、「既存政党」に対する対立軸であった
維新の存在感は弱くなった感が否めません。
安倍自民党が、民主党と徹底抗戦をするというのであれば、
それは結構なのですが、これから特例公債法や、解散の具体的条件を迫って
いく上で、また谷垣体制の時のような甘い姿勢で臨んでしまったならば、
今ある「やっぱり自民党だ!」感が、しぼんでしまうわけですね。
自民党のすることなら何でもよしとする「自民信者」なら別ですが。

じゃあ、維新はどうかというと、特に自民党の支持者の中には、
橋下氏に対する「アレルギー」と言って良い程の拒否反応がある。
曰く、「国家観がない」「外国人参政権を認めると言った」
そしてついこないだ「人権擁護法」という言葉を使ったことに対して、
批判が出ていますね。
よくよく聞くと、別に反日陰謀的な意味で「外国人参政権」とか、
「人権擁護法」とかいう言葉を使ってるわけではないんですが。
しかし維新アレルギーの人たちは、まず「橋下が嫌いだ」という気持ちが
先に立ってるものですから(笑) そういう単語が「出て」きただけで
「維新は(橋下は)反日売国だ!」ということになっちゃう。
日教組や、公務員団体と実際に戦ってるにも、関わらず。

「国家観がない」という批判は、私はようするに
「若造だ」という言葉の言い換えにすぎないように感じます。
橋下の未熟さ、短慮さ。・・・これは、まさに、
つい2、3日前の「週刊朝日ハシシタ号騒動」でモロに出てきましたね(笑)
週刊朝日が「ハシシタ号」を母親に直接送りつけたと勘違いして、
他人においそれと使ってはならない「鬼畜」という言葉を使う。
週刊朝日を発行しているのは朝日出版社じゃなくて、朝日新聞出版だよと、
ツイッターで他の人から指摘されてるにも関わらず、朝日出版と言い続ける。
まさに「短慮」であり「迂闊」。
この点をもって、「国政政党の長たる資格なし」と批判する人が
いたとしても、私はそういう意見が出るのは仕方がないなと思います。


石原新党も加わるとして、今の日本の政治は大変面倒な構図ですね。
唯一ハッキリしているのは「公約詐欺の民主党は壊滅しなさい」という
点だけであって、自民と第三極各党をどう捉えるかはについて、
今から確かなことなど、誰にも言えっこないと思います。
こういう時にいつも大切なのは、

 『 自論に固執しない 』

ということに尽きると思います。
状況を見ながら、今まで自分が言っていたことを柔軟に修正してゆく。
そういう勇気を持つことが大切だと思います。

「いや違うね!○○党がぜったい正しくて、△△党は悪の手先なんだ!」
と言う自論に固まってしまうと、あとからもう、それを変えることは、
「自分の意地」を理由にして出来なくなっちゃうんですね。
決してバカバカしいハナシではありません。
そうやって、50年も昔に、自分の青春を費やしてしまった理念を守るために、
今でも自論に固執して生きている人たちがいます。
その人達がいま、怨霊のように日本を蝕んでいます。
そういう人間になってはならないと思いますね。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/10/27 22:37

石原さんの一番まともなところは憲法破棄を言ってることです。こんな簡単なことはない。無効なんだから破棄すればいいだけのこと。

投稿: | 2012/10/27 22:47

第3極と言われている石原新党、日本維新の会、みんなの党などですが、それらが結集して次の衆議院選挙での戦いをむかえるに当たり、自民党の支持率上昇は確かですが、もう民主党に差ほど支持は集まらない可能性もあります。
そうなると自民党とこの第3極との二大政党という情景も見えて来るのではないでしょうか

投稿: Pin | 2012/10/28 02:10

憲法破棄の方が改正よりも筋が通っています。

大日本帝国憲法現存論・占領憲法無効宣言実施手順/南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=VDlB3wVFXWE&list=PLCDAAF5D9DB60B77B

投稿: | 2012/10/28 02:57

 石原新党の結成で最もダメージを受ける政治勢力はどこか。
 それを考えると公明党かな。ぼくは熱狂的に支持する党はないけれども、熱狂的に敵視する党があって、それが公明党だから、石原新党の結成は歓迎します。
なぜ公明党を敵視するかといえば、この党が外国人参政権の付与に熱心だからです。
 冗談じゃありません。選挙権は地方参政権も含めて日本丸と運命を共にする日本国民にのみ与えられるべきものです。外国人参政権は憲法違反だ。
 そもそも公明党は日本全体の将来を考える党ではなくて、創価学会とか、特別永住外国人とか、特定の人々の利益を代表する党だと思うんですよね。
 日本国民は池田大作の子分になるほどバカじゃないから、公明党が無党派層の支持を得て単独過半数を持つ政権与党になったり野党第一党みたいな大きな勢力になることはないけれども、学会員という固定票で一定の勢力を持つし、時の政権党とつるむためなら政治信条を変えることも厭わないから困る。それは冬柴幹事長の時代に前科のあることですわな。
 自民党が単独過半数を維持できなくなってきてやったことといえば、公明党と組んで連立政権を作ってきたことだから、自民党が政権党に返り咲くほど力を盛り返す場合、自民党としては石原新党と組む道が開けることになり、公明党のバーゲニングパワーはそれだけ低下するわけだ。民主党が野党になったとしても、公明党より少数という状況にはならないだろうし、鳩・菅以後の民主党は自民党と組める要素も増大している。
 池田大作も棺桶に片足突っ込んでヨイヨイみたいだし、奴が死ぬと創価学会もガタガタになるだろうから、そうなると日本を仏教国家にするために作られた公明党の存在意義も失われる。この党も恐竜の化石みたいなもので、21世紀には無用の存在でしょ。公明党も次の選挙で小沢の党といっしょに消えてもらいまひょ。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/10/28 07:27

久しぶりに投稿させていただきます。

安倍自民、石原新党、橋下維新について、それぞれの考えについて共感するところはありますが、それらのことについては、保守の人なら同じ認識だと思うので省略し、小生が違和感を感じる点だけを述べさせて欲しいと思います。

まず、安倍自民ですが、一番違和感を感じるのは公明党に対して「友党」という言葉まで使って今だに連携しようとしている点です。これが自民党が「既存勢力」として嫌われる大きな原因だろうと思います。
もう一点、経済界の抵抗が大きい中国、韓国への対応が、石原さんと比較するとやはり弱いということです。特に韓国については、(1年位前ですが)奥さんが韓流好きと言ってみたり、親父さん時代からの腐れ縁でもあるのか、結構、親韓的な印象を受けます。確かに一国の総理大臣ともなると否定ばかりはダメなのだろうし、東アジアの軍事的なバランスも考えておかなければならないのでしょうが、最近は、韓国を地政学的な理由で護ろうとしてきたこと自体が日本の不幸の始まりだったのではないのかと思う様になってきました。38度線ではなく、日本海を境界として断固日本を護ることに国力を結集させた方が、大局的に見て余程日本にとっていいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
とにかく、韓国や中国、そして公明党を切らない限り、本当の美しく、強い日本の復活はない様に思えてなりません。

次に石原さん。坂さんが何度か指摘されてたおかげで知ったことですが、「移民賛成」の立場であることと、いわゆる「A級戦犯」と言われる方々を当事者でもないのに完全否定しているところは残念でなりません。
憲法破棄論については、基本的には大賛成です。なぜなら、憲法改正の要項である「2/3の賛成」がフェアーではないからです。こう言うと、壁が高いからと言っても不可能ではないのだから、破棄の理由にはならないと言う人がいますが、確かにそれだけでは破棄の理由にならないでしょう。しかし、根本的に押し付けられた憲法であるということを踏まえたうえで、もしその押し付けられた憲法の改正要項が「100%の賛成」だったとしても「破棄」はダメなのか、と問いたい。ただ、本当に破棄することになって、それなりに良い憲法を作ることができたとして、一つだけ心配することは、将来、政権が民主党の様な極左政権に戻る様なことが起こった時、「自主憲法」と「押し付け憲法」を区別せず、「破棄」という実績だけで、新憲法を含めてその時点で保守派が築いているであろう良いものを「破棄」(つまり彼らにとっては報復)される危険が残るかもしれないということです。そういう意味で石原さんには将来の歯止めも考えておいて欲しいと思います。小生が言うまでもなく、考えておられるのでしょうけど。

最後に橋下さんへの違和感ですが、最近この人の演説をテレビで見ていて思ったことは、自分に心酔してるということです。ニタニタした顔で声を枯らして行う街頭演説は、年齢の若さのせいもあるのか、まさに権力欲や自己顕示欲が溢れて隠しきれない様に見えます。この人のその他の欠点は保守派の中で語り尽くされているので省略しますが、いずれにしても美しい日本を取り戻す人ではない様に思います。ただ、矛盾だらけの政界の中で、この人の筋を通そうとする点は評価できるし、そのパワーは新しい日本を創る上で必要なんだろうと思います。今の日本を変えるために石原さんや安倍さんが連携するなら、反日勢力を駆逐するための核弾頭として貢献してくれたらな、と思います。

投稿: 大和屋 | 2012/10/28 08:00

経済・財政問題を除くと選挙後
取りざたされるのは
憲法問題
外国人参政権についてでしょう
この2つについては
われわれ国民の主権に関わることで
あると思いますので
どこが政権をとろうが
国民投票にかけるべき事柄であると思います
これだけ民主党政治家に対する
外国人からの献金が問題となってる以上
いくら選挙を経たからといって
政治家だけの議論で決めてしまうのには
はなはだ疑問に思います
個人的には石原新党に期待を寄せております

投稿: coyote BoRRacho | 2012/10/28 15:14

マスコミでは・・・
「維新の会とみんなの党は新自由主義で・・・たちあがれ日本(石原新党)は保守だから・・・水と油で連合は難しいだろう」
と言っている。
 
新自由主義・・・小さな政府・自立した強い個人
保守主義・・・家族などの共同体を守る(助け合い精神)
というギャップがあるからだ。
 
しかし
維新の会の橋本市長が参考にした「負の所得税」(50年前ミルトン・フリードマンが提案した)の考え方はこうだ!

生活保護の申請に基づいて自治体担当者が親族に扶養を依頼しても99%は断られるという。
また昨今の不況で企業年金もまた破綻寸前である。
つまりこれからの社会保障政策は(社会の)中間共同体(家族や企業など)に頼らずに国家が直接・福祉や救済を行う必要が否応なしに迫っているのである。
その答えが「負の所得税」である。
これは高額所得者に課税して低所得者に不足の程度に応じて給付する制度であるから一見”大きな政府”に見える。
しかしこの制度の最大のメリットは
「制度とそのPCソフトが出来れば、自動的に給付額が決まるから公務員が大幅に削減できる」(年金も生活保護も無くなるから・負の所得税に一元化する)
「ゆえに毎年毎年・財源を確保する必要もなくなる」
・・・というところにある。

ゆえに
「負の所得税」は「小さな政府」なのである。
 
「公務員を大幅に削減できる」・・・これゆえに官公労を支持母体とする左翼が橋下市長に大反対する一番の理由なのである!
これが実現すれば左翼は全滅するだろうからね。
 
ゆえに
この「負の所得税」のメリットを平沼氏や亀井氏にちゃんと説明すれば・・・
「日本維新の会」「みんなの党」「石原新党」3党の連立は充分に可能となるだろう。
 
みんなこれを知らないんだなぁ・・・
ここにコメントする連中も「負の所得税」なんて説明できるほど頭が良いとも思えないからね・・・
なんなら・・・
オレが実現してみせようか?
3党連立を・・・ふふふっふふ・・・

投稿: 柳生大佐 | 2012/10/28 15:44

坂さんに一番申し上げたいのは、
GHQ憲法の規定では改正が「ほぼ不可能」ということです。
国会議員の3分の2が賛成する憲法案を見いだすのは
「壁」どころではありません。
エベレスト並みのハードルです。
日本が核攻撃でもされない限り、
3分の2の意見がまとまることなど有り得ないでしょう。

この規定はGHQが占領後も可能な限り長く
日本の実質的「独立」を妨害するために設けた
呪縛のようなものです。
厳密に言えば国際法、ポツダム宣言違反の憲法なのだから
軍事力を背景に占領地の国会に制定を命じた違法行為を弾じ、法に基づいて破棄すべきです。
「改正」ではこの違法行為を正当化してしまうのではありませんか?
やはり民主主義の大原則に従い、新たな自主憲法を制定して
過半数の賛成で改正できるようにすべきです。

反日勢力の「報復」を懸念する意見も見受けられますが、
何度もだまされるほど日本人(一部地域を除く)はバカではありません。
今回のようなルーピー政権が誕生する可能性はゼロではないにしても
限りなくゼロに近いと思います。
自民党と健全な野党となる石原新党が切磋琢磨していけば
ルーピーの出る幕などありません。

投稿: やす | 2012/10/28 16:05

石原新党と橋下さんの日本維新の会と、どちらによりおおきく期待するかと問われたら、私は躊躇なく後者だと答える。両者の連携ないし連合は早晩破綻するするのではないかと危惧している。石原氏は剛の一面ばかりがクローズアップされがちだが、文学者としての半面を無視して論じてはならないと思う。しかるがゆえに石原氏は現実重視に傾く政治家とは異なり、ロマンチシズムに走る性癖が強いと見る。あえて言えばそれこそ「出自」の違いが両者の本質を隔てていると愚考する。橋下のニヤツキを咎める意見を目にするが、彼が「大阪人」である所以を等閑視すると誤解をよぶだろう。「おもろおかしく」するのは浪花の人間に共通する心性であり、関東の人間にはそれが反感を惹起する要因ともなっている。

投稿: | 2012/10/29 16:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/55984158

この記事へのトラックバック一覧です: やはり連携に向けて動き出した石原-橋下ライン:

» 【国際】韓国ソウルの街から「ファミマ」が消えた… 看板のカラーも紫に 韓国企業の“日本隠し” [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 韓国でもコンビニが相当増えている。日本式商法でお握りや弁当も定着化し客層も広がっているが、日本のような何でもありの生活密着型にはまだなっていない。韓国のコンビニは1989年5月のセブン-イレブンが第1号店だったが、そのビジネスは圧倒的に日本の影響下に…... [続きを読む]

受信: 2012/10/28 01:13

« 慰安婦 竹島 日本海 強制連行
相変わらず反日満開のパラノイア=韓国
| トップページ | 懲りないLoopyが、またクルクルパー発言
L.由紀夫は即刻辞職せよ! »