« 無罪になっても変わらない「D.Ozwは終わった人」 | トップページ | 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 »

2012/11/13

D.Ozwと心中するしかない哀れな信者たち 同情無用

D.Ozwが二審でも無罪になったけど、私には何の感慨もない。
もうどうでもいい、それが正直なところか。
無罪でも国民はD.Ozwの胡散臭さをよく解っているし、もはや彼の復活はない。
だから、どうでもいいのだ。

それにしても妻の手紙が与えた影響は大きかったね。
それまでは漠然としていたD.Ozwの胡散臭さが極めてリアルなものになってしまった。
中でも、被曝が怖くて地元であるにもかかわらず被災地を避けて逃げ回っていたこと。
これは、彼の実際の行動とも一致していたから強い説得力があった。

それから妻だけではなく3人の息子からも見捨てられていること。
この事実が暴露されたこともインパクトがあった。
妻と子供全員から離縁状を突きつけられた男。
こんな政治家に期待する有権者なんて、特別な利害関係があるか、もしくは心情的なつながりがあるか以外に居ないと思う。
D.Ozwに人間味が少しでもあれば、3人のうち一人くらいは彼を擁護したのだろうが、それもまったくなし。

ケチで猜疑心が強く、我がままで独善的、あの田中真紀子にそっくりだ。
ただ、真紀子は心臓に毛が生えているが、D.Ozwは見かけによらず小心者だからさらに程度が悪い。
もう最低、最悪、これがD.Ozwの実像なのだ。

-----------------------------------------------------------------

私はD.Ozwの支持者が理解できない。
支持者と言うより「信者」と呼んだ方が正解なのかな。
とにかく事実から目をそむけ、自らに都合の良い事柄ばかりを取り上げて「D.Ozwは人気がある」「D.Ozwはすごい」と持ち上げるのだから頭がどうかしているとしか言いようがない。

「国民の生活が第一」がネット世論調査では支持率41%!
で、総選挙では圧勝!
もう爆笑ものだが、信者は固くそれを信じている。
少し考えれば、ネットの世論調査など、メディアのそれよりはるかに当てにならないことくらい分かりそうなものだが、信じているから疑わないんだね。

信じる者は救われる、と言うけど、D.Ozwの信者に限っては救われないな、おそらく。
だって政治は信仰ではなく現実だもの。
やがて厳しい審判が下されますよ、かわいそうだが。

-----------------------------------------------------------------

皆さんも感じていると思うけど、D.Ozwの信者には共通項がある。
まず反米。
そして反自民、反保守。
何でもかんでも「米国の陰謀」「米国の差し金」。
そして、それに屈従する官僚(特に財務省)と、官僚に操られる政府。

“悪徳ペンタゴン”?
あの変態評論家が名付け親だが妄想の極み。
五角形は、政治屋(政)・特権官僚(官)・大資本(業)・米国(外)・御用メディア(電)のことだそうだが、電通にそんな力はありません、私はよ~く知っているけど。
幹部に知人もいるしね。

Ozawa_cult4          気味が悪い、としか言いようがないD.Ozwの信者たち

-----------------------------------------------------------------

「新型うつ病」なるものが若い世代を中心に増えているという。
患者が多すぎてクリニックの予約を3か月近く待たされる場合もあるらしい。
新型の特徴は、日常生活や仕事、人間関係などがうまくいかなくて「自分を責める」という従来型と違い、「周りの環境や他人のせいにする」傾向が強いこと。
特に職場で多く、物事がうまくいかないことを会社や上司のせいにし、「会社が悪い」「上司が悪い」などの言葉が口癖のようになると言われている。

私は、D.Ozwの信者たちに同じものを感じる。
彼ら彼女らは、今の自分の姿は本来の姿ではない、今の自分がいる場所は本来いるべき場所ではない、と思っているに違いない。
特定の層や特定の人たちばかりが得をする国の仕組みが悪い、政治が悪い、社会が悪い、だから今の恵まれない私がいる。
もうほとんどがこれだ。

-----------------------------------------------------------------

あの変態評論家を見ていると、そのような精神構造にあることを痛感する。
俺は将来を嘱望された経済学者だった、テレビでも売れっ子だった、にもかかわらず小泉改革に叛旗を翻したために陰謀に嵌められ、表舞台から追放された―
彼の真情はどうか解らないけど、主張していることはこのとおり。
まさに、国の仕組みが悪い、政治が悪い、社会が悪い、だから今の恵まれない私がいる―
だ。

しかし彼の今は、自身の異常な性癖、つまり常習的痴漢癖に原因があるのであって、国や政治や社会が悪いわけではない。
何よりその存在は、時の権力が陰謀を仕掛けて追い落とすほどの大物ではなかった。
それは、被害妄想の裏返しとしての誇大妄想にすぎない。

本人は、D.Ozwに自身の姿を重ね合わせているのだろうが、彼の主張はどこから読んでも妄想が極限にまで達した人間のそれ。
“悪徳ペンタゴン”?
こんな主張が、まともな国民に受け入れられるわけがない。
支持する者がいるとしたら彼と同じ異常者でしかない。

-----------------------------------------------------------------

D.Ozwの信者には左翼が多い。
反米、反保守、反原発、反TPP、これらが彼らの立脚点だ。
が、D.Ozwは一昔前まで親米、原発推進、自由貿易推進、おまけに靖国神社にも参拝していた。
この男には、野中広務が言うように、理念も政策もなく、ただただ権力欲から政治を導き出すから、その時々で打ち出す政策が180度違ってしまう。

私は、こんな男に期待する、と言うか縋(すが)ろうとしているD.Ozw信者に哀れみすら感じるね。
しかし、言っておくが、人間はどこまで行っても自己責任。
自立と自尊なくしては人は堕落してしまう。

国の仕組みが悪い、政治が悪い、社会が悪い、だから今の恵まれない私がいる―
などと言うのは甘えであり精神の幼稚化である。
これではいつまで経っても救われる時は来ない。

D.Ozwを信仰しても、待っているのは絶望だけだ。

-----------------------------------------------------------------

D.Ozw自身は選挙で生き残るかもしれないが、その一派はおそらく壊滅する。
そしてD.Ozwは、政治的影響力を完全に喪失する。

もう過去の人、と言うより政治的に死んだも同然だ。
そんな彼に、この期に及んでも縋るように期待する信者たち。

D.Ozwと心中するしかない哀れな信者たち!

同情無用!

~文中敬称略~

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 無罪になっても変わらない「D.Ozwは終わった人」 | トップページ | 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい内容の記事をありがとうございます。

ただただ、「同意」です。

控訴審での無罪を受けて、小沢一郎氏と周辺は勝利気分のようですが、自己満足に過ぎません。

家族からも見捨てられた、金と権力の亡者として、この先も政治家を続けていく時間は辛いのでは。

貴方様に敬意を表し、今後も見守りたく存じます。

投稿: franzkafka | 2012/11/14 04:27

初めてコメントさせていただきます。
誠にもって仰る通りです。
実は私は恥ずかしながら2009年衆院選挙で「特別会計を含む207兆円の予算ゼロベースで組み替えて財源を捻出する」という民主党の公約と特に小沢一郎の“豪腕”を信じて民主党に投票しました。
今ではものすごい反省と後悔の念に苛まれています。

小沢信者は口を揃えて「アメリカにモノを言える政治家は小沢一郎しいない」「検察が小沢を不当捜査するのもアメリカのインボーだ」などと恥ずかしげもなく吠えていますね。
ただ私は小沢一郎の最大の罪は2009年政権交代時から9ヶ月間に民主党幹事長として“実質的に”最高権力者であったにも関わらず自分の作ったマニフェストの根幹である「特別会計を含む207兆円の予算ゼロベースで組み替えて財源を捻出する」という努力を全くしなかったことだと思っています。
財務官僚のお膳立てで文句を言いやすい事業だけをピックアップしてテレビカメラを入れて役人叩きをするだけの事業仕分けと呼ばれる小さな小さな改革運動などは努力とは到底呼べません。
衆院で300を超える議席を取り、連立与党としては衆参ねじれもなく圧倒的な世論を背景にしてバカなルーピー首相を思いとおりに操れる立場にあり、当時小沢に文句を言える閣僚などいなかった。
にも関わらず普天間基地問題は全てルーピー首相に押し付けて自分は知らん顔をし、財源のあてもないのに「選挙のためだ、参院選投票日に支給を間に合わせろ」という“狂ったリーダーシップ”を発揮して外国人にも支給される欠陥を修正することもなく子ども手当法案を強行採決しました。

またブログ主さんが述べられている通り、“小沢が作った”2009年民主党マニフェストでは原発推進でした。
「自分が最高権力者の時になぜ予算組替ができなかったのか?原発推進は間違っていたのかどうか?」等を何の総括もすることもなく今小沢一郎は2009年と同様に「予算組替すれば財源は出る。消費増税は必要ない」とヌケヌケと言っているわけです。
“かつての小沢信者”の私が言うのも語弊があるかも知れませんが、“今の小沢信者”の精神構造は理解不能です。
中韓の国民の生活が第一、日本国民の生活など知ったことではない小沢党と民主党の壊滅を心から願っています。

投稿: Tセイジ | 2012/11/14 10:42

全く、おっしゃる通りです。

支那・朝鮮にしてもそうですが、人のせいにできるうちが華ですよね。

自分の不遇を会社の上司のせいにしたり、社会そのもののせいにしたり、典型的なのは「組合」ですよね。

物事には順序というものがありますからね。花に例えると

種→発芽→蕾→開花→満開→枯れる→死ぬ

これが理解できない人は、蕾などの中間をすっ飛ばして、自分は満開なんだと嘯いてみせます。

この思考回路が不幸の元凶であることが彼等には理解できません。「満開」のあとは「枯れる」「死ぬ」しかないんです。

大王製紙の御曹子なんか、典型的なこのパターンですよね。

いきなり「満開」を迎えたもんだから、若くして枯れてしまい、社会的に死んでしまいました。

だから、「満開」は遅ければ遅いほどよい。つまり、「蕾」や「開花」の期間が長いほど、幸福感が長く続くわけです。

私の先輩が言っていたことですが、非常に共感したことがあります。

『絶頂と同時に没落が始まる』

「絶頂」は頂点ですから、頂点より上はない、すなわち、後は「下る」しかないわけです。

とはいえ、我々は人間ですから、「絶頂」をどこに据えるかで結果は変わりますが、どのみち、「蕾」や「開花」を経由するわけです。

日本人特有の「謙虚さ」は、まさにこの価値観だと思います。満開を認めたら、その時から没落が始まる、よって

『満開だと認めるなかれ=天狗になるな=謙虚であれ』

ということでしょう。

左翼にはそれが全く理解できない、物事の順序すら理解できない、私はそう思います。

投稿: 硫黄島 | 2012/11/14 17:25

野ダメがようやく16日解散を明言した。
党首討論での態度は
完全に居直っているかのようだった。
保身から居座りを主張するゾンビ輿石らの
解散先送り派にブチ切れたのかもしれない。

それともう一つ。
惨敗必至ならお縄一派も道連れにという狙いもあるだろう。
衆院選でかの一派は必ずや議席数が激減する。
従って年内選挙なら政党助成金も大幅に目減りする。
資金を断てば社民か共産並みの弱小集団に追い込める。これこそ党を割った裏切り者への報復となる。
お縄は落ち武者同然。ご愁傷さま♪

投稿: やす | 2012/11/14 17:54

 野田総理の16日解散発言はは、野党攻勢、世論の支持率低下よりも、むしろ自分の味方であるべき民主党に愛想をつかした結果のようにも見えてなりません。

 野田代表、民主党の面々の、明日からの姿を、選挙後までしっかり見届けたいものです。

 人間の醜悪さを嫌と言うほど学ぶことが出来るものと考えます。
 

投稿: 道産子爺 | 2012/11/15 00:18

 「一票の格差の是正」が政治の俎上に乗るという点で、ぼくは今度の解散総選挙を好もしいものとして評価をしたいと思います。

 衆院で2倍、参院で5倍という一票の格差については、今まで何度も違憲判決は出ていたけれども、自民党が圧倒している「55年体制」のもとでは無視されてきた。

 「55年体制」は、都市における高度成長の分け前を地方農村にも与えるという図式で成立したから、その初期においては「格差是正」という一定の政治的正当性があった。しかし、1980年代後半のバブルのあたりで、その図式の行き過ぎた悪い面があちこちで明確になってきた。第三セクターにからむ汚職なんかは、その典型です。地方の土建屋が陰に陽に特定の政治家のために便宜を図り、工事受注という見返りを得る、という図式のなかで、汚職や不正な政治献金がはびこってきた。

 90年代に入り、バブルが弾けて人々が悪い夢から覚めてみると、「中央との太いパイプ」をエサに公共事業に群がる政治屋どもがたくさんいた。そのボスたちが、09年の政権交代で大打撃を受けて政治の表舞台から姿を消した。

 この20年間、いくつも新党が旗揚げしているけれども、そのどれもが都市の勤労者や無党派層に基盤を置く都市型政党ですよ。自民党でさえ、その流れに抗しきれず、「新党さきがけ」の集団脱党のように党が割れてきた。脱党組が、残った連中をぶっ倒したのが、こないだの政権交代だった。

 で、公共工事とともに「55年体制」を支えてきたもう一つの柱である「一票の格差」が、ようやく政治のまな板に乗ろうとしているわけです。

 中国のように暴動をしなくても国の政治を変えていける日本の民主主義の姿を、かの国に見せつけてやりましょう。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/15 09:56

http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/cmt/c8ad515652a833254a67b6358fa2c01d

↑にどんどんコメントが集まってきましたので読み進めていきましたが、そのコメントの数々があまりにも消極的・他人転嫁・愚痴・弱音・泣き言・世迷い言・仲間内の傷の舐め合いすぎて読んでいてイライラしてきたので、この記事と、ここのブログのD.Ozwの信奉者について書かれた記事(一昨年5月)を読んでみました。
管理人さんは彼らについて、

>彼ら彼女らは、今の自分の姿は本来の姿ではない、今の自分がいる場所は本来いるべき場所ではない、と思っているに違いない。
>特定の層や特定の人たちばかりが得をする国の仕組みが悪い、政治が悪い、社会が悪い、だから今の恵まれない私がいる。
>もうほとんどがこれだ。

と評していましたが、今回↑のコメ欄に書き込んでいる人たち(平たく言えばあそこのブログの読者たち)も同じようなものだと改めて思いました。
どちらかと言えば恵まれた境遇でも「勝ち組」でもなく、どちらかと言えば成功経験が少ないのかもしれません。

何度も言うようですが、自分が不遇な身の上なら、そこから脱出するために何か努力しようという気にならないのでしょうか。
くどいようですが、自分の人生は今までの自分の帰結であり、政治家も官僚も総理も大臣も誰も助けてくれるものでも、変えてくれるものでもないと思います。
政治や社会が自分を暮らし良くしてくれることを望むのではなく、自分が自分を暮らし良くするように努めたほうが良いでしょう。
むしろ、政治家も官僚も自己保身ばかりで国民のことを少しも考えてくれない今の日本では、自分の運命は自分で切り拓くしかないし、自分の人生も自分で守るしかないでしょう。
そのことで自分も磨かれ、自己啓蒙・自己研鑽にも繋がると思います。「ピンチはチャンス」ともいうではありませんか。

投稿: 成田あいる | 2014/01/02 20:09

この記事から4年後の今でも、この当時と似たような状況が起きてますね。
今、舛添都知事の「豪遊」「カネ」の問題が問われています。
舛添もまた、D.Ozwと似たようなものでしょう。
共産党の「支持者」もまた、D.Ozwのそれと似たようなものがあると思います。

長谷川豊・元フジテレビアナも、かの「ミラーマン」と同じく、自ら犯したことは棚に上げて偉そうに弁舌を振るっています。
が長谷川もかの「変態評論家」同様、「自身の異常な性癖」が故に彼の今があるのです。
そんな長谷川がいくら「今のフジは~」とか「テレビ界は異常、腐っている」と言っても、所詮は「負け犬の遠吠え」でしかありません。

>「新型うつ病」なるものが若い世代を中心に増えているという。
>患者が多すぎてクリニックの予約を3か月近く待たされる場合もあるらしい。
>新型の特徴は、日常生活や仕事、人間関係などがうまくいかなくて「自分を責める」という従来型と違い、「周りの環境や他人のせいにする」傾向が強いこと。
>特に職場で多く、物事がうまくいかないことを会社や上司のせいにし、「会社が悪い」「上司が悪い」などの言葉が口癖のようになると言われている。

今クローズアップされている、「大人の発達障害」も似たような状況だと思います。
こちらもまた、「患者が多すぎてクリニックの予約を3か月近く」どころか「3ヶ月以上も待たされる場合もある」状況です。
それだけ深刻に悩んでいる人が多いようですが、「物事が上手く行かないことを」発達障害のせいと決めつける人も少なくないようです。
「新型うつ病」と併せてまさに、「病気が悪い」「障害が悪い」でしょう。

投稿: 成田あいる | 2016/05/15 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/56105744

この記事へのトラックバック一覧です: D.Ozwと心中するしかない哀れな信者たち 同情無用:

» 【金融】米ゴールドマン・サックス、韓国アセットマネジメント部門を閉鎖へ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
韓国政府がウォン安政策でサムスン、ヒュンダイ、LGと言った大企業の輸出メインで利益を得ている企業を支援した結果韓国国内はこのような事態に陥った。 ・インフレが深刻化 ・自国民のドルベースの所得は伸びなかった(個人負債が増えた) ・投機マネーが流れ込んで来て…... [続きを読む]

受信: 2012/11/14 06:14

« 無罪になっても変わらない「D.Ozwは終わった人」 | トップページ | 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 »