« 自然エネルギー促進(太陽光発電)の失敗をドイツに学べ | トップページ | 離島奪還訓練中止で米国のブーイングを受けた野田政権 »

2012/11/01

大統領が退陣後、社会的に抹殺されるのは韓国の伝統か

私は、「韓国は民度が高い」と二度ほど書いたが、それはあくまでも他のアジア諸国との比較でしかない。
我が国と比べれば、「それは違う。韓国は民度が低い」という意見が出るのは、もっともなことである。
そのよい例が、歴代大統領の末路である。

亡命、暗殺、逮捕、自殺……余生を無事に迎えることができたのは金泳三と金大中くらいしかいない。
ただ、金泳三も次男が斡旋収賄と脱税で逮捕されているから、実質的に無難だったのは金大中一人だけだ。
なぜ、こうなるのか。
それこそ韓国社会の体質とその政治風土の問題、つまり民度の表れなのである。

Imyonbaku_2

では、現職の李明博大統領はどうか。
実は、これがまた最悪の事態を迎えそうなのだ。
ズバリ言って、退任後の逮捕である。
容疑は、巨額の国費を詐取した背任容疑。

疑惑の舞台は、ソウル市南部の山林にある800坪ほどの土地。
このうち約650坪は警護用の土地である。
韓国では大統領引退後も厳重な警護がつくため、警護用の土地を確保しなくてはならない。
そして、その警護用の土地代金は国が支払うことになっている。

問題は買い取り価格である。
昨年5月、李大統領の息子名義で54億ウォン(約5億円)で土地を購入し、その後、警護用の土地代金は国に負担させた。
その際、警護用の土地価格を相場よりも高く申告し、実費よりもかなり多額のカネを国に支出させていたのだ。
結果的に李大統領側は、約11億ウォン(約1億円)もの不正利益を懐に入れたことになる。

事態は、既に特別検察官が捜査に乗り出すところまで来ている。
しかも検察官は、野党民主党が推薦した人物である。
さすがの李大統領も、「捜査は与野党間の政略的謀略だ」と批判している。
が、与党は朴槿惠候補の大統領選を優先させるため、あえて李大統領を切り捨てる作戦に出ている。
もう、ほとんどアウトなのだ、李大統領は。

李大統領は8月に竹島を電撃訪問し、「天皇は訪韓したいなら謝罪しなさい」との暴言まで吐いた。
私には、この言動が実に不可解だった。
なぜなら今年で任期が終わる李大統領が、今さら人気を上げる必要があるのか、と思ったからだ。
しかも、彼はもともとは親日である。
が、背任容疑の捜査が差し迫っていることを考えると、彼が国民的支持を高めるために大仰な反日パフォーマンスを繰り広げる必要に迫られていたことが理解できる。

現役の大統領が公金をくすねる。
しかも、今年7月には、実兄の李相得(前国会議員)が斡旋収賄罪で逮捕・起訴されている。
権力者とその家族(あるいはその周辺)が権力を笠に着て私腹を肥やす、韓国の現実は、まさに発展途上国と五十歩百歩なのである。

私は、「韓国は民度が高い」と言ったが、その実態は、実はこの程度であることをこの場で確認したい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

twitterには、Qrustスコアというのがある。
で、調べてみると、私のスコアは74.88Q。
順位を見ると174,560位で、上位0.57%に入るらしい。
これは、「上位1%の拡散能力者」に該当するという。

ブログだけではなく、twitterも続けてきたことに意味があったことを発見して、素直にうれしいと思った次第。

makotoban

|

« 自然エネルギー促進(太陽光発電)の失敗をドイツに学べ | トップページ | 離島奪還訓練中止で米国のブーイングを受けた野田政権 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

天皇不敬発言は、下記ページにまとめておきました。
http://www.howitzer.jp/korea/page04.html

いやあ、今聞いても頭にきますな。大使館は日本国の顔、天皇は日本民族の代表ですぞ。顔に泥を塗り代表を侮辱する。もう、どちらさんもプッツンでしょ。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/01 18:49

日本なら、さしずめ鳩山や菅が粛清されるといったところでしょうかね。
「そこだけは韓国を見習え」とか何とか、言う人はいるでしょう。
しかし私はそうは思いません。

明確な法律違反でムショ行きになるのなら、いざ知らずとしてですが。
それも「辞めた途端に」っていうのは、何だか嫌ですね。
政治家はよく、大臣になってから不正疑惑が取り沙汰されますが、
それ以前に追求せよと言いたい。
マスコミが政権バッシングの為にネタを温存しているかのように見えます。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/11/01 19:17

たしかに異常ですね。
でも、●億で逮捕かと騒いでいるのに、
お隣の中共では●●●●億単位の蓄財ですか。
さすが朝鮮の宗主国はスケールが違いますね。

李明博さんが可哀そうな錯覚に陥ります。

投稿: 広島のもの | 2012/11/01 19:43

誰かが言っていましたが、韓国の大統領交代は、単なる政権交代ではなくて、実は「王朝交代」なのであるという説を聞いて、なるほどと思ったことがあります。
王朝交代であれば、「新王朝」の王様が「旧王朝」の王様をとことん貶めようとするのも当然の話です。
新王朝の支配者は、自分の支配を正当づけるために、前王朝がいかにダメダメであったかを徹底的に強調するものです。
シナの話ではありますが、夏の桀王、殷の紂王、西周の幽王、新の王莽、蜀の劉禅、呉の孫皓、隋の煬帝……
亡びた王朝の最後の帝王は、たいてい新王朝の史家から暴君であるとか暗君であるとかクソミソに書かれています。
おそらく、彼らについて書かれた暴虐や愚行は、実情をはるかに上回って粉飾されていると思われます。
韓国の大統領も、その習慣が残っているというわけです。

それでなくとも、朝鮮というのは古来、敗れたり引退した政敵への実権者のふるまいは、見るに堪えないほど激烈なものでした。
地位財産はもちろん、名誉も声望も徹底的に叩き潰し、一族まとめて追放ならまだ良いほう、ひどい時には無実の罪を着せて族滅なんてことも珍しくありませんでした。
ですから、広島のもの様がおっしゃるような、金額の問題ではないわけです。
何億どころか、何百万程度であっても、罪に落とそうと思えば可能です。
要するに韓国は、近代国家のような顔をしていますが、いまだどうしようもなく「朝鮮王国」だと言うほかありません。

そういう政治風土だとわかってみれば、彼らにとっては「日帝」もまた「敗退した王朝」のひとつであり、どれほど侮辱しても構わないという心理があるのだろうことも理解できます。いや、理解しても許せるものではありませんが(^_^;;

投稿: 面毒斎 | 2012/11/02 00:00

「日帝」は「王朝」ではない事を、半島に理解させようとしても無理なのでしょうね。

成功した者を羨む妬む。彼より自分がエライ、正しい、と他人に思わせたい。そういう人間の暗い劣情が強ければ、どうしても他人を貶めることに精力を使い果たすのも本望になるのでしょう。

昔、つかこうへい氏が韓国に初めて帰国した時の空港で、報道陣がテレビカメラのある場所で、つか氏を否定・誹謗する質問攻めにしたのですが、つか氏が縁者の家に到着したら、既に同じ報道関係者が多数座敷に上がり込んで「さっきは済まなかった、TVカメラがあったから仕方なかったのだ」とつか氏を抱擁しながら「歓待」された。とご本人の著書で読みました。
にっくき日本で成功して韓国で上演する程になった同胞作家監督は、彼らの世界では否定誹謗されなければならない立場になるようです。

権力を持てば汚職は当たり前、権力を手放せば総叩き、成功者は妬まれ、貧乏人は馬鹿にされる。それだけでも、とても住みたい世界ではありません。

投稿: よれこ | 2012/11/02 02:59

面毒斎さま:

そういえば、何かの本に書いてあったことだけれども、李氏朝鮮では平民一族の誰かが両班(貴族)になると、親族のうちから「俺は両班の誰々の身内だ」と権勢を張り私腹を肥やす奴がでてくる、この両班も中央の高官から地方の役人まで様々居て、互いに蹴落とし蹴落とされの権力闘争が激しかった、というふうなことが書いてありましたね。
 問題は、政敵の追い落としに讒言やデマを使うことで、例えば日本水軍を破った李瞬臣も、その手の追い落としに会っていると。
 日韓併合時、併合した側の日本は近代国家だったけれども、併合された側の朝鮮は古代王朝だった、という表現も面白かった。

 現代の韓国大統領という職務にも、近代国家にふさわしくないほど異様に権力が集中しているらしい。具体的にどう権力集中しているかは、これからの勉強課題なのですが。

 2006年にヒットした「韓半島」という映画に、日本と妥協宥和を図ろうとする首相側が、対決姿勢をとる大統領を毒殺しようとする場面が出てくる。毒殺ですよ、毒殺。フィクションとしても理解できない暗殺の仕方です。近代国家の概念が脚本家の土台にあれば、ふつうはクーデターでしょ。
 それでも完全なファンタジーと言えるのかな。金泳三大統領は就任するとすぐ「険食官」という李朝伝統の「毒殺防止官」を任命したという記述が「醜い韓国人」(朴秦赫著 光文社カッパブックス)に出てくる。韓国人は、気分のなかでは今も古代王朝に住んでいるのかな、と思ってしまう。

 まあ、日韓基本条約なんてなかったかのように、慰安婦のことで執拗に繰り返し謝罪と賠償を要求してくるなんてのは、国と国の約束事なんてどうでもいいと思っているからで、この一事を取ってみても、とても韓国を近代国家とは思えないのですが。

 いずれにせよ、片割れの北朝鮮を観察すると、独裁者-貴族-奴隷という上下関係は、朝鮮人の民族的体質に合っているのかもしれませんね。独裁者が変われば、本人はもちろんコテンパンにやられるし、それに連なる連中も皆、落ち目の三度笠の憂き目にあう。
 一方、日本の場合は、足利義教は赤松満祐に討たれ、織田信長は明智光秀に討たれ、井伊直弼は水戸藩士に首を取られ、というふうに、集団的コンセンサスを図ろうとしない独裁者は、すぐに抹殺されてしまう伝統があるようですが。「殿、ご乱心」なんて言葉は、私も会社員時代には平気で口にしてましたな。(^0^)

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/02 03:08

大筋で、坂様のご意見に賛同しますが、気になる点が二つあります。

ひとつは、民度が低いのではなく朝鮮人の歴史によって育まれた国民性にあるのではないかと考えます。

 もうひとつは李大統領はもともと親日派であったと、述べられておりますが、
最近の反日的行動、発言は本心が吐露されたものではないのでしょうか。

自らの保身からのみの行動・発言とは到底考えられません。

いずれにしても、民主国家韓国であっても朝鮮民族の歴史・文化によって育まれた「心・血」は簡単に変わることは無理でしょう。

 朝鮮民族のみならず、白人、有色人種を問わずそれぞれの民族・国は、それぞれの歴史・文化によって異なっていることが当たり前です。

 個人にせよ、国にせよ、それぞれの違いを理解した上で付き合ってゆくことが基本と考えます。

投稿: 道産子爺 | 2012/11/02 07:17

私たち日本人に祖先に朝鮮人の血が混じってるとしてもはるかかなた気の遠くなる程遠い昔の事です

アメリカインディオに純粋なインディオがいないのと同じ事です
日本の混血はそれよりもはるか昔で
朝鮮だけじゃないはずです
ベトナムやカンボジアの混血が祖先と言う人もいると思いますし
ブータンが祖先であってもおかしくないと思います
朝鮮半島に猿が野生のサルがいない理由に自分は薬にするために乱獲されたと思います
猿を干物にして薬にして高く売りさばく

日本でも猿の肝と頭部は売られておりました
今でも猿の頭の黒焼きなる猿頭霜が売られている漢方のお店はあります
頭痛薬になるとか
干物はアジア諸国で販売されております画像もかなり見つかりました

猿が増え過ぎた原因は西洋医学と現代医学で良いお薬が作られたので需要が減って猿を捕獲する猟師がいなくなった熊の胆は今でも高額ですからやってるみたいですが

投稿: みるる | 2012/11/02 12:31

>李大統領はもともと親日派であった

ゑ゛?!ソウル市長時代からバリバリの反日ですよ。

投稿: t | 2012/11/04 01:02

それにしても、ノムたんとアキヒロのこのポーズ、韓国では何か意味があるのかな?

韓国・ネタ板
http://www.howitzer.jp/korea/page06.html

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/05 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/56017130

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領が退陣後、社会的に抹殺されるのは韓国の伝統か:

» 【日米】「理解できない」 離島防衛訓練、日本からの中止要請に米・キャンベル国務次官補が強い不快感 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
ただただ情けない。 尖閣諸島で司法権を行使できず、自国の軍隊も置けないし、施設を作ることもできない。 極めつけは、尖閣諸島防衛の訓練もできない。 もはや尖閣諸島を実行支配する気を日本国政府事態がなくしているとしか思えない。 アメリカのおかげでなんとか日…... [続きを読む]

受信: 2012/11/02 06:23

« 自然エネルギー促進(太陽光発電)の失敗をドイツに学べ | トップページ | 離島奪還訓練中止で米国のブーイングを受けた野田政権 »