« 未来の党が引きずる極左の系譜
嘉田由紀子は市民の党の支援で当選した
| トップページ | やはりカスだった元過激派=辻恵 »

2012/11/30

朝日新聞にまで批判される未来の党に未来などない!

滋賀県の嘉田由紀子知事が結成した新党「日本未来の党」に対し、「小沢新党にすぎない」という批判が強い。
批判は立場の左右を問わない。
朝日新聞が良い例だ。

嘉田氏は元々朝日新聞的知識人であり、本来であれば朝日新聞が応援団になってもおかしくない。
が、その朝日も今回は批判的である。
なぜならD.Ozwの姿が丸見えだからだ。

以下は朝日の社説からの抜粋である。

ただ、気になる点もある。

一つは小沢一郎氏の存在だ。自らの党の埋没に危機感を抱いていた小沢氏は選挙の顔として嘉田氏をかつぎ、生き残りのために結党をおぜんだてした。そうした見方があるのは事実だ。

新党を作っては壊し、力を保ってきた小沢氏の政治スタイルが復活するようなら、脱原発も選挙むけの口実に終わる。

知事にとどまる嘉田氏が党をどう取り仕切るか。東京で活動する党を、大津から指揮するやり方を示してほしい。

もう一つは、新党内で他の政策の考え方に違いはあっても、脱原発では同じ方向を貫くことを確約できるかどうかだ。

嘉田氏は「小異を生かしながら大同を作る仕組みをつくりたい」と語る。ならば、各党から集まった議員が選挙後も原発ゼロをめざす政策で一致し、有権者を裏切らない姿勢を示すことが必要だ。段階的に原発をなくす卒原発の言葉だけでは、他党と大差ない。ゼロへの工程表の提案が不可欠だ。

原発が立地する地域の雇用問題の解決や、使用済み核燃料の再処理の即時廃止、高速増殖原型炉もんじゅの廃炉を経て、2022年をめどにすべての原発を段階的に廃炉にしてゆくという。それを、実現可能な公約にする必要がある。

未来の党―脱原発の工程を示せ 朝日新聞11月29日付社説(抜粋)

Kada_2

D.Ozwが「一兵卒」といくら言っても誰も信用しない。
2010年、民主党幹事長を辞任した際も、「これからは一兵卒として微力を尽くす」と述べたものの、実際はチルドレンらを率いて党内を揺さぶり続けてきた。
しかも、党代表の嘉田氏は県知事兼務であり、おまけに「未来の党」に合流する国会議員約70人の8割が「国民の生活が第一」の所属である。
D.Ozwが陰で操る環境は十分すぎるほど整っている。

嘉田氏は29日、D.Ozw側近の森裕子参院議員を副代表に起用する考えをさっそく表明した。
「未来の党」から連携を打診されたみんなの党の渡辺喜美代表は「背後の大物が嘉田さんを操ることにならないよう願いたい」と語ったが、その危惧は既に現実のものになりつつあるのだ。

問題はD.Ozwの存在だけではない。
朝日の社説も指摘しているように、2022年をめどにすべての原発を段階的に廃炉にしてゆく工程がまったく見えない。
現状のままでは、人気取り、浮動票狙いの空疎なプロパガンダと批判されても仕方がない。
また、中学卒業まで子ども1人当たり年間31万2000円の手当を支給するという公約も、破綻した民主党マニフェストの焼き直しにすぎない。
毎日新聞は、―未来の政策要綱の多くが生活と一致しており、小沢氏の影響が浮き彫りになった―と書いているがその通りだろう。

10年後に脱原発、月々2万6000円の子ども手当支給―できもしない甘い公約を掲げ、国民をたぶらかそうとする手法は2009年選挙時の民主党にそっくりだ。
2009年当時の民主党マニフェストもD.Ozw主導だったから、そっくりなのも当たり前か。

自らは陰に隠れて政治を操ろうとする姿勢、国民を欺くような甘い公約―権力奪取のためには何でもありのD.Ozwらしいが、利用される嘉田氏はいい面の皮だ。
が、嘉田氏自身が勘違いしているのだから同情の余地はない。

10年後にすべての原発を廃炉に、消費増税に反対、TPP参加に反対―もう何でも反対、何でも否定、まるで昔の社会党だ。
これに9条擁護、集団的自衛権の否定がくっ付くのだろうが、こうなれば完全なる左翼政党である。

外交も安全保障も経済も何にもない。
実現の可否などお構いなし。
国民の原発に対する漠然とした不安を煽って票が入れば万々歳だ。
こんな、永田町のカスの塊にリベラルを気取る勘違い女が乗っかった政党など唾棄すべき対象以外の何ものでもない。

朝日新聞にまで批判される未来の党に未来などない!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

Sakihito

私は在日とパチンコのために頑張ります。
小沢鋭仁

小沢鋭仁とは↓

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
副会長
「政権奪取で在日韓国人に対する参政権を実現する」と講演
パチンコチェーンストア協会アドバイザー
娯楽産業(パチンコ)健全育成研究会議員連盟に所属

解散直後に民主党を脱党し、日本維新の会に参加。

山梨一区の恥

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 未来の党が引きずる極左の系譜
嘉田由紀子は市民の党の支援で当選した
| トップページ | やはりカスだった元過激派=辻恵 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

昨日、ニコニコ動画で10党による党首討論がありましたが、
嘉田氏はいかにも優しげな雰囲気を演出してなかなか上手かったですね。
話の中身じゃなくて、雰囲気だけしか見ない人なら、
彼女に釣られても不思議ではないだろうなと思いました。
ただ、これで終了しますという時に「小沢マンセー」を始めたのは
見ていて可笑しかったです。
小沢サンに対する溢れる気持ちを表現しようとするあまり、
話の途中でバッサリ時間切れになったのには笑いました。

小沢党に顕著なことですが、今回の選挙において、
もっとも「大衆迎合的な姿勢」とは何か? と訊かれれば、
「反増税!反TPP!反原発!」と繰り返すことであろうと感じます。
これら3つは確かに重要なことではありますが、3つ並んでポンと出されれば
「ああ、票狙いの主張なんだな」という印象の方が強くなります。
動機が「票」であるとするならば、「実行」には大して未練はありません。

「民主党政権を選んでしまった教訓を活かせ」と、よく言われますが、
それにまさに、こういう点に反映されるべきではないでしょうか。

いずれにしても、政権公約詐欺をやらかした民主党政権に対する
総括のようなものが、あまりにも、不自然なまでに少ないなと、
報道を見ていると感じますね。
争点の主軸はTPPと増税と原発だと殆ど全てのマスコミが声をそろえている。
しかし私は、違うと思います。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/11/30 14:25

 まさに「言うは易し、行うは難し」ですね。「原発が立地する地域の雇用問題」の解決は容易じゃないですよ。嘉田知事のような左巻きのお婆さまが個人的な理想を並べるのは勝手ですけど、それがどれだけ世間一般に支持され、国または地域の総意になるかは別問題です。

 それから、原子力技術は実用化されて40年を経ているし、もはやグローバルな広がりを持っている技術ですから、日本だけやめても意味がないという主張があります。日本が新型炉の開発や建設から手を引くと、原子力技術の中核を担っている技術者や研究者はアメリカや他の国に流出していくだけのこと。廃炉や処分の方法も含めて、原子力技術が世界的に頭打ちになって発展が止まるということはありません。福島の事故があってもアメリカや中国、トルコやベトナムは原発の建設を止める気はないですから。

 私が見るところ、日本国民は昭和30年以前の生活に戻って暮らせる民族ではありません。福島の事故があって今は反原発主義の活動家が勢いづいているけれども、結局は世間一般の世論は原発容認に戻ってくると思います。世界で使われている産業用ロボットの半分以上を生産している日本のような科学技術立国が、原子力のような未来のエネルギー源を手放してどうするのか。これからも永劫、中東の王族におべっかを使って生きていけとでもいうのか。

 いいかげん、脱原発を主張する政治家は、大江健三郎のような「ヒロシマを経験した日本は核の平和利用もダメ」的な原水禁運動の時代で思考停止したモウロク爺の発想の垂れ流しはやめて欲しい。政治家は、実際上、どういう利があり不利がありリスクがあって原発を推進するのか脱原発をするのか、そういう主張をするべきです。

 それから、政府や国会の事故調の報告書や市販の本のひとつでも読んで、どこをどう手直しをすればやっていけるのか、それでもなおダメなのか、そういう判断をしなければ、単に「原発があるとゴジラが出るぞ」と国民を脅しているだけのことになってしまう。

 福島の事故では確かにゴジラが出る一歩手前まで行ったのだけれども、多分に油断や過信があって津波に不意を付かれた面があることも確かなので、予備の電源を多重・冗長的に確保するなど適切な対策をすることで充分やっていけると私は考えています。

福島原発事故の教訓
http://www.howitzer.jp/nuclear/

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/30 15:59

小沢氏の策略・謀略なくして、未来の党は存在し得ないことは周知のことと思うが、果たして、国民を欺くことが出来るのか?
自らの狭い活動範囲(永田町)での権利欲を確保したいための、陰謀・策略は反吐が出そう。

何としても、維新の石原氏は頑張って欲しい。
そして、自民党安倍氏っも、頑張って欲しい。

残念なことに、みんなの党渡辺氏は、軽すぎる。
自分と党のためではなく、国民のために、もう少し、
腰を重くした発言を期待したい。

投稿: 憂国龍 | 2012/11/30 18:01

追記:

>日本が新型炉の開発や建設から手を引くと、原子力技術の中核を担っている技術者や研究者はアメリカや他の国に流出していく

この流出先には、当然、韓国が含まれます。韓国企業にケンチャナヨ原発を量産させていいのか。政治家が現実世界の実感なしに脱原発を主張することは国家の衰亡につながると知るべし。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/11/30 18:34

坂様こんばんは。

小沢一郎の性癖は、自分の存在感が薄れた頃に、政権に難癖をつけ、ごり押しをして、党内をかく乱状態にして、党を飛び出して新しい政党を作ることを繰り返すこと。

そして小沢が好むのは「担ぐ神輿は軽くてパーが良い」で、軽い神輿政権の闇将軍という立場。
都合が悪くなるとマスク持参で「病気」を理由に雲隠れ。
過去数十年、このパターンを繰り返してきています。

嘉田由紀子氏も「軽くてパー」だから、小沢氏にとっても担ぎ易い相手だろうと思います。
小沢一郎は、ブスで魅力のない女性を心にもないのに口説くことが出来る(平気で嘘をつくことができる)タイプなんでしょうね。

以前民主党の「ぶってぶって」で有名な姫井とかいう女性議員が小沢一郎のことを「優しい」「純粋な人」と評していましたし、福島瑞穂も読売新聞のインタビューでベタ褒めをしていました。


投稿: ちゃお | 2012/11/30 21:56

討論での嘉田知事の発言を聞いていても、「卒原発」への現実的、実際的な裏づけは見えず、ただ幾つかのワードを並べているだけにしか聞こえない。
「原発」にしてそれであるのに、他の争点、その第一番目の「経済政策」や他の「TPP」「消費税増税」などにも肉付けがまったく感じられない。
所詮、知事の器のままなのだろうし、実力は「環境」一本のみと見た。

となれば当然、国政で議員を出しても自ら意見が言えるわけでもなく、小沢氏のリモコンで動く議員の意のままになると見るのが常識的な見方だと思う。
小沢氏が役職に付かず、表に出ないといっても、元々小沢氏は表に出たがらない気質であり、フィクサーのポジションが好みだと思う。

この「日本未来の党」。
「原発反対」の素直な一般日本国民をどれだけ取り込めるかが票獲得の成否というところだろう。

朝日はなにしろ「脱原発」なら応援したいし、自民党は潰したい。
これが本音だが、わだかまり無く押せる党が見当たらない。
そて、そうなると朝日は「小沢一郎」を批判しながら、「日本未来の党」を後押しするという屈折した応援をするというのだろうか。

投稿: Pin | 2012/11/30 23:12

マスコミの多くは、今度の選挙の争点を「脱原発」「TPP参加の是非」にすり替えているように思えてなりません。確かに「原発」「TPP」は放っておいていいような小さな問題ではありません。しかし今、国民が政治家に求めている本質の問題から、目を背けさせようしているように思えてなりません。

 自民党の安倍総裁が、訴えている「景気対策(経済政策)」「自らの手で国を守る(国防)戦争を防ぐ、平和を守ることの本質」が争点としては優先的に取り上げられるべきものと考えます。
 
 東日本大震災の迅速なる復興の具体対案も公約の「いの一番」に示すべきと考えます。

 円高、インフレから脱却しえない責任、領土問題、国防を危うくした責任を民主党は、自民党政権におしつけておりますが、この3年間でより一層悪化させたのは民主党政権であることは紛れもない事実です。

 地球の環境問題においても、京都において無責任に二酸化炭素25%削減を宣言し、原発の必要性を説いていたのは民主党政権ではありませんか。いまさら「原発ゼロ」は無責任極まりないのではありませんか。

 日本人でありながら、中国(原発推進国)に媚び、誤った歴史観で人の名誉を傷つけ、ノーベル賞(ダイナマイトを発明した人の)は受けながら、文化勲章を拒否する(売国の)偉大なる文学者「大江健三郎氏」を教祖様と崇め「憲法9条」を経典とし原発反対を唱える偉大なる教祖様とする「平和教」に洗脳されている信者に惑わされることなく、投票したいものです。

投稿: 道産子爺 | 2012/12/01 07:27

http://www.asahi.com/politics/update/1130/OSK201211300068.html

何と言うか…こちらもこちらでますますダメになっている気がします。
結局のところ、
橋下氏は庶民の暮らしを上向かせる気は無いのですなぁ。

投稿: | 2012/12/01 11:06

http://www.youtube.com/watch?v=ioqwYDSukFQ

そして一方、安倍氏はますます舌好調です。
NHKが生放送してたので、
誰も止められませんでしたwww

惜しむらくは、何も国民が働いている時にやらなくても…(汗

投稿: | 2012/12/01 15:37

1日夜7時ニュースの一部に、私の聞き間違いでなければ、嘉田知事が「原発再稼働は針の穴を通すように難しい」「針の穴に糸を通す様に難しい事」と言って居ましたが、??です。糸を針の穴に通すのは当たり前の事ではないのか?と・・・何を言って居るのか分かりませんでした。

投稿: よれこ | 2012/12/02 01:10

よれこ さま

>糸を針の穴に通す

 確かにそう言っていたし、2ちゃんで叩かれていましたね。それを言うなら「ラクダを通す」だろと。婆ちゃん、老眼が進みすぎとか、モウロクしたかとか。うちの婆ちゃんでもメガネをかければできるレベルで原発再稼動かよ、なんて。

 それにしても、カダ婆ちゃんは「あたしは原発はイヤ。嫌いだから消えてちょうだい」と低レベルの発言を繰り返すばかりなのはなぜだろう。その理由とかロードマップとか、代替エネルギーの利用をどうやって増やすとか、もう少しWHYとHOWを言わないと政治家として失格だと思いますよ。つづまるところ「朝青龍がキライ。土俵から消えてほしい」みたいな古館ババの好みを聞いていることと大差なくて、いずれ石原の御大あたりからガーッと痛打を喰らうのではないか。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/12/02 14:44

前回、成りすまし政党のやるやる詐欺恥知らずルーピー集団にコロリとだまされ、
今回また成りすまし政党のお花畑厚化粧集団にだまされるやつは
明らかにアタマがいかれている。選挙権をはく奪すべし。

投稿: やす | 2012/12/02 14:52

ピラニア軍団さま
聞き間違いではなかったと知って、大変個人的な安心を致しました。ありがとうございます。なにせこちらもトシなものですから勘違いすることには自信?があるもので。
それとラクダでしたか。書かないで良かった!象だったか?と不確かでした。

ご期待の石原御大は過日の公約会見で「工程表などは官僚がやればいいんだ」とアバウトな橋下発言を援護していましたから「痛打」は残念ですが無理かと存じます。

やす さま
「騙される」のではなく意識的な卒・反原発活動連が問題ではないでしょうか。扇動力はありそうですもの。
元芸能人らしき山本太郎なる者も立候補するようですが、この人が福一爆発とその事後処理に民主党閣僚の名を挙げて責任を言い立てますが、何故かその中に主犯の「アレ」が入っていないのです。
アレと市民の会、市民の党、そして嘉田氏。
彼らの執拗で底意地の悪い意識的連動性は要注意かと思います。

投稿: よれこ | 2012/12/03 03:22

よれこ さま

石原「フェーズアウトって何だ?」
記者「消えて行く、ってことです。そうマニフェストに書いてあるんですよ」
石原「えっ?」

あの会話には笑いました。おじーちゃん、自分の党のマニフェストを読んでないのかよ、公示の直前だぜ?

ハシシタも、カタカナ言葉を使っておけば石原には分かんないと思ったかもね。そのハシシタも、再稼動ダメと言ってみたり、条件次第でおKと言ってみたり、無定見まるだし。ダメだこりゃ。

やっぱ、石原老人は自由な立場になってラッパを吹きたかったんでしょうね。残りの人生、思いっきり暴言を吐きまくってほしい。☆(^Q^)/゙

投稿: ピラニア軍団 | 2012/12/03 19:36

ピラニア軍団さま
石原氏は既に公党の党首ですから「自由な立場」も考えものです。
ですがあの方はどんな立場で居ても暴言屋さんですから、「思いっきり吐きまくり」の方は大丈夫、期待出来るでしょう。

大阪方面維新は未だ何をどう政策とすべきか本当のところは分からないのかも知れませんね。世間とマスコミが注目していそうな事にコメントするのが精一杯なのでは、と見受けます。

投稿: よれこ | 2012/12/04 02:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/56216992

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞にまで批判される未来の党に未来などない!:

» 【領土問題】尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員…... [続きを読む]

受信: 2012/12/01 06:12

« 未来の党が引きずる極左の系譜
嘉田由紀子は市民の党の支援で当選した
| トップページ | やはりカスだった元過激派=辻恵 »