« 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 | トップページ | 安倍自民党を断固支持!安倍政権は第3極と共闘せよ! »

2012/11/15

野田首相自爆 民主党惨敗で私は乾杯

野田佳彦首相が14日の党首討論で今月16日の解散を明言した。
テレビ朝日の報道ステーションでは、この時の様子をかなり長く流していた。
これを見て私が感じたのは、野田首相の不退転の決意だった。

このブログの読者は、民主党の首相ということもあってか野田氏に厳しい方が多いが、私は少し違う。
彼のアイデンティティーは保守政治家だし、人間的にも評価できる。
ただ、よって立つ基盤が民主党なので、どうしようもないなと思える点が多々あったが、それは民主党政治家としての限界だと思っている。

Touron

野田首相の真意は自爆解散

野田首相が唐突とも思える決断に至った理由はいくつかある。
まず最初に挙げられるのは、ウソツキ呼ばわりされることに耐えられなくなったことだ。
次に、このままずるずると解散を引き延ばしても展望が開けないこと。
政治の混乱、特に民主党内の対立と抗争は収束する気配がなく、このまま推移すればさらに支持率を下げることは確実だった。
そして、対立と抗争、下げ止まらない支持率から首相が追い込まれ、主導権を維持できなくなる可能性が大だった。

野田首相は、かつて「民主党のために政治家になったのではない」と述べたことがある。
私は今回の解散劇を見て、この言葉を思い返した。
まとまらない党、方針の定まらない党、沈没船から逃げ出す鼠のように離党していく議員たち。
彼は、このような現状を前にして、これ以上民主党政権が続くことはマイナスはあってもプラスはない、と判断したのではないか。

実際、今回の解散劇は、自民・公明が野田首相を後押しし、民主党が抵抗する構図になっている。
民主党が抵抗するのは、惨敗が目に見えているからだが、首相はそれを承知で解散に踏み切っている。
そこには、特例公債法案の処理に見られるように、民主党より自公との協調に軸足を置いている姿勢が透けて見える。
つまり、民主党を見限り、自公と第3極も含めた政界再編を狙っているのではないか、と私には思えるのだ。

言うなれば「確信的自爆解散」である。

混乱の極みにある民主党

「国民不在の解散だ。党執行部のみの発想でいいのか。他の野党とも相談する必要があると思っている」
鳩山 L.由紀夫が14日夜に述べた言葉だ。
この男には、まだ事態が呑み込めていないようだ。
そして、国民の生活が第一のD.Ozwと連携し、解散を阻止する意向を示したというから、もう完全に方向感覚を喪失している。

自らグループ(派閥)を率いている元環境相の小沢鋭仁は14日、大阪市内で日本維新の会の橋下徹代表らと会い、合流を確認した。
元閣僚にして党内グループのリーダーでもある政治家が、いとも簡単に離党する。
この事実は、民主党が烏合の衆にすぎないということを如実に示している。

来週にも離党しようとしていたという若手議員は、「頭が真っ白だ」と言い、茫然自失の表情だったという。
理念も何もなく、ただ議員の身分にしがみ付くことしか考えていない民主党のチルドレンが、茫然自失で路頭に迷うのは当たり前のことだ。

恐らく民主党の混乱は解散後も続く。
選挙を前にして、一致団結する方が絶対に有利なのだが、彼らには大局観が欠落しているからそれもできない。
もう混乱したまま自滅への道を一直線だ。

TPPを争点に掲げる野田首相

野田首相は14日深夜、オバマ米大統領と電話で約10分間会談した。
首相は環太平洋連携協定(TPP)について「昨年11月、交渉参加に向けて関係国と協議に入るとした際の自分の考えは変わっていない」と推進する姿勢を強調したという。

が、自民党も負けてはいない。
安倍晋三総裁は、15日(本日)に行われた日本商工会議所との懇談会で、TPPに関して「聖域なき関税撤廃を突破する交渉力が自民党にはある」と述べた。
これは、自民党が政権を獲得した場合、交渉に参加するという意味に受け取るのが自然だろう。
つまり安倍総裁は、TPPの争点化を相殺する手に打って出たのだ。

ただ、TPPを争点に掲げても、それで野田首相や民主党の支持率が上向くとは思えない。
民主党に対する国民の不信感は、表紙(代表)を変えたり、政策の目先を変えたりしても払拭されるものではない。
もう壊滅的惨敗以外に選択肢がないのだ民主党には。

結集に拍車がかかる第3極

減税日本代表の河村たかし名古屋市長は15日未明、減税日本が石原慎太郎前都知事らが率いる太陽の党との合流を決めたことを明らかにした。
河村市長は、D.Ozwではなく石原慎太郎を選択したということだ。
私は、これで維新の会やみんなの党を含めた第3極の結集に拍車がかかると思う。

民主党でもない、自民党でもない、脱霞が関の第3極。
私は大同団結を熱望する。

-------------------------------------------------------------------

民主党惨敗
D.Ozw一派壊滅
自民党復活
第3極躍進

これで私は乾杯だ。

~文中敬称略~

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 | トップページ | 安倍自民党を断固支持!安倍政権は第3極と共闘せよ! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

今日は!
まったく、同感!賛同します!今後混乱は続くわけですが、極左議員を追い出し、自主憲法制定に道筋がつくといいと思います。

投稿: koukenz | 2012/11/15 16:05

解散→衆院選の流れは動かし難いように見えますが「違憲選挙である」といった
意見が横路衆院議長やら一部マスコミやらから出ています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012111502000116.html
要は解散したくない側の論だと思いますが、じっさいに選挙をやってしまってから
無効だと騒げるのかどうか、私はよく解りません。

維新が、民主党からギリギリで逃走した議員の受け皿になっていることは、
私には評価できません。
私の意見は、いままで民主党の看板を背負ってきた議員には、
たとえ執行部と持論が違っていたとしても、民主党議員としての連帯責任がある、
というものです。 彼らは少なくても一期は冷や飯を食うべきです。

マスコミは維新と石原新党の連携を良くは思わないでしょうから
信憑性は何とも言えませんが、橋下氏が石原新党のもろもろについて、
反発をしているという報道があります。
維新と太陽が連携しないなら「第三極ムーブメント」は不発に終わる可能性も高い。
安倍自民がいちおう民主党と対決姿勢をみせていることが
「第三極不要」という考えを持つ人達を後押ししていると思います。
しかし、またこれで従来のように自民vs民主の政治構図になって、
それだけで良いのだろうか?・・・というと、
私は気持ちよく「それで良い!」とはなかなか言えずにいます。


次の選挙ではたぶん、『民主党をやっつけろ!』というようなスローガンに
夢中になる人が増えるだろうと思います。 
私はこれに強い警戒心をおぼえます。「何かを否定しよう」という動機は、
それが達成されたあとに方向性を見失ってしまうものだからです。 
その一番顕著な例こそが、まさに、自民党を下野させたら
その後はグダグダになってしまった民主党政権そのものなのです。

民主党政権が酷かったのは事実ですし、
「悪者退治」というものは、いつの場合でも、
全年齢層を夢中にさせる楽しいイベントです。
しかし、「民主党をやっつける」ことを目的にして選挙にのぞむ人は、
自民党が勝って、民主党が惨敗・下野したのちも、なお
叩く対象を探し求めることになります。
そしてその矛先が、民主党の議員を当選させた地域に向いたり、
あるいは「第三極」に向いたりするかもしれませんね。

選挙公約をないがしろにした民主党は壊滅的惨敗をすべきである。 
しかし、「民主党をやっつけること」を選挙の目的にしてはならない、と、
私は小うるさく言い続けようと思っています。
選挙の投票行為は「自分が何を支持するか」を表すものであり、
「自分が何を否定するか」ということが主たる目的ではありません。
それがまさに、2009年の選挙で多くの人が間違った点なのです。

選挙投票は、「何を拒否するか」ではなくて、
「何を支持するか」を表明する行為です。
民主党が惨敗するのは、単に日本国民の選択において論外だからに
すぎないのであり、それを目的にしてしまう人が増えないように
私は祈っています。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/11/15 16:09

昨夜、私も祝杯を上げました。
ただ、坂さんと違うのは
「第三極躍進」は太陽の党限定という点です。
ソフトバンクやマルハンから資金提供を
受けている日本維新には何も期待していません。

投稿: やす | 2012/11/15 16:14

民主が一致団結することは不可能。「政権与党でいたい」と言う1点だけで集合していただけだから、与党転落が確実になった時点で、つなぎとめるものは何もない。要綱も政策も人材も

投稿: konnma | 2012/11/15 17:13

安倍氏の記事はいつものマスゴミの捏造です。
安倍氏自ら「TPP参加に前向き報道はミスリード」と言ってます。

https://www.youtube.com/watch?v=-ONfXcGvU5o
3:27から

投稿: マスゴミにご注意を! | 2012/11/15 19:39

いやいや、そこまで政治的なセンスがあるなら石原都知事の尖閣購入をほっておいたでしょう。

もし都が尖閣を購入していたら、今頃は港だ何だっていうので石原さんは大忙しで都知事を辞めることも出来なかったでしょう。

第三極は石原さん中心になるでしょう。

とにかく、解散おめでとうございます。

投稿: みやとん | 2012/11/15 20:13

元環境相の小沢鋭仁は14日、大阪市内で日本維新の会の橋下徹代表らと会い、合流を確認した。
こんなやつ(小沢鋭仁)を受け入れる時点で、日本維新の会は、保守政党ではないな。
そんなことをいえば、自民党にも河野太郎などがいるから、保守政党じゃないという返答もありうるが、それは
詭弁ってものだ。今の総裁は安倍晋三だし。

TPPを争点とした解散ということになるが、それなら、TPP推進派には、農協・大手ゼネコンや全ての建設業・日本医師会その他のTPP反対派の票は、流れないだろう。
郵政選挙の時は、特定郵便局長会だけだったが、今度は
「抵抗戦力」は、侮れない。


日本維新の会と、相性がいいのは、みんなの党でしょう、みんなそういっていますよ。それ以外の「第三勢力」は、ただの「野合」だとみんな思いますね。
私は、そういう「野合」もいいかもと思います。面白い実験のようだし。

民主党が、野党に転落し、自民党も、単独で与党に返り
咲くことが出来ないので、創価学会=公明党は今異常に
テンションが上がっている。
仲間から大臣(デージン)が、出て影響力を発揮出来る
から。
自民党というか、保守政党だけで与党というかたちが理想な私としては、不愉快だけれども。

TPPに関しては、私(ら)は、反対です。
従って、選挙に通りそうなTPP反対派の議員に投票しますよ。
このさい、
黄色い猫であろうが、白い猫であろうが、出自不明(済州島?)から来た猫であろうが、鼠を獲る猫が、正しい
猫です。

投稿: 三毛猫 | 2012/11/15 20:14

衆議院の解散、良かった。
年末の忙しい時期ではあるが、日本国を立て直すことを
心底考えることのできる政治家を選びましょう。
選挙区に相応の立候補者が見当たらないこともあるかも
知れませんが、より良い人を選びましょう。


投稿: 憂国龍 | 2012/11/15 20:22

野田氏を人間的に評価できるとは驚きです。冷静に考えて、先生が通知表に馬鹿がつくくらい正直と書きますか?話し言葉ではありえるが、記録として残る公式な文章にこのような書き方はしないと思います。そもそも馬鹿がつくくらい正直なら政治家にはならないし、なれないと思います。是まで野田氏は公然と嘘をつき、公約に反することを堂々とやり、人権法案閣議決定の際には、姑息、卑怯な手段を使ってるではありませんか?論戦は大変上手です。声も通るし聞きやすい。論法は練ったものでわかりやすい。しかしレトリックを多用するせいで、疑義を沸かせる論旨でした。

シロアリ退治演説、貧しい自衛官の息子等々自己演出には長けています。本当に日本のことを考えていたのでしょうか?解散も保身のためとしか思えません。

投稿: 日本人 | 2012/11/15 22:16

野田ごときを買いかぶり過ぎ。
来週の西田砲で少なくとも野田個人の撃沈は確定していた。
保身を優先しただけ

投稿: JPC | 2012/11/15 22:33

野田氏は首相就任前までは我が国の保守陣、殆ど全てに「保守政治家」と認識されていた様ですが、結果から見ると余程上手な嘘つきだったと思います。

就任直後の公務員宿舎建設のドタバタから始まって、一体この人は日本国の為にどれだけ働いたでしょうか?
閣僚人事のお粗末さで陛下に何度もご迷惑をかけ続ける「保守」首相が居るはずもありません。
そのほかの行状も合わせて考えると、野田氏は先天的嘘つきなのでは?とさえ私は思います。

正直では無い子供には、指導する教師は通知表にあれこれ書き様を工夫するでしょうが、正直な子を通知表に「バカ正直」と書く先生がいる方がおかしくはないですか?
所信表明された中の「野良仕事の母の背中の籠に入れられた思い出」等の部分も、時代的にちょっと合わないのでは?と感じています。
聴く人の気持ちに何らかの影響を与える為の演出話としても、私には「なんか臭い」印象です。

野田氏も事務所経費・政治献金に半島系疑惑が多く、内閣では人権委員会閣議決定や国会提出を画策したり、丹羽大使の国旗強奪事件にも大使を譴責することも無い人が、保守系政治家とは、思いたくないです。

投稿: よれこ | 2012/11/16 02:07

野田首相を最大限に擁護してみた、という感じでしょうか(笑
初めて国民にとって良いことをしたのだから、
あまり悪く言うも忍びないということなのかもしれませんが、
その甘さが民主党のような国民の敵に付け入る隙を許してしまったのかもしれません
民主党とはある種の政治理念の下に寄った集団ではなく、
暴力団のようにある種の人間が類が友を呼んで寄り集まった集団でしょう
属している段階で、ましてや長をやってる時点において、
まともな人間ではありえません

投稿: 名無し | 2012/11/16 03:37

第3局を望んでいる時点で、政権交代の二の舞になるのは明らかでしょ。反省してない。

もう、数の論理だけで合わせるような政党自体、アウトですよ。
もし彼らが政権獲ってもっと悪くなったら、あなたは責任とれますか?投票すると言うことは、その政党を支持した責任を持つことと同じですよ。

投稿: RERA | 2012/11/16 08:01

マニフェストやらはどこ吹く風、
自分自身が断言した「シロアリ退治をしなければ
増税なし」も嘘。マニフェストにない国民不利益の
TPPや人権擁護法案は全力で通そうとする。
そして弟が千葉県の金を横領したのがバレあせって自爆・・
ネットの情報しかソースのない私には野田氏は
そういう信用のできない人に見えますが。
民主党の党首になる資格って「朝鮮飲み」でしょうかね。
鳩山も菅も野田もみな冬ソナのぺヨンジュンと同じ
『朝鮮飲み』で水を飲んでますね。

投稿: mimi | 2012/11/16 11:28

民主党解散!!もやもやしてた、胸のつかえスっきりして乾杯しました。ほっとしてます

投稿: 河原崎 | 2012/11/16 11:36

 管理人さま、お酒はほどほどになさって下さい。ネット広しといえど、このブログほど的確に「ものの見方」を与えてくれるブログはなかなか見あたりません。管理人さまに与えられた天命だと思います。

 ナベツネ氏を擁護していたのが印象的だった政治評論家の三宅氏も戸籍を鬼籍に移したようです。政治状況の混乱から、現在の政界をどうとらえるか。現在の状況がなぜ生まれてきたか。小学生の書く新聞同様のクソ新聞はそれを明らかにしません。

 管理人さまが元気になられてよかったと思います。年末に向け、我々はまた鋭い記事を読むことができるのですから。この混乱期に総理経験者の安倍氏の復活を見て、思わずキリストの復活とやらを思い出しました。一般の日本人を奴隷化する恐怖の人権救済法をつぶしていただけるだけでもありがたい。
 マスコミは、あいかわらず「二世議員」を叩き、間接的に安倍氏をけん制しています。直球を投げて批判し、自分たちに抗議が殺到するのが怖いのでしょう。

 管理人さまは、その鋭い筆力を持って朝日や読売の社説を書く売国奴たちと戦えるお方です。あと15年待てば、肝硬変をおこした肝臓を、クローンで作った自分の肝臓と交換できます。すべての日本人のために、「祝杯」はコップ一杯でがまんしていただければ幸いです。

投稿: 普通の国民 | 2012/11/16 13:13

さっき野田氏の解散記者会見とやらをやっておりましたが、
あまりの恥知らずな内容に吐き気がしました。
どの口が言うんだか・・・。
「先天的な嘘つき」または「病的な嘘つき」でいいかと。

投稿: える | 2012/11/16 19:40

>三毛猫さん
  

>選挙に通りそうなTPP反対派の議員に投票しますよ。
TPP反対の政党と言えば社民党と共産党が有名ですが・・・
この売国政党に投票すると言うのですか?
 

>出自不明(済州島?)から来た猫であろうが、鼠を獲る猫が、正しい・・・
自分の利益であれば韓国・北朝鮮にも日本国を売るということですか?
つまりあなたの「売国宣言」と了解してよろしいのですね!

投稿: | 2012/11/17 15:19

http://asianews2ch.livedoor.biz/archives/19912804.html

野田総理の弟(船橋市議)が船橋市の「市民意識調査費」「政策宣伝資料作成費」を
不正自給して、総理の政策秘書に流していたとのこと。
被災地の復興予算をばらまかせただけでなく、
被災県自治体の公金を、身内に奪わせて吸い上げていたとは…

身内ぐるみの公金泥棒を在任中に追及されるのを嫌ったという
ごく個人的な都合も解散決定の理由のひとつかもしれません。
選挙前に周知されてほしいです。

投稿: 和夫一家をわすれない | 2012/11/17 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/56117733

この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相自爆 民主党惨敗で私は乾杯:

» 【政治】維新の会、候補者から100万円 「広報費」として徴収 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 日本維新の会が、次期衆院選の公募候補の内定者に対し、公認発表までに「広報費」として100万円を党本部に振り込むよう指示していることが分かった。既成政党は党が公認料を候補者に支払うのが一般的で、公認時に逆に徴収するのは異例という。  維新関係者によると…... [続きを読む]

受信: 2012/11/16 05:09

« 倒壊した超近代的な橋に見る水ぶくれ中国の実体 | トップページ | 安倍自民党を断固支持!安倍政権は第3極と共闘せよ! »