« 武装共産党員だった野中広務=真性売国奴を糾弾せよ! | トップページ | 東アジア共同体研究所理事長 L.由紀夫の狂乱発言 »

2013/06/23

中国と日本は対等ではない、とうそぶく野中広務

昨日は、野中広務の中国や北朝鮮、韓国に対する異様とも思える心遣いについて言及した。
その根本には彼の出自があり、若き日のイデオロギーがある、私はそう確信している。
被差別部落の生まれにして元武装共産党員、このことを抜きにして野中を語ることはできない。

野中の歴史認識がよく解る発言がある。
それは、日本政府による尖閣諸島国有化について、中国の国営テレビ局「中国中央電子台(CCTV)」から取材を受けた時の言葉だ。
時期は2012年9月21日。

「長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が癒えていないその中国に対して、歴史を知らない若い人たちはそういうことを抜きにしてひとつの対等の国としてやっているんです。それは間違っています」

まさに野中の面目躍如。
いかにも彼らしい発言だ。
日本と中国を対等の国として見るのは間違っている―
言い換えれば、日本は加害者で中国は被害者だ、と言っているのだ。
そして、その関係は永遠に続く…
あの朴槿恵が、日本に対して「加害者と被害者という立場は、千年過ぎても変わらない」と言い放ったのとまったく同じ感覚、価値観。

部落解放同盟(解同)は長らく、一般国民=差別者、部落民=被差別者という対立構図を運動の基本にしてきた。
一般国民であれば貧乏人でも差別者、部落民であれば富豪でも被差別者、こんな一方的で身勝手な論理が国民の共感を得るはずがない。
国民の間に、逆差別意識が蔓延したのも、解同のこのような認識に原因がある。
被差別者というだけで特別扱いを受け、同和成金が続出する、解同がその存在感を喪失したのも当たり前だ。

野中の基本も解同と同じである。
俺は被差別者だ、体制の犠牲者だ、これが彼の根本だ。
野中は解同とは縁遠いようだが、認識は変わらない。
被差別者=被害者、差別者=加害者と置き換えれば、野中は韓国・朝鮮人や中国人と立場が重なってしまう。
だから、この男は、「日本と中国を対等の国として見るのは間違っている」と言い放つのだ。
要するに被差別者=被害者の方が立場が上で、差別者=加害者の方が立場が下、つまり跪いて謝罪する立場なのだ日本と日本人は永遠に…

こんな歪んだ世界観、歴史認識を抱く男が実力幹事長、影の総理として君臨した自民党。
安倍首相が、戦後レジームからの脱却を訴えるのも当然である。
そして、自民党もその対象なのだ。

なお、中国の動画サイト「騰訊視頻」に野中のインタビューが投稿されたそうだ。
で、付いたコメントが、「もし中国にもこういうことをする人がいたら、即売国奴扱いかな」というもの。
もう爆笑するしかない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

【追記】
これまで紹介したアフィリエイト商品の中で、よく売れたのが以下の三つ。
それぞれ1か月で40個以上売れました。
中でも春ウコンは、amazonで一時的に品切れになったほどでした。
ありがとうございました。


↑click
中山式快癒器 4球式(背中・腰用) 強弱機能付

※不摂生極まる生活を長年続けていた私…深酒、タバコ、夜更かし、朝帰りもしょっちゅう。
が、私は還暦を無事に迎えることができました。
もちろん、そのためのケアはいろいろしました。
で、その中の一つが中山式快癒器。
片頭痛、肩こり、背中や腰の張り等の解消に役立つのはもちろん、胃腸の働きも活発になって便通も良くなる。
私は、二日酔いの時に重宝しました。
背中、腰だけではなく、後頭部に当てるのも効果大です。
今は2代目ですが、初代は20年持ちました…安くて長持ち…
隠れたロングセラーです。


↑click
屋久島春ウコン 600粒 安心農園やまの

※一つ肝腎なものを忘れていました。
私が、30年以上も大酒を喰らい続けて体を壊さなかった理由。
それはウコンのおかげです。
エビオス錠とウコン、この二つのおかげ、間違いありません。
40歳のころ、医者に「このままだと10年でダメになる」と言われて早や20年。
体は大丈夫でした。
今は断酒したので愛用しておりませんが、酒を飲まなくてもウコンは肝機能を強くするので体に良い、間違いなく。
その他に動脈硬化の改善、コレステロールの減少、便秘の解消等が期待できます。


↑click
エビオス錠 2000錠

※これのおかげで今の私がある、と言っても過言ではありません。
毎日、日本酒に換算して4合以上を飲み続けて30年。
医者からは「10年後にボロボロになる」と言われ続けてきました。
が、昨年断酒するまで何とか体が持ちこたえた。
エビオスのおかげです。
快食、快便は健康の基本。
健全な胃腸を作るエビオス。
タンパク質が豊富なので筋力を維持、増強してくれます。
ダイエットのためにエビオスを飲んでいる方、けっこう多いですね。
Ebios_2_2

本日のおススメ!

納豆健康法 血液サラサラ

click↑
高血圧の劇的改善。
中性脂肪及びコレステロールも確実に減ります。
千年もの昔から日本で親しまれている納豆健康法。

ネバネバ系が体に良いことは、皆さんよくご存知だと思います。
納豆、オクラ、ワカメ、ヤマイモ等々。
私は、夏はオクラで、あとは納豆です。
昨日もオクラ食べました。

ネバネバの主成分は、タンパク質とマンナンなどの糖が結合した「ムチン」、水溶性の食物繊維「アルギン酸」「ペクチン」などです。
ムチンは、タンパク質分解酵素を多く含み、いっしょに食べた肉や魚のタンパク質の消化吸収を助け、消化不良を防ぎます。
消化器・呼吸器の粘膜を保護して胃炎や胃潰瘍、風邪を予防し、細胞を活性化して老化を予防する効果もあります。
アルギン酸やペクチンは、血中コレステロール値を下げ、糖の吸収を抑えて糖尿病を予防、腸内の善玉菌を増やし便秘を予防。
ネバネバ食品に含まれるコンドロイチン硫酸は、関節や軟骨を保護したり、肌のみずみずしさを保つ効果があります。

ところで我が家では、納豆がしょっちゅう賞味期限切れを起こしています。
やはり毎日食べるのは億劫で、気づいたら賞味期限切れ(笑)
その点、ナットウキナーゼは1日3粒でOKなので、納豆嫌いな方でも抵抗がありません。

|

« 武装共産党員だった野中広務=真性売国奴を糾弾せよ! | トップページ | 東アジア共同体研究所理事長 L.由紀夫の狂乱発言 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

>付いたコメントが、「もし中国にもこういうことをする人がいたら、即売国奴扱いかな」というもの。

これは、的確な人物評価ですね。
野中爺、鳩山ぽっぽ、加藤の乱、紅の用兵等々いずれも一線を退く事を強いられた政治家でしかないないにも拘らず、日本のマスゴミは、彼らの現役時代の肩書きを利用して、彼らが今も発言力があるかのようにその発言を取り上げ、日本を貶めるべく活動に勤しんでいます。
いくら現役当時は重鎮であったとしても、時代は変わったのですから、彼らの発言に憤りを覚えるからといって、それをまともに取り上げていてはそれこそマスゴミや彼らを喜ばせるだけでしょう。
彼らは、偶に見かける街中をおかしな言葉を発しながら歩いている人間と同じだと考えて、無視するのが一番の対処法です。

彼らも現役時代の悪行をその傀儡子から暴露されたくないから、保身の為にこういう発言をしているのでしょうからね。

投稿: | 2013/06/23 17:23

野田大明神

これは2011年のアンケートの一例ですが、中国が嫌いという人が76%もいます。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0908&f=national_0908_151.shtml

その後の自衛艦へのレーダー照射事件があったり、毎日のように領海侵入や接続水域への侵入を繰り返し、食品では毒餃子以後、今も毒ピータンの輸出など。
今や日本人の中国嫌いはおそらく90%前後にはなっていることでしょう。

そこでのキーポイントの一つは「尖閣諸島中国漁船衝突事件」ですが、ここでは民主党の仙谷官房長官の事件もみ消しと一色海保職員の情報拡散があり、結果この事件は日本中に知れ渡りました。

次がやはり民主党野田首相の東京都による尖閣諸島購入阻止のための国による尖閣諸島購入を中国が過剰反応し、露骨に尖閣諸島侵略の意思を見せ、更には沖縄侵略を匂わせたことでこれ又日本中に中国という国の正体が露呈したことです。
http://blogos.com/article/53777/

ここで今日本ではそんな中国の本心を隠す為、また中国の軍事力が日本を遥かに上わまる時間稼ぎの為の所謂「棚上げ」を主張する日本人などがいます。
実名では野中廣務、河野洋平、孫崎享などであり、そしてそれを担ぐマスコミです。

そして、同類、植草一秀、孫崎享、鳩山由紀夫共著の「対米従属」という宿痾(しゅくあ)が発売とのこと。

しかし、笑えることに〔「親中従属」という宿痾〕がぴったりと当てはまるメンバーです。


ちょっと横道に反れましたが、ここまで書いて、はて、これら一連の流れの中で中国やそれに繋がる変態日本人を浮き彫りにした功労者とは誰だと考えれば。
一人は一色正春氏、そしてもう一人は野田佳彦大明神ではないかと思えて来ました。

まことに世の中は皮肉で不可思議なものです。

投稿: Pin | 2013/06/23 17:55

あのハンディキャップ国家論の御仁の出自、色々と言われていますが、まさか、と思いたいです。
なんせ娘が、ですから。

投稿: | 2013/06/23 21:22

お久しぶりです。

都議選の結果ですが、自民の勝利と民主の退潮は想定内とはいえ、投票率が低かった結果公明党というコウモリ政党に勝たせる結果になったことは残念です。せめてみんなもっと投票に行こうよ。

しかしもっと驚いたのは、共産党が議席を倍増させたことですね。もはや左翼(自称リベラル)や9条信者にとっては、共産党しか当てにできる政党がないということでしょうか。

投稿: 南溟 | 2013/06/24 00:02

>なんせ娘が、ですから
ではありますが、限りなく怪しい墓石写真も出回って、あれやこれやで「普通の日本人家族」ではない様な。

投稿: よれこ | 2013/06/24 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/57648786

この記事へのトラックバック一覧です: 中国と日本は対等ではない、とうそぶく野中広務:

» 1839年(天保10年5月14日) - 蛮社の獄。渡辺崋山や高野長英らが逮捕される。 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
今日は何の日 6月24日 1839年(天保10年5月14日) - 蛮社の獄。渡辺崋山や高野長英らが逮捕される。 蛮社の獄(ばんしゃのごく)は、1839年(天保10年)5月に起きた言論弾圧事件である。高野長英、渡辺崋...... [続きを読む]

受信: 2013/06/24 07:00

» ウイグルに自由を! 連帯フォーラム [風林火山]
6月24日、来日したラビア・カーディル総裁を迎え、錚々たるメンバーでウイグルとの連帯フォーラムが行われた。 [続きを読む]

受信: 2013/06/25 02:07

» 1863年(文久3年5月10日) - 下関戦争: 長州藩が下関海峡に碇泊中の米商船に砲撃。 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
今日は何の日 6月25日 1863年(文久3年5月10日) - 下関戦争: 長州藩が下関海峡に碇泊中の米商船に砲撃。 下関戦争(しものせきせんそう)は、幕末に長州藩と、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの...... [続きを読む]

受信: 2013/06/25 07:56

» 七月危機説、飛び交う取り付け騒ぎの噂 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
 「七月危機」説を前倒し? 中国バブル崩壊    銀行とりつけ騒ぎの噂、株価は大暴落を始めた  いよいよ中国経済のバブル破綻が鮮明になった。  先週来、短期金利の急騰、中央銀行の引き締め政策...... [続きを読む]

受信: 2013/06/25 17:18

» 昭和43(1968)年 - アメリカの統治下にあった小笠原諸島が日本に返還される。 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
今日は何の日 6月25日 昭和43(1968)年 - アメリカの統治下にあった小笠原諸島が日本に返還される。 日本政府と連合軍側(現在の国際連合)との条約であるサンフランシスコ講和条約の第三条により...... [続きを読む]

受信: 2013/06/26 06:47

« 武装共産党員だった野中広務=真性売国奴を糾弾せよ! | トップページ | 東アジア共同体研究所理事長 L.由紀夫の狂乱発言 »