« 海江田・小沢に告ぐ!日本を嫌っているのは中韓だけだ | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数慶子を糾弾する!
あさと政晃の必勝を祈願する! »

2013/07/14

当時のままの思想で今を生きている反日変態左翼
坂眞の日記を更新

当時のままの思想で今を生きている反日変態左翼 をアップしました。

坂眞の日記

click↓

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 海江田・小沢に告ぐ!日本を嫌っているのは中韓だけだ | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数慶子を糾弾する!
あさと政晃の必勝を祈願する! »

個人」カテゴリの記事

コメント

9日のエントリに、当時の学生運動家の主たる動機は優越感だと書いたら
優越感は持っていなかったとやんわり反論されました。
私は実体験者ではないですから、
常に自分が間違っている可能性は想定しているつもりです。

山本太郎氏は「左翼」ではないと思いますが、
今現在ある極端なアンチ原発運動は
左派的イデオロギーが変質した上にあると思います。
山本太郎氏がああいうことをする動機はお金ではないと思います。
少なくても、ある時期テレビの仕事を干されてお金に困ったと
言ってたのは本当のことだと思います。
彼をああいうことに駆り立てるのは、一種のヒロイズムであろうと思う。
人間は「悪と戦う」ときに、非常な充実感を感じるものだと思います。
それを私は、やはりある種の優越感というか、
選民的な高揚感だと感じるのです。
山本氏に「お前はいま優越感を持っているだろう?」と訊けば、
「とんでもない!ボロボロになりながら必死です!」って言うと思います。
非常に大雑把ですが、昔の学生運動家にも、
そういうところがあったのではないかと思うのです。

投稿: 鳩槃荼 | 2013/07/14 19:27

( ;_;)pen
ふう、ニシムライダーエックスは書くのは楽しいけど涙が止まらへん〜
( ゚-゚)pen
サヨクの動機に理屈こねても意味ないよぉ〜?理屈を言わないおサルさんにもサヨク活動はあるからや。ボスに歯をむいたり仲間をいじめたりメスを奪ったり…そのうち別の場所に立てこもって別の群れになってしまう。
『若いウチにサヨクにかぶれないサルは情熱が足りない。年とってもサヨクをやめないサルは群れの迷惑sweat01
( ;゚-゚)
ま、本能やから大目に見てるんやけどな。

投稿: 八神はやて | 2013/07/15 07:44

左翼再生産の兆候

今朝の新聞に『「平和主義」適切な理解を』として島根大学の松元雅和准教授の寄稿文が載せられていた。

それによると「平和主義」は平和主義を「絶対平和主義」と「平和優先主義」に大別して、前者を「人を殺してはならない」とする「義務論」から平和を考えるのに対して、後者は平和主義を制度や政策と捉え、戦争は割りに合わないとする「帰結主義」に根拠を置くと説明し、前者をロシアの文豪トルストイとし、後者をイギリスのJ・ベンサムやB・ラッセルと見る。そしてこの准教授は「義務感の感覚を備えた帰結主義が望ましい」と結論付けている。

しかし、日本において「平和論」を語る時、重要なのは日本には「平和至上主義」があることと「一国平和主義」を前提として語る風潮があるということだ。

そこには日本自体がどうこうということと別に、現実的な日本とは思考回路の違う中国、北朝鮮など近隣諸国からの脅威をどう考えるのかという重要な点が欠落している。

また、「平和」であれば、いわゆる奴隷的境遇でも良いとする「平和至上主義」があの大東亜戦争を経た反動でもあるのかやはり日本に染み付いている。

これも現実に起こっている中国のチベット支配や東トルキスタン(ウィグル)支配、内モンゴル(南モンゴル)支配などをどう考えるのかという視点がやはり欠落しているように思う。

長々と書いてみたが、この若い大学の准教授の思考の全てがこの記事から伺い知ることは出来ないが、最近テレビでも人生経験も無いような学者のタマゴを多用して出演させているが、それと同様、書かれているニュアンスからはどうも相変わらず机の前だけの思考するタイプの若手学者が増えて来ているように見える。

そして、ある意味頭でっかちのこれら学者のタマゴをマスコミは取り込み始めているように感じる。


投稿: Pin | 2013/07/15 08:58

自民党は金太郎飴
もともと民主党は自民党内の新韓、親中工作員が割って出たものです。
しかし工作員でありながらその正体を白日のもとに晒したため壊滅し、消滅に至ろうとしています。

だけどこれで自民党が健全な日本の保守政党になったわけではありません。
自民党からは金太郎飴のように切っても切ってもウジ虫のごとく親韓、親中工作員が湧いて出てきます。

この工作員たちが常時安倍さんの足を引っ張っています。
安倍さんを彼らの”友愛の海”に引きずり込もうとしています。
安倍さんの党内基盤は盤石なものではありません。

安倍さんはまだ真の保守として日本人の声を代弁するには力が足りません。
彼の背中へのひと押しが必要です。

来たる参院選で自民党の大勝と民主党の消滅が確実視されているのは望ましいことですが、
これで日本にバラ色の未来が開けるわけではありません。

かえって、自民党内の親韓、親中工作員達がより深く隠蔽さ、蠢き始めることになります。

これに対抗するには、自民党の外から自民党を監視し、安倍さんの背中を押す必要があります。

真に日本国民の保守の声を代弁する政党が必要です。

それができる政党は現在「維新政党・新風」しかありません。

・日韓国交断交
・移民受け入れ反対
・TPP反対
・核武装実現

これを正面に掲げ、国民に訴え、選挙を戦っている政党は”新風”しかありません。

私は新風に一票を投じます。
ブログ主さんも本ブログの読者さんもそうであろうと期待します。

とにかく一度腐り切った韓国を日本から切り離しましょう。

そして、互いに歴史をよりよく理解することから始めましょう。
それが将来よりよい日韓関係と安定したアジアを構築し直す第一歩でもあります。


投稿: | 2013/07/15 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/57789993

この記事へのトラックバック一覧です: 当時のままの思想で今を生きている反日変態左翼
坂眞の日記を更新
:

» あの国の真実 [風林火山]
昨日の「そこまで言って委員会」では、【そこまで暴露して委員会、あの国の真実スペシャル】と題して、北朝鮮の真実、韓国の真実、中国の真実、エジプトの真実・・・が報道された。 [続きを読む]

受信: 2013/07/15 03:03

» 昭和23(1948)年 - GHQが新聞社16社・通信社3社の事前検閲を廃止し、事後検閲に移行 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
今日は何の日 7月15日 昭和23(1948)年 - GHQが新聞社16社・通信社3社の事前検閲を廃止し、事後検閲に移行。 連合国軍最高司令官総司令部が入った第一生命館(1950年頃撮影) 自主検閲をしくまれた...... [続きを読む]

受信: 2013/07/15 07:51

« 海江田・小沢に告ぐ!日本を嫌っているのは中韓だけだ | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数慶子を糾弾する!
あさと政晃の必勝を祈願する! »