« 五輪の東京開催決定バンザイ!
朝日は五輪を機会に韓国と仲良くせよ!だって
| トップページ | 中国や韓国に国を売る変態たちを許すな! »

2013/09/12

右も左も、もっと日本人としての誇りを持ちたいものだ

私は「ネット右翼」なるものの存在を信じません。
低収入で低学歴の孤独な若者、これがネットにおける「ネット右翼」の定義ですが、そんなもの単なるレッテル貼りにすぎません。
たとえば、このブログ。
私も、ここに集う人たちも、「ネット右翼」として罵倒されていますが、低収入でもないし低学歴でもないと思います。
学歴は正確には分かりませんが、皆さんよく勉強しているし、物事に詳しい。
ほんとうに感心するほどです。

もともと「ネット右翼」は朝日新聞の造語ですし、ネットやメディアでも、いわゆる「反日変態左翼」の側から発せられることが多い。
私は、若い世代で劣勢に立たされている「反日変態左翼」のプロパガンダの一つだと思っています、「ネット右翼」という言葉は。
日本の歴史を卑下し、日本人の名誉と誇りを傷つける、そしてこのような行為を進歩的で正しい行いと勘違いしている、これが反日変態左翼です。
連中に言わせれば、「愛国」を口にするだけで、日の丸・君が代に敬意を抱くだけで「ネット右翼」になります。
で、「ネット右翼」は低学歴とバカにする。

Rika

実際、「ネット右翼」というレッテルを貼られる側にも高学歴者は多い、いわゆる「右」に位置する知識人ですね。
が、知識人は「左」、あるいは「リベラル」の専売特許であって、右翼の知識人などあり得ない、これが反日変態左翼の盲信です。
だから、「ネット右翼」は低収入、且つ低学歴でなければならないのです、彼らにとって。
ほんとうは自分たちの方が刷り込みによって思考が硬直しているのに、ある意味、洗脳状態にあるから永遠にその事実に気づかないのです。
「ネット右翼」は知識に乏しく思考能力が低い、この思い込みが、今や劣勢に立たされている反日変態左翼を支えているのかもしれません。

ただ、反日変態左翼は国益を毀損する存在であり、私たちの敵ですが、新大久保でデモやっている連中もどうかと思いますね。
私は、あれは“陰謀”ではないかとすら思っています。
「右」の人ってこの程度なんだ......と思わせるのに最適ですよ、あのデモは。
一般の国民に嫌悪感を抱かせるのに十分です。
実際、反日変態左翼や韓国は、安倍政権とあのデモ隊を被らせて批判しています。
あの排外的デモも安倍政権も、日本の右傾化、戦前への回帰の象徴だと。

私たちは、いや私は、韓国や中国の、あるいは一部の韓国人や中国人の理不尽で狂気に満ちた言動を批判しているにすぎません。
韓国人だ、中国人だ、というだけで批判したことは一度もありません。
反日変態左翼も同じですね。
彼ら、彼女らが変態でなければ、私は批判はしますが、敵だとは思いません。
真っ当な左翼、つまり国益擁護の立場に立つ左翼であれば、対抗勢力としてむしろ歓迎したいと思っています。
フランス社会党やドイツ社民党のような左翼であれば。

右も左も、もっと日本人としての誇りを持ちたいものだ......強くそう思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban



|

« 五輪の東京開催決定バンザイ!
朝日は五輪を機会に韓国と仲良くせよ!だって
| トップページ | 中国や韓国に国を売る変態たちを許すな! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

坂さま
こんばんは。

9月8日の新大久保デモに参加しました。
新大久保でデモに参加したのは初めてでした。
デモ隊にペットボトル、何かの液体?、電池、生卵が飛んできました。
避けたので当たりませんでしたが、新大久保は無法地帯です。
新大久保は韓国人だけの街なのでしょうか?

このデモは単なる排外デモではありません。
異常に優遇されている「在日特権」を止めてほしいと訴えています。

参加しているのはごく普通の生活をしている市民です。
かなりの方が高学歴、普通の生活水準だと思います。
マスコミが言っているようなレイシスト集団ではありません。
礼儀正しい方が多いように感じました。
そのことは理解して頂きたく、コメントしました。

投稿: はやぶさ | 2013/09/12 18:38

尊敬もうしあげる坂眞さまではありますが、新大久保デモ等に参加した者として一筆弁明いたしたいと思います。
 

まず北京オリンピック聖火リレー反対の長野市でのデモ
あれは中国人留学生4000人が集まったのに対して
われわれはたったの400人です。1/10です。
おまけに留学生はペットボトルを投げつけてくるやら、国旗の旗竿で叩いてくるなり、手を出すのは中国人の方が常に先でした。
尋常な手段では対抗できないのです。
最近の新大久保デモも
左翼「しばき隊」2000人に対してネット右翼側は500人です。
 

また新大久保でのデモ
私は最初の最初である新宿歌舞伎町から参加していますが、韓国人はビルの窓から罵声を浴びせるやら韓国TV局が撮影するやらここでも暴力的なのは韓国側でした。
 

都合私がデモに参加したのは20回ぐらいでしたが、彼らネット右翼側は決して暴力をふるうことはしませんでした。
暴力を仕掛けてくるのは常に左翼の側です。
それはどちらかというと・・・参加者が中年から上の世代が多かったり女性・老人も結構居るからです。
デモの対象も東京空襲抗議とか原爆投下抗議とかでのアメリカ大使館への行動もあり、親米一辺倒ではありません。
 

またこれは私が始めたことですが
デモ終了のときに警備の警察官に対して「ありがとうございました」「ご苦労様でした」と声を掛けるのは我々のデモ隊ぐらいのものでしょう。
それほど「平和的なデモ」なのです。最初から社会を騒がせるとか喧嘩目的ではないという何よりの証拠です。
 

たしかに「ネット右翼のデモ」と巷間言われているようですが、彼らが行き過ぎた行動があるとしても・・・
それは左翼の挑発に乗せられた結果であり、自ら好んで暴力に走っているのではありません。
ですから彼らは決して先に手を出したり、暴力目的で活動しているのではないのです。
 

左翼の「しばき隊」などには本物のヤクザが参加しておりますが・・・
ネット右翼側の指導者・瀬戸宏幸氏は
「絶対に手を出すな!」「非暴力」を参加者にきつく指示しています。
 

「北アイルランド紛争」でもカソリック側とプロテスタント側・・・双方がテロ行為を行ってやっと40年近く経って和解しましたが、紛争が長期化したのは一方がやられっぱなしでは交渉する機会さえ与えられないからです。
ですから
どうか彼らネット右翼の乱暴とも思える行動でも寛容な目で見てやっていただきたいと思うのです。
彼らが何もやらなければ日本は朝鮮人・中国人に居座られてもっともっと人口侵略を受けていたでしょうから・・・
 

最後に
私は現在彼らネット右翼の指導者:瀬戸宏幸氏・有門大輔氏・桜井誠氏・西村修平氏らとは袂を分かっています。
それは彼らが「国家社会主義」を目指しているのに対して、私は「資本主義絶対擁護」だからです。

投稿: 柳生大佐 | 2013/09/12 19:42

坂眞様
常々貴ブログは敬意をもって読ませて頂いております。
しかし「真っ当な左翼、国益擁護の立場に立つ左翼」
など日本には存在しないとないと考えます。
存在しないものを「歓迎」するなどは空想であり、
結局現在の日本の誤った反日左翼を消極的に擁護する
ことになります。
今回の記事には粗さと疲れが見えます。
以上

投稿: 自立人生 | 2013/09/12 21:54

>一般の国民に嫌悪感を抱かせるのに十分です。

どっちがですか? デモ隊、それともしばき隊? デモ隊は許可を受けており、とても統制が取れ、挑発にのらず、礼儀正しい人たちです。許可も取らずに勝手に群れて罵詈雑言を投げつけるしばき隊こそ恥ずかしい。

>韓国や中国の、あるいは一部の韓国人や中国人の理不尽で狂気に満ちた言動を批判しているにすぎません。

在特会は言葉だけです。朝鮮人は実際にレイプや犯罪、殺人を犯している。在特会を嫌う人がいるけど、在日特権を認知させた功績は大きい。そして、反在特と朝鮮人に肩入れするマスコミや有田、安田浩一のような人物の素性を明らかにした点でも功績大です。

投稿: | 2013/09/12 22:09

「ネット右翼」はともかくとして、いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる層のネット上での下衆な言動には辟易させられますね。特にヤフーニュースのコメント欄なんて、芸能ニュースだろうと科学ニュース
だろうと無理矢理にでも中韓批判に結び付けなければ気が済まないようで、2ちゃんねる以下の最底辺の落書きと化しているようです。

投稿: 養鰻野郎 | 2013/09/12 22:29

私は新大久保デモで日本人差別に抗議されている皆様に感謝致しております。
気持ちは大いにあるがなかなか行動に移せない自分です。
なので、現場の様子はネットからのみ情報を得るので、誤解していたらすみません。

整然と抗議されている中、たまに過激なプラカードやコールがあって
これを全体のようにマスゴミが取り上げるのは、分かりきったことですよね。
実際 これまで利用されて国内と世界に宣伝されています。
シバキ隊は相手を激情させてデモのレベルを下げさせる役目の雇われゴロツキ集団です。
どうぞ、デモ参加者とプラカードのチェックをして訴えてください。
何も知らない人たちには「ちょうsn人帰れ」というだけでショックです。
日本人逆差別の被害者側の立場に徹した抗議のほうが共感を得るのではないでしょうか。
相手はシバキ隊ではなく国際的な反日団体であろうと思いますので
戦略を持って冷静に行動される事を願います。

以上 前からどこかに書き込みしたかったのですが
こちらに実践されている有志の方が意見されているのをみて
書かせて頂きました。言うばかりで申し訳ありません。

投稿: -d- | 2013/09/12 23:55

ネット右翼は低学歴低収入との決め付け、これこそ変態左翼のエリート意識でしょう。
 
戦後しばらくの時代であれば左翼活動はエリート学生の特権、戦前戦中であれば東大の先生にだけ認められたマルクス研究etc,さらに戦後左翼がのさばり労働組合がのさばるとこれこそ低学歴でも労働組合にたずさわるとエリートの端くれにはなる。
 
結局は左翼・労働者の味方と云いながらも左翼陣営に残ったのは労働組合を踏み台にした立身主義者など、社会党がこのようなものだったのでしょう。
 
いつまでもエリート意識を捨てられない変態左翼と言うか強欲左翼がネトウヨは低学歴と云うことで鹿自己満足できないのでしょう。

投稿: tatu99 | 2013/09/13 08:28

ネトウヨという言葉は、その人の思想的スタンスがどうあろうと、韓国やシナに批判的であれば自動的にかぶせられるレッテルであるようですね。

ウリのこと 批判する奴 みな右翼

と言いますし(笑)
「ネット右翼」なる言葉も、起源は存じませんが、民譚が公式に敵視しているのは周知のことです。
いわゆる「ホロン部」「連呼リアン」「連呼厨」と呼ばれる連中がこのレッテル貼りに熱心であることに鑑みても、現在ではネトウヨという言葉は単に「嫌韓・反韓的な言動をする者」という以上の意味は無くなっているような気がします。
従って、去年の李明博の竹島上陸と天皇陛下侮辱発言とで、彼らの言う「ネトウヨ」は一挙に拡大したと考えられますね。

一昨年のフジテレビデモ、昨今の新大久保デモなど、嫌韓・反韓をリアルでの行動に移す人が多くなっています。
リアルで行動している以上、もはやそれを「ネトウヨの集まり」などと呼ぶのは、言葉の上でも意味をなさなくなっています。
ただの罵倒言葉に過ぎません。

#養鰻野郎様
確かに眼に余る書き込みもあるのですが、その中には「工作員」によるものも多いようですよ。
「ネトウヨ」のふりをして頭の悪そうな書き込みを繰り返し、普通のネット利用者にドン引きさせ「ネトウヨ」への嫌悪感を募らせる、ということが、「戦術」として堂々と用いられています。
IPが明示される掲示板などで、それらしきIPを検索してみるとよくわかります。

投稿: 面毒斎 | 2013/09/13 10:33

ブログ主様
かつて、大内兵衛、羽仁五郎、清水幾太郎(後に転向)、坂本義和、和田春樹等々、所謂「進歩的知識人」と言われた方々の言説は、それぞれ主張の違いはあるものの、思想を通じて現実を見る傾向があることで共通していました。一例を挙げると「ソ連は日本と比べられないくらい自由」と言った向坂逸郎(当時社会党協会派指導者)、毛沢東の奪権闘争である文革を「史上初めての大実験」と絶賛した菊池昌典(当時東大助教授)、「北朝鮮には生活の心配が全く無いから、泥棒がいない。」と夢想した槇枝元文(当時日教組委員長)北朝鮮の政治を「抑圧的な権力政治ではなく愛情の政治です。」と賞賛した安井郁(当時法大教授)等、枚挙に暇がありません。(「悪魔祓いの戦後史」稲垣武著に詳しいです。大爆笑を保証します。)彼ら「知識」人は自ら支持する思想を金科玉条とし、外国のプロバガンダを盲信し、自らの頭を使って分析することをしません。まるで、知識や信仰の信念から毎晩現れる菩薩(実は化け大狸)を疑いなく拝む、小泉八雲著「常識(コモンセンス)」に出てくる和尚そのものです。そして、菩薩の正体を見抜き、即座に矢を放った猟師に該当するのは、地に足の着いた生活をする市井の人々です。菩薩(ユートピア思想)は、世間知らずの学者、学生を虜にしても、「常識」を保持し、世間に揉まれ、堅実に働く人々を騙すことはできません。これが、日本に愚かな赤化革命が起こらなかったひとつの要因だと思います。「ネトウヨ」「低学歴」結構ではありませんか。愚かな和尚には言わせておけば良いのです。
ブログ主様
しかし、かつて小泉信三、猪木正道、小林秀雄、福田恆存、会田雄次、林健太郎、山本七平など「常識」を備え、現実から思索する「良識」を持つ知識人も多数居りましたが、今やこうした論客も居なくなりましたね(泣)

投稿: 河内山宗俊 | 2013/09/13 12:58

反日変態サヨクは「成り済まし」を常套手段とします。
持ち前の粗暴で粗野な資質を活用して
敵対する「ネトウヨ」のマイナスイメージを増幅させます。
「変態」なので「正々堂々」や「誇り」などは
一切持ち合わせていないのです。
窮地に追い込まれると「赤報隊」「チョゴリ切り裂き」などの
自作自演も厭いません。
反日変態サヨクの本質は卑劣で醜悪、しかも粘着質です。
新大久保デモに「陰謀」の匂いがするなら
それを差っ引いて評価すべきです。

それから坂さん
香山リカの間抜けヅラは何か意味があるのでしょうか?

投稿: やす | 2013/09/13 16:10

「ネット右翼」という言葉は不快であり賛成しません。

「ネット右翼」というレッテル貼りの為にマスコミが作った言葉に対して或るブログはある意味居直って自分たちは「ネット右翼です」としています。
しかし、自分は右翼ではないし、この「ネット右翼」を受け入れる積もりはありません。

ですから「ネット保守」と名乗っています。

「ネット右翼」に全て包まれて、保守自体が認めてどうするの?
と思っています。
気持ちは分かりますが。

そして、池袋でのデモ、これも気持ちは分かるのですが、やはり一線を越えた声の上げ方だと思います。
レイシストしばき隊と相対化してどうするのか?
右翼なら右翼として品位を大事にすべきでしょう。


投稿: Pin | 2013/09/13 17:50

戦後レジームからの脱却は出来るのか?

自分が安倍首相に期待したのは日本経済の復活や安全保障もありますが、一番期待したのは『自虐史観』からの脱却です。
それこそが『戦後レジームからの脱却』の本質ではないかと思います。

さて、この『自虐史観』、日本の敗戦から始まったと言ってもよいのでしょう。
つまりそれほど社会の隅々に何十年にも渡って皆が吸う空気の様に存在していました。
それを拡散したのは日教組であったり、マスコミであったりしたわけです。
それにより多数の日本国民は生まれた時からこの『自虐史観』を吸って成長したとも言えるでしょう。
ですから、少し前に話題になった「はだしのゲン」もこの線上にあるわけです。

そこで、アベノミクスで国民の支持を得ている安倍政権ですが、いよいよ消費税増税に対しての判断をする時期が近づいて来ました。
財務省は勿論、多数の首相周辺の消費税増税肯定派に対して安倍首相はどういう判断を下すのでしょうか。

この消費税増税でも国民の支持が繋がるならばその後の安倍首相の構想は実現する可能性はあるでしょうが、ここで躓くと安倍首相の再選はなくなりすなわち『戦後レジームからの脱却』も潰えます。。

この日本が毀損し続けられている、『極東軍事裁判』以後の戦勝国史観である、具体的には『村山談話』、『河野談話』などに象徴される日本がアジア諸国を侵略し、残虐行為をしたという中国や韓国、北朝鮮などの『捏造史観』が将来に渡って日本を背負う若者に不当に背負わされるわけです。

日本の保守の日々の努力はあっても自民党にこの安部政権を引き継ぐ事が出来なければ東アジアの特定の国に配慮した構図が継続するのでしょう。
それは同時に願う隣国や国内の勢力が力を増すことと言えるでしょう。
そんな安倍政権の腰砕けから思うのはやはり自民党を中心として考えた場合の対立軸とも言える真性保守政党の誕生です。
自民党に『歴史修正』が出来ないならば、それこそが日本の偏った座標を修正出来る唯一具体的なものだと思えます。

投稿: Pin | 2013/09/13 17:51

サヨクにとって低収入 低学歴は罵倒しても良い存在なんですね。
一方サヨクは都合良く社会的弱者の救済を唱えていますが、
なんか矛盾していませんかね

投稿: gissan | 2013/09/13 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/58178366

この記事へのトラックバック一覧です: 右も左も、もっと日本人としての誇りを持ちたいものだ:

» 軍事情勢レポート7 新たなる東亜の繁栄 Part2 [風林火山]
軍事研究家、黒井執斗氏の「軍事情勢レポート7 新たなる東亜の繁栄」の Part2 です。 [続きを読む]

受信: 2013/09/15 00:44

» やっぱり、橋下徹大阪市長は大阪に住む者の生命と財産を守る気は皆無である [名無しのデムパ論]
今回の記事は台風18号関連の内容ですが、 ざっくり言えば「やっぱり橋下徹氏は行政従事者として不適格者だね」という記事です。 以前、私はこのような記事をアップしました。 ■ 橋下徹、松井一郎、日...... [続きを読む]

受信: 2013/09/16 21:51

« 五輪の東京開催決定バンザイ!
朝日は五輪を機会に韓国と仲良くせよ!だって
| トップページ | 中国や韓国に国を売る変態たちを許すな! »