« ブログを始めて早や9年 今年も安倍内閣を応援しよう | トップページ | 安倍政権打倒は社是である 朝日新聞をつぶそう! »

2014/02/06

反日変態左翼の本質を暴く!変態たちを駆除しよう!

私が元左翼だったことは、古くからの読者の方はよくご存知だと思います。
ブント(共産同)に所属し、分裂後は戦旗派として活動しました。
最後に参加した闘争は、1972年5月の明大前通り解放区闘争です。
この時は、学生運動史上でも「異例」と言われるほど検挙者の比率が高く、はっきり言って「惨敗」でした。
同年3月に発覚した連合赤軍の山岳ベース事件で落ち込んでいた私は、この「惨敗」ですっかり萎えてしまいました。

ただ、私が左翼思想に完全に見切りをつけたのは、ずっと後の1980年代に入ってからですけどね。
日本の歴史や伝統、文化、国民性などに強い誇りを抱くようになったのはバブル崩壊後のことで、まだ20年あまりしか経っていません。
さまざまな経験の蓄積があって、私は、左翼が唱えるような「人間存在」に強い違和感を覚えるようになりました。
「類的存在」としての人間、あるいは「人間の社会的存在が意識を決定する」など、間違ってはいないが極めて一面的、と思うようになったのです。
人は理性で生きているのではない、むしろ人間存在を突き動かすのは本能であって、理性は従属的なものであり、人間は本能と理性の葛藤、その微妙なバランスの上に立っている、と私は確信するようになりました。

Senki

-------------------------------------------------------------------

私は、日本の左翼を「変態」と呼びます。
なぜか?と言うと、日本の左翼は、私が知っている欧米の左翼やリベラルと余りにも違うからです。
欧米の左翼やリベラルは、「より平等」「より自由」を重視します。
だから人権問題には極めて敏感です。
当時、フランス社会党の大統領候補だった女性が、北京オリンピックのボイコットを呼びかけました。
中国政府が人権を抑圧しているからです。
ソチオリンピックの開会式に、オバマ大統領などが臨席を拒否したのも同じ理由です。
が、日本の左翼は北京もソチも完全に沈黙です。

欧米の左翼やリベラルは国益第一ですからね。
安全保障や領土問題では一歩も譲りません。
だから必要とあらば、軍事介入も辞さないのです。
が、日本の左翼はまったく異質。
9条絶対擁護、集団的自衛権に関する解釈変更は「戦争への道」。
こんなリベラルや左翼、世界中をくまなく探しても日本にしか生息していないでしょう、間違いなく。

周辺国は、常に善意でいるわけではありません。
と言うより、中国や韓国、あるいは北朝鮮は悪意と敵意のカタマリでしょう。
普通の観察眼を持っていれば、そう思うのが当然だと思いますけどね。

ところが日本の左翼には、そうは見えない。
日本が譲歩して中韓との友好関係を修復せよ!
だって、相手が日本の領土を強奪しようとしているから関係がおかしくなっているわけでしょ。
国際条約で解決済みの問題を蒸し返して「賠償せよ!」と言うから関係が行き詰っているわけでしょ。
どこに日本が譲歩する余地があるのですか?
譲歩するのは相手方ではないですか?

Baikoku2         韓国から「国会人権賞」を贈られる高木健一弁護士 東京(聯合ニュース)

-------------------------------------------------------------------

以下は、2011年3月8日にアップした「“血債の思想”と歪な日本左翼」をリメイクしたものです。
日本の左翼が「なぜ変態なのか?」が、よくお解りいただけると思います。

左翼というのは、現代を階級社会として捉えます。
その中で、階級の対立を激化させることで社会を変革する、これが共産主義者です。
一方、階級の共存を認め、改良を積み重ねることで社会を変革する、これが社会民主主義者です。
今、主要国では、共産主義者の力が大きく衰退しています。
が、社民主義者は逆に大きな力を有しています。

欧州においては、今では「左翼」と言えば社民主義者のことを指します。
それだけ共産主義者の影響力がなくなったということです。
一方の社民主義者は、影響力を強めつつあり、フランス社会党とドイツ社民党は政権与党の座にあります。
英国党も、政権を担う可能性のある位置にいます。
ただ、これら欧州の社民主義勢力は、日本の社民主義勢力とは大きく異なる点があります。
それは、外交においては国益第一主義であり、安全保障においては米国との同盟に積極的であるということです。

ところで、日本の左翼、常に中国や韓国に気を遣います。
中国や韓国に同調して、自国を貶めようとします。
米国との同盟にも否定的です。
なぜでしょうか?
それは、日本の左翼は欧州の左翼とは違うからです。

“血債の思想”という言葉があります。
あまり聞きなれない言葉だと思います。
が、この“血債の思想”こそ日本左翼の特徴であり、その異質さの根源なのです。

“血債の思想”とは日本の左翼に特有の、日本人は民族総体として韓国・朝鮮人や中国人、及び沖縄県民に“血の債務”を負っているという思想です。
左翼は本来、共産主義者であれ社民主義者であれ、現代を階級社会として捉えるものなのですが、日本においてだけは、階級より民族が前面に出てくるのです。
いわゆる“抑圧民族”と“被抑圧民族”です。
そこにおいては、搾取と抑圧にさらされている者階級であっても、加害者であり、差別者であり、抑圧者であるわけです。

日本は、朝鮮半島を植民地にし過酷な支配を行った、中国に侵略し残虐非道な行いをした、沖縄を唯一戦場にし自決を強制した、これらが“血の債務”なのです。
だから、従軍慰安婦に謝罪しろ、在樺コリアンに補償しろ、南京大虐殺を反省しろ、重慶大空襲に補償しろ、沖縄に自衛隊を派遣するな、米軍を沖縄から追い出せ、となるわけです。

従軍慰安婦、強制連行、創氏改名の強制、南京大虐殺、沖縄県民の自決強制、等々真偽の怪しいものばかりです。
が、左翼から見ると「疑いの余地なし!」「日本は反省し謝罪しろ!」となるのです。
これは、同和問題も似ていますね。
左翼が部落解放同盟(解同)に屈従した理由は、彼らの運動の暴力性にもありますが、それより「被差別部落民以外はすべて差別者」という解同の論理に反論できなかったからです。
“血債の思想”と同じです。
大人も子供も、男も女も、資本家も者も、被差別部落民以外は全員が差別者、こんな無茶苦茶な主張が大手を振ってまかり通る。
日本左翼の異常さを痛感します。

-------------------------------------------------------------------

どうでしたか?
日本の左翼の変態ぶり、よくお解りいただけましたか?

幸い、今の若い人たちは、日教組の反日教育にもかかわらず、上記のような“血債の思想”に染まっている人はごく少数のようです。
力を合わせて変態たちを駆除しましょう!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban

|

« ブログを始めて早や9年 今年も安倍内閣を応援しよう | トップページ | 安倍政権打倒は社是である 朝日新聞をつぶそう! »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

今の若い人たちは「血債の思想」や「左翼でなければインテリではない」といった
考え方からはほぼ開放されていると思いますが、一方で、
マスコミ・・・とりわけテレビ局がどうして特定の方向に偏っているのか?
反原発や反秘密保護法に、どうしてあんな風に熱狂する人たちがいるのか?
そういった理由の肝心な点については、あまりわかってないように感じます。
「お金」か、せいぜい言っても「チョンだから」という理由になってしまう。
反原発デモの何がどうなってイデオロギーと関係あるのかを
前知識がない人に説明するのは至難のわざです。

そもそも仰られているように、いまの日本の左派は
「左翼」と呼んでいいのかどうか悩むような存在です。
それまでは韓国に批判的だったのに、ソ連が崩壊し、北朝鮮の拉致が、
逃れることの出来ない事実として周知されるのと前後するように、
まるでヤケクソのように韓国ヨイショに向かってしまった彼らのことは、
一種の精神病理のようなものでしか説明できないのかもしれないと考えます。

その病理といいますか「いきさつ」のようなものが、
日本国民の絶対的な数に「北朝鮮拉致」のように周知されてこそ、
一連の不毛な問題が、解決していくのではないかと思っています。

投稿: 鳩槃荼 | 2014/02/06 15:59

管理人様 全くです。私の両親は共産党支持のまま あの世に(極楽浄土か天国か?)。私も両親が購読してたアカハタ(以前の題字)を一番見れる紙面(一面?)をみて自民党の汚さを感じました。しかし 身内は共産党支持者はほとんどいなくて、どちらかといえば(政治とはあまり関わりなし)自民党系でした。ソ連、中国のひどい生活も報道から学びました。また 私がネットを勉強した印象ですが、民主党なんか典型ですか? 左翼、反自民 までは良いですが、半島系と通じ合う! またしょっちゅう韓国詣で(日本の秘密をバラス?) 日本の左翼は労働者の味方じゃなく反日だと最近ずっと思ってました。私の両親は私を含め貧民階級です。英国のような支配階級と労働者階級との対立なら理解できますが、日本の左翼は中国、南北朝鮮の悪口は全く言いません。おかしいですな! パチンコなんて半島系が牛耳り日本人が鐘を巻き上げられる最悪の賭博産業と思います!

投稿: 昭和23年に生まれて! | 2014/02/06 17:20

外国はそもそも個人主義の右側通行
いい事言って自分を安易に引き上げようとすれば左傾化する
道をはみ出さなきゃどうにかOK
それに対して日本はもともと集団性志向の左側通行
綺麗事抜かして自分を引き上げようと左に曲げてもゆく道がない
そこで新しいルート開拓、それが自虐史観
加えて自虐してでも場を収めたがる習性が潜在的に叩き込まれて日本人の習慣
これらがかみ合ってしまってるのが問題
左翼の害とは、安易な場を収める事なかれ志向と表裏一体かもしれん
日本人は特に、だれしもある程度事なかれ志向に飲み込まれてるから

投稿: | 2014/02/06 19:26

もともと左翼は普遍主義に立脚し、これに対して保守は、パークの言を待つまでもなく、イギリス人、フランス人の権利なら喜んで認めよう。しかし人類普遍の原理などというものは、何を言ってるのかさっぱり判らない、という立場であります。


坂様が言及されたフランスの左翼系大統領候補はロワイヤル女史のことだと思いますが、そのパートナーだったオランドが今やフランスの大統領です。シリア問題では武力介入の準備万端完了し、まさに突っ込もうという寸前に、オバマから梯子を外されてしまいましたが、普遍的な人権思想に立つ革命の国フランスの面目躍如と言うべきか。

ともすれば国家間のパワーゲームの場としてのみ国際関係を捉えがちな、保守系には無い感覚をフランスの左翼政権は持っております。

一方において、北京オリンピックに際して激越な抗議行動を行った「国境のない記者団」の本部もパリにありました。この辺りが本物のリベラルと申すべきでありましょう。

「血債」の思想、大変面白く拝読しました。日本における変態リベラル左翼の志向するところが国際的普遍主義にあるのではなく、「親の因果が子に報い」因果律の実現にあることを見事に捉えられています。

しかも、いかにも根拠の乏しい因果律なのがマイってしまうのですよね。
これではfullmoonfullmoon御前を殺したから先祖代々差別を受けてきたという某山村と変わりがないではありませんか。しかも、このfullmoonfullmoon御前が架空の人物なのですから、悪質ですよね(笑)

悪しき意味で非常に日本的というか、東アジア的な情景です。このような前近代的な呪詛が横行する世界は、いい加減に終わらせねばなりません。

投稿: レッドバロン | 2014/02/06 20:18

 なかなか刺激的な写真で、これは御茶ノ水駅前のスクランブル交差点のようですね。

 私は現在57歳なのでブログ主さんとは5歳違うのですが、5年違うだけでこんなにも学生運動の影響を受けたか受けないかの違いが出るものかと、あらためて驚き入るばかりです。なにしろ、高校→大学→社会人となっていく過程で、「戦場跡の焼け野原」を歩いているような気分がしていましたから。

 日比谷高校の如蘭会館は、ほとんど全部の窓ガラスが割れて中は廃墟のようでしたし、上智大学はカトリック系の猛烈な保守校なので、学生運動は早くから「暴力神父」らに弾圧され、たいしたことはなかったのですが、法政や早稲田に行くと、相変わらず「プロレタリア革命」なんちゃらみたいな過激な文句を並べた立て看板がズラッと並んでいて、たいてい、誰かが集団つるし上げみたいな感じになっていた。文化大革命で要人が紅衛兵のジャリどもに吊るし上げを食らっている、あんな状況が他の大学にはあったのです。「ヒマな連中がいるものだな」と、ヒマを持てあましている大学生がつぶやく、そんな感じかな。

 青年期に学生運動に好感を持ったことは一度もありません。むしろ大嫌いでした。

 ひとつには、私が商人の小せがれの生まれだということがあるのでしょう。生家は京浜蒲田駅近くの小さなクリーニング店なのですが、商人というのは基本的に保守的なのですよ。共産主義国が農家を「プチブル」呼ばわりして解体していることは子供の頃から知っていますから、同じ「プチブル」として本能的に毛嫌いするわけです。父母は地方の農家から東京に出てきているわけだし、友だちの家も鉄工所だとかソバ屋だとか、多かれ少なかれ「プチブル」として肉体労働をしていますから、町の親父どもがサラリーマンのように頭でっかちになることがない。当然、そこで育つ子供らも両親に負けないくらいのゴリゴリの保守主義者になる。

 前にも書いたのですが、こいつら絶対に許せない社会の害悪だと思ったのは、69年の佐藤首相訪米阻止羽田闘争。あれで旧国鉄蒲田駅周辺の商店街はメチャメチャに壊された。記録によれば、当時、旧国鉄蒲田駅に降りてきて線路から投石用の石を拾って羽田方面に向かったゲバ学生は1万人ほどいたそうな。イナゴの大群みたいなもので、私ら一家はシャッターを閉じた店のなかで、いつ暴徒どもがこの店の前に来るのかとガクブル状態でしたな。テレビを見て、「あー!あのパチンコ屋、壊されている!」とか怒りでいっぱいでした。

 連合赤軍の一人だったという人によると、このときは蒲田の商店街のおやじたちもバットで武装して暴れていたそうで、ひょっとすると、一方な被害者に見えたパチンコ屋も、そういうおやじたちの「最後の砦」だったのかも。こないだ、何十年ぶりかでJR蒲田駅西口に降りてみたら、件のパチンコ屋は7階建てくらいのビルになっていて、「商人魂はスゲェ」とウレシクなっちゃいました。それから、このゲバ学生らと羽田空港付近で渡り合った機動隊員に私の友人がいて、ブログ主さんと同年輩なのですが、ときどき会っては昔話に花が咲きます。よく生きていたと思うぐらい、あっちへ行け、こっちへ行け、と命令が出て、ゲバ学生の群れに突撃しては殴りあっていたと。

 会社員時代の初上司は国会前で「安保反対!」を叫んで据わり込みをやって、機動隊の放水を浴びた口でした。

 「ソ連幻想」というか、旧ソ連や中共が良く見えた時代があったのですよね。頭の良い人たちは、みんな、それに騙された。

投稿: 平野國臣 | 2014/02/07 02:37

坂様 ブログもう9年ですか、ご苦労様です。
参考動画●遠藤浩一氏追悼:どうする日本?戦争と平和[桜H26/2/1]
http://www.youtube.com/watch?v=5EPIUNreYxU&feature=youtube_gdata
◎塩見孝也(元赤軍派議長)
◎谷口末廣(不戦兵士・市民の会 理事)
◎PANTA(ミュージシャン)
◎三上治(元ブント叛旗派指導者)
8年前の収録だそうですが同じ我が国土に住み同等の生活を享受していながら、
これらの左翼人種の言質にいいようのない虚しさを覚えます。
遠藤浩一氏の御冥福を新ためて祈る次第です・・・・。

二十歳の頃、新宿にいて全学連全共闘といったデモ隊と機動隊の同じ若者同士が
角材とジュラルミンの盾で殴合いを何とバカバカしいことをするもんだと傍観し
ていましたが、その成れの果てがあの男達だとは不幸としか思えない。
PANTAといえば、あの頃頭脳警察という反体制を唄うバンドで一世風靡し、池袋
にあった大学構内でのコンサートを見に行った記憶がありますが、還暦を過ぎ今
だ夢想に酔っている姿に虚しさを覚えます。
当時ベトナム戦争反対などとベ平連率いる小田実なども新宿界隈で闊歩していま
したがソ連から金を貰っていたなどと知るほどに我が国が如何にアメリカをはじ
めソ連、支那、朝鮮そして白人諸国によって工作蹂躙されてきたか思い知るこの
頃です。
二十三歳の時、家督を継ぐために東京を断念し田舎に帰る日に浅間山荘での赤軍
と機動隊の攻防が行われていました。田舎で就職した広告会社の先輩が当時、中
国の文化大革命を礼讃しこれからは古い封建的なものを捨て新しい農民、労働者
の時代になると日中友好協会へ入会、毛沢東選集や人民日報など読みました。
先輩は中国旅行をしたり会社に労働組合を作ったりし団交などやりましたがラチ
があかず、やがて退社して行きました。戦中派の伯父に「共産主義?所詮賄賂の
世界だよ。毛沢東?先祖返りして権力者になる・・」その言葉で目が覚めました。
かの先輩とは年賀状のやりとりがありましたがネット時代になり「日本解放第二
期工作要綱」を見つけ、ある時コピーして送ったら以後音信不通になり余計なこ
とをしてしまったかと後悔しました。
後で知ったことですが彼は満州からの引揚者の家族で満州生まれだったようです。
生まれ故郷への郷愁がそうさせたのだと今は思っています。
支那共産党ができた1949年生まれで来月で65歳を迎えますが田母神としお氏には
是非、東京都知事に成って頂き安倍総理と一緒に真の独立国家日本を取り戻して
欲しいと願うものです。東京都都民の皆様、田母神さんを宜敷くお願いします。

投稿: 団塊 世代男 | 2014/02/07 14:16

50代・60代の「林住期」にある者にとっては、あさま山荘事件は格別な思いがしますね。

日本の左翼学生運動は、70年代安保闘争の幕開けと「あさま山荘」事件が絶頂期で、その後にきた「山岳ベース事件」で急転直下の零落をするわけですからね。

今、連合事件関係の本を読むと、あのとき、いろいろなことが起きていた。あさま山荘に立て籠もっていた実行犯の連中は、テレビで毛沢東とニクソンが握手している光景を見て「自分たちは世界情勢を大きく見誤ったのではないか」と思ったそうです。

上述の塩見孝也は、当時、獄中にあって、山岳ベース事件の仲間殺しのニュースを聞き、奈落の底に落ちる思いだったと、後年、語っている。この「奈落の底に落ちる思い」は、当時の左翼学生運動に参加していた人たちに共通した思いだったのではないか。

私は当時、中学三年生で、高校入試の勉強に忙しく、たいして関心も持ちませんでしたが、あの事件に参加した人たちの後年のことが、やたらと気になります。幕末に「天狗党の乱」というのがありましたが、なんとなく似ているような気がするのですよ。坂の上に雲があるとは限らない、それが青春であり人生ですよね。若い連中が情熱だけで何かをすると身を滅ぼす危険がある、そのことを、いつの時代の人も肝に銘じたほうがいい。

私の知り合いの元機動隊員によると、あの事件で出動した機動隊員は、その後、大半が警察組織内で出世したそうです。知り合いの彼は、当時はもう交番勤務になっていたので、出動できなくて残念がっていたと。世論が自分たちに味方をしているとわかっていたので、機動隊員の戦意は旺盛だったそうです。

ただし、彼によれば、警察組織そのものは、「あさま山荘」を越えたところで勝ち誇ったようになってしまったと。日米安保は不動のものになり、日本の高度経済成長は絶頂期に入ってきたので、学生の騒乱も「共産革命」の目もなくなってしまった。その気の緩みが「オウム事件」での大失態につながったということです。

投稿: 平野國臣 | 2014/02/08 05:46

>塩見孝也

私は会社員を辞めた後、元ブントの人たちと呑み仲間になったことがありまして、かつて彼らが「塩爺」にどんなにか心酔し、そして今、どんなにか嫌悪しているかを知っています。

この与太爺のラッパに踊って人生を狂わせてしまった者、数知れず。

「大菩薩峠事件」は「塩爺」の発案ですが、警察はスパイを赤軍に送り込む必要がなかったそうです。なぜなら、「塩爺」が喫茶店でおおっぴらに計画をぶちまけていたので、一般人の服装をした刑事が、近くの席に座ってメモをとるだけで全てが分かったと。で、50数人がお縄になって組織は壊滅。

おめえ、軍師のくせに口が軽いんだよ。秘匿ぐらい守れよ。

死ぬ前にザンゲ本でも書いてほしいが、まあ、無理でしょうなあ。

投稿: 平野國臣 | 2014/02/08 21:23

変態左翼がいかに「変態」であるか、先週土曜日はJR福知山線事故から10年がたちましたが、同事故について彼らはなぜか不思議と言及しませんでした。
原発事故にはいくらでも言及し、東電にはいくらでも糾弾・追及するくせにです。

それだけでなく、彼らは原発事故は「人災だ」と糾弾し東電を「無責任経営」だと叩く癖に、福知山線事故を起こしたJR西日本や運行トラブルを何度も起こしているJR北海道、美白の健康被害を起こしたカネボウは非難しませんし、さらには個人情報流出を起こしたベネッセも叩きません。
大企業大嫌いな彼らが、実際に被害が起きているにもかかわらずこれら問題企業はスルーしているところに何か意図的・恣意的なものを感じてなりません。
そういえば、彼らはあれだけ「被災地」「被災者」と言っていながら、彼らの口から震災の犠牲者を悼む言葉や被災者を見舞う言葉、被災地の復興を願う言葉も聞いたことはありません。彼らは被災地や被災者のことなど、ミジンコも念頭にないことがわかります。
さらに言えば、NHKはパソコンやスマホ、ケータイを持っているだけでも受信料を取ろうと企んでいますが、変態左翼は消費税増税や保険料引き上げなどやたらと負担増を批判する癖に、NHKのこの「受信料強奪」は批判しません。
変態左翼がいかに「変態」であるかの証でしょう。

投稿: 成田あいる | 2015/04/29 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59080822

この記事へのトラックバック一覧です: 反日変態左翼の本質を暴く!変態たちを駆除しよう!:

» 靖国に問題すり替えー日本の一部報道 中韓主張を追随 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
靖国に問題すり替えー日本の一部報道 中韓主張を追随 中韓両国の我が国との冷戦のきっかけはあくまでも、それぞれ尖閣諸島問題や従軍慰安婦問題であったはずです。 しかし、中韓両国は首相の靖国参拝が原因だと主張し、反日プロパガンダを開始しています。 この動きに、我が国の一部のマスコミである、NHKゃ朝日新聞などが中韓の主張に追随しています。誠に遺憾です。 …………  ...... [続きを読む]

受信: 2014/02/06 17:39

» 【大阪市長選】年度末が控えた時期の選挙は様々な所に悪影響が出る件 [名無しのデムパ論]
橋下徹大阪市長の辞任については前回の記事でも触れましたが、 これに伴い大阪市では様々な所に影響が出ています。 私は選挙の執行にかかる費用より、 選挙の執行に伴って各所に起こる影響の方をより問題にすべきだと思うのですが。 橋下徹市長の辞職表明を受け、大阪市役所では職員らが今後の対応に追われた。 市選管は「3月2日告示、16日投開票」「9日告示、23日投開票」の3月選挙を想定し、 ...... [続きを読む]

受信: 2014/02/06 18:35

» 軍は民間を守らない [文句言いのたわごと]
南京大虐殺が中国の宣材になって長い。 [続きを読む]

受信: 2014/02/06 22:22

» 本性を知られた舛添要一が失速 【拡散希望】 [風林火山]
過去の発言から本性を知られた都知事候補者、舛添要一が女性有権者から反感を買い失速し始めたようだ。 [続きを読む]

受信: 2014/02/06 22:57

« ブログを始めて早や9年 今年も安倍内閣を応援しよう | トップページ | 安倍政権打倒は社是である 朝日新聞をつぶそう! »