« もうボケたのか?もともと狂っているのか?細川護熙 | トップページ | 悲鳴をあげる韓国 安倍首相は毅然とした態度を貫け! »

2014/02/02

凋落の一途をたどる反日変態日本人。が、油断は禁物

私は、この国に巣食う反日変態日本人の主張をあまり見ないようにしています。
理由は、反論するのもバカバカしく思えるほどの低レベルで、怒りよりむなしさの方がより強く込み上げてくるからです。
思考がワンパターンと言うのかなあ...
まず「日本が悪い」「日本の過去が間違っていた」という大前提があって論理を組み立てているから、どうしてもウソやプロパガンダを拭いきれない。
と言うか、ウソやプロパガンダにすがってしまう。
本人たちは己を「絶対正義」と信じているようですが、私に言わせればもうカルトに近いですね。
信じ込まなければ自らの思想的、政治的基盤のみならず、その人間性までも崩壊してしまう、という恐怖に駆られているように見えます。

その典型が慰安婦問題ですね。
当時は公娼制度があって、若い娘の身売りは珍しくありませんでした。
もちろん悪質な業者がいて、騙したり脅したりした例があったのは否定できません。
また、朝鮮半島では誘拐まがいの事例もあったとされています。
が、これらの事例は少数であって、しかも騙したのも、脅したのも、誘拐まがいのことをやったのも朝鮮人自身だったのであり、日本人や日本国が責められるのは理に適いません。

そもそも当時の朝鮮半島の治安は、概ね安定していました。
日本の統治下にあったことは事実ですが、官吏や警察官、軍人にも朝鮮人が大勢いました。
ちなみに、韓国併合年における「憲兵警察」と「一般警察」を合わせた数は7712名で、そのうち朝鮮人は4440名。
「憲兵警察」2019名中、朝鮮人は1012名でした。
また、朝鮮総督府は大韓帝国政府の機構をほとんどそのまま継承したため、最初から多くの朝鮮人官吏を抱えていました。
朝鮮の郡守、面長(内地の郡長、村長に相当)は朝鮮人が原則として任命されており、道知事(1919年までは道長官)は概ね半数程度が朝鮮人でした。
こういう状況下で、日本軍による「強制連行」など起こり得ないでしょう、常識的に考えれば。
それとも朝鮮人の警察官や官吏は、強制連行されるうら若き同胞女性を見殺しにしたと言うのですかね。
戦地の朝鮮人兵士は、性奴隷にされた同胞女性を救出しようとは思わなかったのですかね。

こういう風に、現実的に考えれば、旧日本軍がうら若き女性を強制連行した、とか、戦地で性奴隷にした、とか言う主張が胡散臭いプロパガンダであることは一目瞭然です。
にもかかわらず、白を黒と言いくるめて無垢な若者を洗脳し、日本と日本人を攻撃する反日変態日本人たち。
彼らが国民の支持を失い、凋落の一途をたどるのは当然のことです。

Abenaikaku_chousa_2

反日変態日本人たちが凋落していくのとは逆に、その支持率を高いレベルで維持しているのが安倍内閣です。
靖国参拝直後は40%台後半まで支持率を急落させましたが、1月に入って急回復させました。
どの調査を見ても50%台前半から半ばにかけての支持率を記録しています。
特定秘密保護法ではメディアや反日変態知識人たちが集中砲火を浴びせましたが、なぜか支持率は上昇。
今回のNHK会長の「問題発言」でも、朝・毎・中(=東)の反日変態三大紙が大々的に取り上げたにもかかわらず世論は反応せず。
もうすっかり国民から見放されている、そんな感じがしますね、反日変態日本人とその仲間たち。

世論調査では、安倍首相の靖国参拝を「支持する人」よりも「反対する人」の方が多かったのは事実。
支持が40%台前半で、反対が40%台半ばだったと記憶しています。
が、反対の中身を見ると、「近隣諸国との関係を憂慮する人」が大半で、「参拝そのものを否定する人」は少数派でした。
つまり、首相の靖国参拝に反対する人たちの中でも、反日変態日本人とその仲間たちに同調する人間は少なかったということです。
だから「戦前への回帰」とか「軍国主義の復活」とか「戦争ができる国への道を歩んでいる」とかとかの批判が国民に受け入れられないのです。
特定秘密保護法の審議過程における集中砲火的批判にもかかわらず、安倍内閣の支持率が急回復したのは、そういう国民意識の変化、と言うか成長があったのだと思います。
これも民主党政権効果でしょう、きっと。

が、注意しなければならない点もあります。
たとえば慰安婦問題。
なにせ遠い昔の話ですから国民はよく解らない、と言うか敏感ではありません。
だから「慰安婦=かわいそう」となる可能性は大いにあります。
これは理屈ではなく感情に訴えやすい問題ですから厄介です。

原発問題も同じ傾向がありますね。
これも理屈ではなく感情に響きやすい。
誰だって心のどこかに不安を抱いていますから、「福島で致命的な汚染が隠蔽されている」などと宣伝されたらコロッとやられる可能性はあります。
細川氏の
――今、北極海とかいろんな所でシロクマ、アザラシ、その他の生物が、生き物が、大量死が続出してると。これは、まさにその福島の影響である、いうこととかですね――
という発言も、そのあたりを狙ってのことだと思います。

私たちは、安倍内閣の人気が高いことに慢心せず、慰安婦や原発の問題を正確に、且つ丁寧に訴えていかなければならないと思います。
反日の根は深く、しかも執念深いですから油断することなく闘っていかなければなりません。
今後とも、共に闘いましょう!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban

|

« もうボケたのか?もともと狂っているのか?細川護熙 | トップページ | 悲鳴をあげる韓国 安倍首相は毅然とした態度を貫け! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

いくら「変態左翼の勢力が凋落の一途を辿っている」とはいえ、その影響力は根強く根深く人々に浸透し、巣食おうとしていると思います。

例えば、このブログ。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/

同ブログでは、日本や政府・政治・自民党に対する非難・難癖がこれでもかこれでもかと連日書き連ねられ、毎回のように扇情・扇動的な表現が立ち並んでいます。
↓では「自民党政府は基本的人権や国民主権や平和主義を無効化、廃止する政策をとり続けており、中国の「独裁」と日本の「独裁」はほとんど変わらない」と非難しています。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5215.html

また、↓「戦争責任や政治失敗責任を認めたがらず謝罪もできないガキンチョの集団が日本の政治経済の支配層」と自民党政権をこき下ろしています。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5214.html

そして、↓では「企業の過剰な優遇と、労働者、特に派遣労働者への虐待をかかげる安倍自民党」とまで言い切っています。
もしそうなら、何故「安倍自民党」がそこまで高い支持率を得るのでしょうか。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5220.html

しかし、このブログの管理人がその状況を打開するために今まで何をしてきたのでしょうか。
このブログの管理人はじめ、同ブログに書き込む人たちも「弱音」「泣き言」「愚痴」ばかりで具体的なリアルでのアクションは何一つ書かれていません。
そんな「為にもならない詭弁作文」より、坂様の「変態左翼」批判や「こんなに暮らしやすい日本を何故悪く言うのか、信じられない」「日本人で良かった」「いいよなあ日本は」と日本を賞賛し鼓舞激励する表現、このブログでの全体的なポジティブな論調・記事の数々の方がはるかに優れています。
そしてこのエントリの「今後とも、共に闘いましょう!」の一言には感動しました。
変態左翼らのブログで、「共に闘いましょう!」などと見たことは一度もありませんし、探せど見当たりません。ただ単なる「反対だけのための反対」のように思えます。
だから彼ら変態左翼らは「日本や政府・政治・自民党に対するアンチ勢力」であり「日本や政府・政治・自民党に対するアンチ真理教」だといっても過言ではないでしょう。

投稿: 成田あいる | 2014/02/02 19:40

NHK会長の発言問題で、他の自称保守ブログでは、「認識や表現に誤りがあり中韓につけ入れられるw!許されない!」、「籾井会長は謝罪も発言撤回もするな!」などというトンチンカンで的外れな会長批判に走るものがいくつかありました。

反日記者に囲まれた会長会見で正論を言い、個人的発言だからとその発言を撤回し、その後、公私混同だったと謝罪した籾井会長は、(例えが的確でないかもしれませんが)「小さく負けて大きく勝った」のですが、上記の籾井批判の愚民ブロガーたちは、発言を撤回するな、謝罪するなといった、「小さく勝って大きく負けろ」と喚いていたように感じました。
彼らは、個人的見解、思想信条の自由ということの現実的な意味や、公私という立場の違いの意味など、基本的な事項が理解できていないために現実(戦況)を正確に読み解けないのだと思います。

もちろん、坂様がおっしゃるように、反日サヨク勢力退治が最優先課題だとは思いますが、上記のような保守を自称する中にも教養や戦略に欠けた愚民保守が存在していることも確かで、彼らはここぞというときにかぎって、敵の朝日新聞や特アなどと一緒になって籾井NHK会長を叩いたりしてるのですから、フラフラしてるというか、ちょっと厄介な存在だと感じました。

投稿: 麻生支持者 | 2014/02/02 20:30

左翼に占拠された戦後日本のマスコミや教育では、竹島不法占拠における韓国の犯罪が隠蔽されたように、国内の事件も隠蔽されてきました。そしてこれらの歴史をあばく日本人を人種差別主義者と糾弾し、逆に従軍慰安婦連行などを捏造して日本人を逆差別しました。日本のおぞましさの根源は共産主義者から構成された反日左翼がマスコミや教育、学問を支配したことです。下記の事件でも時間が経過するにつれて事件の数が増えていき、1952年には20件以上発生しています。当時は日本人や朝鮮人から構成される共産主義者が日本社会の秩序を徹底破壊しようとしていました。警察襲撃事件が多いことは、その象徴です。その後、秩序が回復したら、暴力的な体制転覆は無理だとあきらめたのか、マスコミや教育によって日本の社会秩序を破壊しようと長年かけて画策してきました。
※1952年に発生した在日韓国・朝鮮人犯罪の例
木造地区警察署襲撃事件(2月21日)、 姫路事件(2月28日)、 八坂神社事件(3月1日)、
宇治事件(3月13日)、多奈川町事件(3月26日)、田川事件(4月19日)、
岡山事件(4月24日)、 血のメーデー事件(5月1日)、上郡事件(5月8日)、
大村収容所脱走企図事件(5月12日)、広島地裁事件(5月13日)、
高田派出所襲撃事件(5月26日)、奈良警察官宅襲撃事件(5月31日)、
万来町事件(5月31日)、島津三条工場事件(6月10日)、 醒ヶ井村事件(6月13日)、
葺合・長田事件(6月24日)、 吹田・枚方事件(6月24日)、新宿駅事件(6月25日)、
大須事件(7月7日)、 舞鶴事件(7月8日)、 五所川原税務署襲撃事件(11月19日)

投稿: | 2014/02/02 22:23

確かに「日本が悪い」「日本の過去が間違っていた」という大前提から組み立てて、その中に細かい噓や若干の判断がつかないようなことを散りばめたりする。
そして、それを繰り返し繰り返す一般国民に流す。
彼らのうまさはここプロパガンダにあってマスコミを握っていることであるとか、大学教授などに入り込んでいること。
偽りを拡散させる手法に長けていること。
この辺があるため、いつまで経ってもしぶとくカビのように根を張っています。

そういう相手はやはり本来塩素系だとか強力なもので除去しないと駄目なんでしょう。

更にこの「いわゆる従軍慰安婦」の件、韓国など世界に向け、国連も含め機会があるごとに日本を中傷するプロパガンダ活動を活発化させています。
しかしどうも対する日本国政府は後手後手に回っているようですし、各国の在大使にしてもどうも何も近代の官製でない、本当の歴史を自分で勉強してきていなさそうで的を得た反論をしているようにはみえません。

「河野洋平と朝日新聞社長の国会招致」の署名活動が始まるようですので、これがこの日本、日本人の名誉を毀損する払拭する運動のスタートとなるのではないでしょうか。


投稿: Pin | 2014/02/02 22:23

籾井さんは、戦争中は慰安婦がいたという事実を言ったまで。事実を言って何が悪い?わざわざ国会に呼び出すほどのことじゃあるまいに・・・と思ってたら、今朝のサンデーモーニングで田中優子サンが、「戦争中も、現在も慰安婦はあってはならない存在だから、慰安婦がいたなどと口にしてはいけない」と言ってたので、開いた口がふさがらなかった。事実を事実としてとらえずに、よく江戸文化の研究なんかできますよね?この人。まったく言ってることが理解できない。私の頭が悪いのか、それとも田中さんの論理が飛躍しすぎているのか、または破たんしてるのか??疑問符が私の頭から消えない一日でした。

投稿: 八重子 | 2014/02/02 23:26

長い間日本を離れて暮らしています。時間が自由になるので一年のうち日本で4-5ヶ月はすごしていますが。
以前は日本の政治をそれほど強く意識したことはありませんでした。しかし民主党が政権をとったあとの体たらくが腰が抜けるほど信じられなく注意して日々追うことになりました。どれほどの屈辱感を持ったか。自国政権によってです。
GHQはアメリカの望む民主主義を広めたわけですが
同時に左翼もどき、左翼くずれも同時に広めた。その矛先は東大をはじめとする知識知的分野だったそうです。その工作にかかわった人たちが後に言っていますが日本人のいわゆる知識人の軽重軽薄さは あの日本人が、、、と信じられなかったそうです。豚もおだてりゃ木に上る、蛇もおだてりゃ手をたたくといったふうでしょうか。
あなたたちは民衆とは違って知識人である、インテリであるといわれるとまったくそうだと思い込んで手の平で踊ったそうです。真っ先に陥落したのが東大、京大、をはじめとする国立、そうして私大と面白いほど簡単だったといっています。そこでどんどん左翼くずれを生産して
それが現在に至っているということなのでしょう。
安部総理はここに手をいれようとしているのでしょうか。気が遠くなるほどの難しい道を歩むことをえらんだ首相に頭が下がります。中国、韓国はどうでもいい、国内の奇妙ないわゆる自称知識人という団体がまず敵でしょう。大手のマスコミもそうです。40年ぶりに住民票を日本に移しました。選挙ができます。アメリカでは選挙権はなく40年ぶりに日本の国政選挙に参加できます。とてもうれしいです。

投稿: 海 | 2014/02/03 07:32

 政府・政治家のやることには限界があるので、民間が立ち上がるしかないと思います。公式見解とかマスコミの批判、外交問題に晒されることを恐れる政治家に多くを期待できません。

 私は20代で世に出てから50代後半の今にかけて、とにかく日本人であることに誇りをもち、日本人の評判を全てに優先して外国人と接してきました。その日本が中韓のプロパガンダで不当に貶められることを座視していられない。

 慰安婦問題については、一応、新たな事態が起きない限り、下記の英語サイトをとりあえず完成とします。

False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

 今後は「南京大虐殺」のウソを暴く、このことに向こう一年ぐらいを使うつもりです。

 「南京大虐殺」のウソは、支那の泣きどころのはず。まず、ここを徹底的にやる。

 それぞれができることをやりましょう。


投稿: 平野國臣 | 2014/02/03 08:09

少数の左翼くずれが世迷言をいう、これは避けられないと思います。

フランスの漫画祭で韓国のグループが慰安婦のウソを垂れ流し、それを信じる地元のおバカ主婦がいる。これも避けられない。

これは、麻薬を吸う奴が、いつの世にもいるのと同じです。

でも、社会全体が健康であれば、必ず抵抗力を発揮して、こういう連中を隔離された狭い場所に押し止めておけるはず。

もぐら叩きは有志がやるしかないが、大部分の一般者は理性と常識を働かせて物事の本当のところを理解できるよう、日々の精進をしましょう。それだけで、ウソは世の中に通らなくなる。

投稿: 平野國臣 | 2014/02/03 09:20

管理人さんが指摘されてるように反日変態左翼が売春婦を慰安婦と言い換えて強制連行と勝手に結びつけるバカバカしい限りです。
売春婦と聞けば犯罪者側ですが慰安婦と言い換えてあらまあ可哀想な人間になってしまいます。
犯罪者を被害者に変える魔法の言葉の慰安婦、さらに従軍となれば無料奉仕とまで誤解されます。

戦時下の内地では男は徴兵され男子労働者が減少して工場は学徒動員の学生生徒でどうにか生産する。
内地売春婦にしても仕事が減り戦地へ渡って儲かるボッタクリの仕事をすることになる。
強制連行されてイキナリ戦地へ送り込まれる、これではあまりにも荒唐無稽です。
戦地へ送られる売春予備軍はどのように送られるか輸送事情も悪く船倉に閉じ込められるか、兵隊を送るのでさえ船舶不足のなかでどうしたか。
もちろん戦争初期中期と末期は違います。
従軍慰安婦と叫ぶなら地域と期間はどうなのか。
戦争がが始まってから連行しても戦地へ送る交通機関は不足です。

売春は良くないと強制連行は良くないを結びつけて日本は良くないと短絡する変態左翼さらに中韓に従属して喜ぶ反日変態左翼です。

真に戦地売春婦がどのようなものであったかあったか考えずに騒いで普通の日本人よりえらいと上から目線で威張る変態左翼。
売春問題を追及するなら戦時下の売春は半島ではどうであったか、内地では戦地では一日の仕事量の多寡と単価と売春婦の手取りや親兄弟への仕送りがあったか業者の実態など比較すべきです。

現在も続く売春業者の実態と外国人業者の暗躍、法律の規制など日本のみならず少なくとも中韓との比較は必要です。

変態左翼は表には出しませんが売春婦への差別意識は一般人より強いものです。
日本全体が貧しい時代には売春婦また売春婦を出した家は後ろ指を差されることがあっても周りの農家などよりは豊かな生活だったのです。

投稿: tatu99 | 2014/02/03 10:52

>田中優子サンが、「戦争中も、現在も慰安婦はあってはならない存在だから、慰安婦がいたなどと口にしてはいけない」と言ってた

ことほどさように、反日変態サヨクは現実から目を背けることしかできない。
過去のいわゆる「従軍慰安婦」は語っても、現実社会の売春婦の存在については口を閉ざす。
平和な日本では「国境にこだわるな」「グローバルな共生社会を目指せ」と綺麗事ばかりだが、
パレスチナや内戦真っ盛りのシリア問題については
これまた口を閉ざす。

二枚舌は信用されないのに、自分たちが二枚舌を駆使している事実には気付かないふりをする。
厚顔無恥は反日変態サヨクの専売特許だね。

投稿: やす | 2014/02/03 12:38

平野さん。英文の記事を読ませていただきました。
早速私なりに米国の知人らに拡散させていただきます。
出来ることから一歩ずつ、私にも責任がありますからね。

投稿: 転びバテレン | 2014/02/04 02:30

多くの諸兄は既に読んでおられ、実態をご承知のことと思いますが、未だ読んでおられない方には、おすすめの本です。
過日、韓国が入国拒否した韓国出身の、呉善花拓殖大学国際学部教授の著書です。

韓国の、自国の歴史問題が根にある。
・今の韓国の国の独立への正統性がみつからない。
・親北朝鮮や北朝鮮のいきのかかった勢力との戦いが今でも続いていて、国論を集結するものが必要。

「反日韓国に未来はない」
 http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%91%89-%E5%96%84%E8%8A%B1/dp/409402476X

「なぜ反日韓国に未来はないのか」
 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AB%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%91%89-%E5%96%84%E8%8A%B1/dp/4098251914/ref=pd_sim_b_2

投稿: 遊爺 | 2014/02/04 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59055473

この記事へのトラックバック一覧です: 凋落の一途をたどる反日変態日本人。が、油断は禁物:

» 戦後秩序への「挑戦者」は中国だ  [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
【産経正論】戦後秩序への「挑戦者」は中国だ  2014.1.31 産経新聞 前防衛相、拓殖大学特任教授・森本敏  安倍晋三首相は、就任直後から靖国神社参拝の機会を模索してきたのだと思う。それが支持者の期待に沿うものであり、政治家としての信条に合致すると確信していたのであろう。 ただし、首相の参拝では、それが与える影響を考慮する必要があり、昨年末まで「戦略的忍耐」を続け...... [続きを読む]

受信: 2014/02/02 20:22

» 日本が許せない [文句言いのたわごと]
まともに相手をするのがあほらしいほどの妄想ですら ネットで出回る時代ですね。 常に他人や他国との関係性を上下関係でしか語れない。で、そんな連中に安易に感情でだまされるこんな連中、、。 吉田首相の願いは、いつか叶うのかしらヾ(・д・` )ネェネェ、、。... [続きを読む]

受信: 2014/02/02 21:31

» 通化事件。通化で日本人が蜂起するが八路軍に鎮圧され数千名が虐殺される [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
1946年 - 通化事件。通化で日本人が蜂起するが八路軍に鎮圧され数千名が虐殺される。 通化事件(つうかじけん)とは1946年2月3日に中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市で中華民国政府の要請に呼応した日本人の蜂起とその鎮圧後に行われた中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)による日本人及び中国人に対する虐殺事件。 日本人3000人が虐殺されたとされている。...... [続きを読む]

受信: 2014/02/03 06:55

» 大義なき市長選に臨む橋下徹が辞任までの経緯の中で協調・妥協・調整の能力の乏しさを露呈した件 [名無しのデムパ論]
橋下徹大阪市長が 大阪府・大阪市特別区設置協議会(法定協議会)での議論が停滞したことを理由に 職を辞して市長選を行って議論の前進をはかることをを明言したようですが、 これは橋下氏が協調・妥協・調整が満足に出来ない人物であることを露呈した 最たる例として語られていくような気がしています。 大阪市を5か7の特別区に分割し、 大阪府とともに再編する「大阪都構想」が事実上、“休止...... [続きを読む]

受信: 2014/02/04 15:33

« もうボケたのか?もともと狂っているのか?細川護熙 | トップページ | 悲鳴をあげる韓国 安倍首相は毅然とした態度を貫け! »