« この国は「コリア」ではなく「コリナイ」だと思う。 | トップページ | オバマに伝えたい韓国軍慰安婦と国連軍慰安婦の実態 »

2014/04/25

オバマ発言をつまみ食いする朝日新聞の醜悪

朝日新聞について面白い記事が載っている。
ライブドアニュースによると、
2014年春に同社に入社した東大生はなんと「ゼロ」―
だという。

で、次のように書いている。

昨年の採用試験が進んでいる頃、朝日新聞の幹部は、面接に東大生が一人もいないことがわかり、愕然としたそうだ。人気の凋落ぶりに、「ここまで…」と唇を噛んだとか。

東大生に人気があるから、入社する社員に東大生が多いから“一流”という発想自体が時代錯誤だが、誇り高き朝日新聞にとっては「唇を噛む」事態だったのだろう。
ニュースではIT関連企業が人気だと書く一方、「安定」と「反ブラック企業」がキーワードでメガバンクや大手商社が人気とも書いている。
朝日新聞は「安定」という点では文句なしだし、新聞記者の仕事はきついにしても「ブラック企業」ではないと思う。
なぜなら、彼らは超高給取りであるからだ(全社員の平均給与は月額約74万円)。

では、「20、30年前は、多いと配属された記者の3分の1が東大生だったこともある」朝日新聞が、なぜ人気凋落なのか?
私はネットが影響していると思う、間違いなく。
若い世代の、中でも政治意識が高い層は「朝日新聞嫌い」が多い。

そんな「若者に人気凋落(爆)」の朝日新聞が、また懲りずに書いている、おバカなことを。
以下に社説を引用する。

Photo

朝日の社説は次のように始まる。

 極めて異例の会談だった。

何が「異例」だったのか?というと、それは共同声明が発表されなかったことである。
が、これは、TPPの協議が「大筋の合意」に達しなかったからで、「異例」と言っても大したことではない。
朝日も特に問題視はしていない。

朝日の「問題視」は以下から始まる。

 一方、安全保障分野に限れば、首相は大統領から、ほぼ望み通りの「お墨付き」をもらったということなのだろう。

 共同会見で大統領は、沖縄県の尖閣諸島が、日米安保条約5条に基づく米国の防衛義務の適用対象だと明言した。

 首相はまた、集団的自衛権の行使容認に向けての政権内の検討について、「大統領から歓迎し、支持するとの立場が示された」と明らかにした。

 閣僚レベルで何度も確認していることでも、大統領の口からはっきり宣言してもらう。これが尖閣周辺海域で緊張を高めている中国への牽制(けんせい)になるというのが日本政府の狙いだ。首脳会談に先立つ調整でも、そこに力点が置かれた。

「お墨付き」などという言葉を使って、いかにも安倍首相と安倍内閣が「米国に媚びている」と印象付けようとしている。
が、書いている内容自体は客観的だ。
問題は、後半にある。

 だが、オバマ大統領の発言の主眼は、日本側の期待とは少しずれていた。

 大統領はこう語った。「私が強調したのは、この問題を平和的に解決することの重要性だ。言葉による挑発を避け、どのように日本と中国がお互いに協力していくことができるかを決めるべきだ」。さらに「日本と中国は、信頼醸成措置をとるべきだ」とも。

 尖閣諸島の「力による現状変更」は決して認めないにしても、関係改善に向けてもっと努力すべきだという、日中双方に対するメッセージだろう。大統領は「我々は中国とも非常に緊密な連携を保っている」と付け加えるのを忘れなかった。

 首相がいくら米国との同盟の絆をうたいあげようと、中国との間に太い一線を引いたままではアジア太平洋地域の安定はあり得ない。日米中の三つの大国がそれぞれ安定した関係を保つことが、周辺諸国が求めるところでもあろう。

 首相の昨年末の靖国神社参拝が、日本と中国や韓国との関係を決定的に悪化させ、米国からの不信も招いた。

 米国との関係にひとつの区切りをつけたいま、近隣諸国との関係改善への一歩は、安倍氏から踏み出さねばならない。

(注:赤・大文字は筆者)

普段は「反米」のくせに、こういう時だけオバマ大統領の発言をつまみ食いして安倍批判を展開する。
で、内容は?というと、
首相の昨年末の靖国神社参拝が、日本と中国や韓国との関係を決定的に悪化させ、米国からの不信も招いた―
近隣諸国との関係改善への一歩は、安倍氏から踏み出さねばならない―
というものだ。
そして、朝日が猛反対している「集団的自衛権の行使容認」に対する「歓迎」や「支持」については無批判。
ご都合主義とは、このことを言う。

米国も、日本と中韓との関係改善を望んでいるのは確かだが、
近隣諸国との関係改善への一歩は、安倍氏から踏み出さねばならない―
というのは朝日の願望であり、且つ偏向である。
それとも何か?
オバマ大統領が「安倍が譲歩しろ」「日本が謝罪しろ」と主張しているとでも言うのか?

こんな社説を書く新聞に、少しでもまともな学生なら入社したいとは思わないだろう。

空疎、硬直、偏向、捏造...醜悪極まりない朝日新聞を許すな!

参照:日米首脳会談―アジアの礎へ一歩を
2014年4月25日(金)付 朝日新聞【社説】

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban


100%返金保証付きの精力剤「GHプレミアム」

|

« この国は「コリア」ではなく「コリナイ」だと思う。 | トップページ | オバマに伝えたい韓国軍慰安婦と国連軍慰安婦の実態 »

朝日新聞・偏向メディア」カテゴリの記事

コメント

大統領の訪日があまりに大成功だったので、精一杯いやみな記事を書こうとしてもできない、その歯ぎしりが聞こえてきそうな朝日の記事ですね。

アジアシフトを明確に打ち出した今回の歴訪は、訪日ひとつで大部分が日米にとって成功といえるでしょう。なにしろ、日本とフィリピンが「同盟国を裏切るのか」と不安になっていた矢先の歴訪ですし、それに、日本にとっては「尖閣は安保の範囲内」と米大統領自身の口から出たことの意義は大きい。

逆に、支那にとっては、習近平のもとで続けられていた太平洋への膨張政策が外交的に大失敗だったことが証明されてしまった形になった。誰も住んでいない小島にこだわり、ちょっかいを出したばっかりに、1)周辺国が警戒を強め、2)日本が武器輸出三原則を見直し、3)日本-ASEAN-インドが結束を図り、4)アメリカが日米安保を再確認しただけでなく、5)尖閣という具体名まで日米安保の範囲内と大統領が明確に述べる結果になってしまった。

横田夫妻もオバマ大統領に直接面会したようですし、これも良かった。なぜなら、北朝鮮が崩壊したら、米軍が真っ先に北に乗り込んでいって核を抑えるからです。そのとき、米軍のトップに日本人拉致被害者のことが念頭にあることは非常に大事だと思える。

日米安保が太平洋地域の平和の基軸だと内外に印象づけたことの意義も大きい。日本の武器輸出は日米安保のもとで行われるわけだから、アジアの小国は経済的繁栄、優れた武器、強力な安全保障を求めて日米安保の傘下に入ってくる。つまり、上海協力機構のような支那主導型の経済圏は、それだけ弱まるのです。

TPPもアメを少し焦らせてやればいいぐらいだから、今、妥結しなければいけないというようなものではない。いくら朝日がアメに尾を振る日本というような印象操作をしたところで、もっと大事なところのことは世間から明白に見えていると思いますよ。

投稿: 平野國臣 | 2014/04/25 16:38

高度人材永住権3年で付与・家族家政婦帯同に大反対!署名です。
ご協力・拡散大歓迎!
http://goo.gl/6P7t7n

プレスリリース
http://mikoup.ebb.jp/src/file1524.pdf

注: 私たちは「安倍降ろし」が目的ではなく、誰が首相であっても、良い政策は評価し、悪いものは悪い、と申し上げる姿勢です。今回の日米首脳会談における「尖閣」「集団的自衛権」「TPP先送り」は当然評価する立場ですし、だからこそ悪い政策は再考していただきたいと思っています。

--
「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」 (愛称:桜の会)
http://sakuranokaijapan.seesaa.net/

投稿: TrueBlueAmy | 2014/04/25 19:59

朝日新聞が東大生に見限られたとは、はなはだ愉快ですね。

表面的には「反権力」を標榜していても、実は東大的な権威が大好きな朝日新聞としては、それはショックを隠せないでしょう。

それと、昨今の東大、京大などの学生気質を探ると、新聞社に入って最初は田舎の警察回りからという記者生活が、とてもじゃないけど耐えられないようですね。

私の友人の息子もNHKに報道で入りましたけれど、一年で辞めてしまいました。今は公認会計士になるべく勉強しているようです。会計事務所なら基本的に、東京勤務しかありませんから。(笑)


新聞社や放送局の人材育成のシステム自体がすでに時代遅れというか、偏差値の高い学生諸君にとっては、古色蒼然たる丁稚奉公のシステムにしか見えないようです。

おまけに、朝日新聞は中・韓が大好きときては。非文明の代表たるこの二カ国にあくまでも義理立てし、心中するような勢いの会社に入って、大丈夫ぶかと、普通は考えますよね。

朝日新聞は、マルクス主義の(そのまた亜流の)イデオロギーに染まっていない人間からすれば、何ともおぞましい、グロテスクな存在です。しかし、当人たちはその歪んだ潜望鏡を通してしか、世界が見えてこない。

若い人たちに見放されて、当然と思います。

投稿: レッドバロン | 2014/04/25 21:07

私は中国地方に住んでいますが地方紙は論外です。
害があって、無駄に紙を消費し、環境破壊の片棒を担いでいる。
朝早くから、地元の不幸(事故、等々)の報道に力を入れ、まるで不幸の手紙状態で気分を暗くしている。
思想的に左翼である事が知識人と勘違いしている。

全国紙も似たり寄ったりであるが、その中ではサンケイのみ読むに値する新聞ではないかと思っています。

投稿: のりた | 2014/04/26 08:02

今日26日付の天声人語もひどかったですね。
まったく中国の視点ですべてを解釈している。
すべては日本(安倍首相)が悪いんだと。
まったく糞新聞です。

投稿: 転びバテレン | 2014/04/26 10:11

まったく朝日らしい表現方法ですね。

そもそも日中関係では一方的な中国の尖閣諸島への海警や人民解放軍によるアプローチがあるわけですし、日韓関係では韓国の不法竹島占拠があり、この両国の反日プロパガンダが世界で繰り広げられているからではないかと思います。

つまり、関係改善は日本側がするのではなくて中国側や韓国側からするというのがそれこそ一般常識というものだと思います。

それを最初から日本側からアクションを起すべきというのはどういうことでしょう。
朝日は実は中国人が運営している。
であれば分ります。 しかしそこまで中国人や韓国人が浸透しているとまでは思えないので、社内の自虐史観社員たち日中友好至上主義者画策しているということではないかと思います。

朝日にしろ毎日にしろどこか狂いっぱなしのマスメディアです。

東大生が朝日に来ない。
これは目ざとい東大生の先見性でしょう、。
折角エリートコースを歩んで来て、何が悲しくて今更朝日に行かなければいけないの?
という現実主義的判断なのでしょう。

投稿: Pin | 2014/04/26 18:18

南京大虐殺のウソHP(英語版)を更新しました。ようやく、人に見せられるものになってきました。拡散を希望します。

People who believe Nanking Massacre actually took place must visit this site.

False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

投稿: 平野國臣 | 2014/04/27 11:12

>そこまで中国人や韓国人が浸透しているとまでは思えないので

東大生のアサヒる離れ以上に国内有力企業のアサヒる離れが進み、
広告売り上げがガタ落ちしているそうです。
それを穴埋めするために支那マネーがさまざまな形で
投下されているようです。
アサヒるは実質的な支那のプロパガンダ紙とみて間違いないでしょう。
一方、元主筆がゴキブリ大学の教授に就任するくらい
ゴキブリとのパイプは太く、旭日旗をあしらった社旗も
ゴキブリから一切批判を受けたことがありません。
つまり支那とは金銭的、権益的つながり
ゴキブリとは人的つながりが強固な企業体質だと思われます。

投稿: やす | 2014/05/02 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59527126

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ発言をつまみ食いする朝日新聞の醜悪:

» 他人のせいにするな 青山繁晴 [風林火山]
4月23日のアンカー、「ニュースDEズバリ!」のコーナー.。 [続きを読む]

受信: 2014/04/25 20:21

» 黄花崗起義。中国同盟会の黄興が広州で反清武装蜂起。 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
今日は何の日 4月27日 1911年(宣統3年3月29日) - 黄花崗起義。中国同盟会の黄興が広州で反清武装蜂起。 黄花崗起義(こうかこうきき)は清末に広州で発生した黄興が指導する反清武装蜂起。蜂起した旧暦にちなみ三・二九広州起義とも称される。 黄花崗七十二烈士 武装蜂起 1910年11月13日、孫文はマレー半島のペナン島にて趙声、黄興、胡漢民、鄧沢如等を召集し中...... [続きを読む]

受信: 2014/04/27 06:23

« この国は「コリア」ではなく「コリナイ」だと思う。 | トップページ | オバマに伝えたい韓国軍慰安婦と国連軍慰安婦の実態 »