« 日本を世界の笑い物にする反日変態たちを粉砕しよう! | トップページ | 正真正銘の「反日変態左翼」である雁屋哲を糾弾する »

2014/05/10

反基地も反原発も反秘密保護法も9条擁護も
やってる人たちは皆同じ!

反基地も
反原発も
反秘密保護法も
9条擁護も
やってる人たちは皆同じ!
ネットで、よく見かける主張です。

で、実際はどうか?

以下の画像を見ると納得ですね。
彼らは「平和を愛する市民」、あるいは「人権を擁護する市民」を自称していますが、いわゆる「市民」という感覚からはほど遠い。
誰が名づけたのか?
「プロ市民」
という表現がぴったりです(爆)

辺野古沿岸部の埋め立て承認に抗議するプロ市民
Henoko

仲井真知事の辞任を求めるプロ市民
Henoko2

原発の再稼働に反対するNAZEN=中核派主催のデモ
Hangenpatu

反原発が、なぜか反五輪になる不思議(爆)
Hangenpatu2_2

でも、最後は、やっぱり反原発!中国網が報道するのも妙...
Hangenpatu3

秘密保護法反対も同じ雰囲気がぷんぷん
Himituhogo3

なんか、カルトの雰囲気がしますね
Himituhogo2

オスプレイに反対?CH-53Dより安全なんだけど
Osprey

どうして中国の異常な軍拡には沈黙するの?
Osprey2

戦前?人権無視の軍国主義は中国だと思うけどなあ...
Kenpou2_2

目覚めよ!日本人民・大衆だって...オマエに目覚めてほしいよ(爆)
Kenpou_2

この人たちが日本の多数派になることは絶対にありません。
断言します。
日本国民は、それほどバカじゃない。

この国が「戦前に戻る」なんてありえない!
そんなこと普通の常識があれば解ることです。
目覚めよ!日本人民・大衆(爆×2)
オマエこそ目覚めろ!って言うの。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑


「疲れているのに眠れない…」今すぐストレス度チェック!

NAZEN呼びかけ人

赤羽進彦(精研労組青年部書記長)
秋田明大(元日大全共闘議長)
阿部宗悦(女川原発反対同盟)
石井真一(動労水戸委員長)
石田真弓(東北大学学生自治会書記長)
市川潤子(ふくしま合同組合委員長)
壹貫田康博(被爆者青年同盟・広大生協組合委員長)
井野博満(東京大学名誉教授)
岩田雅一(牧師・写真家)
入江史郎(スタンダード・ヴァキューム石油自主組合委員長)
大石又七(元第五福竜丸乗組員)
大江厚子(セイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表)
長田敏之(動労千葉書記長)
小関恭弘(置賜百姓交流会)
織田陽介(前全学連委員長・東北大学)
鎌仲ひとみ(映画監督)
北島邦彦(前杉並区議会議員)
北西充(広島大学名誉教授)
小出五郎(元NHKプロデューサー)
国賀祥司(泉佐野市議会議員)
小林久志(日逓中野被解雇者、東京西部ユニオン青年部長)
斉藤郁真(全学連委員長・法政大学文化連盟委員長)
齋藤裕介(郵政非正規ユニオン委員長)
坂井留吉(六カ所村・「核燃から漁場を守る会」)
佐久川政一(沖縄大学元教授)
佐藤幸子
三里塚芝山連合空港反対同盟
椎名千恵子
下田禮子(反戦被爆者の会、8・6ヒロシマ大行動呼びかけ人)
シンディ・シーハン(アメリカ反戦の母)
神保美彦(仙台市職員組合副委員長)
末光道正(八尾市議会議員・八尾北医療センター院長・医師)
須賀華呼(NONAME)
杉井吉彦(国分寺市・本町クリニック院長・医師)
鈴木光一郎(酪農家)
鈴木達夫(弁護士・元日放労長崎分会委員長)
清野和彦(元福島県教職員組合委員長)
高山俊吉(弁護士)
武内更一(弁護士)
土井淑平(人形峠ウラン鉱害裁判・フリーライター)
富田翔子(アーティスト)
中島健(被爆2世、8・6ヒロシマ大行動呼びかけ人)
中道雅史(青森県反戦反核学習会実行委員会)
中村圭司(愛媛県職員組合副委員長)
永野佳世子(東京北部ユニオン書記長)
西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)
西村綾子(前相模原市議会議員・湘北合同労組副委員長)
二本柳実(三浦半島地区教職員組合)
橋本光一(国労郡山工場支部書記長)
花澤俊之(弁護士)
葉山岳夫(弁護士)
福地曠昭(元沖縄県教組委員長)
藤田城治(弁護士)
松井英介(岐阜環境医学研究所長・医師)
松江寛人(がん総合相談センター所長・医師)
松浦武生(島根人類愛善会会長、さよなら島根原発ネットワーク)
松元ヒロ(コメディアン)
間山正茂(青森県八戸・南部バス労組執行委員長)
三角忠(8・6広島―8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委員会)
皆川学(元NHKプロデューサー)
宮村みつお(美ら島沖縄大使・琉球アーティスト)
森川文人(弁護士)
矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)
柳沢裕子(船橋二和病院医師・千葉勤医労)
山田真(子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表)
山本太郎(俳優)
吉田義久(核問題研究情報センター代表、元相模女子大教授)
吉田良順(高陽病院医師、8・6ヒロシマ大行動呼びかけ人)

以上の人たちは、「殺人者集団=中核派」の構成員、
もしくはそのシンパです。

NAZEN呼びかけ人
ご確認ください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban


「疲れているのに眠れない…」今すぐストレス度チェック!

|

« 日本を世界の笑い物にする反日変態たちを粉砕しよう! | トップページ | 正真正銘の「反日変態左翼」である雁屋哲を糾弾する »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

この写真、いつ撮られたものかは知りませんが寒気がしました、と同時にこんな頭の中お花畑で過激なことばかりしてる人がいまだにこれだけまだこの国にいることにも恐怖しました。
これじゃあどこの国の人間かわかりませんね。まるでスパイですよ

投稿: | 2014/05/10 17:24

あくまで個人的な意見ですが、基本的に日本人は情緒的で論理的思考力に欠けるところがあると思います。だからその心は移ろい易く、また思い込みも激しい。逆に言えば洗脳もし易いということです。これは国民性ってやつですね。写真の人たちも極めて情緒的、感情的に行動してる様に見えます。そういう意味ではこの人達も間違いなく「日本人」なのでしょうね。

投稿: 心神 | 2014/05/10 18:16

やっかいなのは、
反基地
反原発
反秘密保護法
9条擁護
というのは、日本の大抵のテレビ番組の主張そのものだ、ということです。

最強のプロパガンダ機関ですからね、テレビというのは。
そして、「テレビで言われているのは偉い人の意見なのだから正しいのだ」
という考え方をする人は、いまだにとても多い。
「テレビに出ている人は偉い人である」というような感覚ですね。
「鳥越俊太郎さんはあんなにテレビに出ている人だから偉い」・・・みたいな。

小保方報道が、芸能人の離婚報道と区別がつかないテレビ報道。
なぜか銃弾の話をせずに「3Dプリンターは恐ろしい」と言うテレビ報道。
「目覚めよ日本人。てめぇの頭で考えろ」・・・とかいう文句は、
私はまったく違うイミで言いたいことですね。

投稿: 鳩槃荼 | 2014/05/10 18:31

こういう連中を見ると本当に嫌な気分になってしまいます。この中で誰も本気で反原発、反基地、反秘密保護法なんか考えていないと思います。ただ、自分のわがままを通し、日本をダメにしていくのにカタルシスを感じるような本当に根性の腐った奴らです。こういう連中はそれこそ日本版レッド・パージで一網打尽にして半島や大陸に国外追放すればいいのに。

投稿: yosinaripon | 2014/05/10 21:24

こいつらは名前を整然と連ねているだけで決して価値観を共有できていない。
何故か?日本人の顔をしながら日本人でないから。
日本人はかくあるべしという根本の生きかた、生きざま、その気概を貫く精神を喪失してる。

投稿: 2号営業元オーナー | 2014/05/10 23:15

これらの運動の大元にベトナム反戦運動というのがありました。あれだけ広範な市民を巻き込んだ運動はその後、皆無と言ってよいでしょう。

それにしても、アメリカに対抗して、一方の戦争の当事者である北ベトナムや解放戦線側を支援しようとする、なぜあれが反戦平和運動なのか、今もって理解できません。

いかにへっぴり腰とはいえ、米軍の野戦病院の運営や燃料補給を妨害しようとする、その行為は反戦どころか、一方に与する「参戦」活動にしか見えませんがね。

結局、平和を脅かすのは、日米の帝国主義・反動勢力以外にないという彼らの脳髄の頑なな信念のなせる業で、ゲバ棒を振るい、火炎瓶を投げる行為も、彼らにとっては立派な反戦・平和活動だったのですな。

ベトナム戦争の終結後、ベトナムがカンボジアやラオスなど周辺諸国の「平定」作戦に乗り出すと、彼らは粛として声もありませんでした

隣にポル・ポトのごときワケの解らない政権があったのでは、せっかくのベトナム独立・解放の成果もいつ覆るか判ったものではない、だいたい強い国が周辺に出て行くのは当たり前だろう、嘗ての日本と同じように、と言ったら、ベ平連の残党から「帝国主義者」呼ばわりされましたが。帝国主義って、個人的イデオロギーとしても成立するんだ。(笑)

彼らの実像は政治好きの政治音痴です。政治はイデオロギーだと思っているから、彼らの心の祖国であったはずの社会主義国家の意志決定過程すらまったく理解できない。

今でもせいぜい百人単位が「昔の名前で出ています」。
問題はマスコミの中に彼らと気脈を通じている勢力が食い込んでいることで、彼らの存在をあたかも日本の良心がごとく針小棒大に触れ回っている。

幽霊の正体みたり枯れ尾花で、まっとうな人たちは彼らの存在を完全に無視してよいです。むしろ、指弾し、改変すべきは、幾つになっても気分だけは反体制で、高給をはみながら、「運動」が政治と思っている、マスコミ界の幼稚な歪みにあると思われます。

投稿: レッドバロン | 2014/05/11 16:47

中国の軍拡に一切沈黙するというのが、本当に分かりやすい。彼ら自身が、彼ら自身の「平和」という主張を裏切ってるんですよね。最近、チャイニーズ・ネトウヨという言葉を見かけましたが、まさに彼らの行動はそれに当てはまります。

それに、改憲を主張する人がすべて「戦争を望む」かのように主張するって事は、同じ日本人ですら、改憲を主張するだけでまともな人間とは見ないという宣言です。同じ日本人とすら、まともに対話しない人々が、北朝鮮や韓国などの言葉すら通じない人々と「対話」なんて絶対に不可能かと思われます。

投稿: | 2014/05/12 02:21

プロ市民は「紛争を対話で解決せよ」と叫ぶが
保守勢力の国民とは対話しようとしない。
以前、共産党の支持者に占領憲法の件で議論を吹っ掛けたら
「そういう思想の人とは話ができない」と逃げようとしました。
「あれれ~、何でも対話で解決できるんだろ?」と声を掛けても
聴こえないふりをして遁走されました。
この世に「対話で解決できないこと」が山ほどあることを
身をもって知っているのはプロ市民の連中です。

投稿: やす | 2014/05/12 11:08

この人達の設定する「戦前」のイメージがよく分りません。
日本の戦前って批判的に言われなければならない時代だったとも思えません。

赤地に黄色のプラカードって、最近の流行なのでしょうか?趣味悪い配色ですね。

投稿: よれこ | 2014/05/12 17:22

この記事を読んで、このブログの「反日変態左翼を一刻も早く駆除しよう!みんなの力で!」「どう見ても地元の人とは思えない辺野古のテント村住民」のエントリを思い出しました。
明らかに若い人はいないこと、とにかく洗脳されて恐怖感にあおられて信じ込まれている人がほとんどなこと、特に反基地では明らかに地元民とは思えないことです。まさに「基地外」でしょう。
いかに日本が「変態左翼」に毒されているか、土佐電鉄の「平和憲法号」「憲法9条号」を見ても明らかでしょう。今の日本では「平和主義」「平和憲法」「民主主義」「立憲主義」「憲法9条」とさえ口にすれば、それで許されるように思います。
それが「立憲主義」の誤った解釈、「立憲主義」が「国民本位の政治で日本国憲法の精神に則った政治を行うこと」の意味がまかり通っていることに表れていると思います。
彼ら変態左翼も、「平和主義」「平和憲法」「民主主義」「立憲主義」「憲法9条」だけで思考停止してしまうようです。まるでカルトの信者を思い起こさせます。
憲法9条がノーベル平和賞の推薦を得たことで、彼ら変態らは狂喜乱舞せんばかりに喜んでいます。
そのうち、「憲法9条・日本国憲法を世界遺産に、ギネス申請を!」と言い出しかねませんし、「日本国憲法まんじゅう」「憲法9条まんじゅう」なども作り出しかねません。

彼ら日本をダメダメだと嘆いている左翼ブロガーらは、ホント生きていて何か楽しいことあるのか、って思います。
その典型がこれらです。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/
http://whitesand0715.blog.fc2.com/

また、彼ら変態サヨクらが「人権」「少数派・弱者の権利」を口にしながらいかに自分たちと相反する主張の方を「ネトウヨ」と袋叩きにしているか、↓のコメント群を見ればわかると思います。
エントリの写真で取り上げられているデモ隊にも相通じるものがあると思います。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-4350.html#comment23417

彼ら変態左翼は「今の生きづらい日本」とよく言いますが、きっと「自分が苦しい思いをしているのは今の日本では『立憲主義』がないがしろにされているからだ!」と本気で思いこんでいるのかもしれませんね。

投稿: 成田あいる | 2014/05/12 21:28

先程の補足です。
変態らは安倍総理を「復古主義」であり「いつか来た道」へ引き戻そうとしている危険な総理であるかのように騒いでいるようです。実際はそうではないのに。
もしそうだとしたら、どうしてそれまでの高い支持率を得られるのでしょうか。
この点からしても、変態の言っていることは「デマゴギー」であり「ミスリード」なのです。
とにかく彼らの主張はただ「反原発」「反基地」「反安保」「反秘密法」でしかないし「対案」「代案」がない。
彼らは日本をどうしたいのか見えませんし、むしろ日本を潰したいのか、と思ってしまいます。彼らこそホンマモンの「反日」ではないのか、と思えてしまいます。

投稿: 成田あいる | 2014/05/12 22:11

プロ市民系が憲法9条で騒ぐほどにおかしなものを感じます。
真に世界平和を願うなら中韓北朝鮮に憲法9条を教えて差し上げるのが筋と言うものです、誰にでもわかる平和への道です。
それとも9条は国内で騒ぐのに有効でも世界では通用しないと判っているから?ロシア中国その他の国にはに対しては持ち出さないのだろう。

投稿: tatu99 | 2014/05/13 08:53

>赤地に黄色のプラカードって、最近の流行なのでしょうか?趣味悪い配色ですね。

五星紅旗カラーですね。
出自がよく分かります。

投稿: やす | 2014/05/13 09:08

> 心神殿、

御言葉を返すつもりはございませんし、心神殿が彼らを支持している訳ではないのは承知しておりますが、

> ...この人達も間違いなく「日本人」なのでしょうね。

に対しては、そまのまま肯定できない小生の思いを訴えさせてください

> 鳩槃荼殿、

「プロパガンダに乗せられ、流され易い日本人」 との指摘、近代を経て現代に至った今でもその傾向を否定できない状況に、小さくはない嘆きを覚えるものです。

先の大戦から何を教訓として学んだのか? その結果が 反基地や反原発や反秘密保護法、はたまた盲目的九条擁護では、絶句です。

何故、感情的な論説?や夢想的な論説?が跋扈するのでしょうか? 次の先人の遺訓を よくよく 考えるべきでしょう。

進歩ノナイ者ハ決シテ勝タナイ 負ケテ目ザメルコトガ最上ノ道ダ 日本ハ進歩トイフコトヲ軽ンジ過ギタ 私的ナ潔癖ヤ徳義ニコダハツテ、本当ノ進歩ヲ忘レテイタ 敗レテ目覚メル、ソレ以外ニドウシテ日本ガ救ハレルカ 今目覚メズシテイツ救ハレルカ 俺タチハソノ先導ニナルノダ 日本ノ新生ニサキガケテ散ル   マサニ本望ヂャナイカ

つまり、先の大戦の要因となった事柄へ対する進歩、

◇ エネルギー政策についての科学技術の進歩

◇ 外交政策についての国際社会における同盟関係の進歩

◇ 国の政策についての陰謀・暗躍排除の進歩

にプロパガンダに乗せられ感情的に反対を叫ぶのが、現代の 「日本人」 であって良い訳は有りません!

それを許すと、いつか来た道を再び辿ってしまう と。

投稿: ムフフ | 2014/05/13 10:06

祖父母の話聞くと、戦前もそれほど悪い時代じゃなかったみたいですがね~
むしろ、戦後左翼が元気のよかった時代のほうが陰鬱な感じがしたみたいですが?

投稿: | 2014/05/13 10:57

今回のテーマについてのコメントを拝読して、思ったことです。

〝日本人は、情緒的で流されやすい″ことを憂うコメントがありますが、果たして、そうなのでしょうか。
何を根拠に、どこの国民と比較して、そう言えるのでしょう。
確かに、そういう人もいるでしょうが、すべての国民に対して断定できるのでしょうか。では、どこの国民が、論理的で流されにくいのでしょうか。

こんな、絡んだようなことを言うのは、実は、このように嘆く、私たち自身が情緒的であり、ステレオタイプの「日本人論」に「洗脳」されているのかもしれないと思うからです。
そして、その振り返りなくして、他を簡単に断罪してはならないとも考えるものなのです。

戦後、学会や論壇で様々な「日本人論」が跋扈しました。そのなかには、明らかに日本人の精神性に対するネガティブキャンペーンがあり、戦争への「罪の意識」を強化する意図のものもありました。そこに、巧みに社会主義勢力が侵入し、教育や報道の場面で強化していったことは、ご存じのとおりです。
この流れのなかに、我知らず、簡単に飲み込まれてしまったのが、一時的な左翼運動への熱狂であり、近いところでは、2009年の「政権交代」ではないでしょうか。

確かに流される人も多くいるでしょう。しかし、それ以上に流されない人がいるから、日本は、ここで踏みとどまっている。そう思うのです。

また、マスコミへの批判についてですが、私たちは、一方でメディアから良好な情報を入手していることも事実です。

まだまだ、多くの日本人の情緒性は信頼に足るものであり、メディアの有効性もまだ存在していると思います。
違いを嘆くより、手をつなげるところを探っていく。
そこにもっと力をいれられないものか。
特定の意見に対する批判というより、我ら日本人が、陥り易い論理や思考から脱却したい
そう感じるあまり申しあげました。

投稿: Ethos | 2014/05/13 18:01

写真を見ていると、心底から言い知れぬ恐怖を覚えて来ます。まさに「憲法9条教」と言うカルト集団ですね。

最近「憲法9条」にノーベル平和賞をなどと、正に狂っているとしか思えません。

受賞出来るとは思えませんが、オバマ大統領が受賞するぐらいですから実現するやもしれません。もしも受賞したならば日本の将来はどうなるのでしょうかね。

投稿: 道産子爺 | 2014/05/15 07:21

このような「プロ市民」たちはなぜこんなにも反日色が強いのか理解しかねます。
なぜこのような反日傾向がこういった人たちにあるのでしょうか?

投稿: 最果人 | 2014/05/15 20:55

韓国、中国で反日煽ってるのも
日本で嫌韓、嫌中煽ってるのも
記事の様な人たちも

根っこはおんなじですよねぇ

投稿: | 2014/05/22 03:06

私は、

反日の日本人の方々は日本への深い愛情からその言動が生じ、
一部の反日を商売にする輩と反日が自国のからのミッションである手先の輩に煽られて盛んになっているかと思います。

まぁ、現実を直視しない脳内お花畑の 「狂った愛情」 ほど始末の悪いものは無いかと。

投稿: ムフフ | 2014/05/22 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59617663

この記事へのトラックバック一覧です: 反基地も反原発も反秘密保護法も9条擁護も
やってる人たちは皆同じ!
:

» 女性の大討論会 言って委員会 [風林火山]
本日、5月11日の「そこまで言って委員会」は、完全保存版と言ってよい。 [続きを読む]

受信: 2014/05/11 22:40

« 日本を世界の笑い物にする反日変態たちを粉砕しよう! | トップページ | 正真正銘の「反日変態左翼」である雁屋哲を糾弾する »