« 北海道議会議員・小野寺まさるさんのtweetが痛快! | トップページ | やっぱり狂っている。 間違いなく腐っている。朝日 »

2014/07/01

集団的自衛権の行使容認は東アジアの平和への道

朝日新聞とテレビ朝日は、狂っている、と言うか、腐っている、と言うか...
間違いなく日本の恥部であり、癌細胞でもある。
日本人でありながら日本の弱体化を企図する、それも事実を歪め、もうペテンと言っても良い言論を駆使して。

問題の根本は、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更にあるのではない。
厳しさを増す東アジアの安全保障環境の中で、どうすればこの国とこの国に住む人たちの平和と安全を守れるのか?
全ての議論は、そこから出発しなければならない。
それこそが根本である。

今日も、阪田雅裕とか言う元内閣法制局長官なる人物が登場して、「憲法解釈を閣議決定で変更するのは立憲主義に反する」と喧伝していた。
ほんとうにそうだろうか?
日本国憲法公布直後の1946年、吉田茂首相は、戦力不保持を定めた憲法9条2項に関して、「自衛権の発動としての戦争も、交戦権も放棄した」との解釈を表明し、再軍備を否定した。
にもかかわらず、1950年に朝鮮戦争が勃発すると、警察予備隊を発足させ、それは保安隊を経て1954年には自衛隊となった。
その根拠になったのが、自衛権と自衛隊の存在を認めるという新たな憲法解釈だった。

つまり、阪田元内閣法制局長官は「立憲主義に反する」と非難しているが、彼が堅持してきた「個別的自衛権の行使容認に限定した解釈」も、元々は吉田内閣による憲法解釈の変更だったのだ。
吉田内閣による「自衛権の否定」は、同じ吉田内閣によって「個別的自衛権の行使容認」とそれに基づく自衛隊の創設に変更された。
元内閣法制局長官がこだわる「これまでの憲法解釈」も、この経緯からすれば「立憲主義の否定」によって成立したことになるのではないのか?

連中の言っていることは自己の主張に都合よく歪められている。
彼らの主張に忠実であろうとすれば、個別的自衛権の行使容認も立憲主義に反するし、自衛隊は憲法違反だ。
そのことに口をつぐんで安倍内閣の憲法解釈を非難するのはプロパガンダ以外の何ものでもない。
個別的自衛権の行使を認め、自衛隊を創設した時も、反日変態たちは「戦争への道」「戦前への回帰」と非難した。
が、自衛隊が国民に認知され、市民権を得ると、今度は集団的自衛権の行使容認に牙を剥く。
まったくのご都合主義であり、イデオロギーの虜である。

Abe_shinzo

日本を取り巻く環境が変化したから「自衛権の否定」は「個別的自衛権の行使容認」に変更された。
今では、日本が攻撃された時に自衛隊が反撃することは誰もが「当然だ」と思っている。
が、憲法公布直後は、それは否定されていたのだ。
それが今では、自衛隊は国民から信頼され、日米安保条約も国民に容認されている。
これは、戦後日本の平和が憲法9条のおかげではなく自衛隊と在日米軍の存在のおかげであると国民に理解されているからだ。

日本を取り巻く安全保障の環境が変われば、憲法解釈が変更されるのは当然ではないか。
自衛隊と在日米軍の存在が戦後日本の平和に貢献したように、憲法解釈の変更による抑止力の強化は東アジアの平和と安定に寄与するはずだ。
朝日新聞や反日変態たちが主張するような「戦争する国になる」のではなく、安倍首相が主張する「日本が戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていく」に私は共鳴する。

集団的自衛権の行使容認は東アジアの平和への道である。
私は確信する。

安倍首相を断固として」支持する!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban


本気で悩みを克服したい男の為の本気のサプリ【極GOLD】

|

« 北海道議会議員・小野寺まさるさんのtweetが痛快! | トップページ | やっぱり狂っている。 間違いなく腐っている。朝日 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

戦後の世界情勢の変化に伴い、憲法の不備を補うため憲法解釈は行われ、改憲のハードルが高い硬性憲法の日本ではそうやって現実に対応してきたということだったのでしょう。

そしてそのたびにサヨクが騒ぐということも、「単なるセレモニーの一部として」行われてきただけというような気がします(笑)。

投稿: 麻生支持者 | 2014/07/02 00:56

「内閣による憲法解釈が立憲主義に反している」というなら、とうの昔吉田首相の政策の時点で反している事になりますね。

法律家は憲法の概念のうち、常に立憲主義のみを声高に言うのですが、そも国家は領土、国民、統治する権力、の三つが要素ですからね。
領土を脅かされ、半島に国民を拉致されても国民の命を守りきれないという現在のありさまでは国家そのものが意味を成さなくなりつつあるのだと言わざるをえません。
18世紀的立憲主義の価値観だけではとても国家たりうるを得ず、かような現実を鑑みれば元法制局長官のごときは、「法匪」としか思えないですね。

為政者のあるべき態度は今の安倍氏の決断のごときものであり、その勇気、実行力は賞賛に値すると思います。

投稿: 山路 敬介 | 2014/07/02 05:38

改憲反対といい、反原発といい、沖縄の基地移転問題といい、最近の「サヨク」の「隆盛」はいったいどういうことでしょう。もうとっくに死に絶えていたと思っていたのにw
ろうそくが消える前の最後のきらめきなんでしょうか。それとも何か新しい運動の流れなのでしょうか?
左翼運動歴のあるブログ主様の意見を伺いたく存じます。

投稿: taka1211 | 2014/07/02 09:18

 集団的自衛権行使が、閣議決定されたことは、日本および日本を信頼している東南アジア諸国にとって実に喜ばしいことである。
 そもそも憲法も法律なのだから、民法の解釈と同様に、時代の変化とともに、解釈変更の必要性から、条文解釈の変更が許されてしかるべきである。

 それにもかかわらず、変態マスコミは、変態コメンテーターを招いて、「憲法解釈変更は、立憲主義に反する。子供たちを戦場に送るな」と、気が狂ったようにコメントを出している。
 特に、しばき隊最高幹部の民主党有田ヨシフは、「安倍政権打倒すべきだ」などとツイートしているが、まさに変態の遠吠えであり、政権打倒前に、民主党自体がなくなってしまうだろう。
反日変態左翼どもは、早く日本から消えていただきたい。
 小沢カルト信者で有名な山崎行太郎が、集団的自衛権行使は反対ではないが、誰がやるのか、誰の内閣でやるかにこだわる。(途中省略) もう少しまともな内閣でやってもらたいと思う。」と記事を書いている。
 この記事を見て、愚か者だと思った。この男は、もしかしたら、小沢政権だったら、まともな内閣だからOKなのだろうか?
 未だに小沢に期待する信者の憐れな末路である。

 さらに、朝日新聞に、今回の集団的自衛権行使の閣議決定に関するインタビューを受けて「最近の威勢のいい新保守的思想状況に後押しされて、意気揚々と、集団的自衛権行使容認に向かっていく安倍政権とその周辺の動きに反対であり、危険なものを感じた。と回答した。」と記事を書いている。
 中国の覇権主義を放置しておくことの方が日本にとって危険だと思うが、変態左翼同様のおバカさんである。
 可笑しいことに、朝日新聞は、小沢一郎をボロクソに批判していた新聞であるにもかかわらず、小沢支持者である山崎行太郎が、インタビューにまともに答えている姿は、実に滑稽である。

投稿: 反日左翼打倒 | 2014/07/02 10:29

ここでこんな事言うのもあれなんですが坂さんでも他の方でもいいので少し助けていただくとありがたいのですが、実は今度授業のディベートで集団的自衛権の行使容認に賛成か反対かでわかれて討論することになったのですが個人的には賛成なのですが反対派に回されてしまってどするればいいか悩んでいます。とりあえず反対派の意見や毎日新聞などを読んだりしていますがどうしても賛成派としてこれはおかしいみたいなことを思ったりしています。このままでは簡単に賛成派に論破されてしまいます。どなたか知恵を貸していただくとありがたいです。

投稿: アクアビット | 2014/07/02 12:33

まったく同感です。
今回の安倍首相の仕事は、重いボディブローとなって効いてくると思います。
もちろん、日本に巣食う利敵の鬼どもとその後ろだてに対してです。
連中がなぜ、無体な屁理屈をこねて反対をするのか。
個人的な履歴に由来するのか、工作活動が背後にあるのか。謎です。
でも、今回はっきりしましたね。
友人を助けるための、日本国の方針に狂乱状態で反対したということは、
つまりは、自身が友人にはなりえないと確信していること。
国としては、銃口を向けられる側、つまり敵国であると自白したことでは。
思ったとおり、日本を敵国ととらえていたのは、特亜だけでした。
思うに、中国や韓国となんらかのつながりのある者たち。
とりわけ、その2国に良い顔を見せねばならない立場にあるもの。
日本国内で反対するのは、そういう連中なのでしょう。
ともあれ、利敵行為を行った者の記録が残ったのはよい事だと思います。

おっしゃる通りで、報道も発言も支離滅裂ですね。
個別的自衛しか認めないという論点ならば、突っ込みどころ満載。
自衛隊隊員ですら自分の身しか守れないというような話をされても困ります。
恣意的な解釈に反対ということなら、そもそも自衛隊を解体し武器を廃棄しなければいけないのだから、そのことを国民投票にかけようと提案してもらわないとよくわからない。
この暑いのに、戦争になると騒ぐ阿呆はもう捨て置けと。
安倍さん、がんばれ。

投稿: ポットと出 | 2014/07/02 13:45

朝日新聞はともかく、テレビ朝日、TBS等は(いつものことですが)明らかに放送法に違反しております。

放送法第4条

放送事業者は放送番組の編集に当たっては 次の各号の定めるところによらなければならない。

1, 公安及び善良な風俗を害すること
2,政治的に公平であること。
3,報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

反日、反体制キャンペーン・プロパガンダ流布機関と化している両局が、ことに四条の4号に違反していることは明々白々でありましょう。

これらの放送局に鉄槌を下にはどうしたらよいでしょうか? 与党・自民党が動くと、言論弾圧だとここぞとばかりマスコミが騒ぎ立てるでしょうから、野党の石原・平沼新党あたりが中軸となって密かに研究し、一気に是正措置を図る方がよいかもしれません。

もともとがこれらの放送事業者に免許を与えたのは時の郵政大臣・田中角栄でした。コンピューター付きのブルトーザーと謳われた田中角栄は量的な拡大主義に終始し、およそ「質」というものに関心が無かった、というか、理解できない人でありました。田中角栄の置き土産と考えると、なるほど、妙に頷ける節があります。恥ずべき戦後体制の最たるものだと思いますね。

投稿: レッドバロン | 2014/07/02 14:46

安倍総理の会見内容が全て担保されるかはこれからの政治次第ですが
少なくとも会見で否定していた海外派兵や議論にもなっていない
徴兵制を持ち出して明日にでも戦争が始まるかのごとく危機感を
煽っている左翼マスコミは本当に異常としか思えませんね。
動員を掛けられた日本人以外も混じった抗議集団をいかにも
世論のように映し出すのも毎度の事ですし笑うしかありません。

投稿: kept | 2014/07/02 15:28

反日メディアなんかどこもかしこも偽善ばかり。
偽善者が偽善コメントを臆面もなく吐き続けている。

戦争反対という感情論ばかり際立たせ
戦争にしないための手段である集団的自衛権を歪曲する。
護憲派はいざとなったら反対する「改憲」を声高に叫び
これだけニュースであからさまに報じられている解釈変更の議論を「密室」と呼ぶ。
軍事的な備えを役立たずと日本人に思わせることができれば
支那の対日工作は大成功。
支那の損害を極力減らして日本を屈服させることができるからね。
官邸デモの後ろで舌なめずりする侵略者キンペーの顔が見えるようだ。

投稿: やす | 2014/07/02 16:30

安倍さんが難病に打ち克ち、ようやく目的の一歩を踏み出せた事に感謝です。

一次内閣の困難を思い出せば、やっぱり日本は八百万の神々に御守戴けている様な気が致します。
治療薬、尖閣沖 クネさんの暴走 等々 全てが安倍第二次内閣の課題にお膳立て・味方して居る様です。

投稿: よれこ | 2014/07/02 16:58

> 坂様、

いゃっ~、「集団的自衛権の行使」 につきましては、反対される方々の 立憲主義の否定 から 解釈改憲反対 のみならず、賛成される方々の物言いにも唖然とするものが有り、絶句しております。

まぁ、今までの積み上げた 「解釈」 を変える事が 憲法 の否定というのが論拠の様ですが、何故、多くの日本人(特に変態サヨクは!)は物事を原則に従って論理的に考えないのか、呆れるばかりです。

それ程、「集団的自衛権の行使」 に反対するのなら、解釈が...云々とは叫ばず、 集団的自衛権の放棄か不行使を謳う 憲法改正 を主張すれば良いのにねぇ。

「戦力保持の否定」 と 「紛争解決手段としての戦争の否定」 と 「交戦権の否定」 と国民が持つ自衛権の範囲とその関係について、現実の国際情勢を踏まえて明確な解釈もできずに、何を喚いているのか?

元々、憲法に自衛権の取扱いが記されていない為に、国家や自衛の原則論まで遡って、憲法で否定されてないとして解釈を積み上げただけなのに、それを金科玉条のように信奉してどうなるのかと...将に、解釈の独り歩きと。

また、国の安全保障政策を、憲法学者が振り回す 「法理」 ...幾段にも積み重ねられた...を基に制限するとは、現実を直視しない無責任な態度と考えないのでしょうか?

憲法の解釈は、国会(立法)と行政(政府)が行い、それが誤っていると申し立てられた場合は司法(最高裁)が判断を下すという論理構造を無視して、解釈改憲だの立憲主義否定とのプロパガンダはもうたくさんです。

投稿: ムフフ | 2014/07/02 17:22

集団的自衛権で騒ぎ立てる朝日毎日TBSテレアカピなど何処の国の報道機関であるのかと、中韓の政治家とまったく同じ主張で恥ずかしくないのかと。
報道するに当たって中韓にお伺いを立てているのか。
それとも言われるまでもなく売国が社是の報道機関なのか。

まともな報道機関の使命としては集団的自衛権と個別的自衛権の差異を具体的に解説すべきである。
オウム返しに集団的自衛権は危険と言うだけでは真理経とまったく同じ、自衛どころか侵略姿勢の国には見ぬふりです。
特殊凶暴国の脅威こそ報道すべきです。
近隣国の軍事拡大は非難せず日本の僅かな防衛力にも難癖をつける。
  
原発事故はあってはならないものですが国内の原発にはイチャモンをつけるだけ隣国の原発には頬かむり更に核兵器も知らんふり日本国民に正確な情報を提供する姿勢などなし、反日こそがカネになると考えているのだろうか。
 
民主党政権時の中国の尖閣侵略とでも言うべき挑発行為への甘い姿勢ががベトナムやフィリピンの海域への侵略を引き起こしています、つまり民主党政権の姿勢こそが国際紛争を引き起こす。
ミンスとアカピはベトナム・フィリピンに謝れ(笑・サヨク表現でした)
アカピの報道姿勢こそが戦争への道です、国内で反日を煽りますからどうぞ侵略してくださいの連携プレイです。

投稿: tatu99 | 2014/07/02 19:49

>問題の根本は、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更にあるのではない。
厳しさを増す東アジアの安全保障環境の中で、どうすればこの国とこの国に住む人たちの平和と安全を守れるのか?

その通りですね。
とかく学者や役人は肝心なことを忘れてつまらない技術論に拘泥する人が多いです。それで勤まる仕事だからでしょう。彼らの議論を聞いていると人間がコンピュータを作ったのに人間がコンピューターに従わなければならないと言っているように聞こえます。
そうではないですね。憲法も人が作ったもの、人の道具でしかありませんもの。

投稿: woodhome | 2014/07/02 22:14

>どなたか知恵を貸していただくとありがたいです。

徹底的に反日変態サヨクの特質を模倣するというのはどうでしょう。
現実にはありえないような妄想を目いっぱい膨らませ、
現実から徹底的に目を背けて偽善に満ちた空理空論を並べ立てる。
例えおかしいと感じても自分は正しいと信じ込む。
論破されそうになったら、今話題の兵庫県議のように
嗚咽しながら「とにかく平和じゃなきゃダメなんだぁ~~~」とかなんとか
訳のわからない言葉を吐き続け、ディベート相手をケムに巻く。
絶対に勝てはしませんが、周りはどう見ようと
最後に自分は負けなかったんだと盲信すればよろしいかと。

投稿: やす | 2014/07/03 10:58

皆さまの全国レベルでの問題の論議が多い中、
個人の地域レベルの話で恐縮ですが
私の地域広島県は統計によると、全国都道府県中11番か
12番目に在日が多いと最近知りました。
大阪や東京のように明確なコミュニティーらしき居住区はありませんが、特に私の住む地域は人口の割合にしては異常だと思える程パチンコ店が多いのです。
大げさに言うとまるで「カジノの街」です。
この地域に異動で生活安全課で配属されたおまわりさんはおこずかい(袖の下)が増えるからおいしいハズ。

でも観光地でもない。どちらかと言えば発展する産業もない寂びれた地方都市の一部の地域です。

もう一つの特色は部落問題です。
同じ市のあちこちに被差別部落と言われた地域が点在しています。
学校教育もこの地域では被差別部落問題をカリキュラムに組んでいます。
この被差別部落としての扱いを受けて来た方々は現在
処遇はかなり改善されたどころか市政を牛耳っていると
思えるほど特権があります。
現在の市長も被差別部落の方です。
この地域の公務員採用(市役所)では「部落枠」があり、一般採用とは別で優遇採用されます。
市のごみ処理業も独占です。
この市の職員の数は他の市と比べると多すぎると言われています。

またここは日教組の力が強い地域でもあり、
左翼思想色が濃い地域とも言われています。

話は戻り、在日についてですが
このコメントの前に
よれこ様に回答頂き、そのお礼のコメントにも少し
書いたのと重複しますが、
勝手に日本に住み着いておいて
戦後のドサクサで土地(特に駅前一等地)を奪い取り
そこにパチンコ店や焼き肉屋を開いて(サラ金も)
ボロ儲けしておいて特権まで与えてもらっている。
その図式でもう味をしめてしまってます。
現実に通用してるから居心地がいいはずです。
この図式が変わらない限り。
私はこの三拍子も四拍子もそろった地域に生れ育ちましたが、もうここに税金を落としたくない気持ちでいっぱいです。
長々と愚痴って申し訳ございませんでした。m(_ _)m


投稿: gavor | 2014/07/03 18:08

>アクアビットさま
英国には憲法がありませんから解釈改憲という概念自体がありません。
中国の憲法前文の中ほどには「中国は共産党が指導する」と書かれていますから、憲法の上に君臨する共産党はそもそも憲法などには縛られません。イスラム国でも憲法の上に宗教指導者が居てこの方が世界標準です。日本の左翼がよく言う「憲法は権力を縛るもの」なんてのは世界では少数派です。
 

アメリカ憲法には「主権」と「人権」という言葉が見当たりません。
これは大衆扇動者によって衆愚政治に落ちいるのを防ぐためであって、民衆の意見を直接政治に反映させない仕組みなのです。だって古代ギリシャの民主政治も100年持たなかったでしょう?
プラトンも「君主政治は君主の堕落で崩壊し・民主政治は民衆の堕落によって崩壊する」と言っています(彼の著書「国家」より)
ゆえに
感情的論法で「ことさらに立憲主義」などと大仰に騒ぎたてるとこそ民主主義を破壊する行為なのです。
 

戦前の大日本帝国憲法には「総理大臣」という官職が記載されておらず、これが軍部の台頭を招きました。
近衛文麿首相は軍部を抑えるために総理大臣の権限を強める憲法改正を提案しますが、軍部や右翼に「統帥権の干犯だ!」と反対されこれが日本の敗戦につながります。
いつの時代も
国を滅ぼすのは「護憲派」なのです。
 

現日本国憲法の最大の欠点は
「フリーライダー(タダ乗りする者)に弱い」
ということです。
つまり「オレオレ詐欺」の被害者のように悪意ある外国から全財産を引き出されてしまうということです。
 

だいたい日本は平安時代の350年間に「軍隊と警察を廃止」しました。これは世界最長です。
ですから日本人は基本的に平和主義者であり、歴史上の独裁者もすぐ暗殺されてしまった織田信長以外見当たりません。
こんな平和主義者の日本人が自ら戦争を始める可能性などほとんどないということです。

開戦を決意した東條内閣も
陛下から「国民を不幸にしないでくれ」と頼まれ、開戦派から和平派に転向した東條首相でしたが、朝日新聞に煽動された国民から「弱虫東條は戦争もできないのか!」「東條など死んでしまえ!」という手紙が段ボール一杯首相官邸に送りつけられ「・・・これでは私が殺されかねない・・・いっそのことそれなら私の内閣で開戦しころ合いを見計らって停戦しよう」ということで戦争を始めてしまったのです。
つまり当時の東條首相が気が弱かったのであの戦争が始まったのです。強い内閣だったら戦争は起きなかったということです。
 

あと・・・
1946年の現憲法制定時
日本共産党は国会審議でも投票でも「反対票」を投じています。
日本社会党も審議では憲法反対の質問をしています(投票では賛成したが)。
これは現在の争点とは違い・・・
9条にも反対でしたが、むしろ「資本主義憲法だから反対」という論理でしたが・・・(財産権の尊重が主な争点だった)
また日本共産党は現在でも憲法改正草案を持っていますから護憲政党ではありえないのです。
 

日本の周辺国
中国・韓国・北朝鮮・ロシアには全部「徴兵制度」があります。・・・というか社会主義国には100%徴兵制度があるのです。
その社会主義国を目指す左翼が日本で「徴兵制反対」を唱えるなど「悪い冗談」ということですね。
 

また
マルクス・エンゲルスの共産党宣言には
「あらゆる秩序を”暴力で”破壊することを宣言する」
と書かれていますから 左翼や共産主義者が平和主義者であるはずがないのです。
 
・・・まだまだありますが、取り敢えずこれぐらいで如何でしょうか?

投稿: 柳生大佐 | 2014/07/04 02:00

>アクアビットさま
追記

現日本国憲法前文には「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない・・・」(国際協調主義)と書かれているのであるから、集団的自衛権は当然ながら認められると解釈するのが法律の常識である。
 

またシートンの動物記には
人間に妻を捕らわれた狼王ロボが単身死地に赴く話
子狐を人間に捕らわれた母狐が鎖を噛み切ろうとしたが果たせず罠の毒を与えてわが子を殺し故郷を去る話
・・・など
人間に屈することを拒否する誇り高い野生動物の話が多く紹介されている。
動物でさえ「命を越える価値」があることを知っているのである。
 

これに比べると
昨今のマスコミなどで紹介されている「命が大事」などと連呼する自称平和主義者たちの何と浅ましいことか・・・
犬畜生にも劣る奴隷根性
と言うべきだろう。
「生命のみ生きて 魂は死んでよいのか!」
http://www.geocities.jp/kyoketu/61052.html

投稿: 柳生大佐 | 2014/07/04 02:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59911784

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使容認は東アジアの平和への道:

» 逆が正解 [文句言いのたわごと]
田母神さん、論理すっとばし結論(^^;; 左翼の主張の逆が正解\(^o^)/ [続きを読む]

受信: 2014/07/03 00:27

« 北海道議会議員・小野寺まさるさんのtweetが痛快! | トップページ | やっぱり狂っている。 間違いなく腐っている。朝日 »