« 有田芳生としばき隊は左翼ファシスト!カスとゴミ! | トップページ | 大人になってもまだマルクスにかぶれてる奴はもっと馬鹿 »

2014/07/06

なぜ、今、集団的自衛権を容認しなければならないのか

私はね。
朴槿惠という政治家は、もう少しまともだと思ってましたよ。
大統領になるまでは。

でも、前任の李明博よりひどい。
「東アジアのお笑い芸人」と呼ばれた盧武鉉と同レベル。
いや、もっとダメかも(爆)

つくづく思う。
この半島国家は自立できない、属国根性の抜けない国だと。
ロシアと日本の狭間で足下が定まらず、結局、日本に併合された。
で、今、米国と中国の狭間で揺れている。

この国には主体性と言うものがない。
自己中心的で弱い者をいじめる。
強者には媚びへつらう。
言ってることはデマと捏造。

この国の大統領になったら朴槿惠が限界なのかも。
父親の朴正煕みたいに独裁政治を敷かない限り。

韓国と韓国人の特性を表しているのが、中国の習近平による4日のソウル大学での講演に対する反応。
習は講演の中で、「激しい抗日戦争のなかで、両国の人々は生死を共にし、全力で助け合った」と述べた。
「戦時中、中韓両国の国民が連帯して日本に抵抗した」と強調した。

こんなデマに反論せずに、むしろ肯定的に受け入れる韓国人て何なの?
韓国・朝鮮は日本と戦っていない。
と言うか、逆に日本軍の一員として中国と戦った。
これが紛う方ない真実だろ!
実際のところ、数多くの朝鮮人が「戦犯」にされたじゃないか(爆)

朝鮮戦争で死亡した韓国人は約200万人とされているが、その実行犯は中国じゃないのか?
殺戮犯=中国が憎くないのか?
中国の犯罪は中華だから忘れて、日本の行為は東夷だから許せない、ってか(爆)

下の画像を見てくれ。
日本の勝利を祝って万歳をしながら行列する韓国・朝鮮人の姿だ。
忘れたのか?

Chosen

ところで、話は変わるけど、集団的自衛権の行使容認に反対する連中も韓国・朝鮮に似てるね。
ジコチューで、上から目線で、おまけにデマと捏造。

以下に「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答―を掲載するから勉強してね。
反日・変態のみなさん!

そう言えば、集団的自衛権の行使容認に反発しているのは中国と韓国だけだな。
ASEAN諸国は総じて賛成。
やっぱり反日・変態は中韓の手先と同然、と言うことか!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

----------------------------------------------------------------

以下、拡散希望!

【一問一答】「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」に関する疑問にお答えします。⇓

「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答
(内閣官房)

【問1】 なぜ、今、集団的自衛権を容認しなければならないのか?

【答】 今回の閣議決定は、我が国を取り巻く安全保障環境がますます厳しさを増す中、我が国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るため、すなわち我が国を防衛するために、やむを得ない自衛の措置として、必要最小限の武力の行使を認めるものです。

【問2】 解釈改憲は立憲主義の否定ではないのか?

【答】 今回の閣議決定は、合理的な解釈の限界をこえるいわゆる解釈改憲ではありません。これまでの政府見解の基本的な論理の枠内における合理的なあてはめの結果であり、立憲主義に反するものではありません。

【問3】 なぜ憲法改正しないのか?

【答】 今回の閣議決定は、国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るために必要最小限の自衛の措置をするという政府の憲法解釈の基本的考え方を、何ら変えるものではありません。必ずしも憲法を改正する必要はありません。

【問4】 国会での議論を経ずに憲法解釈を変えるのは、国民の代表を無視するものではないか?

【答】 5月に総理が検討の方向性を示して以降、国会では延べ約70名の議員から質問があり、考え方を説明してきました。自衛隊の実際の活動については法律が決めています。閣議決定に基づき、法案を作成し、国会に十分な審議をお願いしていきます。

【問5】 議論が尽くされておらず、国民の理解が得られないのではないか?

【答】 この論議は第一次安倍内閣時から研究を始め、その間、7年にわたりメディア等で議論され、先の総選挙、参院選でも訴えてきたものです。5月に総理が検討の方向性を示して以降、国会では延べ約70名の議員から質問があり、説明してきました。今後も皆様の理解を頂くよう説明努力を重ねます。

【問6】 今回の閣議決定は密室で議論されたのではないか?

【答】 これまで、国会では延べ約70名の議員からの質問があり、総理・官房長官の記者会見など、様々な場でたびたび説明し、議論しました。閣議決定は、その上で、自民、公明の連立与党の濃密な協議の結果を受けたものです。

【問7】 憲法解釈を変え、平和主義を放棄するのか?

【答】 憲法の平和主義を、いささかも変えるものではありません。大量破壊兵器、弾道ミサイル、サイバー攻撃などの脅威等により、我が国を取り巻く安全保障環境がますます厳しくなる中で「争いを未然に防ぎ、国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るために、いかにすべきか」が基点です。

【問8】 憲法解釈を変え、専守防衛を放棄するのか?

【答】 今後も専守防衛を堅持していきます。国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを、とことん守っていきます。

【問9】 戦後日本社会の大前提である平和憲法が根底から破壊されるのではないか?

【答】 日本国憲法の基本理念である平和主義は今後とも守り抜いていきます。

【問10】 徴兵制が採用され、若者が戦地へと送られるのではないか?

【答】 全くの誤解です。例えば、憲法第18条で「何人も(中略)その意に反する苦役に服させられない」と定められているなど、徴兵制は憲法上認められません。

【問11】 日本が戦争をする国になり、将来、自分達の子供や若者が戦場に行かされるようになるのではないか?

【答】 日本を戦争をする国にはしません。そのためにも、我が国を取り巻く安全保障環境が厳しくなる中で、国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るために、外交努力により争いを未然に防ぐことを、これまで以上に重視していきます。

【問12】 自衛隊員が、海外で人を殺し、殺されることになるのではないか?

【答】 自衛隊員の任務は、これまでと同様、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるというときに我が国と国民を守ることです。

【問13】 歯止めがあいまいで、政府の判断次第で武力の行使が無制約に行われるのではないか?

【答】 国の存立を全うし、国民を守るための自衛の措置としての武力の行使の「新三要件」が、憲法上の明確な歯止めとなっています。さらに、法案においても実際の行使は国会承認を求めることとし、国会によるチェックの仕組みを明確にします。

【問14】 自衛隊は世界中のどこにでも行って戦うようになるのではないか?

【答】 従来からの「海外派兵は一般に許されない」という原則は全く変わりません。国の存立を全うし、国民を守るための自衛の措置としての武力の行使の「新三要件」により、日本がとり得る措置には自衛のための必要最小限度という歯止めがかかっています。

【問15】 国民生活上、石油の供給は必要不可欠ではないか?

【答】 石油なしで国民生活は成り立たないのが現実です。石油以外のエネルギー利用を進める一方で、普段から産油国外交や国際協調に全力を尽くします。

【問16】 日本は石油のために戦争するようになるのではないか?

【答】 憲法上許されるのは、あくまでも我が国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るための必要最小限の自衛の措置だけです。

【問17】 従来の政府見解を論拠に逆の結論を導き出すのは矛盾ではないか?

【答】 憲法の基本的な考え方は、何ら変更されていません。我が国を取り巻く安全保障環境がますます厳しくなる中で、他国に対する武力攻撃が我が国の存立を脅かすことも起こり得ます。このような場合に限っては、自衛のための措置として必要最小限の武力の行使が憲法上許されると判断したものです。

【問18】 今回の閣議決定により、米国の戦争に巻き込まれるようになるのではないか?

【答】 憲法上許されるのは、あくまで我が国の存立を全うし、国民の命を守るための自衛の措置だけです。もとより、外交努力による解決を最後まで重ねていく方針は今後も揺らぎません。万が一の事態での自衛の措置を十分にしておくことで、却って紛争も予防され、日本が戦争に巻き込まれるリスクはなくなっていきます。

【問19】 今回の閣議決定により、必要ない軋轢を生み、戦争になるのではないか?

【答】 総理や大臣が、世界を広く訪問して我が国の考え方を説明し、多くの国々から理解と支持を得ています。万が一の事態での自衛の措置を十分にしておくことで、かえって紛争も予防され、日本が戦争に巻き込まれるリスクはなくなっていきます。

【問20】 今回の閣議決定によっても、結局戦争を起こそうとする国を止められないのではないか?

【答】 日本自身が万全の備えをし、日米間の安全保障・防衛協力を強化することで、日本に対して戦争を仕掛けようとする企みをくじく力、すなわち抑止力が強化されます。閣議決定を受けた法案を、国会で審議、成立を頂くことで、日本が戦争に巻き込まれるリスクはなくなっていきます。

【問21】 武器輸出の緩和に続いて今回の閣議決定を行い、軍国主義へ突き進んでいるのではないか?

【答】 今回の閣議決定は戦争への道を開くものではありません。むしろ、日本の防衛のための備えを万全にすることで、日本に戦争を仕掛けようとする企みをくじく。つまり抑止力を高め、日本が戦争に巻き込まれるリスクがなくなっていくと考えます。

【問22】 安倍総理はなぜこれほどまでに安全保障政策が好きなのか?

【答】 好き嫌いではありません。総理大臣は、国民の命、平和な暮らしを守るために重い責任を負います。いかなる事態にも対応できるよう、常日頃から隙のない備えをするとともに、各国と協力を深めていかなければなりません。

自衛の措置としての武力の行使の新三要件

○ 我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること

○ これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと

○ 必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

makotoban

■育毛剤を費用対効果で選ぶなら

税込6本で7,900円■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】

税込6本で7,900円■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)

|

« 有田芳生としばき隊は左翼ファシスト!カスとゴミ! | トップページ | 大人になってもまだマルクスにかぶれてる奴はもっと馬鹿 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

紹介されている、内閣官房の一問一答集は非常に良いと思います。
消費税増税法案や、秘密保護法のときにも、
そういった具体性のある一問一答集を「目立つ場所」に
提示しておいた方が良いと思うんですが、いかんせん、
政府も自民党も、そういう動きはまだまだニブいなと感じています。
内閣官房のサイトは、じかに行ける時以外は見つけることも難しいと思います。

どうせマスコミ(特にテレビ)は味方をしてくれないとわかっているはずです。
ネット世論くらいしか頼りにならない。
だから、「目立つ場所」に、「巷で言われていることに対する答え」を
掲げる工夫がもっとあって良いと思いますね。
政府にも、自民党にとっても、それはかなり重要な仕事だと思うのですが・・・

投稿: 鳩槃荼 | 2014/07/06 21:02

親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E6%97%A5%E5%8F%8D%E6%B0%91%E6%97%8F%E8%A1%8C%E7%82%BA%E8%80%85%E8%B2%A1%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%B8%B0%E5%B1%9E%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%B3%95

これが表しているように韓国を韓国として成り立たせている基礎が反日というものです。
ですから、反日をやめるということは韓国を否定し、大きな自己否定をするということでしょう。
それよりは嘘で作り上げた物語に浸っていたいのでしょうし、事実に基づいて自国の歴史を作り上げるという意思はないのでしょう。

それはそれでいいのでしょうが、その結果日本が迷惑を受けることは許せません。

もともと支那の第一の子分、小中華としての自負心とその下に化外の地という意識で長い年月を過ごして来ただけにもう心底韓国人には染み付いた無意識の意識のようなものではないでしょうか。

しかも今も幼少から反日教育をしていては日韓友好などあり得ません。

それほど根の深いものであるという事を日本人はもっと広く知るべきなのですが、反日マスメディアの努力のお陰で一般日本人にはなかなか本質が理解出来ない状況だと思います。

反日マスコミはともすると「日韓友好」または「日中友好」を基準として日本政府に特定国の言動は無視して要求しますが、韓国が中国に接近することこそなにか自然な感じでそうすれば色分けも明確になりよろしいのではないかと思います。

その明確さは何れ米国も感じるところとなり日本に「日韓友好」を求めることも減少するのではないかと思えます。

投稿: Pin | 2014/07/06 23:31

イソップの「ずるいコウモリ」

鳥と獣の間で大戦争が始まるというので、双方が仲間を集めていました。
ある日、鳥の群れがコウモリの所にやってきて、「いっしょに来い」と云いました。
すると、コウモリは「俺は獣だ」といって断りました。
ある日、獣の群れがコウモリの下を通りすぎ、「いっしょに来い」と云いました。
すると、コウモリは「俺は鳥だ」といって断りました。
幸いにして、戦争が始まる直前に和平となりました。
コウモリは喜び騒いでいる鳥の群れにやってきて「仲間に入れてくれ」といいました。鳥の群れが一斉に振り向いて敵意の視線をあびせるので、コウモリは退散しました。次にコウモリは、獣の群れにやってきて「仲間に入れてくれ」といいましたが、八つ裂きにされそうなので一目散に逃げるしかありませんでした。コウモリは「あ、そういうことか」と、やっと分かったようです。

 上記は、イソップの「ずるいコウモリ」の原文を探し出して私なりに訳してみたものなので、子供向けの童話として書かれているものより原典に近く、多少表現がぎこちないかもしれません。

 韓国人の行動様式は、まさに「ずるいコウモリ」そのものだと思います。もう、こういう卑劣漢らとは、「さよなら」するのが一番良い。

 また、集団的自衛権の論議について、日本がとるべき態度が「ずるいコウモリ」ではいられないことも、明らかにしてくれる童話だと思います。

投稿: 平野國臣 | 2014/07/07 02:10

> 坂様、平野殿

お久し振りでございます。 平野殿が仰る、

> ...日本がとるべき態度が「ずるいコウモリ」ではいられないこと...

は、将にその通りで、何故、集団的自衛権行使反対を叫ぶ輩は 「日本の国益」 をキチンと考えないのでしょうかねぇ。

安全保障という直接的な国益もそうですが、日本人の持つ「誠意」という国益を損なってしまっては、それに尽くした方々に顔向けできません。

⇒ 日本は米国の集団的自衛権行使の恩恵を受けながら、自国の外交的立場等の為に米国の自衛に協力しないというのは、正義と誠意の放棄です。

その様な輩が都合良く引用する 「平和憲法」 にも、「自国のみの...」とちゃんと書かれているのに。 

まさか、集団的自衛権に拠る安全保障を捨てて、個別自衛権で国防を完結させるよう、自衛隊の強大化が真の狙いだったりして?(笑)

まぁ、二言目には「米国の戦争に自衛隊を参加させる口実」とかのたまうので、知弱・情弱の戯言なんでしょうね。

日本は米国のイラク侵略戦争に協力しましたが、軍を送った国でも大した見返りは無く、口実とするその理由がありません。 もちろん、この様なケースでも米国の自衛戦争では有りませんので(たとえ自衛を目的としても)、憲法から派兵は出来ないでしょう。(解釈の問題ではなく、前文にその通り書いております)

呆れた大人が増えてしまったのは、一体、誰の策略なのかと疑うこの頃です。

投稿: ムフフ | 2014/07/07 09:54

負け犬洗脳を受けた日本人には解らないでしょうが、終戦後も世界大戦は続いていました。中国の内戦は東京裁判の最中に起こり、朝鮮戦争は平和憲法が施行されて2年後に起きています。アジア・アフリカの独立戦争も活発化しており、巣鴨に繋がれていた『戦犯』諸氏の心配もそこにあったのです。しかしながら、彼らは自己の意見を発表する機会を奪われ、占領政策に便乗する意見が世論を形成していました。

投稿: 名無し | 2014/07/07 12:23

アカヒるが火病状態なのは
支那共産党から脅しを受けているからでしょう。
プロパガンダ紙としての影響力低下が著しくて
経営が傾くアカヒるから支那マネーを引き揚げられたら
一巻の終わりです。
だからなりふり構わず反対するのです。
自分たちが少数派であることを反日変態サヨクは認識しているでしょう。
しかし、少数派が多数派を牛耳るためには
客観報道の原則をかなぐり捨てて
民主主義を蹂躙することを
あからさまにやってのけなければならないところまで
追い込まれているということです。

アカヒるの読者が世間から白い目で見られるような時代が
一刻も早く到来することを願ってやみません。

投稿: やす | 2014/07/07 13:48

中国と韓国。本当に変な連中ですね。
これらは戦後の安定をまだ得ていない特殊な地域。ということなのでしょうか。
中共と中国(台湾)。南北朝鮮。まだ、内戦が終結していないのですね。
経済的にこれだけ大きな国が、実際には内戦中である。
ドイツやフランス。アメリカやカナダ。現在の普通の国ではありえない。
異常な状態の地域に接した我が国の特殊事情があればこそ、
国防は最優先の課題だと思います。

投稿: ポッと出 | 2014/07/07 17:10

先日友人と話していると集団的自衛権の話になったのですが、その友人はこのままでは徴兵制なるとか言ったので自分は、そんな金のかかることをまだ景気が完全に回復していない世の中でやるか、それに世界中で志願制に移行している中でそんなことがあるかと言ったら、国民のことを考えていないからそんなことを無視して徴兵すると言われました。そこで憲法18条を持ち出したら、9条を無視する奴らがそんなものを守るわけないと言われました。埒が明かないので話はやめましたがこうゆう人を説得する方法ってあるのでしょうか?どなたか助言を頂きたいのですが

投稿: アクアビット | 2014/07/08 14:39

>アクアビットさん
日本周辺の中国・韓国・北朝鮮・ロシアには全部「徴兵制度」があります。特に世界中の「社会主義国には100%徴兵制度」があります。
ですから社会主義国を目指す左翼が徴兵制度が無い日本を心配するのはおかしな理屈です。
 

また
1946年(昭和21年)の現憲法制定時
日本共産党はこの憲法に反対票を投じています。
http://snn.getnews.jp/archives/181858
(東京新聞の編集福主幹長谷川幸洋氏の証言)
日本社会党は投票では賛成票を投じましたが、国会質問では反対の立場で質問しています。
当時の左翼政党は9条にも反対でしたが、むしろ29条(財産権の不可侵)の方を「資本主義憲法だ!」と反対したのです。社会主義を目指す左翼政党が資本主義憲法に賛成するのはおかしな理屈だからです。
 

また日本共産党は現在でも「日本人民共和国憲法草案」という改正憲法を保持しています。ご覧になりたければググッてみてください。護憲政党が改正憲法を持っているのはまことに矛盾していますね。
 


現憲法制定時 旧憲法(大日本帝国憲法)には・・・
第75条 摂政を置く間 憲法・皇室典範を変更してはならない
・・・という条項がありました。昭和21年米国占領軍が駐留し日本が主権が奪われていた時代ですから昭和天皇に統治権は無く「摂政」がマッカーサー司令官の時代だったのです。
また国際法の「ハーグ陸戦法規」43条では
「占領地での現地法律の尊重」が謳われています。
ゆえに国内法・国際法両方に違反して成立した現日本国憲法こそが「憲法違反」です。
 

1977年に「ダッカハイジャック事件」が起きて
福田赳夫内閣は(憲法を無視して)「超法規的措置」として服役中の赤軍派6名を釈放し16億円の身代金を払いました。現在でも赤軍派5名が国際指名手配中です。
これもまた「憲法違反」です。
 

また2011年の東日本大震災(3・11)後の5月に菅直人首相は法律の定め(故障でない限り原発の停止は命令できない)を無視してメモ用紙1枚で「浜岡原発を停止」しました。
これもまた「憲法違反」です。


↑これら3件の事例
「護憲派」は全部賛成しています。
「改憲派」は全部反対しました。
 

つまり歴史の示すところ・・・
憲法違反を行うのは常に護憲派なのです。

投稿: 柳生大佐 | 2014/07/08 16:48

>韓国・朝鮮は日本と戦っていない。
>と言うか、逆に日本軍の一員として中国と戦った。
>これが紛う方ない真実だろ!

みんな知っているだろうけど、とりあえずおさらい。
南トンスランド国定教科書では…

朝鮮戦争:
①太平洋戦争終結と同時に大韓民国独立。
②満洲から来た日本人引揚者が朝鮮半島に侵攻。
③半島の北半分を占領。更に南進を続ける。
④韓軍が国連軍を従え、日本軍を38度線まで押し返す。
⑤日本軍が北半分に傀儡政権をつくる。

40歳以下の世代は盲信する者が9割超えてるとか…

投稿: ジェットストリームアチャー | 2014/07/09 00:01

>中国の犯罪は中華だから忘れて、日本の行為は東夷だから許せない、ってか(爆)

 まじ、民族に刷り込まれたそのDNAは、濃く引き継がれていますね。

投稿: 遊爺 | 2014/07/09 10:29

桐生大佐さん

ありがとうございます。やはり左翼は御都合主義の塊なんですね。まあ結局、左翼=革新なんで憲法反対しちゃえなんでしょうけど9条に限ってはいつの頃からか聖典の如く崇めていますよね。
そういえば日本人民共和国憲法のことは知っていましたが憲法制定当時の左翼が9条に反対していたのは意外ですね。どのような理由で反対していたのでしょうか?

投稿: アクアビット | 2014/07/09 16:35

>アクアビット様

日本からすると戦争ばかりしているように見えるアメリカですが、ベトナム戦争の末期に選抜徴兵制度を廃止。以後、湾岸戦争、アフガン、イラク戦争などに数十万の兵力を動員してますが、すべて志願兵でまかなっております。

NATO諸国は湾岸戦争には参加しましたが、ご存知の通りイラク戦争には英国が参戦、独仏は反対して不参加でした。但し、いずれの国も志願兵制のみです。

日本の自衛隊がアメリカ以上の兵力を世界中に展開し、しかも米兵以上に戦闘に巻き込まれて損耗する必然性が一体どこにあるのでしょうか?逆にお尋ねしたいです。


日本に比較的スケールが近いと思われるNATO諸国の兵制を見ると、英国やドイツなどは、今や集団的自衛権の行使を前提とする、海外での緊急展開部隊を中心とした編成となっています。これは機動力のあるプロフェッショナルの軍隊が、何かあったらすかさず火消しに駆けつけるというイメージですね。


ヨーロッパは歴史上二度に渡る悲惨な大戦を経験し、紛争を局地的なものに限定して拡大を防ぐ姿勢は徹底しております。シリアへの介入に最も積極的だったのはフランスのオランド大統領でした。オバマに梯子を外されてしまいましたが、そのオランドはばりばりの左翼で、社会主義者ですよ。

日本での安全保障上の論議は根本からずれています。故意に、満州事変あたりで歴史を止めていると考えざるを得ません。、
徴兵制と言っても日本で大量の兵員が必要となったのは満州国が成立してからでした。ソ連と長大な国境を接することになり、関東軍を拡充せざるを得なくなったせいですね。それに戦争末期の根こそぎ動員のイメージが強すぎるのかもしれません。

平時の日本帝国での徴兵検査に合格するのはよほど屈強の農村青年でした。同世代のせいぜい二割くらいではないでしょうか。不平たらたら都会出のへなちょこインテリなんて、まったくお呼びではありませんでした。
(笑)

それと徴兵があったのは大量動員を必要とする陸軍のみでした。海軍はすべて志願兵制です。終戦時の海軍兵力はざっと百万、ま、これがスライドできると考えれば、今の日本を守るには十分な数値ではないでしょうか。

投稿: レッドバロン | 2014/07/09 16:42

>アクアビットさん
昨年東京新聞の論説副主幹:長谷川氏が言うように・・・
http://snn.getnews.jp/archives/181858
「(9条では)日本を守れない」
という理由からです。

現日本国憲法が制定されたのは終戦後1年程度の昭和21年でしたが、この当時はGHQ民政局に左翼的職員が多く「共産党の野坂参三議長を首相にしよう」という動きもあったぐらい日本共産党とGHQとの関係が親密だったからです。・・・今からは考えられないことでしたが・・・

つまり日本共産党も政権党となる可能性もあったわけですから、真剣に日本の国防政策を考えなければならなかった・・・ということです。
 
しかしその後
GHQは(反共色の強い)共和党系のマッカーサーの力が強くなり、朝鮮戦争が起きると日本共産党の出番も無くなって現在のような護憲的言辞を弄するようになります。
まぁこれは日本共産党本部に9条反対から9条擁護に変わった経緯を聞こうと電話すると、すぐ電話を切られてしまいますので私の個人的な予想ですが・・・

投稿: 柳生大佐 | 2014/07/10 00:28

レッドバロンさん、ありがとうございます

やはり今の日本人にとって戦争とは太平洋戦争のような全面戦争でイメージが止まってますよね。戦争の常識などもこの70年でガラッと変わったというのに今だにそんなイメージを抱いていたら安全保障も何もできないですよね

投稿: アクアビット | 2014/07/10 07:23

桐生大佐さん、ありがとうございます

しかし共産党とGHQが繋がっていたとは意外ですね。レッドパージなんてあったくらいですから毛嫌いしているもんだと思っていました。まあGHQが日教組を作らせたようなもんですからそりゃそうですよね。

投稿: アクアビット | 2014/07/10 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/59938558

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、今、集団的自衛権を容認しなければならないのか:

« 有田芳生としばき隊は左翼ファシスト!カスとゴミ! | トップページ | 大人になってもまだマルクスにかぶれてる奴はもっと馬鹿 »