« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/26

価値観の共有をうたったキーフレーズが今年は消えた 

安倍晋三首相は、韓国に距離を置き始めたようだ。
窃盗犯が日本から盗んだ仏像を、司法判断で日本に返却できないようにする等々、韓国の法治にほど遠い実態は、皆さんにとって既知のことだと思う。
が、やはり決定的なのは、産経新聞前ソウル支局長が昨年10月に在宅起訴された事件だった。
韓国最大の日刊紙・朝鮮日報が報じた記事を後追いしただけで逮捕・拘留・起訴。
で、発信元の朝鮮日報にはお咎めなし。
この国が自由と民主主義に無縁なことを如実に示している。

で、留意すべきだと思ったのが、以下の讀賣新聞の記事(抜粋)。

■「法の支配に疑問」

 日本政府は昨年から、韓国政府への不信感を強めている。それが象徴的に表れたのは今月12日、安倍首相が国会で行った施政方針演説だ。韓国について「最も重要な隣国です」とだけ表現したのだ。

 昨年の演説では「基本的な価値や利益を共有する、最も重要な隣国です」と述べていた。価値観の共有をうたったキーフレーズが今年は消えた。外務省幹部は「昨年夏頃から、韓国の法の支配や報道の自由が疑問視され、『価値観の共有』は使わなくなった」と語る。コラムで朴大統領を中傷したとして、産経新聞前ソウル支局長が昨年10月に在宅起訴された事件が「決定打」になったという。

日韓遠い雪解け 国交正常化50年 「竹島の日」式典に政務官 3年連続

「価値観の共有をうたったキーフレーズが今年は消えた」
つまり、安倍首相は、「韓国は自由と民主主義の国ではない」と発信したわけだ。
私は、この判断は賢明だと思うし的を射ている。
言論・表現の自由を認めない、しかも政権の意向を司法が忖度して実践する―
こんな国は民主国家ではない!

Paku

しかも、この姿勢・体質は日本に対してだけではないようだ。

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の就任から丸2年となる25日、ソウル都心で朴大統領を批判するビラがまかれ、警察が捜査に乗り出した。

 警察によると、同日午後0時ごろ、朝鮮王朝の王宮、景福宮内から外部に向け朴大統領を批判するビラ約100枚がまかれた。同1時20分ごろには新村にある15階建てビルの屋上からビラが散布されているとの通報があった。

 ビラにはいずれも朴大統領と情報機関・国家情報院(国情院)の元院長、元世勲(ウォン・セフン)氏の写真が掲載され、国情院の大統領選介入などを批判する内容が書かれていた。大きさはA4用紙の半分ほどで、「民主主義を念願する市民」という団体名が入っていた。

ソウル都心で朴大統領の批判ビラまかれる 警察が捜査へ
聯合ニュース

反朴派が大統領批判のビラをまいて通報され、警察が捜査に乗り出す。
日本では絶対にありえない。
韓国と言う国の野蛮さを如実に示したニュースだ。

私は、これまで何度も書いたが、「日韓友好」など幻想に過ぎない。
日本を「仮想敵国」と考えている国との間に友好などありえない。

韓国を唾棄せよ!




もしかして、ストレス?今すぐストレス度チェック!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2015/02/25

朝鮮高校無償化より拉致された日本人奪還が先だろう?

朝鮮高校無償化より拉致された日本人奪還が先だろう?
と思うのが普通だと思う。

朝鮮高校は北朝鮮の学校。
援助するのは、拉致被害者とその家族に対する冒涜だよ!

それでも無償化の適用を求めるバカがいる。
しかも、朝鮮人だけではなく、活動家に日本人の方が多い、と言うのが理解しがたい。
コイツラは、拉致被害者家族の苦痛を理解できない宇宙人なのだろう。

 教育関係者や文化人らでつくる「日朝友好兵庫県民の会」は20日、神戸市中央区のJR元町駅前で、朝鮮高級学校の生徒への高校無償化適用を求める署名活動をした。同会は昨年から毎月1度、同駅前で署名活動を展開している。

 公立高校の授業料は徴収せず、私立高校生らには就学支援金を支給する制度が2010年4月に整備された。朝鮮学校も無償化の適用を申請したが、13年2月の文部科学省令改正で対象外となった。

 省令改正から丸2年となるこの日は、全国各地で同様の活動が実施された。元町駅前では同会の会員ら約20人が参加し、通行人に「教育を平等に受けられるようにしてほしい」などと呼び掛けた

(高田康夫)

朝鮮学校も無償化適用を JR元町駅前で署名活動 神戸

Choson_2

反日変態、親北朝鮮左翼を粉砕せよ!


もしかして、ストレス?今すぐストレス度チェック!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/23

安倍首相から誹謗中傷の直接の被害を受けている...
朝日新聞と共闘するウソツキ=民主・枝野幹事長

安倍首相のヤジ問題、やっぱりと言うか当然と言うか、朝日新聞、リキ入ってるね。
なんてったって宿敵だもんね、安倍首相は朝日新聞の。
だから、いかなる失策も見逃さない。
どんなに小さなものでも拡大して、安倍攻撃につなげようとする。

2月22日の紙面では、なんと社説で取り上げた。
タイトルは―(社説)首相のヤジ 敵意むき出し華もなし

社説は、以下のように始まる。

 先日の衆院予算委員会で、耳を疑う場面があった。

 民主党の玉木雄一郎氏が、砂糖業界団体の関連企業から西川農水相への寄付について、「脱法献金だと言わざるを得ない」と追及していた時のことだ。

 首相が自席からこんなヤジを飛ばした。

 「日教組!」「日教組どうするの、日教組!」

 玉木氏は「総理、ヤジを飛ばさないで」と繰り返し、見かねた大島理森予算委員長が「総理、総理も、ちょっと静かに」とたしなめた。

 NHKやネットで生中継されていた中でのこと。首相がどうしてこんなヤジを飛ばすのか、多くの人が首をひねったに違いない。

そして結びは、以下のとおりだ。

 最近の首相発言でもうひとつ気になったのは、中東の過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件にからむ答弁だ。

 周辺国への2億ドル支援を表明した首相スピーチによって、人質に危険が及ぶかもしれないとの認識はあったのか。参院予算委での共産党の小池晃氏の問いに、首相はこう答えた。

 「小池さんの質問はまるで、ISIL(「イスラム国」)に対しては批判をしてはならないような印象を我々は受ける。それはまさに、テロリストに屈することになると思う」

 そうだろうか。むしろ逆に「首相の答弁はまるで、『イスラム国』と闘う首相に対しては批判をしてはならないような印象を我々は受ける」と返したくなってしまう。

 後日の衆院本会議で自民党議員が、共産党の志位委員長の質問中に「さすがテロ政党」とヤジを飛ばした。首相の意を忖度(そんたく)したのかどうかは知らないが、悪質なレッテル貼りとしかいいようがない。謝罪に追い込まれたのは当然だ。

 国権の最高機関の中での話である。あきれるしかない発言はお断りしたい。

最初は安倍首相のヤジを「耳を違う」としながら、最後は「ISIL(「イスラム国」)に対しては批判をしてはならないような印象を我々は受ける」と言う当たり前の受け止め方を、「首相の答弁はまるで、『イスラム国』と闘う首相に対しては批判をしてはならないような印象を我々は受ける」と曲解する。
私も、共産党議員の質問は、「安倍首相のせいで日本人がテロの標的になった」と聞こえた。
しかも、「さすがテロ政党」と言うヤジまで安倍首相に結びつける。
朝日新聞は耳、と言うよりオツムが歪んでいる、間違いなく。
もう異常と言うしかない!

で、今日の紙面。
民主党の枝野幹事長に次のように語らせている。

■枝野幸男・民主党幹事長

 (衆院予算委で安倍晋三首相が「日教組!」とヤジを飛ばしたことについて)総理は自分に対するヤジには、あれだけ過剰反応して「やじらないでください」と言っていた。その舌の根も乾かないうちに、自分が、なおかつ議論と直接つながらないヤジを飛ばすのは、どう考えたっておかしい。お互いに議論をしている中で、エキサイトしてくることは私自身の過去を考えても否定しないが、(質問者の玉木雄一郎民主党衆院議員と)どっちが総理なんだという感じがした。私もあの人の誹謗(ひぼう)中傷の直接の被害を受けているが、本当にひどいなとあきれるだけだ。(大分市内で記者団に)

首相のヤジ「どっちが総理なんだ」 民主・枝野氏 2015/02/23 朝日新聞

Kakumaru

「私もあの人の誹謗(ひぼう)中傷の直接の被害を受けている」?
この枝野と言う民主党幹部も朝日新聞と五十歩百歩と言うしかない。

2014年10月30日の衆院予算委員会で、「政治とカネ」問題などの集中審議が行われた。
この場で安倍首相は、民主党を代表して質問に立った枝野氏に次のように反論した。

「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が影響力を行使しうる、指導的立場に浸透しているとみられる団体から、枝野氏は約800万円の献金を受けていた」

これに対する枝野氏の反論は次の通りだ。

「私は、首相も社会的な存在として認める連合(日本組合総連合会)加盟の産別とはお付き合いをしているが、そうした所の中にいろんな方がいる…」

もう笑うしかない。
実際、議場では失笑が漏れた。
連合加盟の産別とはJR総連のことだ。
JR総連については、警察庁が「JRという公共交通機関の組合に、過激派・革マル派が浸透している」と国会で答弁している。
枝野氏が知らないはずがないし、知らないとすれば過激派に対する認識が欠落している。

だから「そうした所の中にいろんな方がいる…」と言い逃れるしかなかったのだろうが、これをもってして「私もあの人の誹謗中傷の直接の被害を受けている」と朝日新聞に語るなど言語道断!政治家失格である。

朝日新聞と枝野民主党幹事長を糾弾せよ!

参照:安倍首相、衆院予算委で枝野氏とバトル “革マル発言”まで飛び出し…


もしかして、ストレス?今すぐストレス度チェック!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (7) | トラックバック (0)

与那国島への陸上自衛隊配備、住民投票で賛成派が圧勝

日本の最西端に位置し、尖閣諸島にも近い与那国島への陸上自衛隊(沿岸監視隊)配備の賛否を問う住民投票が22日(昨日)行われた。
即日開票の結果、賛成が632票で反対の445票を大きく上回った。

住民投票に法的拘束力はないが、反対票が上回れば配備反対派が勢いづき、沿岸監視隊配備の障害となりかねなかっただけに、とりあえず一安心と言うところだ。

それにしても、住民投票は僅差が予想されただけに、187票の差がついたのは、いい意味で驚きである。
平成21年と25年の町長選で、賛成派の外間守吉町長と反対派候補との得票差は、それぞれ103票と47票の僅差だった。
にもかかわらず今回は187票差、島民が自衛隊の駐屯にかける期待の大きさを感じさせる。
過疎、高齢化の抑止効果は間違いなくあるからだ。

それに、住民投票の投票資格を選挙権のない中学生41人や永住外国人5人にも与えたことに反発が湧いたのではないか。
反日変態左翼のなりふり構わぬ反対・妨害活動...普通の人なら反感を持って当然だろう。
また、これは重要なことだが、自治体が政府の専権事項である安全保障問題で住民投票を行い、しかも外国人にも投票権を与えたことは憲法違反である。
島民は「憲法違反」とまでは認識しなかったかもしれないが、強い違和感を覚えたであろうことは想像に難くない。

Yonakuni2

「基地があるから攻撃される。基地がなければ攻撃されない」と言う反日変態左翼の倒錯した論理はここに粉砕された。
国土を守る意思のない国家は侵略される。
それは歴史が証明している。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」憲法が、いかに空論であるか。
今後ともそれを訴えていきたい。
今回の投票結果を見て、その思いをさらに強くした。


休息サプリ ネ・ムーンプラス


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015/02/21

階猛たちのやったことは大衆団交≒人民裁判≒糾弾会

19日のエントリで

昨日(18日)の、民主党のバカ議員とNHK籾井氏のバトル、ご覧になりましたか。
面白かったですね。

と書きました。

で、なんで面白かったのか?と冷静に振り返ると、左翼学生運動の大衆団交を思い出したから、だと気づきました。
もちろん、当時の私は当事者だったわけですが、学長や教授を軟禁し、吊し上げ、罵声を浴びせる...
まさに「そっくりです」よ。

そのバカさ加減、無意味さ、むなしさ、そしてその独善と傲慢を実体験しているので、つい面白おかしく見えてしまったのだと思います。
要するに「醜悪」という形容詞のつく「茶番劇」
石平太郎さんも同様に感じたようです。
彼は、大衆団交ではなく、昔の紅衛兵のやる「吊るし上げ」とはそっくりそのまま―と受け止めたようです。

石平太郎 @liyonyon  · 2月18日

民主党議員団がNHK会長を怒鳴り散らす場面をみていると、中国共産党の人民裁判や昔の紅衛兵のやる「吊るし上げ」とはそっくりそのまま。この党は単なる中国共産党の日本支部なのか。民主党議員たちは日本版紅衛兵のままで議員になったのか。とにかくこのような政党に二度と政権を任せられないのだ。

0件の返信   1,736件のリツイート   439件のお気に入り

Shina

私は、部落解放同盟(解同)の「糾弾会」にも顔を出したことがありますが、階猛(しなたけし)たち民主党議員のやったことに肉体的恐怖を追加すれば、まさに解同の「糾弾会」そのものです。
そこにあるのは人権蹂躙、人格破壊。

民主党の一部議員も、「我が党議員の言動にも厳しい声をいただいています」と書いているが、認識が甘すぎます。
あれは、間違いなく民主党のイメージをさらに悪くさせた。

蓮舫 @renho_sha  · 2月19日

NHK籾井会長との我が党議員の言動にも厳しい声をいただいています。議員には節度ある言動をと話したいと思います。
他方、国民が払う受信料が収入の9割を占めるNHK。その報道機関のトップがまるで政府広報的発言をされるのは看過できません。

0件の返信   105件のリツイート   49件のお気に入り

蓮舫さんに言いたい。
「節度ある言動をと話したい」というレベルではありません。
大衆団交、人民裁判、糾弾会...と根底は同じです。

階猛に「蟄居」を命じてください!


漲る男の活力 クラチャイダムBLACK


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2015/02/19

民主党の呆れたパフォーマンスで籾井会長は辞任しない

昨日(18日)の、民主党のバカ議員とNHK籾井氏のバトル、ご覧になりましたか。
面白かったですね。
民主党のバカどもの狙いは見え見え(爆)
本来は、NHK中期経営計画の説明を聞くのが目的だったのに、会議は完全に「籾井会長吊るし上げの場」に。

籾井氏から失言を引き出し、攻め手に欠ける国会論戦の武器にしようと思ったのでしょうが、あの映像を見て「民主党を支持したい」と思った視聴者は皆無に近いのではないか。
民主党のバカ議員、特に階猛(しなたけし)は誰が見ても異常!
こういう政治家に一票を投じた有権者は猛省しないとね。

階の挑発に乗った籾井氏も反省しなければならないが、もっとも反省すべきは民主党だね。
おそらく、支持率は下がることはあっても上がることはない。
だって、バカ丸出しだもの。
誰が見てもパフォーマンス。
これじゃあ籾井氏を辞任に追い込むこともできないだろうし、安倍内閣は安泰のままだと思うな。
野党第一党がこんな調子じゃ安倍内閣、と言うか、自民党政権は永遠に続く。

では、以下に昨日のバトルを文字で再現します。

Shina

階猛衆院議員
「昨年の衆院予算委員会分科会で、籾井勝人会長は理事全員から辞表を預かったことについて『一般社会でよくあること』と言った。間違った事実を発信していたのではないか」

籾井NHK会長
「あるものはある。皆無ではない。言葉尻をとらえないでほしい」

階氏
「『一般社会でよくあること』が『皆無ではない』と同じ意味なのか。撤回してほしい」

籾井氏
「撤回しない。何を撤回するのか」

奥野総一郎衆院議員
「『政府のスタンスが見えないので放送は慎重に考える』との見解は取り消すのか」

籾井氏
「誤解を招いた。政府の言うことを聞くとか、そういうことではない」

奥野氏
「誤解を受ける発言は問題だ。取り消すことが国益にかなう」

籾井氏
「記者会見で言ったことだ。国会で言ったことではない」

後藤祐一衆院議員
「平成5年の河野洋平官房長官談話は、日本の公的見解と考えているのか」

籾井勝人会長
「いいと思う」

後藤氏
「村山富市首相談話についてはどうか」

籾井氏
「それも、今のところいいと思う」

後藤氏
「今のところとはどういう意味か」

籾井氏
「将来のことはわからないから」

後藤氏
「それはどういうことか」

籾井氏
「政権が変わり、新しい首相が『村山談話』は、もういりませんと言うかもしれない。今は、村山談話も河野談話も生きていると理解している」

後藤氏
「安倍晋三首相は、『村山談話』について、必ずしもひとつひとつの言葉をそのまま認めようという意見ではなさそうだ。『全体として引き継ぐ』と言っている。日本の公的見解がどうなのか微妙な時期だ」

玉木雄一郎衆院議員
「今月5日、参院予算委員会について報じた昼ニュースで、福山哲郎参院議員が質問し、『中東地域の専門家をもっと増やした方がいい』と政府に提案した。岸田文雄外相が、そういう方向でやりましょうと答えたが、ニュースは岸田氏が『政府として増やします』との発言を切り取った。福山氏の発言がまったくない。あたかも、政府が自主的に中東の専門家を増やすんだという報道になっていた。偏っているのではないか」

NHK担当理事
「ニュースは公平公正、中立、特定の政党に偏っていない。当然、政府の見解はそれなりに紹介するということだ」

玉木氏
「野党側から提案型の質問があり、それに政府が答えた際、提案の部分をカットして政府側の質問だけを答えた例を出してほしい」

理事
「それは不可能だ」

玉木氏
「不偏不党でやっていたのなら、数字で証明してほしい」

理事
「編集権に基づいて、あくまで公平公正、中立でやっている」

そして、会議終了後も延長戦が(爆)

階猛衆院議員
「『くだらん』て本当ですか、『くだらん』と思ってるのか」

籾井NHK会長
「発言ではないです」

階氏
「失礼だな」

籾井氏
「何が失礼だ、あなたこそ失礼」

階氏
「何、言ってるんですか」

籾井氏
「何を言ってるんですか、あなたどなり声でね」

階氏
「あなたの発言が質問とかみ合ってないから」

参照1:民主、次の照準はNHK会長 「慰安婦取り上げ慎重に」発言で糾弾、
     辞任要求 維新は擁護

参照2:NHK会長、過去の発言追及され民主議員とどなり合いに

民主党は今回、通常は非公開が多い部門会議をあえて全面公開しました。
マスコミにアピールしたかったのでしょう。
もう意図的なのが見え見えですよ。
視聴者は白けたと思うな。
産経新聞によると、ある幹部は献金問題がある西川公也農林水産相とともに「いい獲物をみつけた」と笑みを浮かべたそうだが、おそらく空振りですよ(爆×2)

それにしても
「不偏不党でやっていたのなら、数字で証明してほしい」
などとほざく真意が解りません。
知能が足りないんじゃないの?

民主党のバカ議員、特に階猛には「辞任せよ!」と言いたくなりました。


自信があります。濃密育毛剤BUBKA


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

【追記】
FNNより

階議員「失礼だよ」
籾井会長「何が失礼だ。あなたこそ失礼じゃないですか」
階議員「何言ってるんですか」
階議員「あなた、全く議論にならないですね」
籾井会長「ならないですね、あなたも」
階議員「あなたですよ」
籾井会長「あなたです」
階議員「あなたですよ!」

大爆笑!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015/02/16

少女に自爆を強いる過激派と戦前の日本は同じ-と朝日

百田尚樹氏の『永遠の0』が、テレビ東京で14、15日の2夜連続放映された。
この中で、特に印象深い場面があった。
特攻で死んだ兵士の孫に同行した新聞記者が、今は大企業の経営者に納まっている元特攻隊員を追求し、逆に論破される場面だ。
新聞記者は「特攻隊員の精神構造は自爆テロリストと同じだ」と非難し、軽蔑の表情を浮かべた。
これに対し、生き残った元特攻隊員は「自爆テロリストは一般市民を標的にする。特攻隊は敵兵士を攻撃する」と指摘したうえで、愛国心を「 洗脳」という記者に「マスコミが戦争を煽り世論を作った」と激しく反論した。

記憶に基づいて書いたので詳細は多少違っているかもしれないが、内容は概ね以上の通りだった。
で、特攻隊員と自爆テロリストを同列視する新聞記者は、明らかに朝日新聞がモデルだった。
「戦争を煽り世論を作ったマスコミ」も朝日新聞を指している。
「洗脳」であるとすれば、その責任の一端は朝日新聞にもある。
そのことに口をつぐみ、特攻隊員を自爆テロリストと同列視するから生き残った元特攻隊員の怒りが爆発したのだ。
この怒りを前にして、劇中の新聞記者は沈黙してしまった。

この件について百田尚樹氏自身が次のようにtweetしている。

百田尚樹 @hyakutanaoki

今夜、テレビ東京系列で『永遠の0』の第2夜が放送される。
原作にある新聞記者と元特攻隊員の激しいやり取りが、ドラマではしっかり使われている。
新聞記者は「特攻は自爆テロと同じだ」と言って、元特攻隊員に論破される。

2015年2月14日 21:02

Asahishinbun

ここで不思議なことが起こる。
テレビ東京で『永遠の0』が放映される直前、朝日新聞が「自爆テロと特攻を同列視するコラム」を掲載したのだ。
「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派」≒「70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国」
朝日新聞は1月13日、堂々とそう書いた。
まるで『永遠の0』で論破された意趣返しのように...

「素粒子」―1月13日

2015年1月13日 朝日新聞

 日中韓にそんな日が来るだろうか。独仏首脳が、イスラエルとパレスチナの指導者が隊列を組む姿に目を見張る。

    ☆

 欧州の自由と連帯のプラカードの裏側は寛容と多様性のはず。嫌悪や排斥が忍び込む風潮は日本のいまとも似て。

    ☆

 少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった。

この新聞は、慰安婦問題や福島原発事故での誤報+捏造を反省しているかのような記事を掲載した。
社長も責任を取って辞任した。
が、本質的には全く反省していない。
もう、骨の髄まで「反日」侮日」なのだ。
日本を侮辱し、攻撃することが正義だと思っている。

この新聞に未来はない。

朝日新聞をつぶせ!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook


自信があります。BUBKAスカルプケアシャンプー

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2015/02/15

与那国島の反日変態左翼を駆逐せよ!

日本の左翼は、この日本という国を貶め、弱体化させることだけが目的である。
だから私は、彼らを「左翼」ではなく「反日変態左翼」と呼ぶのだ。
どの国も、右翼であれ左翼であれ「愛国」=「国益の擁護」が大前提としてある。
が、この国の「左翼」とか「リベラル」と呼ばれる連中は「売国」を「正義」と勘違いし、当たり前のように自らが生まれ育った国を攻撃する。
その典型が、南の果て、与那国島で起きている。

 日本最西端の沖縄県・与那国島で、陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備を巡る住民投票が22日に投開票される。政府は陸自部隊の配備を、離島防衛の要と位置付けているが、投票結果次第では、部隊配備に影響を及ぼしかねない。国防などの国の根幹をなす政策について住民投票で是非を問うことには、問題点も指摘されている。(西部社会部 松下正和、政治部 白石洋一)

賛成派 経済対策で島に活力 反対派 定住で保守派増懸念

 投票まで約1週間となった2月13日、与那国町南西部の丘陵地(約25ヘクタール)には重機の音が響き、工事車両が行き交っていた。目の前には海が広がり、約110キロ先には台湾がある。沿岸監視部隊の駐屯地建設予定地では、造成工事が着々と進み、来年度末までに部隊配備を完了する予定だ。

 沖縄本島から与那国島までの間約500キロは、陸自部隊が配備されていない「空白域」だ。監視部隊は、領海、領空付近を通る艦船や航空機を監視するための沿岸監視レーダーなどを備える。2010年の防衛計画の大綱で、中国が沖縄県・尖閣諸島周辺などで海洋進出の動きを強めていることを踏まえ、南西諸島防衛を強化する方針とともに、与那国島を念頭に、南西諸島への陸自部隊配備が明記された。

 11年に部隊配備が正式に決まり、13年8月、配備の是非が争点となった町長選で、推進派の外間ほかま守吉しゅきち町長が勝利したことを受け、昨春から造成が始まった。

 問題は決着したかに見えたが、14年9月の町議選(定数6)で与野党が3人ずつ当選。与党側から議長を選出したため、野党提案の住民投票条例案が賛成多数で可決された。

 住民投票は1月23日に告示され、推進派と反対派の働きかけは熱を帯びている。両派の主張が書かれたビラが全戸に配布され、町中には看板やのぼりが乱立。国会議員や沖縄県議も訪れ、集落ごとに懇談会を開き票固めを図る。

町二分に困惑

 推進派は、「過疎・経済対策」を前面に出す。4950年に6000人超いた人口は今や、1500人を切る。隊員約150人とその家族が移り住むことで、税収増や配備に伴う関連予算による地域振興が見込まれ、人口減少にも歯止めをかけることができると主張する。「自衛隊に賛成する会」の金城信浩会長は、「ここで流れを止めるわけにいかない。与那国の未来は自衛隊と共にある」と力を込める。推進派の要請を受け、町が2009年、防衛省に陸自部隊の誘致を申し入れた経緯がある。

 一方、反対派は、部隊に設置される監視レーダーの電磁波による健康への悪影響などを訴える。ただ、反対派の本音は、自衛官150人の定住で保守派が増えることへの反発だ。13年の町長選では、反対派候補が47票差の僅差で敗れた。「住民投票を成功させるための実行委員会」の上地国生委員長は、「住民の1割を占める自衛官は、選挙の勝敗を決められる数だ。島の将来が左右される」と危機感を口にする。

 町を二分する住民投票に、困惑する声も少なくない。住民投票の有資格者が「中学生以上」とされたことに、中3女子の父親(41)は、「卒業や島外の高校受験を控えた大事な時期。友人との間でも意見が分かれているようで、島での最後の思い出がクラスを二分する投票では気の毒だ」と話す。

 中谷防衛相は13日の記者会見で、「手順を踏んで事業を実施し、予算も計上している」と述べ、住民投票で反対票が上回った場合でも、配備を進めたい意向を示した。投票結果に法的拘束力はないが、外間町長は「反対票が多ければ、町として非協力的な対応になる」と結果を尊重する考えを示す。今後、関連施設の整備などで議会の議決、承認が必要なケースも想定され、反対派町議は「反対の民意が示されれば、当然、承認はできない」と語っている。

国策問う住民投票 批判も

 国防や外交、エネルギーなど国の重要政策を問う住民投票は、これまでも何度か行われているが、混乱をもたらすことが多く、批判の声が根強い。

 沖縄県名護市では1997年12月、米軍普天間飛行場の移設問題を巡り、移設先となる海上ヘリポート(基地)建設の賛否を問う住民投票が行われ、反対が賛成を上回った。直後の98年2月の同市長選では、ヘリ基地反対派の候補が敗れ、住民投票結果と逆の民意が示され、「ねじれ」が生じた。政府関係者は「ねじれが混乱を招き、辺野古移転で遅れが生じた。合意を実行できない日本政府に米国が不信感を持ち、日米同盟にも少なからず影響があった」と指摘する。

 最近では、国の政策に対する反対運動と住民投票を結びつける動きに、否定的な動きも広まってきた。新潟県議会では2013年1月、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問うための住民投票条例案が否決された。自民党と民主党は「再稼働問題は県民投票になじまない」と反対した。同様の条例案は、東京都、大阪市、静岡県の各議会でも否決されている。

 与那国町の住民投票を巡っては、永住外国人や中学生にまで投票を認めていることへの疑問の声も出ている。高市総務相は13日の記者会見で、「外国人、それから(国政選挙の)投票年齢に達していない方々まで含めた住民投票が良いのか悪いのか、国会の中でも相当議論は分かれるのではないか」との認識を示した。

 東北大の河村和徳かずのり准教授(政治学)は、「住民投票は本来、地域で完結するテーマで実施すべきだ。今後は何を住民投票のテーマとすべきかについて、国会などで整理する必要がある」と指摘している。

陸自配備 揺れる与那国 沖縄本島から500キロ 「空白域」に監視部隊
2015年2月15日 読売新聞

Yonakuni_2

>反対派は、部隊に設置される監視レーダーの電磁波による健康への悪影響などを訴える。

これって、福島の原発事故で鼻血を出す人が増えた、と言うのとまったく同じレベル。
科学的根拠を示せと言いたい。
ウソでもデマでもいいからとにかく住民の不安を煽る...
変態左翼のプロパガンダの典型。

>ただ、反対派の本音は、自衛官150人の定住で保守派が増えることへの反発だ。

これは、もう、お笑いのレベルだな(爆)

>最近では、国の政策に対する反対運動と住民投票を結びつける動きに、否定的な動きも広まってきた。

当然だろう!
辺野古の問題もそうだが、国家の安全保障にかかわる問題を地方政治の争点にしてはならない。
もちろん、その地域の住民の意向を尊重するのは当然だが、それは絶対ではない。

>与那国町の住民投票を巡っては、永住外国人や中学生にまで投票を認めていることへの疑問の声も出ている。

これは反日変態の本質を余すところなく暴露している事実だな。
中学生まで巻き込む。
目的のためには手段を選ばず。
沖縄にへばりついている革マル派の所業じゃないか?
と勘ぐってしまうな。

与那国島の反日変態左翼を駆逐せよ!


脳内伝達物質を活性化!"うつ"サプリ【セロトアルファ】


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015/02/09

元極左が反日日本人の左翼脳について語る(再掲)

このブログの古くからの読者であれば、日本の固有種=「反日変態左翼」については、ご理解いただけていると思う。
が、新しい方は不思議に感じておられるのではないか?
米国のリベラルも西欧の左翼も基本は「愛国」=「国益第一」なのに、日本の左翼だけは「売国」。

一昨日に書いたTBS「報道特集」の金平茂紀というキャスター、昨日書いた元朝日新聞記者の植村隆、こういう連中がメジャーなメディアを跋扈する例は先進国では珍しい。
が、そこには日本特有の事情があるのだ。

そのあたりを理解していただくには、私の過去のエントリをお読みいただくのが手っ取り早いと思う。
以下に、日本の「反日変態左翼」について書いた過去のエントリを再掲する。

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

元極左が反日日本人の左翼脳について語る

2011/12/18

昨日のエントリに以下のような書き込みがありました。

>私が理解できないのは、このような韓国と同じ歴史認識を持つ
>日本人が少なからずいることである

お言葉ですが、共産主義運動にかつて身を置いた坂さんのお言葉
とは思えません(^◇^;) 坂さんが一番原因をご存じなのでは??

一本取られましたね。
確かに私は元、極のつく左翼でした。
戦前の日本は天皇を頂点とした侵略国家であり、アジアの民を蹂躙していた-
戦後の日本も帝国主義国家で、米国に追随してアジアを侵略している-
そして沖縄は、日米共同の侵略・反革命前線基地である-
などと当時の私は主張していました。
ベトナム戦争は米帝国主義という侵略者と民族解放を掲げる共産主義者との戦い-
これがベトナム反戦の理由でしたし、学生運動も米国と同盟する日本帝国主義打倒が目的でした。
日米安保反対も米軍基地撤去の運動も理由は同じです。

こんな過去を持つ私が反日左翼を理解できない?
そんなことないでしょう?
と思う方がいるのも当然ですね。

日本の左翼が反日なのは、まず国家観にあると思います。
左翼は、国家は支配者階級による統治機構であり、その本質は暴力装置と考えます。
以下は、ある左翼がレーニンの著した「国家と革命」を解説したものですが、彼らの国家観をよく表しています。

国家はなにかしら神秘的な民族の共同体といったものではなく、永久不変にその性格が変らぬというものではない。国家とは、その社会において経済的に支配的な一階級が、自己の利害を全社会に押しつけ、自らの支配のための「秩序」を防衛し、かくして政治的支配をおしひろげるための機構である。

古代奴隷制国家は奴隷所有者の、封建国家は封建貴族のそしてブルジョア国家は、ブルジョアジーの階級的利害を社会に強制するためのものであった。そこにおいては、自らの特殊な利害を全社会に共通な利害として主張するための、「武装した人間の特殊な部隊」を不可欠とする。

警察、監獄、軍隊などの暴力装置が国家権力の本質的な機能を果すものである。そうした特殊な暴力装置の存在こそは、国家が、諸階級の対立を調停したりする、階級対立から独立した機関ではなく、支配階級が、被支配階級を抑圧するためのものであることを証明している。まさに国家こそは、搾取階級が被搾取階級をしぼりとするための道具としての位置をもっているのである。

資本主義の帝国主義段階への推転とともに、階級対立に決定的な段階にまで進展し、国家権力の暴力装置は肥大化し、官僚的軍事的統治機構という寄生物が発達する。国家権力の暴力的寄生的性格はかつてなかったほどに強化されるのである。

つまり今の国家は、資本家階級が者階級を搾取するための道具と言うわけです。
そして警察や軍隊は被支配者階級を抑圧するための暴力装置です。
程度の差はあれ、左翼の国家観はこういうものではないですか。
私がそうでしたから。
社民党政審会長の阿部知子は、阪神・淡路大震災時の自衛隊を評して「軍隊は国民を守らない」と公式サイトに書きましたが、ここに左翼の本質がよく示されています。
仙谷由人元官房長官が「自衛隊は暴力装置」と発言したのも同じ線上にあります。
阿部は東大医学部、仙谷は東大法学部、医師と弁護士、知識人の典型ですよね。
が、二人とも極左のフロント(社会主義同盟)に属していた東大闘争時代の洗脳がいまだに解けていないのです。
そして、元慰安婦を募集して回り、韓国から国家勲章を授けられた高木健一弁護士は仙谷の盟友です。
なお、上記に書かれた「ブルジョアジー」とは「資本家階級」のことです。

私は沖縄戦で「日本軍が住民に集団自決を強要した」という主張も、上記の国家観、軍隊観が影響していると思います。
住民たちは生活が苦しい中で、国からの補償がほしいために便宜上そう主張したのでしょうが、左翼がそれを後押しして虚構が事実になってしまいました。
左翼は今でも「軍隊は国民を守らない」例として沖縄戦をよく挙げます。
が、「日本軍が住民に集団自決を強要した」というのはウソだ、という証言が当の沖縄県民からいくつも出ています。
それでもプロパガンダですから「日本軍が住民に集団自決を強要した」という虚構が引っ込められることはありません。

日本の左翼が反日である理由のもう一つは国家の転覆が目的だからです。
社民党や新社会党のルーツである日本社会党左派に大きな影響力を有していた向坂逸郎(元九州帝大教授)の持論は「戦争や恐慌がなければ革命は出来ない」というものでした。
つまり国民が困窮し国家が混乱するほうが革命のためには良いことだ、これが左翼の本音です。
国家は者階級を搾取し抑圧する資本家階級のためのものですから転覆させるのが当然、というわけです。
そのためには国家を疲弊させ国民を困窮させるのがいちばん。
国家が混乱するのは大歓迎なのです。
沖縄の普天間基地問題を見ればそれが如実に解ります。
今のままでは世界一危険と言われる米軍基地は半永久的に固定化されます。
それは、基地周辺に住む住民が半永久的に危険にさらされ続けるということでもあります。
が、左翼にとってはそのほうが良いのです。
反米・反基地運動を半永久的に続けられるからです。

レーニンは第一次世界大戦をロシア革命成就のための最大のテコとして利用しました。
まさに「帝国主義戦争を内乱へ」の実践です。
自国が帝国主義戦争を起こすに至ったら、者は自国の戦争での勝利のために闘うのではなく、戦争に乗じて階級闘争を激化させ現体制を打倒するために闘うべきだ―
ロシア革命ではこの考え方が成功しました。
ただ、大衆を組織するための直接のスローガンは「内乱へ」ではなく「パン・土地・平和」でした。
よく似ていますよね、沖縄の反基地運動と。
普天間基地撤去運動の基本は「住民の安全と平和」ですが、その実態は反米・反日米安保であり、中国や北朝鮮に対する武装解除です。
要するに米軍の存在が東アジアの抑止力として働いていることが許せないのです。
が、それをあからさまに言うと支持者が減るから「住民の安全と平和」を唱えるのです。

従軍慰安婦や強制連行、あるいは南京大虐殺も同じ構図です。
従軍慰安婦、強制連行、南京大虐殺の否定=戦前の歴史の肯定。
そのほかにも憲法改正、第9条の見直し、集団的自衛権の承認は戦争への道。
教育基本法の改正、愛国心の奨励、教育現場における日の丸・君が代の義務化は軍国主義への回帰。
もうことごとく現体制を弱体化させ、中国(中共)にひれ伏すためのプロパガンダです。

左翼は、現体制は国民のためのものではなく資本家階級(ブルジョアジー)を中心とした支配階級のためのものと認識しています。
だから現体制≒現国家を攻撃するためには売国も歓迎されることであっても否定されることではありません。
韓国に行き慰安婦とともに日本大使館に押し掛けるのも、南京大屠殺祈念館に資金援助するのも、中国に出かけて日本の首相の靖国参拝反対を煽るのも、すべては世の中を変えるため、より良くするため、という左翼なりの大義があるのです。

私は転向したのではなくコペルニクス的転回を果たして今があるわけですから、以上に書いた左翼の考え方、その行為、その立場をすべて否定します。

あと、米国GHQによる戦後支配も大きく影響していると思います。
ドイツではナチスが裁かれましたが、その伝統や文化が否定されたわけではありません。
ところが日本では戦争指導者が裁かれただけではなく、伝統や文化まで否定されました。
柔道や剣道まで禁止される、まさに日本の全否定です。
そして、メディアを使って日本の戦前を否定する情報を流し続ける。
これによって左翼だけではなく、保守であるべき自民党の中にも従軍慰安婦や強制連行に謝罪する輩が生まれたのです。
まあ、野中広務は元共産党員で北朝鮮のエージェントのような人物ですから別格です。
ただ、こんな男が一時的とはいえ自民党の最高実力者でした。
コイツを引退に追い込んだだけでも小泉純一郎の価値はある、と思いますけど。
それから野中の舎弟格の鈴木宗男。
ロシア利権と同和利権にまみれたこの政治家の仮釈放に、民主党だけではなく自民党の国会議員まで駆けつけた。
反日の根は深いです。

~文中敬称略~

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

以上を読んで、日本の固有種=「反日変態左翼」についてご理解いただければ幸いである。

Henoko_2


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook



| | コメント (6) | トラックバック (3)

植村隆には自らが犯した罪に対する自覚がないようだ 

元朝日新聞記者の植村隆には、自らが犯した罪に対する自覚がないようだ。
週刊文春と西岡力氏を相手に民事訴訟を起こしたこの醜悪な男は、今度は講演会と来た。

 朝日新聞記者時代に慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏(56)が8日、高知市で講演した。植村氏は集まった市民ら約300人を前に、「不当なバッシングには屈しない」と訴えた。

 講演で植村氏は、「執筆当時、韓国で慰安婦とは女子挺身隊のことを指した。他社の記者も同じ概念だった」などと、意図的なものはなかったことを強調し「私は捏造記者ではない」と主張した。

 さらに「(週刊誌の捏造報道などによって)非常勤講師を務めている北星学園大に対して脅迫文が何通も届いたり、家族の写真がインターネットにさらされる被害もあった」とし、「不当なバッシングには屈しない」と述べた。家族のことに触れた際には、声を震わせる場面もあった。

 植村氏は高知県出身。朝日新聞記者時代の平成3年、元慰安婦と名乗り出た韓国人女性の証言テープをもとに記事を執筆した。植村氏は1月、週刊誌の記事や論文で「捏造」と批判されたことが脅迫を受ける原因になったとして、文芸春秋などに損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。

 慰安婦に関する記事をめぐり朝日新聞は、十数回にわたって取り上げた自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏(故人)の「慰安婦を強制連行した」との証言について「虚偽だと判断」したとして、記事を取り消している。また、慰安婦と工場などに動員された女子挺身隊とを繰り返し混同した記事を掲載したことに関しても「誤用」と誤りを認めている。

 この日、県警は抗議行動などで混乱しないよう会場周辺の交通規制を実施。会場の入り口でも関係者らが、入場者をチェックする厳戒ぶりだった。

Uemura_2

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村氏が講演 声震わせる場面も 2015/02/08 産経新聞

「執筆当時、韓国で慰安婦とは女子挺身隊のことを指した」
だと(爆)
韓国で「慰安婦=女子挺身隊」だったとしても、日本人のオマエが同調することはあるまい。
「他社の記者も同じ概念だった」
だって(爆×2)
だからなんだ!と言うのだ?
韓国でそうだった、他社もそうだった、だから私はウソつきではない!
と言いたいのか?

植村!
オマエが記事を捏造したのは100%間違いない。
韓国がどうとか、他社がどうとかは関係がない。
そんなことを言っているから家族や職場にまで迷惑がかかるのだ。

オマエに残された道は、自らの非を認め謝罪する以外にない。
悪あがきをすると、ますますバッシングがひどくなるだけだ。
オマエを擁護する者は、今やごく少数に過ぎない。

朝日新聞がオマエを見捨てたのだ!
それすら解らないのなら、オマエはバカだ。

植村隆を糾弾せよ!


もしかして、ストレス?今すぐストレス度チェック!

【追記】
もう眠らなければ明日が持たないのだけれど、怒りを抑えきれない。
このエントリを植村隆に対する鉄槌にしたい


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015/02/08

後藤健二さんの死は安倍首相のせい、と言う声は極少派

昨晩のTBS「報道特集」で、金平茂紀というキャスターが、今回のISILによる後藤健二さん殺害について、原因は安倍内閣の対応のまずさにある旨を強調していた。
中東に行って余計なことをしゃべった、とか対策本部の設置が遅いとか、人質解放交渉が稚拙だったとか、とか...
で、その後、担当記者に話を振ったら、記者は「現地では、そもそも後藤健二さんが解放される可能性は低い、という見方が多かった。ISILによる宣伝工作の内実を知ってしまった後藤さんを解放するはずがない」と言う主旨の回答をした。
この時の金平キャスターの困惑した顔を見て笑ってしまった。
同じTBSの、しかも中東担当記者が、安倍内閣の対応云々に関係なく「後藤さんは解放されない」、そう現地では受け止められていた、と断じたからだ。

Kanehira

まあ、金平に限らず、国民の支持が高い安倍首相とその内閣に難癖を付けようという輩は後を絶たないけどね。
今や極少数派になったとは言え、朝日新聞やTBSに代表されるように、メディアや知識人の一部には「反日変態」が多いからそれも当然か。
以下の記事を読むとそのことを痛感する。

 「日本の悪夢が始まる」とイスラム国がビデオ声明を出したことを受けて、中東支援を表明した安倍晋三首相の責任論が、再び持ち上がっている。責任を問う声には疑問も相次いでおり、論議になっている。
 ジャーナリスト後藤健二さんの殺害を示した2015年2月1日のビデオで、イスラム国は、後藤さんを殺すだけでなく、「場所を問わずに日本人を殺りくする」と宣言した。

「NYに住む友人たちがみんな怒りまくっている」

 これに対し、日本政府も、あらゆるテロの可能性に備えて警戒を強化するなどの考えを示した。しかし、イスラム国の声明に戸惑う向きもあるようで、ツイッターなどでは、安倍首相の対応が不適切だったとして不満をぶつける声も一部で出ている。
 米ニューヨーク在住のジャーナリストの北丸雄二さんは、ツイッターで「NYに住む友人たちがみんな怒りまくっている」と明かした。電話をした友人らから、次のような声を聞いたというのだ。

「海外で働いている私たちをどうして危険にさらすような演説をしたんだ」
「私たちは平和を貫く日本人だったのに、安倍のせいで狙われる対象になった」

 フォトジャーナリストの豊田直巳さんも、ツイッターで、NHKの取材に答えたと報告したうえで、安倍首相の対応を批判した。「交渉を失敗した安倍政権による敵愾心の煽動が怖い」といい、取材に対し、「彼を殺すことを真剣に止めようとしなかった日本政府に対しても、何をしてきたんだという失望と絶望と憤りを感じます」と話したとした。
 ただ、NHKサイトのニュースでは、この部分はすべて反映されておらず、代わりに「日本政府はどう交渉していたのかという気持ちです」という表現になっていた。
 報道によると、元外務官僚や野党政治家からも、安倍首相の責任を問う同様な声が出ている。安倍首相が後藤さん殺害声明を受けて、「テロリストたちを絶対に許さない」「その罪を償わさせる」と強気なコメントをしたことも、疑問視されていた。

「政権批判を繰り広げることはイスラム国の思うつぼ」

 首相官邸前でも、イスラム国のビデオ声明後にデモがあり、安倍首相への批判が行われた。
 ツイッターなどの情報によると、デモでは、「湯川さん、後藤さんを殺したのはテロリスト。しかし、それに手を貸したのは安倍だ」「安倍首相の愚かな行為が国民を危険にさらしている!」といったプラカードが掲げられた。中には、「湯川さん 後藤さんのいのちを返せ」といったものまであり、安倍首相は日本人を危険にさらした責任を取って辞任すべきだなどとする主張が相次いだ。
 ロイター通信の報道などによると、安倍首相の対応については、一部の中東専門家らの間で、いくつか疑問点が出ているという。米英と距離を取るトルコではなく、なぜ米英寄りでイスラム国と敵対的なヨルダンに現地対策本部を作ったのか、ということなどだ。また、これまでに挙げられていることとしては、イスラム国から身代金要求があることを知りながら、安倍首相が中東支援をイスラエルで表明したことへの疑問がある。
 とはいえ、ネット上では、安倍首相批判については疑問を呈する向きが多い。「テロリストに同調しやがって」「日本人だったら無条件で命の危機から免除されるとでも?」「辞任なんてしたら、もろテロリストの勝利になるじゃん」といった声だ。
 ニューヨーク在住のライターの安田佐和子さんも、自らの情報サイト「My Big Apple NY」で、「テロ組織の意図は、その存在を広く知らしめ恐怖を煽り、己の目的を果たすこと」だとして、政権批判を繰り広げることはまさにイスラム国の思うつぼ、と指摘していた。また、日本の中東問題専門家にも、こうした見方が多数を占めるようだ。
 ちなみに、報道によると、在京アラブ外交団代表のシアム在京パレスチナ常駐総代表は、安倍首相の支援表明について「まったく挑発したとは思わない」と擁護し、イスラム国のテロは安倍首相のせいではないと強調していた。

「安倍首相のせいで日本人がテロの標的に」 ジャーナリストの指摘に疑問、反論が噴出 2015/2/2 J-CASTニュース

Hannichi

「政権批判を繰り広げることはまさにイスラム国の思うつぼ」
だよ。
日本共産党の小池晃くん、解ったかな?
君のオツムは、やはりカルト脳なんだよ。
国民の意識と小池君のそれがいかに乖離しているか、以下の記事を彼に捧げる(爆)

 読売新聞社は6~7日、全国世論調査を実施した。

 安倍内閣の支持率は58%で、前回調査(1月9~11日)の53%から5ポイント上昇した。不支持率は34%(前回38%)だった。

 イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応が「適切だった」と思う人は55%で、「そうは思わない」の32%を上回った。イスラム国対策として中東諸国への人道支援をさらに拡充するという安倍首相の方針についても「賛成」が63%で、「反対」は26%にとどまった。人質事件への対応が評価されたことが、内閣支持率を押し上げたとみられる。

~以下略~

内閣支持上昇58%、人質対応を評価…読売調査 2015/02/07 讀賣新聞

小池くん!
次の記事もよく読んでね(爆)

 読売新聞社の全国世論調査で、政府が渡航しないように注意を呼びかけている海外の危険な地域に行って、テロや事件に巻き込まれた場合、「最終的な責任は本人にある」とする意見についてどう思うかを聞いたところ、「その通りだ」が83%に上り、「そうは思わない」の11%を大きく上回った。

 「その通りだ」とした人は、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応を「適切だ」とした人の90%に達し、適切だとは思わない人でも73%を占めた。支持政党別にみても、自民支持層の88%、民主支持層の81%、無党派層の79%が「その通りだ」としており、「最終的には自己責任」の考え方が、広く浸透している。

危険地域のテロ被害「責任は本人にある」83% 2015/02/07 讀賣新聞

「(安倍首相の演説に)非軍事の人道支援」という表現はない。2人の日本人に危険が及ぶかもしれないという認識があったのか。首相の言葉は重い―
と小池君は糾弾したけど、君の言葉も重いね。
日本共産党の支持率が下がるのは間違いない。

TBSやテレビ朝日も気を付けた方がいい。
国民はバカじゃない。
よく見てるよ、その偏向ぶりを!

後藤健二さんの死は安倍首相のせい、と言う声は極少派
その現実を自覚せよ!


シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015/02/03

真に危険なのはISILではなく安倍内閣を非難する変態だ

今の日本国では、海外で不法・不当に拘束され、非人道的な扱いを受けている邦人を救出できない...
昨日、安倍首相が参院予算委員会で、そう答弁している。

 安倍首相は2日の参院予算委員会で、今国会に提出予定の安全保障関連法案が成立した場合でも、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件で自衛隊が邦人救出に当たることはできないとの見方を示した。

 首相は「(人質が拘束されている)シリアの同意はおそらくあり得ない。仮にシリアの同意がとれたとして、ISIL(イスラム国の別称)が国家に準ずる組織であれば、自衛隊は派遣できない」と述べた。そのうえで「実際に法的要件を整えても、(自衛隊の)オペレーションができるのかという基本的な大問題もある」とも語った。

 政府は昨年7月の閣議決定で、邦人救出に当たる自衛隊の活動範囲について〈1〉現地政府の同意〈2〉「国家に準ずる組織」が存在していない――ことなどを挙げている。

対「イスラム国」自衛隊は邦人救出できず…首相 2015/02/03 讀賣新聞

この記事のポイントは、
今国会に提出予定の安全保障関連法案が成立した場合でも自衛隊が邦人救出に当たることはできない―
ということ
それ以前に
そもそも法的要件を整えても、(自衛隊の)オペレーションができるのかという基本的な大問題もある―
と言うことだ。

メディアや街頭で、あるいは国会で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「戦争ができる国にする法案」と批判している連中がいる。
が、これらの法案が成立しても、日本国は、海外で不法・不当に拘束され、非人道的な扱いを受けている邦人を救出できないのだ。
「戦争」どころか「邦人救出のための出動」でさえ自衛隊は大きな制約をかけられているのだ、たとえ法案が成立しても。
変態左翼の言い分が、単なるプロパガンダにすぎないということ象徴する記事だ。

思い返せば、北朝鮮による日本人拉致は1980年代初頭には既に公然とささやかれていた。
が、政府が「北朝鮮による拉致の疑いが濃厚である」と答弁したのは、1988年3月26日の参議院予算委員会においてだった。
つまり、北朝鮮による拉致疑惑が浮上してから10年近く、その疑惑は封印されてきたのだ。
しかも、政府が国会で「北朝鮮による拉致の疑いが濃厚である」とやっと認めたのに、拉致を否定する立場を取る人々=変態左翼は「日本政府や右翼による陰謀である」と新聞紙面やTV報道で主張し続けた。

集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「戦争ができる国にする法案」と批判する連中は、北朝鮮による日本人拉致を「日本政府や右翼による陰謀である」と非難し続けた連中と同じであると確信する。
こいつらは、今回の後藤健二さんが殺害された件についても、「安倍内閣のせい」と言うに違いない。

私は、この国にとって真に危険なのは、ISILではなく、この国を貶め、この国を攻撃する反日変態左翼だと思う。
そう思って間違いない。

ISILもそうだが、反日変態左翼も同じく殲滅しなければならない!

Isil
「救えた命を救わなかった」「安倍首相の愚かな行為が国民を危険にさらしている」と首相官邸前で訴える反日変態たち


うつ・不眠に。セロトアルファは薬ではありません。サプリメントです。


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015/02/02

To be or not to be. 後藤健二さんを悼む

後藤健二さんを悼む。
ご遺族は胸を張り、誇りを持って生きてほしい。

Gotoh

投稿日:2014年7月28日 作成者: Kenji Goto

To be or not to be.

シナイ半島に行った。

世界各地で、なぜ、こうも衝突が絶えないのだろう?
その一方で、全世界中にに漂うグローバル化の疲れや失望-「私たちには正直わからない」「私たちだけは安全なはず・・・」「自分の家族が一番大事」といったある種開き直った意識。

“What can I do ?”

視聴者離れの激しいドキュメンタリーの存在意義とは何か?作り手はその点を深く考えようとしない。突き詰めていくと、自分の首を絞めるからだ。
モバイル時代にニュースに求められるモノは何か?短くても継続して伝え続けることが大きな山を動かすことになるのを忘れてしまったかのようだ。
メディアで伝えられる時には、もうすでにポリティカルなゲームにすり替えられてしまう昨今の事件事故。バリューを付けていくのは難しい。
「話題」の現場で起こることはごくシンプルだ。
朝10時くらいに床からのそのそ出て、何の迷いもなく考えもなくAK47やRPGを手にとり戦いに行って、戻ったら仲間と食事をして、タバコをくゆらせながら馬鹿話をして寝る。ごくまれにモノ好きな外国人のジャーナリストや諜報部員、自分たちの知り合いではない人たちの訪問を受けると、単なるおしゃべりが答えの出ない議論に変わる。そして、寝る-
そんな繰り返しが戦闘地帯における最前線の日常だ。

To be or not to be.・・・存うべきか死すべきか・・・成すべきか成さざるべきか

後藤さんの苦悩と恐れ、使命感と決意が読み取れる。

追悼の意を表したい。


自信があります。濃密育毛剤BUBKA


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

【追記】
「いっそ自決してほしい」と言うバカもいれば、「安倍内閣のせい」と言うバカもいる。
後藤さんは「自分の責任でイスラム国支配地域 へ行く」と語っていた。
死者を貶めるのはやめろ!



| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »