« To be or not to be. 後藤健二さんを悼む | トップページ | 後藤健二さんの死は安倍首相のせい、と言う声は極少派 »

2015/02/03

真に危険なのはISILではなく安倍内閣を非難する変態だ

今の日本国では、海外で不法・不当に拘束され、非人道的な扱いを受けている邦人を救出できない...
昨日、安倍首相が参院予算委員会で、そう答弁している。

 安倍首相は2日の参院予算委員会で、今国会に提出予定の安全保障関連法案が成立した場合でも、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件で自衛隊が邦人救出に当たることはできないとの見方を示した。

 首相は「(人質が拘束されている)シリアの同意はおそらくあり得ない。仮にシリアの同意がとれたとして、ISIL(イスラム国の別称)が国家に準ずる組織であれば、自衛隊は派遣できない」と述べた。そのうえで「実際に法的要件を整えても、(自衛隊の)オペレーションができるのかという基本的な大問題もある」とも語った。

 政府は昨年7月の閣議決定で、邦人救出に当たる自衛隊の活動範囲について〈1〉現地政府の同意〈2〉「国家に準ずる組織」が存在していない――ことなどを挙げている。

対「イスラム国」自衛隊は邦人救出できず…首相 2015/02/03 讀賣新聞

この記事のポイントは、
今国会に提出予定の安全保障関連法案が成立した場合でも自衛隊が邦人救出に当たることはできない―
ということ
それ以前に
そもそも法的要件を整えても、(自衛隊の)オペレーションができるのかという基本的な大問題もある―
と言うことだ。

メディアや街頭で、あるいは国会で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「戦争ができる国にする法案」と批判している連中がいる。
が、これらの法案が成立しても、日本国は、海外で不法・不当に拘束され、非人道的な扱いを受けている邦人を救出できないのだ。
「戦争」どころか「邦人救出のための出動」でさえ自衛隊は大きな制約をかけられているのだ、たとえ法案が成立しても。
変態左翼の言い分が、単なるプロパガンダにすぎないということ象徴する記事だ。

思い返せば、北朝鮮による日本人拉致は1980年代初頭には既に公然とささやかれていた。
が、政府が「北朝鮮による拉致の疑いが濃厚である」と答弁したのは、1988年3月26日の参議院予算委員会においてだった。
つまり、北朝鮮による拉致疑惑が浮上してから10年近く、その疑惑は封印されてきたのだ。
しかも、政府が国会で「北朝鮮による拉致の疑いが濃厚である」とやっと認めたのに、拉致を否定する立場を取る人々=変態左翼は「日本政府や右翼による陰謀である」と新聞紙面やTV報道で主張し続けた。

集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「戦争ができる国にする法案」と批判する連中は、北朝鮮による日本人拉致を「日本政府や右翼による陰謀である」と非難し続けた連中と同じであると確信する。
こいつらは、今回の後藤健二さんが殺害された件についても、「安倍内閣のせい」と言うに違いない。

私は、この国にとって真に危険なのは、ISILではなく、この国を貶め、この国を攻撃する反日変態左翼だと思う。
そう思って間違いない。

ISILもそうだが、反日変態左翼も同じく殲滅しなければならない!

Isil
「救えた命を救わなかった」「安倍首相の愚かな行為が国民を危険にさらしている」と首相官邸前で訴える反日変態たち


うつ・不眠に。セロトアルファは薬ではありません。サプリメントです。


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

facebook
坂 眞のFacebook

|

« To be or not to be. 後藤健二さんを悼む | トップページ | 後藤健二さんの死は安倍首相のせい、と言う声は極少派 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

アースマザーこと石堂順子さんが外国人特派員に向けて記者会見を開いた時にシリア人記者が語ったとされる内容、多分全文かと思います。

(シリアの記者)

先ほどより、"イスラムの方々"と口にされていますが、
健二さんを捉えている団体は「イスラム国」という団体で、
イスラムの国々の8割、9割で"これは本当の国家ではない、そしてイスラムの信者のやるようなことではないことをする団体だ"と非難されていることはご存知でしょうか。

イスラム国が傭兵や犯罪者だったり、社会に不満のある人々による組織であることはご存知でしょうか。

また、例えば地域の色々な諜報機関の出先である、とまで非難されている。

「イスラムの人々に」とお話をされていますが、彼らが必ずしもイスラムを代表するものではないということをご存知でしょうか。

しかし何で態々外国人記者に向けて発信なんでしょうね。、
塩村文夏、吉松育美の時もそうでしたね何故かな?

投稿: 草の者 | 2015/02/03 16:10

「マスコミがイスラム国という呼称にこだわるのは変だ」
という世論が、どんどん圧力を増しているように感じます。
言うまでもなく、日本のマスコミは左派が主体です。


>この国にとって真に危険なのは、ISILではなく、
>この国を貶め、この国を攻撃する反日変態左翼だと思う。

彼らは、韓国に付け火をしました。
与党の「ナチス」発言や、アンネフランク本破損などでは
嬉々としてユダヤ人団体に言いつけにも行く。

今回は、どうにもイスラム圏に放火をしたい
気持ちがあるように思えてなりません。
うわべだけは「イスラム国によってイスラム教徒を誤解するな」と言うが
それならどうしてその紛らわしい呼称を使い続けるのか?

「この国にとって」のみならず、
彼らは、世界平和の敵であると思います。

投稿: 鳩槃荼 | 2015/02/03 17:18

I am Kenji.
Save Kenji.
との声が大きかったが、

I am Megumi.
Save Abductee.
の声は依然として小さく、なかなか大きな声にならない。

ブル-リボン、ブルーバッチを胸につけ、拉致被害者救出の声を一段と大きいものにしましょう。
同胞をご家族のもとに。

投稿: Ethos | 2015/02/03 20:59

>こいつらは、今回後藤健二さんが殺害された件についても「安倍内閣が殺した」と言うにちがいない。
既に言って居るようですよ。「内閣」ではなく「安倍晋三が」とか「安倍の所為で」ですって。
決して凶悪原理主義者に刃を向けない、臆病な卑怯者達です。

安倍さんが復活してから今日まで、どんなに引きずり降ろしたいとあれこれ狂態絶叫しでも、支持率は”こいつら”が期待する程には下がらない。
”こいつら”としては何度目かの乾坤一擲、出たとこ勝負の積りでしょうが、日本国民の多くは百年一日如きの”こいつら”とは違って、現実と世界の常識を備えて居ると思います。

死者には申し訳ないですが、お二人の行動には軽率故の結末で、もっと言えば日本もヨルダンも迷惑を掛けられた、としか思えません。世界の惨状を報じたいとする意志で、今回の無法地帯渡航が清算できるとは思えません。

投稿: よれこ | 2015/02/04 02:19

反日変態サヨクは「テロリストの仲間たち」です。
目的のためには手段を選ばないという気質が同じで
何にでも難癖をつけて攻撃するという手法も同一です。
参院予算委での日共小池の言いざまは
「テロリストに配慮しろ」だとさ。
仲間意識から生まれた発言としか言いようがない。
「暴力団撲滅」と言ったら
暴力団が反発して犯罪が多発するから配慮しろと
言っているようなもの。
小池ら反日変態サヨクのテロリスト仲間への忠誠心は揺るぎなし、か。

投稿: やす | 2015/02/04 11:06

坂様から反日変態左翼を「糾弾」するといういつものお言葉ではなく
「殲滅」のご指示が…。
(笑)をつけようかと思いましたが、笑っていられる場合ではありません。

ISILからわが国に対して事実上の「宣戦布告」がなされている状態で、わが国政府を背後から撃つ。これは利敵行為でさえない、わが国政府と国民に対する明確な敵対行為であります。

WWⅠの時のこと、いつ果てるともない戦争に飽いたフランスの労働組合がゼネストを計画しました。これを聞いた首相のクレマンソーが労組の幹部を官邸に呼びつけます。

クレマンソーいわく「今すぐ前線に出てドイツの砲弾を浴びるか、この場にてフランスの銃弾で撃ち殺されるか、2つに1つを選べ」と。

クレマンソーはばりばりの左翼、急進社会党の党首でありましたが、パリの前面までドイツ軍が迫り、祖国が乗るかそるかの危機にある時に時にゼネストもへちまもありません。利敵行為を行う輩など万死に値すると言ったところでしょうか。今のオランドもそうですが、フランスは国家の危難に際してはどうも左翼陣営の方が確かな愛国心を発揮するようです。


自由のために戦わない左翼って、本当に左翼なのでしょうかね?反日であり、変態であるにしても、余りに不思議な集団です。もともと国家を形成する意志に欠け、社会に参加する能力を持たず、現状への恨みつらみだけを膨らませている連中です。何だ、ISILや秋葉原事件の犯人にそっくりではありませんか!?政治風土が違うだけで、日本の変態左翼はISILの先鞭をつけていたのです。彼らの間に親和性があるのはもっともなことかと。


一箇の生命に対する厳粛な感情を持たず、ただそれを政治利用することにだけ専念する、そんな輩が日本国民の、ましてや世界の人々の支持を集められる筈がありません。
「殲滅」のご指示は謹んで承りました。

投稿: レッドバロン | 2015/02/04 15:27

批判する人は、政府(っていう大きな相手)を批判することで自分が大きな正義を達成してると勘違いした「自己顕示欲」で無責任に発言してると確信する。

いい例が沖縄基地問題。 鳩山政権発足以前から沖縄基地撤廃世論があったが、実際に鳩山政権で沖縄基地撤廃が実現しそうになった途端に世論は鳩山政権を叩きまくった。

これはどう解釈できるのか? 世論は何も考えずに発言してるという結論意外に答えを見つけることは難しい。

集団的自衛権反対者も日米安保には反対していない、これも大いなる矛盾の無責任世論の好例である。

世論、民意なんていちいち聞いてたら政治空白してしまう、だから政治は日本運営、防衛のために民意を無視するしか手段が無い。(太平洋戦時は民意は教育を受けた者、それが可能な者だけが発言できたので民意はなかった)

(発言内容が矛盾してたり無責任で無思慮なのだから現在でも昔と同じで事実上は民意が無いのと等しい。)

無責任で無思考で発言する有権の自己責任。

現在の社会では民意を反映させたいならネットで発言して何か成し遂げた勘違いしてないで実際に政治家になったり後援会等の「生きた行動」することが求められている。

それを実行しない者にネットなんかで政府を批判する資格は無い。

社会を騒乱させ社会に対する攻撃でしかない。

投稿: 政府支持者 | 2015/02/05 09:59

> 坂様、赤男爵殿、

お久し振りでございます。

私もかなり腹に据えかねております。 前の記事、「...後藤健二さんを悼む」 にコメントし様と思いましたが、賢人 Ethos 殿のコメントを拝見し、今は後藤氏を悼む時と思い、控えておりました。

そして、坂様の 「反日変態左翼、殲滅」 の檄、賢人 赤男爵殿のコメントを読みまして、私も書かなければと思い、コメント致します。

...まぁ、他板(アシュラ)はその反日変態左翼の吹き溜まりで、色々と酷い言辞が寄せられ、微力ながら反論していたのですが。

其処で頭の弱いマイルドヤンキー達に持て囃されている反日変態左翼は、元・経産官僚の古賀某、元外務官僚の孫崎某と天木某、似非ジャーナリストの西谷某、反日議員の池内某と山本某と小沢某、反日キャスターの古舘某...等々です。

自国の政策や首相の批判をするのは真っ当な事ではありますが、国際社会の情勢や常識を 知らずか、無視してか、はたまた隠してか、我田引水の様な非難に今回の事件を利用するのは数々の愚かしさを晒していると。

安倍首相の中東での演説が誘発したと非難する愚
...昨年、邦人が拉致・誘拐された時点で解放への条件交渉が生じるであろうことは想定されています。

安倍首相の演説がISIS(イスラム国)やイスラム社会を敵に回すもので、その為に日本人がテロの対象となる危険が増したと言う愚
...ISISは、邦人を拉致・誘拐した時点で日本を敵に回してますし、イスラム社会から敵とされております。

安倍首相の「罪を償わせる」との言葉尻を捉えて集団的自衛権の行使や中東派兵への意図有りと妄想する愚
...国家ではないテロ集団に正規の「戦争」とか「自衛権」は関係ありません。 「犯罪」と捉えているから罪の償いとされているのです。

安倍首相のISIS被害難民支援を 「人質を取られているのに、ISIS(イスラム国)への敵対表明してしまった」と非難する愚
...漁船体当たり事件で中国に人質を取られ(実質的に)政策変更したミンス政府の愚をどう評価するのか。人質により外交政策を変えて右往左往するのでは、テロ集団や国家テロのような行為をする国(党と政府)の標的になってしまうと。また、ダッカ事件で日本がどの様に批判されたのかを忘れてはいけないと。(仏国他、秘密裡に取引している国は多いのですが)

故・後藤氏の志とは無関係な 「政府や政治家個人の非難」 に彼の死を利用する反日変態左翼の輩がこれほど多いとは...絶句です。

この様に、良く知らず良く考えない国民がマスゴミに乗せられて「暴支膺懲」を叫んだ結果が先の大戦、何故、恥じないのでしょうか? 反日変態左翼は!

投稿: ムフフ | 2015/02/05 10:00

既に皆様、お読みのことと思いますが、産経新聞2月7日朝刊「産経抄」の一部を紹介させていただきます。

昭和43年2月の金嬉老元受刑者が暴力団幹部ら二人を射殺した後、ライフル銃とダイナマイトで武装して温泉旅館に人質を取って立てこもった。
「この時に金元受刑者が『民族差別』を訴えて自己弁護した」ことに理解を示し、エールを送る文化人がいたことが殺人犯を英雄気取りにさせたことを例に挙げ、今回の「ISIS日本人人質殺害」の責任を安倍首相に転嫁させる人でなしを評している。


野党や元官僚から、中東訪問中の安倍晋三首相の発言が「イスラム国」に口実を与えたとの指摘が相次いでいる。これほど的外れの議論はない。首相の発言がなければテロリストたちは、日本人の人質を別の目的に使うだけの話だ。劇作家の福田恆在は,金嬉老事件をモデルにした喜劇「解ってたまるか!」の中で、凶悪犯の言い分に「理解」を示す文化人を痛烈に皮肉った。「人質犯罪がもっとも陋劣であり、精神の荒廃をもたらすものとすればそれに唯々諾々として屈することも同罪」と福田氏はいう。「『イスラム国』は許せないが、安倍首相にも責任がある」。そんな「物解り」の良い人を、福田氏は「火星人」と呼んだ。


野党(特に民主党)の国会においての質問は、聞くに堪えない。彼らは日本人?

「山本太郎」かられから国会議員のバッジを取り上げることは出来ないのか。

投稿: 道産子爺 | 2015/02/07 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61078270

この記事へのトラックバック一覧です: 真に危険なのはISILではなく安倍内閣を非難する変態だ:

« To be or not to be. 後藤健二さんを悼む | トップページ | 後藤健二さんの死は安倍首相のせい、と言う声は極少派 »