« 本音は「知事になりたくて変節した」翁長知事の醜悪 | トップページ | オリンピック9年殺しの法則-で2017年に中国崩壊(爆) »

2015/04/08

富裕層が我先に国を脱出する中国 もう限界だと思うな

私のブログは、創刊半年くらいで、人気ブログランキング(政治)の第1位になったことがある。
その原動力になったのが「中国崩壊シリーズ」だった。
私は、「中国は間違いなく崩壊する」と書いた。
時は2005年4月14日である。

その時は、遅くとも2010年の上海万博が節目になると見ていた。
が、今はもう2015年。
中国は外見上は、相変わらず破竹の勢いに見える。
やはり「崩壊する」という私の見立ては間違いだったのか?

そうではない。
以下に、讀賣新聞の興味深い記事を転載する。

 もし「トイレの神様」が見ていたら、きっと驚くに違いない。旧正月(春節)シーズンに訪日した中国人観光客が温水洗浄便座などを「爆買い」した出来事だ。4日からの「清明節」の3連休や来月1日からの「節」3連休など中国の休暇シーズンには、同様の光景が再現するのだろう。

 だが、この出来事は「中華民族の偉大な復興」をスローガンに掲げる習近平国家主席ら政権首脳の大国意識や自尊心を大いに傷つけたのではないか。よりによって「抗日戦争勝利70年」という節目の年に、自国民が不買運動まで叫んだ日本製品を買いあさったからだ。

 「ニセ物が多いなど中国の市場管理に問題がある」「自国製品のブランドを確立しなければならない」

 3月の全国人民代表大会(国会)開会中、大企業幹部や識者からこんな声が相次いだ。李克強首相までが中国製品のレベル向上を訴えたのは、政権が抱える危機感の表れだろう。

 ただ、中国の富裕層や中間層のとっぴな行動を巡るニュースは「爆買い」にはとどまらない。最近も、子供の米国籍取得のために、太平洋を越えて観光ビザで訪米する中国人妊婦に関する報道があった。

 「裸官」と呼ばれる腐敗官僚も目立つ。「裸官」とは家族や不正に取得した資産を海外に移し、体一つでいつでも脱出できる「裸」の状態にある官僚を指す。

 「中国製品だけではない。中国の将来に安心感を持てない富裕層や中間層があの手この手で保険をかけようとしている。中国社会に対する不安心理の表れだ」

 中国の知人はこう分析する。経済発展の恩恵を受けて豊かになった富裕層だが、その豊かさがいつまで続くのか保証はない。中国語で、そわそわして落ち着かないことを「浮躁」という。中国社会は今、まさに浮ついた状況にあると指摘する。

 改革・開放政策で経済大国への道を切り開いた鄧小平はかつて、先に豊かになった者が遅れた者を助け、ともに発展するという「先富論」を提唱した。その富裕層が、貧困層を助けないどころか、習氏の掲げる「富強」という「中国の夢」を信じずに、我先に国を脱出する事態となっている。

 頼みの綱の経済成長は減速傾向にある。急速な少子高齢化で生産年齢人口も減少に転じた。大気や水質などの環境汚染も深刻さを増している。だが、社会保障などのセーフティーネットは十分ではない。政権が社会保障や環境対策を最優先課題にしているようには見えない。

 むしろ、暴動鎮圧をはじめ治安対策などに投じられる「公共安全費」が国防費を上回るとされるなど、力による統治が際立つ。軍事力や治安対策にそこまで投入する予算があるのなら、社会保障や環境対策をもっと重視してもいいはずだ。それでこそ、国民が信じるに足る「中国の夢」の実現に結びつくのではないか。

[ワールドビュー]富裕層 落ち着かない社会…中国総局長 佐伯聡士
2015年4月5日 讀賣新聞朝刊

Photo 超巨大なゴーストタウン=鬼城

やっぱり中国は崩壊するな、間違いなく。
上部構造が共産党独裁で、下部構造が市場経済なんて無理がありすぎ。
国有(公有)企業の赤字、銀行の不良債権、がぶ飲みするにも限度がある。
どこかで破綻するのが道理と言うもの。


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

Facebookでのフォローは以下から。↓

facebook


休息サプリ ネ・ムーンプラス

|

« 本音は「知事になりたくて変節した」翁長知事の醜悪 | トップページ | オリンピック9年殺しの法則-で2017年に中国崩壊(爆) »

中国崩壊シリーズ」カテゴリの記事

コメント

中国AIIB創設の真意は不良債権をAIIB加盟国に押し付けたい。
中国経済はブログ主が過去に書かれた様に確実に崩壊に向かってます。
共産党が独裁状態で汚職と不正が蔓延する支那では何ら改善は見込めません。

沈没は必定で崩壊は既に始っています。
共産党主流派は其の事実を隠蔽し幹部の不正蓄財のほう助にはしり、反主流派の幹部を見せしめに粛清する事により汚職と経済崩壊の事実を隠蔽しようとしているだけに見えます。

AIIB纏め
・ 常任理事会が無く、出資国の権利が保護されない。
  調査権限も無いため、数兆円が消えても「投資に失敗した」とペラ1枚の
  説明だけで幕引き去れる

・ 投資金額がGDP比例
  中国がxxxx億ドル出資したと宣言すれば、GDP比にしたがって強制的に
  出資が義務付けされる。しかも肝心の中国が宣言どおり出資したかどうかは、
  調査権限が出資国 にないからわからない。
 

つまり下手すると、「中国は10兆ドル出資する」と宣言されただけで日本は8兆円
出資する羽目になり、しかも出資額が中国より少ないため、発言権はほとんど得られない。

しかも肝心の中国は1ドルも出資せず、日本の出資を好きなように分配して各国に恩を売る。
日本には調査権が無いのでそのからくりを明らかにできず、しかも運用責任の責任だけを
押し付けられて、最終的に出資金は全部中国に盗られる。

完全に出資詐欺

投稿: 草 | 2015/04/08 18:13

「独裁国家がオリンピックを開催すると、9年後に体勢が崩壊する」という「オリンピック9年殺しの法則」というのがあって、これにあてはまったのがナチスドイツ(1936年ベルリン→1945年ナチス崩壊)とソ連(1980年モスクワ→1989年冷戦終結)。

そう考えると2008年北京なので、中共のタイムリミットは2017年?あと2年あれば十分何かあるでしょう(笑)

投稿: K | 2015/04/08 18:41

>草様
まったくもってその通りですね。

アメリカは信用がありましたからジャンク債を世界中(特にヨーロパ)へ押しつけました。しかし、中国には信用がありませんからAIIBという詐欺組織を作って世界中(特に日本)から金を巻き上げるつもりなのでしょう。

そんな事は百も承知でヨーロッパ各国は出資すると口だけで行っているのでしょう。
そして中国を喰い物にするつもりなのでしょう。

もし、そんな事が一切なくとも『中韓の欠陥インフラ工事で損害賠償が発生したらどうするつもり』なのでしょうか。

もし民主党政権だったら間違いなく参加していたでしょう。

しかし、シロウトでも理解できるのに参加を呼び掛けるマスコミ(経済誌含む)は一体何なんでしょうかね。

投稿: みやとん | 2015/04/08 22:08

中国という禍は世界が作る
中国が滅び去ることを何より望みますが。
残念ながら中国の経済的破綻は多数の識者が論じていますが、現状そうなっていません。
経済が破綻し、同時に一党独裁の共産党政権が壊滅することを望む国々は多い。
中国人自身も多数がそう思っているのではないか。

しかし逆にその一党独裁という体制が中国を生き残らせているのだろうし、この度のAIIBでも多数のヨーロッパ諸国であるとかが参加をさっさと表明するなど、一方では中国の人権状況、民主化状況には批判はしてもこれでは結果として中国に経済的利益を与え延命措置をしているということではないか。

その一貫性の無い偽善性が欧米にはある。

かつて日本が天安門事件後、中国を助けたという大きな間違いが結局今日本が恫喝されたりする事態に繋がっているように、今また中国を助ける事は先々の世界の国々に禍をもたらすのではないだろうか。

ですが、その流れは止まらないでしょう。

中国人とは自らの国を理想的な国にしようとする努力はせずに、資産を元に海外の国で自己実現を企む民である。

投稿: Pin | 2015/04/08 22:38

それでも「日中尖閣共同開発を」と言って恥じない村山富市、「AIIBに参加方向で柔和に検討を」とルーピー並みの福田康夫、共に元首相。
どれだけ日本の国益を損じれば満足なのか?頭の中にウジが湧いているとしか思えません。

投稿: よれこ | 2015/04/08 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61407975

この記事へのトラックバック一覧です: 富裕層が我先に国を脱出する中国 もう限界だと思うな:

« 本音は「知事になりたくて変節した」翁長知事の醜悪 | トップページ | オリンピック9年殺しの法則-で2017年に中国崩壊(爆) »