« 安倍首相の米上下両院合同会議での演説に期待する | トップページ | TBSが言論弾圧 韓国軍慰安婦の記事で記者を処分、左遷 »

2015/04/28

韓国人に抱く二つの強烈な欲求=殺したい、自殺したい

"鉄の踵"を書いた米国の作家ジャック・ロンドンは20代後半、露日戦争の従軍記者として活動した。当時、約4か月間、戦場だった亡国前夜の朝鮮に滞在した彼が書いて送った文章等は様々な新聞、雑誌に掲載され、その文をまとめた本も出た。当代の進歩的左派であったロンドンは、その中である大きな課題で韓国をざっとまとめ、次のように描写する。

「白人旅行者が初めて韓国に滞留する時、最初の何週間かは気持ち良さとはまったく縁遠い。もし繊細な人なら、二種類の強烈な欲求の間で葛藤しながら大部分の時間を過ごすだろう。一つは韓国人たちを殺したいという欲求であり、もう一つは自殺したいという欲求だ。個人的に私なら前者の選択をしただろう」

当時の米国と比較すれば最低の社会インフラや不足した公共施設、物資などの影響もあったが、彼が何より耐えられないとしたのは惰弱で怠惰で盗み上手、そして弱者に強い韓国人たちの性格だった。自身が動物園の猿のように見せものになると、韓国人はすぐに不必要に好奇心が強いという非難を口にする。ロンドンは、韓国人がうまくできる事が「一つだけある」とし、荷物をひく動物のように黙々と荷物を運ぶことだと指摘している。

韓国日報
"韓国人たちを殺したい" 背筋が寒くなった彼の視線
偏見と同情の狭間...青い目に映った旧韓国末期-朝鮮

「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」

★背に豚を担いで市場に行く軽子(担ぎ人足)たち。 20世紀初め、韓国を訪れた外国人が最も多く残した写真の中の一つが軽子たちの姿だという。
(グルハンアリ提供)

Korea


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

Facebookでのフォローは以下から。↓

facebook


うつ・不眠に。セロトアルファは薬ではありません。サプリメントです。

|

« 安倍首相の米上下両院合同会議での演説に期待する | トップページ | TBSが言論弾圧 韓国軍慰安婦の記事で記者を処分、左遷 »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

朝鮮戦争再発して共倒れになってくれれば一番いいのですが、今の時代戦争でもして朝鮮を黙らせるわけにもいかないでしょうから、やはり無視するに限るでしょうね。
安倍外交で、かなり追い詰められているところのようですから、ここが無視のしどころですね。間違いなく「一言謝ってくれれば全てを解決できる」などと旧態依然の言葉しか履いていないでしょうから。反日しか能のない馬鹿につける薬はないのですし。

投稿: 転びバテレン | 2015/04/29 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61508601

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人に抱く二つの強烈な欲求=殺したい、自殺したい:

« 安倍首相の米上下両院合同会議での演説に期待する | トップページ | TBSが言論弾圧 韓国軍慰安婦の記事で記者を処分、左遷 »