« 自国の当時を自覚してからクレームをつけてほしいね | トップページ | やはり真正のバカ。反日左翼のプロパガンダに踊る岡田 »

2015/06/16

憲法があって国家=国民があるのではない!主人公は国民

~以下、引用~

 憲法学者の長谷部恭男・早稲田大学法学学術院教授と小林節・慶應義塾大学名誉教授が2015年6月15日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、政府が成立を求めている安保関連法案は違憲で、取り下げるべきだと主張した。

   法案が成立した場合は、次の選挙で政府を交代させるべきだとも主張。小林氏は、3段階にわたって違憲訴訟を起こす計画も明らかにした。さらに矛先は政治そのものにも向かい、「狂った政治を正すべきだ」「選挙で政権を交代させるべきだ」といった発言まで飛び出した。

~中略~

 両氏は、法案は違憲で、取り下げるべきだと主張。

「核心的な部分、つまり集団的自衛権の行使を容認している部分が、明らかに憲法違反であり、違憲の他国軍隊の武力行使との自衛隊の活動の一体化、これをもたらす蓋然性が高い」(長谷部氏)
「違憲というのはもちろん、おそろしいのは、憲法違反がまかり通ると、憲法に従って政治を行うというルールがなくなって、北朝鮮みたいな国になってしまう。キム家と安倍家が一緒になっちゃうんで、これは絶対に阻止しなければいけない」(小林氏)

~後略~

キム家と安倍家が一緒になり、北朝鮮みたいな国に 憲法学者、小林慶大名誉教授が過激見解述べる
2015/6/15 17:59
Jcastニュース

-----------------------------------------------------------------

長谷部は6月4日に行われた衆院憲法審査会で、安保法案は違憲だとする意見を表明。
で、コイツが、なんと自民、公明の推薦を受けた参考人。

与党筆頭幹事の船田元・党憲法改正推進本部長は辞任すべきだろう!
強く思う!

憲法があって国家・国民があるのではない!
国家・国民があって憲法があるのだ!
冗談は、ええ加減にせいよ!

反日変態左翼知識人を粉砕せよ!

Hannichi_hentai


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

Facebookでは「友達」募集中です。↓

facebook

【追記】
下記の画像について
「革マル派ですか?」
という問いがあったので、お答えしておきます。

ブント(共産同)戦旗派です。

なお、革共同革マル派はカルトなので同一視は勘弁願います(爆)

Bund3

正しい薄毛対策と育毛剤

うつや不眠でお悩みの方に

|

« 自国の当時を自覚してからクレームをつけてほしいね | トップページ | やはり真正のバカ。反日左翼のプロパガンダに踊る岡田 »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

単純に云えば国体ですね。
別に天皇陛下だけを意味する訳では有りません。

我が国の歴史文化価値観祖先から綿々と受け継がれる国の基本的な有り方自分にはそうとしか表現出来ませんね。

国体を守れ

投稿: Iライジィングサンさん | 2015/06/16 23:15

今の日本国憲法をとりまく状況を、大変興味深く見ています。

左派は、9条をメインに据えた現行の日本国憲法を「聖典」にした
ひとつの宗教を展開しようとしているようにしか見えません。

イスラム教などの宗教を主軸とした宗教国家では、
宗教指導者が、政治家よりも権威を持っています。
それを憲法に置き換えると、
宗教指導者にあたるのは「憲法学者」ということなのかもしれません。

宗教の聖典は「神の言葉」ですから、人間が変えることは許されない。
そして問答無用で従わなければならない。
今の左派の日本国憲法の扱い方は、まさにそういう風に見える。

「信仰」は論理やデータを拒否し、「絶対善」や「絶対悪」を内在させます。
オスプレイの事故率がどんなに低くても「オスプレイは危険」であり、
健康上どんなに問題ない量だと言われても「福島には住めない」になります。
それは、そういう「信仰」だからですね。

「絶対善」や「絶対悪」を設定することのおそろしさは、
「そのためには何をしても許される」という考え方に結びつく点にあります。
そういうわけで、いま日本で危険性が高まっているのは、安倍政権ではなく、
日本の左派の方ではないのだろうか?・・・と危惧しています。
民主党が、指示文書で委員長に飛びかかることを指示したらしいですが、
ああいうことがどんどんエスカレートしていかないか心配です。

投稿: 鳩槃荼 | 2015/06/17 02:30

どうしたら国を守らせない様に出来るかの論議を今国会でしていますが。

八木秀次麗澤大学教授が非常に真髄をついたことを述べている。
http://www.sankei.com/politics/news/150617/plt1506170002-n1.html

当日のテーマ「立憲主義」であるところ、民主党議員が「安保法制関連法案」というテーマ違いの質問をし3人の憲法学者が答えたわけだが、何故一人ぐらい「本日のテーマとは違うのでコメントはしない」ぐらいのことを言わなかったのか?
それだけに仕組まれていたと言われても仕方がないし、当日出席の憲法学者の3人の名前は早い段階で野党やマスコミに流れていただろうから充分策は練れたというところだろう。

爆弾設置犯、船田元のページにまた新たに書き加えられるということでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E7%94%B0%E5%85%83

辻元清美を含め特定マスコミなどが憲法違反とする憲法学者が圧倒的多数だなどと言っているが、どこに正論があるのかが重要で、安全保障とは異次元なもの、数の問題ではないでしょう。

投稿: Pin | 2015/06/17 07:52

憲法学者の会見、とありますが。中身はオヤジのたわごとですね。
彼らの主張は政治的な内容ですから、立ち位置は専門家の枠を外れています。
政治のジャンルでは、彼らは我々と何も変わらないただの有権者にすぎない。
選良たる国会議員に圧力をかけて、選択を妨害するなどありえない暴挙です。
そもそも法律で飯を食っている連中はどちらかといえば司法の側にいるので、
立法側の人間に敬意をはらうのが三権分立の精神じゃないか。
わきまえも礼儀も欠いた姿は醜態としかいいようがない。
飲み屋のグチを公衆の面前にさらすなど、全くのバカですね。

投稿: ポッと出 | 2015/06/17 09:00

自民の高村副総裁が仰る様に、学者は国政の責任を取る立場にも無いし、取れる人達でもない。
本当に国家国民の危機となっても、彼等がその時、国家国民の盾となってくれる訳でもなかろう。

今ある憲法条文に合致するか違法となるか、の研究はあって然るべきでしょうが、学門と実際の政治を同一軌道で論じられては、曲学阿世、という言葉しか思い浮かびません。
法を守るために国破れて山河もなし(現代の戦争はそうなると思います)になっては本末転倒どころじゃあありません。

ですが、もう解釈だけですり抜けるのは無理があると思います。国家国民を護れる体制をとれる憲法に改めるべきだと思います。

投稿: よれこ | 2015/06/17 09:12

小林節って確か正論執筆者だったと思います。

自民推薦の参考人と産経正論執筆者が 並んで安倍叩き。ここまで日本は汚染されているという事か。笑うしかない。

投稿: 八目山人 | 2015/06/17 09:39

小林も長谷部も国賊・横田喜三郎の流れを汲む法匪の類だ。
「選挙で政権交代すべき」って元GHQ監視機関の外国人特派員協会で主張して何になるのかね。
外国人記者に選挙権があると思っているのか。
はたまた、外圧で選挙に影響力を発揮してほしいと願っているのか。
賤しくも法学に携わっているなら外患誘致罪ぐらい知っていそうなものだが、法匪だから専門外は無知なのかも。

投稿: やす | 2015/06/17 11:57

はっきり申しますが、私の周囲で憲法学を専攻している者は、残念ながら?変人です。少なくとも実社会の感覚とは明らかにかけ離れた者が多い。

結婚式とかで、あれ、君は何を専攻してたんだっけ?と尋ねた時に「憲法」という答えが返ってきた時の、どこからか失笑が洩れる間の悪さといったら。法学でも、役に立たないものの典型ですからね。

まだ「魔法」の研究をしていると言った方が、ほおーっ、どういう学問かね、と周囲の耳目を集めるでしょうが。(笑)

法廷でも弁護士がやおら「け、憲法違反」と言った途端に、裁判官は下を向いて笑いを噛み殺すといった体のもので。よっぽど適用する法令が見当たらない時の、弁護士の苦肉の策というか、もはやこれまで、破れかぶれの戦術ですよね。


憲法学者の大半は自衛隊を合憲としていながら、個別的な自衛権はOKだけど、集団的自衛権はNOだとか非常に判りずらいです。私自身は憲法の趣旨に近づこうというなら、逆じゃないかという感じがしていますが。戦後のドイツのように。


いずれにせよ、憲法典が対外情勢を規定できる訳ではなく、南シナ海におけるシナの侵略行為を執行停止する権限もありません。

最高裁で違憲判決が出る万々一の「その日」まで、行政府は粛々と国家国民を守る術を完遂すべです。


投稿: レッドバロン | 2015/06/17 19:26

青山繁晴さんの情報によると、今回、3名の憲法学者を
選んだのは、法務省にいる反日シナ工作員のようです。
年金情報流出事件から始まった一連の騒動は、安倍内閣を倒閣をたくらむシナの策謀のようです。
谷垣・二階で内閣をつくったら、日本は、おしまいです。
ところで、小林節大先生の変節ぶり酷い。
これは、パチンコ屋に「魂」を売り渡した「ゴーマン小林よしのり大先生」と同じだ。
小林節によって3段階に分けて違憲訴訟されても、
税金の無駄遣いだ。国民にとっては、いい迷惑だ。
法案が成立しても、直ちに違憲訴訟などできるはずがなかろう。
違憲審査は、司法権に付随しているものだからは、
何らかの事件があり、事件解決に必要な場合でない限り、違憲審査などできるはずがなかろう。
何時から、日本の裁判所は憲法裁判所になったのだろう?
法律が成立したら、それが、気に喰わないといって、直ちに、違憲訴訟など認めたら、国会の立法権を
侵害するとは気づかないのだろうか?
反日変態左翼特有のなりふり構わずとは、こういうことかと笑える。
また、万が一、違憲訴訟が提起されても、安全保障体制は、国家の基盤・存立にかかわる重大な問題だから、
最高裁は、憲法判断せず、統治行為論により、訴えを棄却するだろう。

記事の写真をみるにつけ、反日変態左翼 小林節や長谷部
などの得意気な顔には、呆れる限りだ。
それにしても、河野洋平をはじめ反日変態左翼は、外国人
記者クラブで発言することが大好きなようだ。

投稿: 反日変態左翼征伐 | 2015/06/18 08:02

学者をはじめ、専門家として一つのことに集中して関わる人間は、専門分野に囚われすぎて、周りが見えなくなるのだと思う。財務省の官僚や経済評論家も、お金にこだわりすぎて、お金の本質を見失う。内々で収まってるうちは問題はないが、外部に偉そうに広げると害毒になる。

投稿: たん | 2015/06/19 20:22

別に二人は左翼ではないと思いますけど

日本の憲法学者はなんだかんだで改憲の可能性がゼロであることを前提に議論しているので
学問の体をなしてない。
言われたら青筋立てて激怒するでしょうが事実でしょ?
やってることは現状追認のみ。八月革命説なんて誰が見ても噴飯ものなのにかつては定説。
現状追認のための後付けロジック。

可哀想だから面と向かって言わないだけで、そもそも国民投票すら経ていない憲法なんて
真面目に議論すれば擁護できる道理などありはしないですからねぇ。

国会議員が勝手に憲法決めて、しかも改正の発議も握りつぶしてる国で安倍家云々とかホント笑わせないでほしいですね。
しかも北朝鮮にも憲法あるでしょ?その辺のオッサンの意見ですな。
日本の憲法学なんてインチキ学問なんだから今回も空気読んで後付け解釈でも考えてて下さいな。
いつも通り最高裁が合憲判断した後で必死で後付けかな?

集団的自衛権の行使が憲法違反ならば、そんな条文は削除するしかないっていうのが世の中の常識的な考え方ってやつです
そんな条文が存在してて国民に一体なんのメリットがあるのか小林さんには説明義務がありますよ

投稿: | 2015/06/20 14:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61752564

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法があって国家=国民があるのではない!主人公は国民:

« 自国の当時を自覚してからクレームをつけてほしいね | トップページ | やはり真正のバカ。反日左翼のプロパガンダに踊る岡田 »