« 日刊ゲンダイの報道以来こんなRTが多くてバカかと思う | トップページ | 八路軍に日本が負けたなんてありえない。希望的妄想 »

2015/07/30

それを書けば国外追放になるという限度があるだろう

共産党支配の未来を見せてあげよう。
日本共産党が1960年代まで称賛していた中国の現実。

以下は、文化大革命!

最低でも400万人が殺害された。
一千万人を超えると言う説も有力。
日本をこんな国にしたいのか?

SEADLs(爆)

China_bunkaku

あのころ、北京放送(だったか、名前には自信がない)というラジオ放送があって文革を大絶賛してた。
音声が悪かったから、中国本土から発信されてたかも。
で、我がブントの分派でML派という毛沢東崇拝、造反有理、というセクトが誕生した。
みんな、事実を知らなかった、私を含めて。
まさか、大虐殺が起きてるなんて。

で、で、笑ったのが、米中が日本の頭越しに対話を開始し始めたら、ML派のヘルメットが「ML」から「日中友好」に変わった(爆)

で、で、で、誰もML派を相手にしなくなった(爆×無限大)

China_bunkaku1

最後に、ここが重要なんだが、当時、朝日新聞以外のメディアは、すべて国外追放されていた。
では、なぜ、朝日新聞だけは中国国内での取材を許されたのか?
日本共産党の赤旗でさえ追放されたのに!

社長の広岡知男から指示を受けた。
「それを書けば国外追放になるという限度があるだろう。そのときは一歩手前でとまりなさい。極端にいえばゼロでもいい。書けなきゃ見てくるだけでもいいんだ」
と...

新聞と「昭和」 朝日新聞出版

>一歩手前でとまりなさい。極端にいえばゼロでもいい...

これって、言論の自由の自己否定だろう?
記者に「書くな!」と命じる...
中共様の言いなり(爆)

この時、既に、朝日新聞はメディアとしては自殺していた。

China_bunkaku2


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

Facebookでは「友達」募集中です。↓

facebook

正しい薄毛対策と育毛剤

うつや不眠でお悩みの方に

|

« 日刊ゲンダイの報道以来こんなRTが多くてバカかと思う | トップページ | 八路軍に日本が負けたなんてありえない。希望的妄想 »

朝日新聞・偏向メディア」カテゴリの記事

コメント

一昔前は大躍進や文革での大虐殺は知らなかった、で済んだでしょうが、現在ではその言い訳は全く通用しません。ちなみにナチスによるユダヤ人虐殺は600万人と言われていますが、湯田屋勢力の陰謀との説が有力で、実数は数万人とも言われています(アンネの日記が父親の絡んだ創作=ダボラ、であることは有名。アンネ自身は病死)。この実数情報が真実だとすれば、大虐殺の数では明らかに支那の毛沢東(少なくとも6500万人)、露助のスターリン(少なくとも2000万人)の方が多くなります。しかも両者とも自国民を中心に虐殺しており、ナチスがユダヤや周辺民族を中心にしていた(と言われている)のと性質が明らかに異なりより悪質と言えるかと思います。

故に毛沢東マンセー信者を含む従支那思想者は全て国賊売国奴認定!でございます。

投稿: 素浪人 | 2015/07/30 23:18

広岡知男といえばブログ主さんの指摘通り、戦後日本マスコミの「報道しない自由」を習い性にした大悪党というイメージなんですが、「サザエさんうちあけ話」で、描くのが嫌になって漫画家を廃業しようとした長谷川町子に半年ほど休暇を与えて踏みとどまらせたエピソードがあって、ちょっと拍子抜けした記憶があります 関係者相手には意外と面倒見のいい人物だったんでしょうか…?(と言っても自分たちに都合の悪い事を隠蔽し続けた罪は消えないですけど)

投稿: | 2015/07/30 23:23

 pencil
素浪人さんの湯田屋が云々の話ですが… ご参考に、無料で本1冊読めるサイト、貼っておきます。

 電網木村書店 Web無料公開 『アウシュヴィッツの争点』
 ユダヤ民族3000年の悲劇の歴史を真に解決させるために
 http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

投稿: neo | 2015/07/31 02:19

クオリティペーパー。
こんな言葉はもう死語に片足を突っ込んでいるところだろう。
就職にも有利であるというという時代を今でも信じている中高年はいるかもしれないが、朝日にクオリティなど無いのはもう充分露呈している。
もっともそういうクオリティ比べで朝日を最近の若者が敬遠しているというよりは全体的な新聞離れという方が適切ではあるだろうが。

あの黒い幕に囲まれていた時代の中国を日本では赤く、希望のある暖色のベールと多数が思い込んでいた。
それは当然で、本来実体、事実を伝える仕事が主であるメディアがその基本的な仕事をしなかったからだ。

まともに仕事をしようとすれば最近の韓国での産経新聞同様、嫌がらせや場合によっては入国拒否ということにもなる。
しかし、相手の国に阿って事実と違う記事を書くなり、重要な事実を知っていながら伝えないメディアとは決して良質ではなく、「不当景品類及び不当表示防止法でいうところの「誇大広告」であるだろうし、それこそ「クオリティペーパー」とは自身からは間違っても言えないだろう。
せいぜい「黒利ティペーパー」がいいところだろう。

そんな朝日の罪状はまだまだ先だってのテレビでの誤魔化し半分の木村社長謝罪会見で禊が済む様な量ではなくまだまだ旧態依然とした実体のまま抱えている。


投稿: Pin | 2015/07/31 07:46

>この時、既に、朝日新聞はメディアとしては自殺していた。

支那のプロパガンダ紙アカヒの誕生の瞬間でしょうか。
悪魔に魂を売って、ジャーナリズムを詐称する組織。
コイツらが声高に叫ぶ「社会正義」は
「支那にとって都合のいい正義」でしかない。

投稿: やす | 2015/07/31 10:48

坂様が聴いておられたのは、北京放送の日本語版ですね。短波放送ではなかったかしら。私も時おり聴いておりました。(笑)

佐藤反動内閣に反対する広範な労働者、学生らの戦いは…てな調子で、日本の革命熱を煽っておりました。毎日零時25分になると「日本の友人の皆さん、労働者の皆さん、さようなら」という熱い連帯の挨拶と共に「インターナショナル」の曲が高らかに鳴るという。

あの放送を聴いて涙を流していた人物がいます。大学のクラブの先輩で、本学の全共闘の8年生でした。いや、悪い人ではないのですよ。デモ用の野戦服を着ている時以外は背広を着ていて、風貌は当時、社会党委員長だった成田知己氏によく似ていました。真面目で融通のきかなそうなところが。(笑)

学校群制度以前の都立名門高校を出ていて、いかにも中産階級出身のインテリという感じ。永いこと留年して、大学はメンコの数が物をいうので、文学部の研究者か助手という風格がありました。実際、フランスの左翼作家ポール・ニザンの存在を教えてくれたのも彼でした。まったく知性が無かったわけではないのです。
それがこと革命、とくに中国のことになると、まったく駄目でしたね。私たちが外電からの情報で、揚子江の下流には死体が山のように流れついているそうじゃないですか、と文革の惨状について突っ込みを入れると、いや、人民内部の矛盾は武闘ではなく、話し合いで解決せよとの指示が出て、今は解放軍が中に入って収束している、皆は日本の報道でしか知らないが、自分は人民日報をはじめ、解放軍報もちゃんと読んでいる、とのお答えでした。

…はあ、解放軍報ねえ。何をかいわんや、ですよ。今になって、支那四千年の歴史の凄みを先輩は知ったでありましょうか。敢えて申し上げれば、先輩は知性はあっても、余りにも一面的で、多角的な教養が足りませんでした。


朝日新聞のような商業左翼の流す害毒は、我が先輩の個人的な罪過よりはるかに深刻であります。毎日、食べるご飯に毒を盛ってるようなものでありますから。そんなもん食い続けたら、国民の精神が死にます。

既に自殺したメディアがなおも国民を道連れにしようとする、けっして許されることではありません。

投稿: レッドバロン | 2015/07/31 15:29

確か北京放送だったと思います。それとモスクワ放送
も聴こえました^^深夜オーロラのように放送が弱々
しく哀愁を帯びた音楽がうねって聴こえ遥かソ連の遠
くから発信していると思うと子供心に何か特別な思い
にかられたものです。ちと長くなりますが・・・
小生、戦後体制のなかで66年生きてきたわけですが
多少の年金も貰えるようになり若いもんに恥じない生
き方をしないといけないと自身に言い含めていますが、
しかし我が国の現状を見回すと何とも言いがたいオバ
カな国だと思う。
領土問題、憲法問題、日教組問題、在日問題等々すべ
て戦後占領軍によって仕組まれた亡国体制であって子
供の頃見たテレビのアメリカの正義が奴隷国家虐殺国
家のプロパガンダと知ったとき何とも言えない虚しさを
覚えるものです。
亡くなった、はだしのゲン君もこの日本という国に生
まれ、生かされてきたのに天皇陛下をののしり、お国
の為に命を捧げ支那大陸で卑怯で卑劣なチャンコロ野
蛮人や南洋の島々でジャングルでアメリカという大謀
略国家と戦った兵隊さんの名誉を貶めるような漫画を
描いて飯の種にする、東京大空襲も原爆もアメリカの
大虐殺だとわかっているのに新聞メデイアも戦後こう
してみんなで生きてきて今更なんだと反省も後悔も是
正もしない。つくづく卑怯な人間だとおもう。
いまのままでいい、今の生活を手放したくないという
人々が体制を占めている限り、我が国は真の独立国家
とはいえないだろう。半端なんですよ。一刻も早く我
が国の矛盾を清算しないと若い人達が可哀想だと思う。
しかし在日も可哀相、半島にも帰れない相手にされな
い、特亞の歴史を知れば胸も張れない宙ぶらりんで虚
勢を張るしかない・・・45年前新大久保の看板屋で
働いていたけど在日朝鮮人などという言葉も知らなか
ったが・・・ある日、会社の先輩の足が前を歩くアベ
ックの男の足にぶつかったら「朝鮮人だと馬鹿にする
のかあ!」と振り向き様に殴り掛かってきた・・・・。
23歳の頃、広告会社で働いていた時,先輩が「これ
からは労働者農民の味方,毛沢東の時代だ。古い封建
的なものを捨て新しい文化大革命だ!」と当時の中国
共産党を礼讃し日中友好協会に入会し毛沢東選集や人
民日報を読むようになった。かの先輩はやがて中国を
旅し切り絵や毛皮の帽子を買ってきてくれたりしたが
立ち上げた組合活動も侭ならず退社していった・・・。
戦中派の伯父に毛沢東の話を得意になって話したら
「毛沢東?農民の味方?先祖帰りしてただの権力者に
なるだけ。共産主義?所詮賄賂の世界なんだよ中国に
沢山お金を援助しているが返してはもらえない・・」
と一蹴され目が覚めました。後年知ったことですが毛
沢東文化大革命を礼讃した先輩は満州生まれという出
自が支那中国に郷愁を覚えたのでしょう・・・。
郷愁といえば民主党などに潜む出自が半島だという政
治家、自民党の金丸信の長男でテレビ局の社長さんな
ど北朝鮮に一族郎党を引き連れ表敬訪問するというの
も先祖に半島出身者がいるのでしょう。そうした日本
人のようで日本人でない朝鮮人でないような韓国人と
か日本国で衣食住を享受しながらこの国を足蹴にする
ひねた生き方をしている不幸な生き方だと思う・・。

西尾幹二先生いわく「ニーチェが救済思想を批判した
のは、弱者が宗教的道徳を利用して権力者になろうと
しそこに虐げられし者が必要になるという構造がある
からです。弱者は地上で満たされなかった権力遺志を
天上で得ようとして救済の理念に走りますが、ニーチ
ェは、そういう弱者を利用して強者になろうとしたり
権力を得ようとしたりする人々を、最も賤しい人間、
「賤民」だと厳しく批判しました。
正しく共産主義者は「賤民」である。
 

投稿: 1949 | 2015/07/31 15:57

中国人留学生のご両親から文化大革命時のひもじい日々の暮らしぶりを聞いた,庶民は悲惨をきわめたようです

投稿: 774です | 2015/07/31 21:31

日本企業に労働搾取されて泣いて訴えている中国人って、自分の国のこんな恐ろしい殺戮の時代の荒波の数々を生き抜いたってことですね。生命力がすごすぎる(笑)

投稿: 戦闘機「殲滅」 | 2015/08/01 02:07

ソビエト共産党に依る残虐行為軍事力を行使しての衛星国への内政干渉。

ホロドモール=1932年から1933年にかけてウクライナ人が住んでいた各地域でおきた人工的な大飢饉であり400万人から1,450万人が死亡した
更に600万人以上の出生が抑制さた
ヴィーンヌィツャ大虐殺
カティンの森事件
ノモンハン事件前に行われたモンゴル人民共和国での大粛清。
プラハの春への軍事介入鎮圧
ハンガリー動乱
アフガニスタン軍事進攻

これらは全てアカの理想郷心の有り処ソ連で行われた近隣国友好国に対する虐殺行為のほんの一例(多過ぎて代表的な物だけを抜粋)にしか過ぎない。

アカ理想の現実は殺戮と恐怖で有る

投稿: Iライジィングサンさん | 2015/08/01 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61987480

この記事へのトラックバック一覧です: それを書けば国外追放になるという限度があるだろう:

« 日刊ゲンダイの報道以来こんなRTが多くてバカかと思う | トップページ | 八路軍に日本が負けたなんてありえない。希望的妄想 »