« 何度だまされたら気づくのか!外務省、いや日本! | トップページ | 反安保法案の団体実施の選挙でも反対多数と報じる新聞 »

2015/07/09

佐藤 地は日本の外交官。こいつは万死に値する!

佐藤 地ユネスコ大使
Japan is prepared to take measures that allow an understanding that there were a large number of Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions in the 1940s at some of the sites.

「日本は、1940年代にこれら遺産の何カ所かに強制連行されて過酷な条件の下で強制された多数の朝鮮人やその他の犠牲者のことを忘れないようにする措置を取る用意がある。」

こいつは万死に値する!

佐藤 地(さとう くに)は、日本の外交官。2013年(平成25年)6月28日から外務報道官。外務省の局長 ... 2015年(平成27年)1月22日外務省大臣官房付。2015年2月17日国連教育科学文化機関日本政府代表部特命全権大使(ユネスコ大使)に就任。

Satoh_baka


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

makotoban

Facebookでは「友達」募集中です。↓

facebook

正しい薄毛対策と育毛剤

うつや不眠でお悩みの方に

|

« 何度だまされたら気づくのか!外務省、いや日本! | トップページ | 反安保法案の団体実施の選挙でも反対多数と報じる新聞 »

従軍慰安婦&強制徴用」カテゴリの記事

コメント

解任希望です。この人のままだと
南京大虐殺、慰安婦、朝鮮通信使も世界遺産登録になってしまうからです。

この件で、私はこのところ、本当に腹が立って眠れません。どうしたらいいでしょうか。

まだ、この佐藤氏は、ユネスコ大使継続なんでしょうか。

投稿: だいふく | 2015/07/09 22:44

無理矢理”輝く女性”政策の推し進めが結果したものでもあるかと思います。

放っておいても有能な女性は出て来るものを、何でこれが安倍内閣の目玉政策になるのか?
目玉にしたければ、推挙するべき人を精査しての事でしょうに、誰に任せた人事やら?

平和安全保障法案成立が何よりの大事の時に、内閣自体が引き起こしたこの大失態。
ユネスコ会議のスケジュールは決まっていたのですから、この人選、どう見ても「緩み」だと思います。

ユネスコ会場での発表文言がこの佐藤地一人の発案だとは思えません(勿論擁護などではなく)。
害務省に根を張る日本毀損組織の根こそぎ退治が出来ますように、祈。

投稿: よれこ | 2015/07/10 00:31

今回の佐藤地氏の声明の出自を外務省(国際文化協力室 タケダ氏)に問い合わせた。

原稿は
内閣官房 産業遺産登録室 TEL:03-6206-6176(代表) ソネ 室長は来週帰国
外務省 国際文化協力室(ユネスコ関係)03-3580-3311(代表)-->直接部署を指定すること
文化庁 世界文化遺産室 03(5253)4111(代表) マツシマ 室長は週末帰国
の3者が協議し、岸田外相(噂の韓国大使と酒飲んで寝てたは誤り)と安倍首相の了解後に
出したとのこと。誰に責任があるわけではなく、日本政府として表明したものだ。とのこと。

(ソネ氏に依ると内閣官房は声明文と韓国との折衝は外務省が行った。我々は遺跡の文化的価値の
検討と登録の推進、情報センターの設置が主な仕事であるとしている。情報センターは
イコモスの歴史の全容が分かるようにとの勧告に基づいたもので、今回の韓国の要求のみ
により設置するものではないとの説明であった)

海外のメディアは強制労働や奴隷労働と間違って報道しているらしく(外務省の弁)、アジアの
アウシュビッツとして負の遺産として登録されたとの報道もあるらしい(真偽は確認していない)
中にはプロパガンダや韓国側の歪曲に基づいた報道もあるのだろうが、声明文を読む限りにおいて
強制労働と読めるのは私だけじゃなかったわけである。
文末でrequisition徴用を使って強制労働ではないことに言及しているが、私はこの言葉は
辞書で初めて知ったし、ネーティブも知る人がいなかったので、
この文面を読んだ殆どの人が、強制労働(アウシュビッツでのような)を認めたと受け取っている
のだろう。

英文抜粋
there were a large number of Koreans and others who
were brought against their will and forced to work under harsh conditions
in the 1940s at some of the sites あと問題は被害者victimとあること
文末にrequisition徴用であると但し書きがある

外務省は海外の誤解を正していく必要があるとのことだが、この英文では、かえって世界中から反感
を食らうのでは?
一度、認めたことを、後から修正している(修正主義者)。それなら何故そんな声明を出したのか。
単にrequisition徴用と言っておけば何の問題もなかったのでは。・・・そんな反感が想像できる。
これは世界標準からすれば、真っ当な考えだと思う。
外務省と日本政府は何度同じ間違えを犯すのであろう。表面的には平和外交と言いながら
争いの原因をわざわざ作り出しているのだ。

声明文の事実確認について聞いてみたが、個人では聞けることはほどんどなかった。
朝鮮半島の徴用開始は1944/9月からなので1940年代と範囲を大きく広げたのなぜかの質問には
日本本土の日本人は1944年以前から徴用制度がある。Koreans and othersは朝鮮人とその他のことで
その他は日本人のことなので、1940年代は誤りでないとの説明(前出のタケダ氏)だった。
あまりにも出鱈目で、この説明には絶句した。
brought against their willは文脈に依っては拉致され連れてこられたと訳されるが、タケダ氏に依れば
そのようなケースもあったと回答したが、具体的なケースは外交交渉でありノーコメント、
under harsh conditionsの過酷な環境や朝鮮人徴用の人数に関してもノーコメントであった。
尚、当時の日本人の徴用者は未調査であったとしている。
しかしながら、声明文中のa large number of (多くの)とあるが、これは期間を考慮すると実際は
多くの日本人であろうが声明文では多くの朝鮮人となっていることは、外務省に問い合わせしなくても
事実に反する。

声では明文が事実を確認して作成されているかは極めて疑問であり、独自に確認できる事実
(半島の徴用は1944/9から)のみから照らしても、1940年代と期間を著しく広くしていることや、
その理由は外交文章としては極めて不適切である。
声明文が事実に基づいているか否かは、声明文の本質に関わることであり極めて重要であるが、
外交交渉でありノーコメントとの返答であるので、異なる立場から聴取する必要がある。

今回の作文は河野談話に強制の主語はないので、日本軍が強制したと解されないと、外務官僚(田中均氏)の
弁解と通じるところがある。(文脈から日本軍と読めるのだが、厳密な解釈からは主体は不明との見解)

外務省の体質は変わっていない。この思考回路により第二の慰安婦談話と言われる由縁になるかもしれない。
事実でないことを政治的な判断で認めてしまっては、安倍政権も河野談話と同じことをしたこととなる。

河野談話は政治的な妥協だとの調査をした安倍政権が第二の慰安婦問題の火種を作ったとしたら後世の笑いものだ。
もし、岸田外相がこの声明文を安倍首相に見せないで了承したとすると、岸田外相は安倍首相の追い落としを
策略し、安倍首相に河野洋平と同じ一生に渡っての汚名を着せる意図があったと想像もできる。

また、遺産には犠牲者としての朝鮮人労働者を含む情報センターの設置をコミットしているので、展示内容について
日韓双方からの議論が予想される。今回の安倍政権の対応は反目の種を蒔いたことにもなる。

投稿: cut | 2015/07/10 07:43

だいふくさんの気持ちよく解ります。
しかし、どうしたらいいかは小生にもわかりません。

安倍総理の女性登用方針の一貫としてユネスコ大使に就任した佐藤ですが、その任務とはなんでしょうか?
ひとつでも多くの文化財様のものを世界遺産に登録させる事です。
そうする事のみが佐藤に課せられた使命であり、佐藤自身の出世世過ぎの方法なのです。
もともと、概して外務省の方向としては国益よりも、国際協調です。
省庁はどこもそうですが、安倍総理ごときがどういう考えのものであろうとも、所詮は一過性の輩だという認識です。
おそらくは第二の「河野談話」になりえる、などという認識をもたず、むしろ自身の功を誇っているのでしょう。
対して韓国は、一般国民まで政治性を帯びた個人です。
ある意味、勝てるはずがないとも言えます。

投稿: 山路 敬介 | 2015/07/10 10:46

これは自分の一存で最悪登録が流れるかもしれないという状況です
責任取れますか?

土壇場で訳の変わらないことを言い出す韓国にこそすべての問題があるのであって
この人を責めるのはどうかと私は思います

そもそも韓国人は本気で強制連行の神話を信じているのでしょう?
そういう相手に対して反論のしようがありますか?
反捕鯨と変わらないでしょう

投稿: | 2015/07/10 20:48

こんな女に大使を努めさせること自体外務省が外交や国益を考えていないことの現れではないか。

投稿: | 2015/07/10 23:22

現時点では、分明でない部分もあるので、「万死に値する」は言いすぎだと思います。

青山繁晴さんの取材では、ぎりぎりの交渉の段階で、仮に合意が決裂して投票となった場合の読みは登録可決だったそうです。その時、韓国側が「アウシュビッツにも比すべき施設」を口にした。

それで、日本側代表団は、気が動転してしまった。票読みが逆転する恐れが多分に出てきた。パニックになった日本側代表団は、現地→外務省本庁→官邸のルートで指示を仰いだ。

返ってきた指示は、「もう登録遺産のある各地ではパブリックビューイングの行事もして待っている。登録不可という最悪の事態は避けるように」というものだったという。

これが本当なら、官邸もしくは外務省本庁が、現地チームの判断にワッパをはめてしまったことになる。投票に持ち込む余地は、このときに失われた。

自民党本部も不満で渦巻いているようだし、ユネスコの現地チームが帰国したら、本人たちの口から直にことの経緯を問い糺すとしているので、佐藤大使の職務に重大な過失もしくは意図的な国益をそこなう行為があったかどうかは、未決としておくべきではないかと思います。

by Moguro

投稿: moguro fukuzo | 2015/07/11 07:27

それから、事情が少しずつ明らかになってくるに従って、日本は、そんなに悪い立場にあるわけではない、思えてきました。

百済地区が登録可決となったのに、明治遺産が未決の状態で、韓国側に声明の内容で一方的に譲歩を迫られる立場に置かれてしまった。このことは6月21日の外相会談での合意を韓国側が一方的に破ったことに原因があるので、外務省に責任を負わせることはできないでしょう。

worked to workの言葉を入れられてしまったのは口惜しいが、菅官房長官が「あれは徴用の意味で述べたものだ」とフォローしているから、「徴用」を説明すればいい。

佐藤大使は「1940年代」と名言しているので、1937年の支那事変、1941年の真珠湾攻撃から始まる大東亜戦争もカバーしている。戦時下の「徴用」は国際法上、完全に合法です。まして当時、朝鮮人は日本人ですから、日本に連れてきてろくに食べ物を与えず死なない程度にこき使っても何の問題もない。防災のための「徴用」も完全に合意です。それは先の福島原発事故で電気技師が劣悪な環境下で過酷な労働を強いられた、そのことを見ても明らかです。彼らだって他の仕事があるのに、国と会社の要請に応えるため、自らの意思に反して原発事故の現場に行き、1日パン一個の毎日に耐えたじゃないですか。総動員体制とは、そういうものだ。

「徴用」をつきつめていくと、そういう説明にならざるをえないのです。朝鮮人が日本の戦争協力者だったことも、ついでに明らかにできる。

スパッといく解決法としては「佐藤大使声明の撤回と、その前提である世界遺産登録の返上」が日本らしくて良いけれども、これは政府の決断がないとできない。腹案としては、上記の説明を丁寧にすればいい、と思います。

by 喪黒福造

明治文化革命遺産への強制連行はウソだ!
http://www.howitzer.jp/topics/page10.html

投稿: moguro fukuzo | 2015/07/11 08:00

日本国内では、「外交完敗」をいう人が多いのに、韓国内では勝ったと思っているのは尹炳世だけで、「日本にしてやられた、完敗だ」という世論の声が大きい。これも、面白い現象だと思います。私が調べた範囲では、「日本側は最初から、あれは徴用だと言い直す気で、ユネスコの会場ではforced to workで妥協したんだ」というのが、その理由だそうな。

日本側は、あの表現はまずかったと「弁解」しているのに、韓国側は、日本側の「陰謀」だという。その結果、彼らの初期の目的である「明治産業革命施設の世界遺産登録阻止」は達成できなかった。

約束させられた「資料センター」ですけれども、外務省をはじめ、日本人が韓国に極度の不信感を抱いている今、韓国側の希望に沿った説明の展示は難しいでしょう。この「資料センター」について、外務省は「韓国とは、もう話をした。今後は日本側でやる」と言明しています。日本人が朝鮮人をいじめているロウ人形館が韓国内にできるでしょうが、そんなのは温泉宿の秘宝館と同じようなものですし、毎度のことなので、ほっときゃいい。

英字紙二つ(The TelegraphとJapan Times)が、Slave Laborなんたらかんたら報道しましたが、私がチェックした範囲では、今のところこの二つだけで、これ以上は広がらないと思います。なぜなら、英国は奴隷貿易で産業革命の基礎を作った国ですし、アメリカも奴隷を大量に使い、それが原因で国が割れて内戦までやっているので、あまりこの点をつついていくと、ブーメランが自分に返ってくるからです。

だから、別の見方をすると、「完勝」なのかもしれない。

forced to workを佐藤大使が読み上げてしまった構図は、河野談話と同じですが、河野談話は密室談合で行われたのに対し、佐藤声明は衆目注視のなかで行われ、政府与党も同じテツを踏むまいと身構えている、これは大きい違いだと思います。

いずれにせよ、尹炳世がつまらぬ策を弄したことで、日韓の外交は、これでおしまいだ。日本人は総じて、怒りに震えているのではないでしょうか。国内の親韓勢力は全滅です。あとは安倍総理が8月に靖国神社を参拝してくれれば、9月に予定の日韓首脳会談がお流れになるので、完璧の仕上がりですね。上海の株価暴落とギリシャの債務問題で、韓国は最悪の時を迎えます。反日のツケを払ってもらいましょう。

by 喪黒福造

明治文化革命遺産への強制連行はウソだ!
http://www.howitzer.jp/topics/page10.html

投稿: moguro fukuzo | 2015/07/11 08:51

結局のところ、我々が大事に想うものに共感してくれる、そういう人だけ来てくれればいいのに、何かのお墨付きがほしくて、ブランドに犬のクソが付いてしまったということです。官邸にも、外務省トップにも、遺産を管理する現地にも、ユネスコに赴いている佐藤大使らの面々にも、「別に、ユネスコのお墨付きなどいらん」という覚悟がなかった。

だから、先祖の名誉を売り飛ばし、子孫にも申し訳ないことをしても、平気で「登録は、うれしい」などと口にする。

そういう軽薄な輩が横行する風土を育ててしまったのは、日本国民の責任だ。ブランドは、すなわち「のれん」です。「日本人ののれん」を生きている我々が、「のれん」に傷をつけるくらいなら、死んだ方がましだという覚悟を持っていれば、「仲良くするのが外交だ」と勘違いしている外務官僚など元々いない。

その覚悟のない日本人が、全ての責任を佐藤大使ひとりのせいにして、今後のことは我関せずとしたり顔で批評家を決め込むなど、笑止千万。

投稿: Moguro Fukuzo | 2015/07/11 09:19

こうなってしまった以上、

・戦時中は朝鮮半島は日本の一部であり朝鮮人は日本国民であったこと、

・日本人男女の徴用者数と朝鮮人の徴用者数、徴用先といった徴用の実態、

・軍艦島で働いていた日本人や朝鮮人は自由意思で働いていたのであり、徴用者はおらず、また高給取りであったこと

外務省は、当時の朝鮮人は日本国民として日本国民同様に(実際は終戦直前だけ)徴用されたという事実を、記録などを提示して説明し公表すべきだと思います。

また軍艦島がアウシュビッツのようなものであったかのような報道をしている欧米メディアに対しても放置せず、間違いをきちんと指摘し厳重に抗議すべきでしょう。

投稿: 麻生支持者 | 2015/07/11 16:48

祖国防衛のための献身を自己の望まない強制的な苦役だと理解する人間は恥ずべき卑怯者だと虫唾がはしりますが、かくなる上は。
これまでの、世界最高の善良無垢な国家でありたいという国柄を転換し、
相手によってあしらいを変える普通の国家となる道もやむをえないでしょう。
つまりは、韓国がこの話を押してくるなら、最後は、自国の徴兵者全員から賠償金を請求されても政府が拒めなくなるという。民主党お家芸のブーメランに追い込むよう広報を努力してもらいたいものです。

投稿: ポッと出 | 2015/07/11 23:48

モグロさんが指摘しているように、
戦時のto workはforcedです。
国際法違反ではありません。
これが平時であれば説明を求められるでしょうが戦時なので問題ありません。
外務省は仕事をした、と思います。

まぁ訳文が変でして(NHK?)、
徴用は任意ではなく強制ですから、
強制徴用という表現もオカシイ。更に、
forced to workを強制労働と訳するなら、enforced laborは何と訳するのか?

どうも日本人(保守)の思考にも、
国際法で認める戦時と平時が無いw

ブログ主様の健康をも願い
皇弥栄

投稿: 刺激 | 2015/07/12 14:48

産経新聞7月11日(土)の記事「世界遺産交渉の舞台裏」を下記に加えました。

バ韓国資料室
http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

by 喪黒福造

投稿: moguro fukuzo | 2015/07/13 02:58

安倍首相の女性の登用が裏目に出た典型例だと思う。
なんでも数合わせの論理で物事を進めていくと大失敗するのは目に見えている。やはり資質の問題で、これを無視した報いだといえるのではないでしょうか。佐藤地という女性は直ちにクビにすべきです。事実を無視したコメントには呆れはてる。この女本当に日本人? 言っていいことと悪いことの区別もついていない。ポカというレベルを超えている。これでこのことを餌に韓国は大金を要求してくるだろう。なによりも問題なのはこのことについて、日本からあまり怒りの声が聞こえてこない。ニュースか゛真実をとり上げないから日本人は詳しい真実をほとんどの人はあまり知らないから怒らないのだ。

投稿: | 2015/07/13 21:58

佐藤は「百済の日本統治」、「南京大虐殺」まで通してしまいましたからね。
どう落とし前をつけるつもりなのでしょう?

投稿: | 2015/10/13 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/61864128

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤 地は日本の外交官。こいつは万死に値する!:

« 何度だまされたら気づくのか!外務省、いや日本! | トップページ | 反安保法案の団体実施の選挙でも反対多数と報じる新聞 »