« 逮捕者の半数近くが中核派と革労協と言う事実に納得 | トップページ | 同志の皆さん!国民連合政府粉砕!民主党解体!共産殲滅! »

2015/09/20

朝鮮日報:中国=胸の筋肉はすごいが脳みそが足りない国
乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国

朝鮮日報が興味深い記事を書いている。

------------------------------------------------------------------

以下、抜粋

結局、先月の人民元暴落により、政府が為替レートを強引に調整していることが白日の下にさらされた。「やはり中国はまだまだだった」という声と共に、「胸の筋肉はすごいが、脳みそが足りない国」「乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国」という印象まで植え付けてしまった。経済研究所の中には「China Meltdown(Meltdown=融解、通貨大幅下落)」と大げさに分析した所もあった。1997年のアジア通貨危機時、韓国にも同じ表現が使われた。人民元暴落後も中国政府が行政力を動員して外貨流出を防いでいるのを見ると、アジア通貨危機時に失敗した韓国の政策をきちんと教わっていないのではという気さえする。

以上、抜粋

中国は本当に世界第2位の経済大国なのか
2015/09/20 06:08 宋熙永(ソン・ヒヨン)主筆

------------------------------------------------------------------

「胸の筋肉はすごいが、脳みそが足りない国」「乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国」
言いえて妙、と言うか核心をズバリ突いている。
韓国が、このように冷静な判断を日本と中国を対比して下せるようになれば、日韓関係は劇的に変わると思うけどな(あくまでも希望的観測)

8月7日付のロイターも書いている。

------------------------------------------------------------------

中国の経済成長率は実際どの程度なのか――。こんな疑問を抱くアナリストらが試算したところ、中国国内総生産(GDP)伸び率は公式統計の半分、もしくはさらに低い水準であるかもしれないことが分かった。

以上抜粋

中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か
2015年 08月 7日 14:36 JST

------------------------------------------------------------------

あれだけ我が日本国をボロクソに言い、南京事件を国家記念日に格上げし、尖閣で脅しをかけているのに、AIIBへの参加を懇願する。
鎧の下はボロを纏っている、もう見え見えだよ。

こんな国に協力する必要はない!
むしろ崩壊後の難民対策に本腰を入れるべきだろう

Aiib


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

Facebookでのフォローは以下から。↓

Like_us_on_facebook_2

正しい薄毛対策と育毛剤

うつや不眠でお悩みの方に

|

« 逮捕者の半数近くが中核派と革労協と言う事実に納得 | トップページ | 同志の皆さん!国民連合政府粉砕!民主党解体!共産殲滅! »

中国崩壊シリーズ」カテゴリの記事

コメント

「胸の筋肉はすごいが、脳みそが足りない国」、
「乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国」
と中国も韓国に言われたくはないだろうが、その胸の筋肉にすがる朴大統領を担ぐ韓国はそれではなんだろう。
「プライドも高いが嘘とタカリで生きている国」とでもいうのか。

韓国からの難民に備える必要がある。

投稿: Pin | 2015/09/20 22:09

>胸の筋肉はすごいが、脳みそが足りない国

これは、むしろアメリカではないかと思いますよ。
中国の場合、筋肉モリモリと思わせているだけというか、もしかしたらアメリカのような大国になれるかもしれないという願望だけが先走った国家という感じがします。
凡夫の場合、願望が達成される可能性があると感じた時点で態度を変えるために、その願望を周囲に気付かれてしまい失敗します。
目的を成し遂げるためには、必ず実際に目的を達成するまで、じっと我慢する必要があるのです。凡夫はそれができません。
そういう訳で、確かに中国は脳みそが足りないかもしれませんが、いまだ筋肉モリモリではありません。

投稿: 縄文人 | 2015/09/21 10:31

ブログ主様、皆々様:

難民に備える必要は当然あるのですが、私個人は既に世捨て人同然なので、そちらは日本の政治・社会を真剣に考えている諸氏におまかせし、支那の崩壊を充分にあざけり笑い堪能しつつ老人になっていきたいと思います。

 ということで、こんなものを作ってみました。

China’s Farcical V-Day Military Parade in 2015
http://www.howitzer.jp/china/page05.html

投稿: 喪黒福増 | 2015/09/21 13:29

AIIBの写真を見て、思いました。

最近では、「日本は、AIIBに参加すべし」という声が一気に低調になりました。
幻想や期待は現実を直視すること(直視させられること)で、打ち砕かれているからでしょう。盛んに参加を主張していた諸氏の多くは、都合が悪くなると沈黙。
相も変わらず、「学者」、マスコミは気楽なものです。

安保法制の認知もこのような展開になっていくと思います。それは、残念なことに中国の脅威を思い知らされることでもあります。

そのような中、国連で沖縄の実態を訴えるとして旅ったった知事がいます。何も効果がない、むしろ混乱を拡大する行為にブレーキがかかりません。
かくして、日本への脅威は、国内外ともに強くなっていくのです。

政府が安保法制を急いだのは、「危機が切迫している」からですが、まさにそう感じます。

尖閣での中国公船の絶え間ない領海侵犯
スプラトリー諸島での更なる飛行場建設
ガス田のプラットホームの増築
等々

このような危機こそを広く知らしめていくべきと思うものです。

蛇足ですが、
先日、録画していたNHKBSでの「20世紀の映像」を見ておりました。
「日本軍と戦った毛沢東率いる中国共産党軍」と編集されていました。蒋介石は一言も出てきません。
このように歴史の捏造が行われています。監視が必要です。いつの間にか「中国5千年の歴史」ともナレーションが入るようになりました。
彼らの「歴史修正主義」は、確実に、悪質に進行しています。


投稿: Ethos | 2015/09/21 21:50

>>アジア通貨危機時に失敗した韓国の政策をきちんと教わっていないのではという気さえする。

先輩づらしている表現が滑稽ですよね。
中韓は「中進国の罠」にはまる以前に、みずからの投機的性質から暴発したのではないでしょうか。
中間所得者層が、日本と同じように形成されると見込んだ経済人は愚かでした。

投稿: 弓取り | 2015/09/22 01:54

翁長の国連人権理での発言に、重大な問題がありますが、どなたも指摘しないのはなぜでしょうか?

現職の県知事が、国連の下部組織の公式会議にて、「自己決定権」という用語を使いました。自己決定権は、独立、もしくは他県とは異なる特別扱いの自治を認められた場合に使用することが許される用語です。

そもそも沖縄には自己決定権はありません。現行法で認められていない行為を国外で主張するような県知事には、徹底的に圧力をかけるべきでしょう。

沖縄には自己決定権がある、という主張であれば、それは沖縄の分離独立、または高度な自治の獲得を求めた、従来とは別次元の政治運動を意味します。

皆さんはスルーですか?

投稿: 通行人 | 2015/09/22 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/62318943

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮日報:中国=胸の筋肉はすごいが脳みそが足りない国
乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国
:

« 逮捕者の半数近くが中核派と革労協と言う事実に納得 | トップページ | 同志の皆さん!国民連合政府粉砕!民主党解体!共産殲滅! »