« 在日特権?韓国・朝鮮人の存在そのものが特権だよ! | トップページ | 慰安婦問題 韓国の自爆を待つのが最も賢明だ! »

2015/12/26

麻布十番のランドマーク!と勝手に思ってるロータリー

麻布十番も地下鉄の駅ができてから、すごく若者が増えて、昔の「麻布の下町」という雰囲気は少々薄れたけれど、「麻布」という名前からすると、まだまだ庶民的な街だと思う。

下の画像は麻布十番のランドマーク!
と私が勝手に思っているロータリー(爆)

「赤い靴はいてた~おんなのこ~」の像があります。
女の子の最期を看取った孤児院が、麻布の鳥居坂教会(今は、十番稲荷神社)にあったからだそうです、知らなかった...

Photo


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

Facebookでのフォローは以下から。↓

Like_us_on_facebook_2

■薄毛対策は育毛剤の選択が命

■快眠サプリ=ネ・ムーンプラスを検証する

|

« 在日特権?韓国・朝鮮人の存在そのものが特権だよ! | トップページ | 慰安婦問題 韓国の自爆を待つのが最も賢明だ! »

個人」カテゴリの記事

コメント

麻布十番は随分変わったようですね。六本木から女学園のある通りを抜けて十番温泉にかよった頃から40年も経ってしまいました。
懐かしさでイッパイです。

投稿: 髙橋 | 2015/12/27 12:51

麻布十番は六本木ほど気取ってなくて、(とくに値段的に)実質的に美味しい店の宝庫です。若いもんを引き連れて、随分通ったものです。天ぷら、蕎麦、焼き肉、中華、洋食屋…いかん、ハラへってきた。(笑)


♪赤い靴はいてた女の子 異人さんに連れられて いっちゃった♪

鳥居坂周辺はたいへんな変わりようですが、そうですか、「赤い靴」の女の子はあそこで亡くなったのですね。

NHKの歌のお姉さんをやってたM嬢、最初にステージを観たのが真夏の光が降り注ぐ池袋サンシャインでした。その時、彼女は真っ赤なショートブーツを履いていました。以来、「赤い靴」の女の子は、私にとっては彼女になり、私は「あしながおじさん」役に。ラストステージだけは花束を持って行きましたが。その後、M嬢はアメリカ人と結婚して、カリフォルニアに渡りました。


♪今では青い目になっちゃって 異人さんのお国にいるんだろ♪

オリジナルの女の子はアメリカに渡れませんでしたが、彼女はサンフランシスコに住んで、幸せに暮らしているそうです。

それで、とくに冷たい雨の降る日には、「赤い靴」の歌を一人口ずさみながら、いささかウェットな気持ちになるレッドバロンなのありまでした。

投稿: レッドバロン | 2015/12/27 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/62944711

この記事へのトラックバック一覧です: 麻布十番のランドマーク!と勝手に思ってるロータリー:

« 在日特権?韓国・朝鮮人の存在そのものが特権だよ! | トップページ | 慰安婦問題 韓国の自爆を待つのが最も賢明だ! »