« 併合した国の皇子のために邸宅を建ててやる大日本帝国 | トップページ | ぱよぱよちーん 名誉毀損、肖像権とプライバシー侵害 »

2015/12/01

未だに自立できない「恨の国」韓国朝鮮 米中日の狭間

韓国は、「恨(ハン)」の文化の国と言われる。この文化は、韓国・朝鮮の歴史を抜きには語れない。

中世から近世~近代まで、韓国・朝鮮は、その歴史の大半を中華圏の一部として生きてきた。世界の中心は常に中国だった。この中国を中心とした体制を華夷秩序と呼び、具体的には冊封(さくほう)という形で成り立っていた。
冊封とは、中国皇帝がその周辺諸国の君主と君臣関係を結ぶことである。冊封を受けた国の君主は、王や侯といった中国の爵号を授かり、これによって作られる国際秩序を冊封体制と呼ぶ。
経済的な側面から見れば、周辺諸国の夷狄(いてき)たちが、「中国皇帝の徳を慕って」朝貢を行い、これに対して皇帝が回賜を与えるという形式である。
この冊封体制の中で、韓国・朝鮮はその存在を維持してきた。つまり歴代の韓国・朝鮮王朝は、中国から柵封を受けることによってその地位を承認され、国内において自己の権威を確立することができたのである。

この中国との君臣関係は、日本が日清戦争(1894~1895年)で清(中国)を破ったことで消滅する。宗主国であった中国が敗北した結果、韓国・朝鮮は大韓帝国として独立を果たすのである。迎恩門や「恥辱碑」と言われる大清皇帝功徳碑を倒して独立門を立て独立を記念した。
この独立は日本のおかげであった。
ところが大韓帝国は、日本がロシア・フランス・ドイツによる三国干渉(1895年)に屈するのを見て、既に満州(中国東北部)を実質的支配下に置くなど、北東アジアにおける南下政策を推し進めていたロシアにすり寄っていく。その結果、朝鮮半島を国土防衛上の生命線と位置づける日本は、ロシアと戦うことになる(日露戦争―1904~1905年)。
日露戦争に勝利した日本は、その後、1905年の第二次日韓協約で韓国を保護国とし、1910年の日韓併合条約の締結により日本に併合した。
つまり、韓国・朝鮮は、ようやく独立できたのに、自ら近代国家として脱皮できず、北東アジアを支配下に置こうとしていたロシアの力を借りようとして、結果的に日本の植民地になってしまったのである。

日本の植民地にされた韓国・朝鮮は、1945年に突然、日本の支配から解放される。
それは、日本が連合国(米国)に敗北したからである。ところが解放されたはずの韓国・朝鮮は、南半分を米国に、北半分をソ連(ロシア)に占領支配されることになる。そして1948年に、南に大韓民国(韓国)が、北に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が建国される。
この南北に分断された韓国・朝鮮国家は、1950年に朝鮮戦争と呼ばれる内戦を起こし、朝鮮全土を破壊した。朝鮮戦争は1953年に休戦協定が結ばれ停戦に至るが、軍事境界線が制定されたことで韓国・朝鮮の分断が確定された。韓国・朝鮮は現在も停戦状態のまま南北に分断されており、この状態が50年以上続いている。

なお、韓国は1960年代後半から80年代にかけて「漢江の奇跡」と呼ばれる驚異的な経済成長を果たした。
これは、李承晩政権時代における米国からの莫大な額の軍事的・経済的支援がその基礎的な条件としてある。が、直接的には、朴正熙軍事独裁政権時代の1965年に締結された日韓基本条約に基づく、日本からの巨額のODA(政府開発援助)のおかげである。
この条約に基づき、日本は無償協力3億ドル、有償協力(円借款)2億ドル、民間借款3億ドル以上を韓国に提供した。当時は、韓国の国家予算が3億5千万ドル、日本の外貨準備高が18億ドルの時代であった。また、日本の企業による積極的な技術協力も韓国経済の格上げに大きく貢献した。

-----------------------------------------------------------------

以上は、2006年9月1日に書いた、私のBlogの一部です。

韓国には史実を直視してほしい。
でも、無理だろうな。

安倍総理も大変でしょうが、こんな国、こんな民族なので冷徹に対応=今のままでいてほしいと願います。

↓画像は、ホンタイジに三跪九叩頭の礼をする朝鮮王仁祖

Chijyokuhi2


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

Facebookでのフォローは以下から。↓

Like_us_on_facebook_2

■女性の薄毛に…無添加薬用育毛剤

■安らかな深い眠りに休息サプリ

|

« 併合した国の皇子のために邸宅を建ててやる大日本帝国 | トップページ | ぱよぱよちーん 名誉毀損、肖像権とプライバシー侵害 »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

ども、しばらくです。以前、このブログで「平野国臣」のコテを使っていた喪黒福造です。

「華夷秩序」をどうやって欧米人に分かってもらおうかと苦慮した結果、マンガにしてみました。

華夷秩序
http://www.howitzer.jp/china/page06.html

下記、南京のHP、ヒット数がもうすぐ7千です。慰安婦のほうは1万5千を超えました。パンフレットでこれだけの数を配るのは大変です。ネット時代の恩恵ですね。

南京大虐殺のウソ(英語版) 拡散希望
False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

慰安婦のウソ(英語版) 拡散希望
False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

投稿: moguro fukuzo | 2015/12/03 16:57

何かの本で読んだのですが、現代の韓国を解くキーワードとして「先祖返りatavism」があるといいます。李氏朝鮮時代に先祖返りしているのだと。

そういえば、ナッツリターン事件に見られるように、産業界は少数の財閥グループの寡占状態ですし、政治も政権与党トップにはあからさまなネポティズムがある。政権が変わると前政権にこれでもかという汚職の追及がある。韓国マスコミで論陣を張っている連中のいうことは、ばかばかしいほど浮世離れしていて、この連中は、さながら現代の両班貴族のようです。

南北朝鮮の分断も、大統領や首相の交代劇も、しょせん、黄文雄氏がいう「朋党の争い」なのかもしれません。「朋党の争い」を収める手段はただひとつ、外敵を作り出し、国民の不満をそちらに向けることです。その外敵が日本ということでしょう。

韓国の反日には、アメリカ人がイラク戦争のときに「サダム・フセイン死ねえ」でまとまった時と同じような高揚感があるのでしょうね。

ただ、この「反日」、盧武鉉政権のときに「韓半島」「ムクゲの花が咲きました」のような反日映画が流行した、あれが「シンナーを吸った」状態だったと思います。盧武鉉時代は、まだ笑って見ていられた。最近は、「狂」の気があって、笑ってばかりいられません。

シンナー→大麻→コカイン→LSD、というふうに「反日シャブ漬け」が強化されてきたのでしょう。つまり、依存症addictionです。

「反日シャブ漬け」の行き着く先は、アルコール依存症、薬物依存症と同じく、「廃人」です。「天才バカボン」の作者・赤塚不二夫がアルコール依存症で、末期にはマンガの登場人物さながらの奇行が目立ち、傍らにいないはずの人の幻影を見たといいます。薬物依存症による末期の悲惨さは特に記す必要がないほどです。

一国が「廃人」になる。むしろ、「亡国」という方が適当かもしれません。(続く)

投稿: moguro fukuzo | 2015/12/03 17:44

(前から続く)

10月中旬、産経の記者が元慰安婦のイ・ヨンスにインタビューをして「どうすれば元慰安婦の気持ちが和らぎ、日本を許せると思うか」と聞いたところ、「安倍首相が在韓日本大使館に来て、自分たちの目の前で許しを乞うてほしい。安倍首相に続く歴代の総理大臣も同じようにしてほしい。そうすれば日本を許せるかもしれない」と答えたそうな。

元慰安婦の「恨」は、ここまで空気をポンプ注入され増幅しているのです。これは、愚かな婆あにすぎないイ・ヨンスを周囲がおだてまくった結果であり、韓国社会は既に病んでいて、人でいえば「狂人」の域にあると云ってよい。

それと同時に、韓国人には自分たちで勝手に両班貴族になってしまって、日本人を奴隷階級とみなしたいという底意があるように思います。日本人を奴隷階級として永遠に韓国に奉仕させること、これが韓国人の究極的な目的でしょう。チョコマカと良く働く日本人は「白丁」以下の奴隷に見えるのかもしれません。

この噴飯ものにすぎない韓国人の一方的な願望は、李明博大統領が竹島不法上陸のあと、「天皇が韓国に来たいなら、三一運動闘士の前で罪人のように縛りあげ、土下座をさせてやる」という、あの不敬発言にも、その一端が現れていますから、彼らにとっては決して冗談でも死にかけ婆あの妄言でもなくて、大真面目のコンコンチキの事だと思います。

つまり、日本人にとっては、韓国は既に敵性国家だということです。

投稿: moguro fukuzo | 2015/12/03 18:16

韓国朝鮮民族の 「千年しつこく続ける恨み根性の文化」 をユネスコ無形文化遺産に登録しよう!! 星の数ほどある泣きわめく映像特典の資料も付属してね

投稿: 1年静観してたが釜山でとうとうキレた | 2016/12/31 03:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/62789364

この記事へのトラックバック一覧です: 未だに自立できない「恨の国」韓国朝鮮 米中日の狭間:

» ますます [文句言いのたわごと]
恨みの発露の方向が斜め上の国民が 外国の宗教施設を破壊しようとする。 敬意のかけらもないその(ある意味予想通り過ぎる)結果に みんな激怒 [続きを読む]

受信: 2015/12/03 23:39

« 併合した国の皇子のために邸宅を建ててやる大日本帝国 | トップページ | ぱよぱよちーん 名誉毀損、肖像権とプライバシー侵害 »