« 世界の珍種・日本的リベラルと左翼 | トップページ | 人民元の表はヒトラーのような人物 »

2016/05/21

即刻辞めろ!お前の存在自体が国辱だ!!舛添!!!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

2時間15分で、「第三者」という言葉を発した回数は40回以上
~20日の会見で東京都の舛添要一知事~
舛添氏の回答は、「第三者の厳しい公正な目に任せたい」の一点張りで、自身の言葉による説明は一切なかった。

こいつには、もう「辞職」以外に選択の余地はない。
それにしても“厚顔無恥”という言葉しかないこの男の醜態、醜悪さは他に例を見ない。

公私混同だけではない。
セコイ
ズルイ
ウソツキ
ジコチュウ

外遊なんか二度とするな!
即刻辞めろ!!
お前の存在自体が国辱だ!!!

Masuzoe3

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします↓


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Twitterでのフォローは以下から。↓

Facebookでのフォローは以下から。↓

Like_us_on_facebook_2

|

« 世界の珍種・日本的リベラルと左翼 | トップページ | 人民元の表はヒトラーのような人物 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

舛添氏は、当初から右からも左からも評判の悪い人物でした。
当時の候補者のうち、田母神氏はいまご存知の通りです。
都知事になっていたらさらに大ごとになっていたでしょう。
他は左派の、細川氏と宇都宮氏。
この話は非常に微妙ですが、
舛添氏は当時の選択肢としてやむを得なかった。
私は今でもそう思います。

舛添氏が何らかの方法で辞任に追い込まれたとして
左側は今度こそ首都を奪還しようと躍起になってくるでしょう。
「共闘」ブームのいま、
統一候補を出してくることは充分に予想されます。
猪瀬氏は公民権が停止中。
橋下氏は出るかどうか不透明です。
右側に強力な候補がいないかぎり
首都が左側の手に落ちる危険性は非常に高いと言わざるを得ません。
舛添バッシングには、どうしてもその不安がセットでついてきます。

投稿: 鳩槃荼 | 2016/05/21 18:45

まったくもって!
嘆かわしい限りです。

投稿: ちょい | 2016/05/22 01:41

現在公開中の映画「殿、利息でござる(原作「無私の日本人)」と真逆の世界。
政治家、財政界、官僚は著しく、日本人の魂は失われたようですね、。
人間として最悪、言葉で表せば表すほど虚しくなるばかり、と言って都政を担うだけの人材がいないのは虚しいを通り越し空恐ろしくなってきます。

順法精神、公私混同以前の問題、人間の尊厳の問題、日本人をこれ程貶める行為は無いのではないのか。

マスコミも追求すべきポイントが外れているのでは?

日本人が自ら国を滅ぼす、李鵬のオーストラリアでの発言は当たっていました。

東芝、三菱自工、等々 企業倫理も地に堕ちた、中国・韓国のことを批判している場合ではないだろう。


投稿: 道産子爺 | 2016/05/24 00:13

やはり純粋日本人と、ただ国籍が日本人と本当に違うとわかった。

石原元都知事もいろいろ批判はあった。しかし、当たりまえだが、日本人として日本のために働いた。

舛添都知事はまず韓国学校や、
ヘイト法案など韓国大統領のために働いた。
金銭感覚も、日本人の血税を使い尽くしてやるという信念のような体質、用日。
日本人を憎んでいるとしか見れない行動。
やはり日本人ではないのだと思わずにいられない。
それは、東日本震災の時の与党の面々の行動も他人事で、日本を思う心がほとんど感じられなかった。

しかしこんな要職に朝鮮民族がとっている現実。
日本は今更ながら、恩恵を施し過ぎた朝鮮民族に占領支配されているのだなあ、と思ってしまった。
ヘイト法により日本人の口を塞ぎ、住民投票をやり、次は外国人参政権を取って占領完成するのだろう。

投稿: 蝉 | 2016/05/30 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/63663628

この記事へのトラックバック一覧です: 即刻辞めろ!お前の存在自体が国辱だ!!舛添!!!:

« 世界の珍種・日本的リベラルと左翼 | トップページ | 人民元の表はヒトラーのような人物 »