« 安倍総理ー二階幹事長ー小泉元総理ー小池都知事が会食 | トップページ | SEALDsは民青+過激派+在日+チンピラの連合軍 »

2017/06/06

法廷で勝てないから実力行使するのは暴力革命の論理


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

沖縄の辺野古移設反対運動を見ていると日本左翼の本質がよく解りますね。
連中は、すぐ「言論弾圧」とか「表現の自由の侵害」とか言い募りますが、実際に暴力や威圧でで地元民や一般県民の言論を封殺しているのは彼らです。
法廷闘争(法律上の争い)では勝てないから実力を行使する、これは「暴力革命の論理」そのものです。

日本は選挙を通じて政治権力を選択し、国民の多数から選ばれた政治家が権力を行使するのです。
それが気に入らないからと言って暴力で行政権や司法の判断を否定し妨害するのは民主主義の否定です。
連中は、口を開けば「民主主義」とか「市民の声」と言いますが、議会制民主主義では国民の意思は選挙で示されるのです。
デモや反対集会で意思表示するのは自由ですが、それで行政や司法が歪められたら民主主義ではありません。
韓国ではそういう事態が発生しておりますが、成熟した我が日本国ではそういう行為を支持する人間は少数派です。
彼らを支持するのは「民主主義の旗手」である朝日新聞や、それに連なる「胡散臭い」=「いわゆる文化人」でしょう、大江健三郎とか。

おそらく「過激派」が関与していますね。
彼らの運動拠点は、もう沖縄しか残されておりません。
反原発も彼らの拠り所でしたが、時間が経過し除染が進むにつれて以前のような国民的関心を集めることができません。
だから在日「北朝鮮人」まで動員して関心を高め、沖縄2紙だけではなく朝日や毎日にも報道してもらいたいのです。
が、残念ながら国民が関心を示さないから朝日、毎日だけではなくTVメディアもほとんど取り上げません。

安倍内閣は、粛々と普天間基地の辺野古移設を進めていただきたいと思います。
それが日本国のためであり沖縄県民のためです。

Okinawa_boukou7_2


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓




★育毛剤のベストセラー★
ロゲインに含まれているミノキシジル(5%)は、発毛において(科学的に)効果が期待できるとされています。
カークランド製ロゲインは、米国のカークランド社で製造されているAGA対策商品で、ロゲインのジェネリック医薬品です。
日本の薬局やドラッグストアで販売されている大正製薬のリアップX5プラスにもミノキシジルは同様に5%配合されておりますが価格が違いすぎます。
■リアップX5プラス=60ml×1本=7,611円(税込):富士薬品オンラインショップ
■カークランド製ロゲイン=60ml×2本=2,980円(税込):ダイエットクリニック
つまりカークランド製ロゲインは、1本あたりリアップX5プラスの5分の1以下の価格(1,490円)で入手できるのです。
費用対効果から言えば、圧倒的にカークランド製ロゲインと言うことになります。


カークランド製 ロゲイン5% 2本 スポイト1本 男性用 カークランドロゲイン5% 2本セット【ダイエットクリニック】

|

« 安倍総理ー二階幹事長ー小泉元総理ー小池都知事が会食 | トップページ | SEALDsは民青+過激派+在日+チンピラの連合軍 »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

更新お待ちしておりました。

ぱよちんはテロリストと同類ですね。
目的のためなら手段は正当化されると疑いもなく思い込んでいます。
無差別殺人も道交法違反も同じ違法行為。
法より自らの信念を優先させ、ヒロイズムに浸る。
沖縄の反対デモはちっぽけな正義感に酔うクズテロリストの
お祭りですな。

投稿: | 2017/06/06 09:29

連中は国連特別報告者と連携して政府に「日本の現状を憂う」と称して要望や指導をしているようだ.それをマスコミが取り上げ,いかにも正義の行為のように報道する.ネット情報にアクセスしない人は騙されるだろう.

投稿: 街のバカ猫 | 2017/06/11 07:01

おはようございます。

お久しぶりです。お変わりございませんか。

この写真、轢かれないとわかっているからできることで、これが中共の戦車であれば、何の躊躇もなく前に進むことでしょう。
彼らの「憎っくき日本の警察」の法遵守と人権擁護を利用したパフォーマンスは、実に卑怯なものです。
多くの人は同様に感じている筈です。

沖縄での「反対運動」には、ハングルが目立つようになっています。韓国人、韓国人になりすました北の工作員が浸透してきたからでしょうが、半島からの日本への攻勢が激化したことがわかります。
半島からの反日工作に対して、本腰を入れて潰さないと日本の安全にとって脅威は増悪するばかりです。
総反撃の時期でしょう。


話は変わりますが、
大坂正明と思われる人物が逮捕されました。

人は、どの時点で、人生のレッドラインを越えるのでしょう。そのことに思いを致しております。
当時の運動に関わった人間は多数います。
坂様はそうですし、私もその周辺にいた人間です。

レッドラインを踏みとどまった人間、越えた人間の差はどこにあるのだろうかと・・・。
人生終盤に入り、今更、考えても詮無きことと承知しながらも、そう考えてしまいます。

この辺の整理のつけ方、決着のつけ方が人生終盤のささやかな指針になるような気がしているものです。

勝手なことを書かせてもらいました。
お元気でお過ごしくださいませ。


投稿: Ethos | 2017/06/11 09:47

お疲れ様です。
変態どもについて、私が思っていたことを余すことなく述べてくれました。
「すぐ「言論弾圧」とか「表現の自由の侵害」とか言い募りますが、実際に暴力や威圧でで地元民や一般県民の言論を封殺しているのは彼ら」というのは、一昨年の「安保法制」で醜態を見せてくれた当時の民主党など野党各党にも言えると思います。
これは『ニュース女子』問題で名を馳せた辛淑玉らにも言えると思います。
彼女は「沖縄ヘイト」などと騒ぎながらも、「公開討論」から「逃亡」しました。

>日本は選挙を通じて政治権力を選択し、国民の多数から選ばれた政治家が権力を行使するのです。
>それが気に入らないからと言って暴力で行政権や司法の判断を否定し妨害するのは民主主義の否定です。
>連中は、口を開けば「民主主義」とか「市民の声」と言いますが、議会制民主主義では国民の意思は選挙で示されるのです。

自分たちにとって気に入らない、あるいは都合の悪い法案が採決・可決されようとすると、野党や朝日・東京新聞などは決まって「数の暴力」「民主主義(立憲主義)の破壊」などと非難します。
先の「安保法制」、今回の「共謀罪」でもそうでした。

「安保法制」も可決され、「共謀罪」も阻止することはできず、「森友」「加計」でも騒げず起こせずでした。
むしろ、良識ある者らは彼らの本質を見破っていると思います。
もう本土内には、彼らの居場所は無く、そうなると沖縄が「最後の砦」ではないでしょうか。

写真を見ると、これまさに「妨害」行為ですね。
それでも「朝日、毎日だけではなくTVメディア」は彼らを過大評価し、「市民運動」「沖縄の怒り」などと「偽装」して報じるでしょう。

投稿: 成田あいる | 2017/06/11 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/65375466

この記事へのトラックバック一覧です: 法廷で勝てないから実力行使するのは暴力革命の論理:

« 安倍総理ー二階幹事長ー小泉元総理ー小池都知事が会食 | トップページ | SEALDsは民青+過激派+在日+チンピラの連合軍 »