« 韓国は遠くない将来、崩壊するのかもしれない
北朝鮮より先に...
| トップページ | 昔は韓国にも正論を述べる知識人がいた。今は最悪だ! »

2018/05/04

世界卓球 準決勝直前に南北朝鮮が合体して日本に挑む。
これってあり得ねえだろう!

速報!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

今、スウェーデンで、卓球の世界選手権団体戦が開催されている。
我が日本国は、男子が決勝トーナメント1回戦に勝利し、ベスト8が確定、明日は韓国戦である。
女子は、2回戦に勝利し、明日が準決勝で、既に銅メダル以上が確定した。
ところが、本日、驚くべきことが発表されたのだ。

実は、女子の準決勝は、韓国対北朝鮮の勝者と日本が決勝進出をかけて戦うはずだった。
にもかかわらず、まったく信じられないことが起きた。
韓国と北朝鮮は準々決勝で戦わず、両者が合体し準決勝の対日本戦に臨むことが決定されたのだ。
つまり準決勝で日本女子は、韓国+北朝鮮と戦うことになった。
明日の試合は、「日本対南北朝鮮」とテレビ東京では表示されていた。

準々決勝のために入場した韓国と北朝鮮の選手たちが握手を交わした後、合同チーム結成を告げるアナウンスが試合会場に響いた。
結局、南北朝鮮の準々決勝は行われず、いきなり「もう北朝鮮チームも韓国チームもない。コリアだ」となった。
実は、8強入りを決めた両チームが、前日夜になって、国際卓球連盟(ITTF)に申し入れて実現したのだ、と言う。
南北融和、国際平和への道...と言えば聞こえはいいが、スポーツの政治利用そのものであり、選手から見れば極めて不公平な決定である。

ITTFだけではなくIOCも賛同したようだが、南北朝鮮の「戦争状態」が終結していないのに、たかが一スポーツ団体がこんな政治的先走りをしてもいいのか?
政治によるスポーツへの介入には非難の声をあげる連中が、スポーツの政治利用には賛辞の声をあげる。
これを偽善と言わずして何という?
まあ、韓国が勝っても北朝鮮が勝っても日本女子に勝つのはむつかしい、という打算もあったのだろう、間違いなく。

まいど、まいど、汚い奴らだ!

Korea_pingpong


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



|

« 韓国は遠くない将来、崩壊するのかもしれない
北朝鮮より先に...
| トップページ | 昔は韓国にも正論を述べる知識人がいた。今は最悪だ! »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

南北の和平ムード演出が続いていますね。アメリカは米朝会談でリビア方式の核放棄を迫るようですが、一切の有無を言わせずにアメリカの言う通りに従うか軍事攻撃で破壊され金正恩は斬首されて終わるか。韓国に米軍はステルス戦闘機F22 ラプターを複数機配備したようで確かラプターはバンカーバスターを積めたのではないでしょうか。米朝会談に向けて威嚇し続けるようです。

カダフィの最期を知っている金正恩は芯から怯え切っているでしょうね。しかし南北会談の茶番から始まった仲良しごっこの演出がとても気持ち悪いですね。

投稿: 彩希 | 2018/05/04 07:22

選手たちも驚いたようですが、あまり意に介してないようですよ。
強くなったよね、技術はもちろん精神的にも。
伊藤美誠選手などは「楽しみ。おもしろそう」だって。

投稿: ナショナリスト | 2018/05/04 11:05

「合同チーム」結成も、一発で「準決勝敗退」しました。
南北朝鮮の「後出しジャンケン」は、空しい結果に終わってしまいました。

そこまでして決勝進出した日本もまた、無残な結果に終わってしまいましたね。
またもや中国と言う分厚い壁に阻まれ「決勝敗退」したばかりでなく、「山口退社」に週明けのTVの話題を持って行かれてしまった。

マスコミも日本を持て囃すのではなく、何度も同じ失敗しているのですから、少しの苦言はあって良いと思います。

投稿: 成田あいる | 2018/05/09 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/66680839

この記事へのトラックバック一覧です: 世界卓球 準決勝直前に南北朝鮮が合体して日本に挑む。
これってあり得ねえだろう!
:

« 韓国は遠くない将来、崩壊するのかもしれない
北朝鮮より先に...
| トップページ | 昔は韓国にも正論を述べる知識人がいた。今は最悪だ! »