« 日本の礎である偉大な歴史と勤勉な国民性を誇りに思う | トップページ | 被害妄想を世界中にばら撒くパラノイアに鉄槌を下せ! »

2018/12/20

歴史を美容整形する韓国!これは民族性と言うしかない



人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

歌手を目指していた韓国人女性が整形依存症になり、やがて「扇風機おばさん」と呼ばれるようになった、というニュースを過去に読んだ記憶があった。
その「扇風機おばさん」が今月15日に亡くなっていたと言う。
整形しなくても十分「美人」だったのに、その背景に韓国社会の病理を感じる。

 整形依存症で普通の人よりも顔が2-3倍膨れ上がった姿がテレビ番組で公開され、「扇風機おばさん」と呼ばれたハン・ヘギョンさんが亡くなっていたことが分かった。57歳だった。

 韓一病院(ソウル市道峰区)が17日に明らかにしたところによると、ハン・ヘギョンさんは15日に死去したとのことだ。死因は明らかにされていない。葬儀は家族により静かに執り行われ、同日午前、出棺を終えた。

~以下略~

整形依存に警鐘、「扇風機おばさん」57歳で死去
2018/12/18 08:28 朝鮮日報

Seikei

過去に、私は以下のように書いた。

本来あるべきものを、己の願望する姿に作り変える。
作り変えなければ満足できない。
この国の美容整形事情に関する記事を読んでいると、そう思えてならないのだ。
男性の70%が、例え美容整形(の女性)であってもかまわないという。
美容整形した方が就職にも結婚にも有利。
美容整形も、より良い人生を送るための努力の一つ。
この国民性は、歴史だって、文化だって、表づらが綺麗であれば中身がどうであれ関係ない、ということに通じるのではないか。
見栄、虚飾、醜いものには蓋。
しかし、いくら取り繕っても、その本質は隠しきれるものではない。
醜いものは醜いし、愚かなものは愚かなのだ。

大学受験の合格祝に、両親が娘に二重まぶたの整形手術をプレゼントする。
笑い話にもならない、悪い冗談としか思えないが、これが彼らの社会通念だとすれば怖いものがある。
そう言えば、盧武鉉大統領夫妻も、そろって二重まぶたの整形手術を受けたという。
外観を変えれば中身まで変えられる…何かが狂っているとしか思えない。

そうなのだ!
当時の大統領で、文在寅の師匠に当たる廬武鉉も一重瞼を二重にしていた。
理由は「見栄えが良い」からだった。

Nomuhyon

こういうメンタリティーに違和感を覚えない国と国民に、逆に大いなる違和感を感じる。
だから「歴史も整形する」のだろうと確信する。

歴史まで美容整形する韓国!これは民族性と言うしかない!

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





|

« 日本の礎である偉大な歴史と勤勉な国民性を誇りに思う | トップページ | 被害妄想を世界中にばら撒くパラノイアに鉄槌を下せ! »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

>だから「歴史も整形する」のだろうと確信する。
私も確信しました^^

久しぶりに「依存症の独り言」に来ましたが
お元気そうで何よりです^^
我が国日本の覚醒に健筆を振るってください!!

投稿: 男塊の世代 | 2018/12/22 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を美容整形する韓国!これは民族性と言うしかない:

« 日本の礎である偉大な歴史と勤勉な国民性を誇りに思う | トップページ | 被害妄想を世界中にばら撒くパラノイアに鉄槌を下せ! »