政治(国内)

2018/12/30

安倍総理ご苦労様でした。来年は憲法改正の正念場です。



人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。


安倍総理、この一年、ほんとうにご苦労様でした。
モリカケという、そばに対して失敬な問題も、おどろおどろしい見かけの割には「正体見たり枯れ尾花」で終わりました。
無能な野党は、現実的な政策論争ができないので、また新たなるスキャンダル探しに血眼になるでしょう。
しかし、清廉の士である総理に因縁をつけても無駄骨に終わるだけ、臍を噛む辻元清美の姿が目に浮かびます。
来年は参院選もありますし、しっかりと足場を固め、任期中の憲法改正に向けて邁進されることを祈念いたします。

寒風の中のゴルフは、それも一興ですが、くれぐれもご自愛ください。

坂 眞

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/12/25

山本一太氏の群馬県知事選出馬に思う...



人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

自民党の山本一太参院議員(60)が来年夏の参院選で群馬選挙区からの出馬を取りやめ、同時期に行われる群馬県知事選への立候補を表明したことに、永田町では戸惑いの声が出ている。高い知名度を誇りながら近年は活躍の場が限られ、議員としての将来に見切りをつけたとの見方もある。地元の群馬では、事前調整がなかったとして党県連幹部が山本氏の県連会長辞任を求めるなど対立が深まっている。(大橋拓史)

山本一太氏はなぜ知事選出馬の道を選んだのか 地元群馬も混乱
2018.12.24 23:1  産経新聞

Ichita__yamamoto

山本一太には複雑な思いがある。
私がブログランキング(政治)1位のころ、もう10年以上前のことだが、政治家からのコメントも稀にあった。
当時は、ブログの草創期で、彼らも無視できなかったのだろう。
その中で、山本のコメントは不遜と言うか、政治家としては失格だったね。
のちに、安倍晋三の熱烈な応援団と知り、彼を見直したけど...

彼はエレキギターが得意でね、そのあたりも親近感が増した(実は、私は「ブルースギタリスト」でもある)。
でも、正直に言えば、山本が熱を上げているほど、相手の安倍総理は彼を評価していない、そう感じる。
と言うか、党内の評価がそもそも低いような気がする。
実際、大臣になったのは第2次安倍政権が最初で最後だ。

個性的な方だから、もっと国会で評価を高めてほしいのだが、逆に言えば、だからこそ無理なんだろうね、国会議員としては。
所属も無派閥だし、要は「一匹オオカミ」なんだな。
そういう点は私と似ている。

頑張れ!
山本一太!!

反安倍の小渕優子を潰してね!!!

(文中敬称略)

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018/12/16

日本共産党の微笑みに騙されてはなりません!


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

日本共産党の微笑みに騙されてはなりません!
志位和夫委員長を見れば一目瞭然!!!
日本共産党は、天皇を否定するに止まらず国家そのものを否定する政党ですから志位は、昔で言うなら「非国民」でしょう。
千葉大学の付属校から東大に進み、卒業後は共産党に就職。
社会人としての経験ゼロ!
両親も共産党だから「純粋培養の共産主義者」。
故に北朝鮮や中国のような共産主義から乖離した国も黙認。

世の中が、世界が荒れるのが、混乱するのが共産主義者の目標。
レーニンは煽ったではないか!

「帝国主義戦争を内乱へ!」と!!!

Reininr

Shiikinpei

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

鬼の目にも涙 って言うけど、こういう場合は何と言えば


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

辻元清美に涙?
鬼の目にも涙
って言うけど、こういう場合は何と言えばいいのか(笑)

後日、こうした舞台裏を伝え聞いた辻元氏は、旧知の友人に泣きながら「誰を信じたらいいの。私ばっかりが毎日戦っている」と語り、「枝野さんはカラオケばかりだし、長妻(昭)さんは政策ばかり」と愚痴を漏らしていたという。海千山千の自民国対と渡り合うには、余りにナイーブな“涙”だった。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月13日号
一部抜粋

Tsujimoto

我が国の野党は、もう終わっている。
おそらく立ち直れないだろう。
国益を念頭に置かない野党なんて、日本国を侮辱する野党なんて必要ないし、よどみに浮かぶ泡沫(うたかた)のようなものだ!

枝野!
カラオケばかりにうつつを抜かしている場合じゃねえぞ(爆)


下記のバナーをクリックいただければ幸いです。↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/29

山尾志桜里と望月衣塑子は中学・高校の先輩・後輩


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

立憲民主党の山尾志桜里と東京新聞の望月衣塑子は、中学・高校の先輩・後輩だという(爆)

反日・売国・女権拡張主義--共通項は多い。
おまけに破廉恥(笑)


Yamao_mochiduki_3

反日売国奴に鉄槌を下せ!

ご面倒ですが、ランキングバナーのクリックをお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/11/12

我が日本は新たなトレンドを生み出す国家であってほしい


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

私はブロガーとして、かつてかなりの発信力を有していた。
一日の読者数が、ピーク時で2万人を超えていたからだ。
人気ブログランキングでも、政治部門で2年以上にわたって第一位だった。
今は、更新をあまりしないので、一日のアクセス数は2千弱しかない、残念ながら、と言うか、当然ながら。

ところで当時、私のブログが人気を博した理由の一つは、郵政民営化に「賛成」の論陣を張ったからだ。
そのころの郵政は「親方日の丸」で採算意識が欠如し、おまけに労組は革マル派に牛耳られていた。
この堕落しきった当時の郵政を、驚くことに一部の保守が強硬に擁護したのだ、郵政民営化は地方を崩壊させると。
それだけではない。
「米国のハゲタカファンドに食い物にされる」と言うアホな連中もいた。

振り返れば、地方は衰退しつつあるが、これは資本の論理であって郵政民営化のせいではない。
また、「第二の予算」と呼ばれた財政投融資への預託義務もなくなり、一部の自民党政治家による不合理な地方への利益誘導も余り目に付かなくなった。
つまり、金権政治の根っこが郵政民営化で断絶されたのだ。

私は、このころから、いわゆる「保守論壇」に跋扈する評論家を信じなくなった。
彼らは合理性に欠け、古き良き時代を懐古しているにすぎないからだ。
良きにつけ悪しきにつけ、世の中はグローバル化しており、この波は避けられないのだ。

我が日本国は波に流されることなく、かと言って過去にしがみつくわけでもなく、新たなトレンドを生み出す国家であってほしいと願っている。

Kakumaruha


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018/11/08

2年前の片山地方創生相の看板をあげつらう野党の愚


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

攻めあぐねる野党。
モリ・カケは賞味期限が切れたので、今度は重箱の隅をつつき始めた。

片山さつき地方創生担当大臣の巨大看板(130cm×180cm)がメディアを賑わせている。
看板は、埼玉県のJR浦和駅近くにあり、2016年1月に設置されたという。
片山氏によれば、2015年12月に出版した自著の宣伝が目的だというが、2016年に行われた参院選の期間中にも掲示されており、野党は「公選法違反だ」と追及している。

片山氏は参院比例区なので看板が選挙に影響を与えたとは思えないし、さいたま市出身だから地元に自著を宣伝したいという気持ちもわかる。
テレビでは、某評論家が「撤去し忘れたのだろう」と言い、某弁護士は「形式的には公選法違反の疑いがあるが罪に問われることはないだろう」と宣っていた。

しかし、2015年12月に出版した本の宣伝看板を、しかも参院選が終わってから2年以上が経過するのにそのまま放置していたとは脇が甘いね。
ただ、それだけ「気に留めていなかった」ということの証でもある。
まあ、野党もケシ粒みたいな存在で、政策提案能力もないので「何でもいいからアラ探し」をするのだろうが、もう少し正面から来たらどうか!と思うね。

Katayama_2


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

結果的に国有化されたけど、東京都が自国領を買収???


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

東京都の小池百合子知事は24日の記者会見で、都が尖閣諸島の購入資金として集めた約14億円の寄付金について「より有効な活用方法を検討したい」と述べた。今後、国などと協議するという。
(時事通信)

改めて石原慎太郎の思い付き、我がままを実感するね。
まあ、結果的に国有化されたけど、東京都が自国領を買収???

Senkaku


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍が歩けば因縁をつける
あるいは安倍がしゃべれば誹謗中傷する


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

安倍首相:「赤坂自民亭」を反省? 災害対策アピール

当初、首相は23日も山梨県鳴沢村の別荘で過ごす予定だったが、22日夜にトランプ米大統領との電話協議のために帰京。23日の対策本部後も官邸に滞在し続けた。2014年8月の広島市北部の土砂災害の際は、首相が別荘から官邸に戻って対策会議に出席したが、終了後に別荘に戻り、野党から「緊張感がない」と追及されていた。【野間口陽】

~一部略~

2018/08/23 17:08 毎日新聞

安倍が歩けば、あるいは安倍がしゃべれば「因縁をつける」「誹謗中傷する」
これが日本メディアの「常識」?or「良識」!!!

よく解んねえな!
俺、知識人じゃないので(爆)

Abe


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (1) | トラックバック (1)

2018/04/20

米国の猿真似で「#Me Too」だって。脳のない野党


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

以下は、朝日新聞デジタル2018/04/20からの抜粋だが、こんな事を画像入りで大々的に報じる価値があるのかね?
「米国発のセクハラ告発運動のシンボルにならい」って笑えるよね。
「#Me Too」
まいどのパタ~ンでインパクトはゼロ!

(以下、朝日新聞デジタルからの抜粋)
 財務省の福田淳一事務次官のセクハラ発言問題を巡り、野党議員が20日午前、国会内の会合で「#Me Too」と書かれた紙を掲げ、そろって抗議の意思を示した。米国発のセクハラ告発運動のシンボルにならい、財務省事務方トップのセクハラ疑惑と、同省が被害女性に名乗り出ることを求めた対応の問題の深刻さを国内外に訴えた。
 抗議の意思は、立憲民主、希望、共産など野党6党による、セクハラ疑惑をめぐる財務省などへの合同ヒアリングの冒頭で示した。続けて6党の合同集会でも行った。
(以下略)

国会でも#MeToo 野党議員、セクハラ疑惑に抗議

Me_to


人気ブログランキングへ
あなたの暖かい応援をお願いいたします。↑

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。↑

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧